トイレトレーニングの方法・おむつからパンツへの切り替え時期

目次

 

 

 

トイレトレーニングの方法

 

トイレトレーニングの方法トイレトレーニングに決まったやり方はありませんが、それまでトイレに入ったこともおまるに座ったこともなかった子どもをいきなり便器に座らせようとしても、たいていは嫌がります。

 

トイレやおまるになじみがなく、そこで排泄しなければならないという意味を理解できないからです。

 

 

まず、排泄は本来トイレでするものということを子どもに気づかせなくてはなりません。

 

例えば親がトイレを使っている様子を見せたり、おまるが排泄する場所であることをぬいぐるみなどを使って教えてあげるのもよい方法です。

 

 

また、おまるやトイレに親しませることも大事です。おまるを見える場所に置いて子どもの興味を引き、座りたがったらどんどん座らせて、おまるに座ることへの抵抗感をもたせないようにします。

 

トイレを子どもが楽しめる空間にするなどの工夫もしましょう。(トイレを明るく楽しくする工夫

 

 

親が排尿のだいたいの間隔をつかみ、尿が出そうな時間になったり、排尿前の子どものサインに気づいたら、「おまるでおしっこしてみる?」と、おまるやトイレに誘って、おまるや便座に座らせます。

 

そのとき、座るのを嫌がったら、決して無理強いしてはいけません。

 

 

おまるや便座に座らせたら、「おしっこ出るかな」とか「おしっこ出ないね」と声をかけます。

 

タイミングよく出たら「シャーって音がしているよ」「おなか、すっきりしたでしょ」などと言って、排尿するということの感覚をつかませていきます。

 

排尿後は「上手におしっこできたね」とほめるようにしましょう。

 

 

ときには、おまるや便座に座っているときに排尿せず、下りた直後にもらしてしまう場合もあるかもしれません。

 

そのようなとき、しかるのは禁物です。

 

 

本人はまだ十分に尿がたまったことがわからず、尿意というものがしっかりとはつかめていないからです。

 

おまるや便座から下りた直後でも、膀胱が一杯になってしまえば、自然に尿は出るものなのです。

 

 

しかるつもりはなくても「あーあ」などと声を出してしまったら、なるべく明るい声で「おしっこ出たね。今度はトイレでしようね」とつけ加えるとよいでしょう。

 

また、うっかりしかってしまったときには「しかってごめんね」といったフォローも必要です。

 

 

トレーニングの途中の段階では、尿が出てから「トイレ」などと言うこともしばしばみられます。これは、尿意とトイレの関係がわかってきた証拠といえます。

 

ですから、「なぜ先に言わないの」などとしかるのではなく、とりあえずトイレに連れていき、「今度おしっこをしたくなったら教えてね」と言ったり、次のタイミングでは少し早めにトイレに誘導し、成功したら「出たね、よかったね」と、少し大げさに喜んでみせましょう。

 

 

トイレを明るく楽しくする工夫

 

小さい子どもにとって、トイレは狭くて暗い部屋としか感じられないようです。

 

なるべく不安を与えずにトレーニングできるように、トイレを明るく楽しい雰囲気の場所に演出してみましょう。

 

照明が暗い場合は、電灯のかさの汚れをとり、電球を明るいものに替えます。

 

電球のワット数に制限があるなら、電気スタンドを利用するのもよい方法です。

 

殺風景だと威圧感があるので、壁には子どもの好きなキャラクターのポスターや、子どもと一緒に描いた絵などを貼ってみましょう。

 

 

最近は市販のトイレグッズもカラフルなものが増えています。特にトイレグッズでなくても、小さなぬいぐるみや造花なども、飾りつけに一役買います。

 

おまるの場合は、コーナーを決めて、カラフルなマットを敷くと、雰囲気も明るくなります。

 

 

おむつからパンツへの切り替え時期

 

1日のうち半分くらいトイレやおまるで排尿ができるようになったら、おむつをはずしてパンツに替えてみましょう。

 

その場合、パンツだけにして、もらした不快感を本人に感じとらせるのも一つの方法ですが、ふだんはパンツにし、外出するときはおむつにするなど、パンツとおむつを併用するのもよいでしょう。

 

 

パンツに替えたら、パンツの上げ下ろしを自分でできるように身につけさせます。また、排尿後はトイレの水を流す、手を洗うといったことも教えます。

 

おまるを使っていた子どもには、「トイレでしてみる?」と誘って、徐々にトイレに切り替えていきましょう。おまるをトイレに置くのもトイレという場所に慣らすよい方法です。

 

 

起きているときはきちんとトイレで排尿をするようになったのに、夜尿が続くという子どもも多くいます。日中と異なり、睡眠中は膀胱に尿がたまっていることを感じられません。

 

