糖尿病とは

糖尿病とは

 

 

日本には糖尿病の人が約500~600万人いるとされています。

 

40歳以上の人に限ると、10人に1人の割合となり、この30年間で10倍以上に増えました。

 

 

生体内で物質が合成されたり分解されたりすることを代謝といいますが、糖尿病は3大栄養素の1つである糖質の代謝異常が原因となって起こる病気です。

 

糖質は食べ物の中にでんぷんやしょ糖として含まれています。

 

消化されるとブドウ糖として体内に吸収され、血液にのってからだのすみずみに運ばれていきます。

 

 

さまざまな組織の細胞に取り込まれてエネルギーに変換されますが、糖尿病の人はこの取り込みがうまくいきません。

 

ブドウ糖が細胞に取り込まれるのを助けるため、膵臓からインスリンとよばれるホルモンが分泌されていますが、糖尿病の人はインスリンが分泌されなかったり、インスリンが働きにくい状態(インスリン抵抗性)になっています。

 

この結果、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が、正常な範囲を超えて慢性的に高くなります。

 

こうした状態が長く続くと、さまざまな合併症を引き起こします。

 

したがって、糖尿病の人は、血糖値をコントロールすることによって、合併症を予防することが大切です。

 

スポンサーリンク