かぶれの原因|赤いブツブツと腫れの原因

目次

 

 

 

かぶれると赤いブツブツと腫れやかゆみが現れます。原因となる物を避けると改善できます。

 

 

かぶれとは?

 

かぶれの原因・治療・検査・予防|皮膚に特定の物質が接触して起こる炎症

 

物質との接触で起こる皮膚の炎症

 

皮膚に、ある特定の物質が接触して起こる炎症をかぶれとよび、医学的には接触皮膚炎といいます。

 

接触皮膚炎は、刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に大別されます。

 

 

刺激性接触皮膚炎は、皮膚に害のある何らかの物質が触れることで起こるものです。

 

その物質の濃度が高かったり、触れている時間が長い場合には、誰もがかぶれる可能性があります。

 

 

一方、アレルギー性接触皮膚炎はアレルギーのメカニズムによって起こるかぶれです。

 

アレルギー体質の人に起こりやすく、少量の化学物質にも反応して症状が出ます。

 

 

刺激性接触皮膚炎でも、アレルギー性接触皮膚炎でも、症状はほとんど変わりません。

 

急性型では皮膚が赤くなり、続いて腫れてきて、かゆくなります。ひどい場合には大きな水疱(すいほう)になり、やがて水疱が破れ、皮膚の表面がジクジクします。

 

 

慢性型では、皮膚の表面が厚みを増してきめが粗くなり、強いかゆみを伴います。

 

 

かぶれの原因

 

皮膚への刺激やアレルギー

 

刺激性接触皮膚炎の代表は主婦湿疹(手湿疹)です。

 

水仕事の多い主婦、美容師、調理師などに生じる手指のかぶれをいいます。

 

洗剤に含まれる界面活性剤を長期間使うことによって手の角質層が侵され、そこにさらにさまざまな化学物質や機械的刺激が加わって起こります。

 

アレルギーの起こるメカニズム

アレルギーの起こるメカニズム

アレルギーを起こす物質であるアレルゲンが体内に侵入すると、細胞内のタンパク質と結びついて、抗原をつくります。

 

 

抗原は皮膚にあるランゲルハンス細胞にとり込まれ、リンパ管に移動し、リンパ球に抗原情報を伝達します。

 

 

抗原情報を受けたリンパ球は、アレルギー反応を引き起こすエフェクターTリンパ球に成長します。

 

 

この時点でアレルギー反応が起こる状態、すなわち感作(かんさ)が成立するのです。

 

抗原が再び侵入してくるとエフェクターTリンパ球がサイトカインという物質を産生し、表皮や真皮に炎症反応が引き起こされます。

 

 

スポンサーリンク