また、尿をためられるように膀胱が大きくなり、一晩の尿量も少なくなるのはだいたい4~5歳ごろですから、それまでは夜尿も生理的なものといえます。

 

 

寝ているときにトイレに連れていこうとして無理に起こすと、睡眠リズムが乱れ、尿の量を抑える抗利尿ホルモンの分泌を妨げてしまい、かえって大量の夜尿につながります。

 

成長すれば自然に夜尿はみられなくなるものです。しからずに、排尿機能の発達を待つことが必要です。

 

 

 

排便のトレーニング

 

排尿のトレーニングだけでなく、排便のトレーニングも必要です。

 

小腸から大腸へ送り込まれた食塊は蠕動運動によって直腸へ運ばれます。腸にある程度便がたまると、その刺激が脊髄の神経を通って大脳皮質に伝わり、便意が起きます。

 

便意が起きると大脳皮質からの指令によって直腸や肛門括約筋が働き、便が排泄されます。

 

通常、子どもが離乳食を食べるようになると、便は次第に固形化してくるので排便するために、いきむ動作をするようになります。

 

乳児期にいきむ動作がみられたら、排便をより意識させるために「うーん、うーん、うんちが出るね」などと声をかけるとよいでしょう。そして排尿同様、大脳皮質がしっかりと発達する1歳6か月ごろになったら本格的にトレーニングを開始します。

 

排便と排尿のどちらのトレーニングが先かと迷う親がいますが、からだの発達面から考えると、どちらでも構いません。

 

 

トレーニングの仕方も基本的には排尿の場合と同じです。子どもがいきみ始めたら、素早くおむつを脱がせトイレやおまるに連れていきます。

 

ただし、そのときに、「待って、トイレに行くまで我慢して」などと言わないようにします。あまりうるさく言うと、子どもはトイレに行くことや排便に対しておそれをもってしまう危険性があるからです。

 

うまく排便ができたら、「トイレでうんちすると気持ちいいね」などと語りかけ、排便はトイレやおまるでするものだということを理解させていきましょう。

 

退行現象

 

順調に発達していた子どもが、それまでできていたことができなくなってしまい、前の発達段階に後戻りしてしまうケースを退行現象とよぴ、俗に「赤ちゃんがえり」ともいわれます。主な原因はストレスないしは欲求不満とされています。

 

典型的なものは、それまで親の愛情を独占していた子どもが、下の子ができたために欲求不満に陥り、しゃべれていた言葉が話せなくなるなどの現象です。

 

 

子どもによっては、急に排尿の意思を示さなくなったり、パンツを嫌がりおむつにしたがるなど、トイレトレーニングでの退行現象も起こります。

 

欲求不満が原因となるだけでなく、親のストレスによって子どもの心理が緊張状態におかれて、起こることも少なくありません。「よい母親であらねば」というストレスから、子どもにも失敗をしないことを求めると、それが子どものストレスになりかねません。母親は精神的余裕をもつようにしましょう。

 

 

 

 

お尻が汚れる感覚を覚えさせるためには、布おむつのほうがよいのでしょうか?

紙おむつだと、確かに表面上はさらさらしているので、ぬれた感じがしませんが、その感覚を知らないと、排尿の意思を伝えるようにならないということはありません。

 

布おむつのほうが紙おむつよりも、おむつのとれる時期が早いともいえません。

 

また、早いほうが発達上よいわけでもないので、早さを気にすること自体、あまり意味のないことです。

 

布おむつがぐっしょりしていても気にせずに遊んでいる子もいれば、紙おむつを使用していても早い時期におむつがとれたという子もいます。個人差が大きいものですから、使用するおむつの種類にこだわる必要は、まったくありません。

 

トイレトレーニングがうまくいかず、部屋の隅で隠れて排泄するようになってしまいました。治す良い方法はありませんか?

子どもといえども一方的に教え込もうとするだけでは、うまくいきません。

 

トイレトレーニングも心が触れ合うようなやり方を心がけることが大切です。

 

おむつを早くとりたいのは親の自然な願いかもしれませんが、子どもが嫌がったり、あるいは失敗してしまったときに、しつこくこだわらないようにします。

 

時期がくれば必ずトイレでできるようになるので焦らずにいったんおむつに戻すことを検討して、親子の気持ちの安定を図り、もう一度最初からやり直してみましょう。

 

トイレトレーニングは親子の触れ合いのなかから信頼関係を築き、生活の基本習慣を身につけ、やがては自立へと向かっていかせるための大切な援助です。

 

「焦らず、しからず」が基本ですが、トレーニングを主に担う母親にとっては、ときに大きな心理的プレッシャーを感じることになります。

 

周囲の人が温かく見守ることも大切です。

 

 

頻尿サプリ

 

スポンサーリンク