多毛症の検査と診断・診断の目安

目次

 

 

 

多毛症の検査と診断

 

多毛症の検査と診断・診断の目安

 

問診と毛の発生検査でチェック

 

多毛症の診断は、問診と毛の発生の様子を調べる視診で、ある程度の見当がつけられます。

 

そのうえで血液検査によって男性ホルモン量を調べ、内分泌検査で副腎や卵巣の異常を鑑別して、診断を確定します。

 

【問診】

 

家族に同じ病気をもった人がいるかどうか、発症年齢、病歴、からだと心の症状について聞かれます。

 

家族歴では、近親者に副腎機能障害や多のう胞性卵巣症候群の人がいるかどうかを調べ、同じ病気の可能性をチェックします。

 

発症年齢の問診では、思春期や閉経期では生理的な多毛症、成人期では内分泌障害の可能性をみます。

 

 

月経異常や不妊症の場合は、内分泌異常を疑い、卵巣腫瘍、副腎腫瘍、多のう胞性卵巣症候群の可能性があるときは、精密検査を必要とします。

 

そのほか、にきびなどの皮膚疾患や肥満の有無、心理面について調べます。

 

心理面のチェックが行われるのは、医学的には多毛でないにもかかわらず悩むケースがあり、心理的な要因が強いとされるからです。

 

【視診】

 

毛の発生の様子をみて、口髭、あご髭、胸毛、腹部、陰毛、腕、太腿、背中、臀部(でんぶ)について、多毛の程度をスコア化した表と照らし合わせます(■下の図「多毛症の診断の目安」参照)。

 

その結果、8点以上ならアンドロゲンが過剰な男性化兆候を示す多毛とされます。

 

【血液検査】

 

血清中のアンドロゲンの量を測定します。著しく高い値を示す場合は、副腎や卵巣の異常が疑われます。

 

【内分泌検査】

 

副腎・卵巣抑制試験といわれる検査です。副腎や卵巣に原因となる病気がないかをチェックします。

 

男性ホルモンを抑制するデキサメサゾンやエストロゲンなどのホルモンを投与して、24時間後に尿中に出る男性ホルモンの量を調べます。

 

投与前の尿中の量と比較して、抑制の状態をみて、卵巣腫瘍、副腎腫瘍、下垂体腫瘍などを鑑別し判定します。

 

 

多毛症の診断の目安

 

多毛症の診断の目安1

多毛症の診断の目安2

 

アンドロゲン感受性が過剰になって起こっているハイパートリコーシスは、その程度によって1~4点までスコア化されています。

 

合計8点以上の場合に多毛症の疑いがあると診断されます。

 

病的な多毛に注意

 

多毛に悩む女性の多くは美容面を気にしてのことですが、なかには多毛が病気のサインであるケースがあります。

 

急に多毛になったときは、内分泌異常、特に卵巣腫瘍や排卵障害が疑われます。

 

月経がなくなり、基礎体温をつけてみて低温期が45日以上続くようなら、すぐに内分泌内科や産婦人科を受診しましょう。

医療レーザー脱毛

 

カミソリでの処理は、表面に生え出ている毛だけを処理しているので、何度剃っても延々と生え続けます。特に多毛症の毛は太い為、力を入れないと綺麗に剃れませんしすぐに生えてきます。

 

今は医療機器の力で女性の多毛症は改善できます。

 

多毛症で悩んでいるあなたにおすすめしたいのが、「医療レーザー脱毛」です。悩んだらまずはクリニックに相談しましょう。

 

医療脱毛は、時短×節約できる脱毛法
万が一の際も医師免許、看護師免許保有者がその場で診察・治療
エステサロンでは「一時的な減毛」しかできない
エステサロンの光脱毛より5倍以上の威力がある

 

施術回数が選べるアリシアクリニック

アリシアクリニック

 

脱毛と同時に肌の悩みも改善!

 

クリニック満足度

 

 

全顔1回・VIO付きの全身脱毛8回のスピード完了プランが人気で全身まるごと脱毛したい!という人から高い支持を集めています。

 

2回目位から早くも効果が現れ、4回目からは十分毛が目立たなくなります。一つの箇所4回くらいでほとんど毛が目立たなくなります。効果は抜群です!

 

 

 

全身脱毛が安い医療脱毛ならレジーナクリニック

 

レジーナクリニック

 

最短8ヶ月で脱毛完了!

 

クリニック満足度

 

 

レジーナクリニックは全身脱毛が安い医療脱毛として人気急上昇中の脱毛クリニックで、なんと顔・VIOを除く全身脱毛5回が189,000円となっており、20万円以下で全身脱毛を始めることが出来ます。

 

レジーナクリニックの脱毛効果の秘密は2種類の医療脱毛機器!一人ひとりの毛質や肌質に合わせて医療脱毛機器を使い分けているため、効率よく脱毛を完了させることが出来ます!

スポンサーリンク