おむつかぶれはこうして起こる!? おむつかぶれの原因・症状・間違いやすい病気

目次

 

 

 

こんな症状に注意
  • おむつ交換が遅れがちではありませんか?
  • おむつを交換するときに汚れをふいていますか?
  • お尻全体を観察していますか?
  • 赤ちゃんのお尻をもち上げて、肛門の周囲もチェックしていますか?
  • お尻に発疹はありませんか?
  • おむつを替えるとき、赤ちゃんが痛がりませんか?

 

おむつかぶれの防止には、お尻のスキンケアが大切です。おむつを替えるときには肌の汚れをふきとりましょう。

 

たいていの赤ちゃんに一度はみられる皮膚炎で、おむつのあたっている皮膚に起こります。お尻を清潔にして乾燥に努めましょう。

 

おむつかぶれとは?

 

おむつかぶれはこうして起こる!? おむつかぶれの原因・症状・間違いやすい病気

 

おむつかぶれは、おむつがあたっている皮膚に起こる接触性の皮膚炎です。

 

おむつのあたる部分の皮膚が赤くなったり、ポツポツと小さな発疹ができたりします。ときにはただれたり、腫れたりすることもあります。

 

 

一般には、生後1か月ころから始まって、2~4か月ころに最も多くみられる症状で、ほとんどの赤ちゃんが一度は経験します。ただし、ひどいおむつかぶれや出現の頻度は、質のよい紙おむつ(使い捨ておむつ)の普及とともに急速に減少してきています。

 

布おむつの問題点とされる水分の吸収性や通気性、皮膚への刺激などを、紙おむつが改良してきた結果と考えられています。

 

おむつかぶれはこうして起こる

おむつかぶれはこうして起こる

 

尿と便の作用による刺激や皮膚の条件が複合的に重なり合って、おむつかぶれは起こります。

 

その原因は汚れたおむつをそのまま放置しておくためです。

 

 

 

おむつかぶれの原因

 

アンモニアを含む複合作用で発症

 

おむつかぶれが起きるとき

  • 病気のため入浴していない
  • 下痢をしている
  • おむつの交換回数が少ない
  • おむつカバーを替えた
  • おむつを交換するときに肌をふかない
  • おむつ内の肌がいつも湿っている
  • おむつの種類を替えた
  • 入浴やシャワーのとき石鹸を使用していない
  • おむつのサイズが小さい
  • おむつの生地がごわごわしている

赤ちゃんのお尻はおむつに包まれているため汗をかきやすく、しかも排尿や排便で汚れます。

 

湿って汚れたおむつを長時間あてていると皮膚がふやけた状態になり、細菌が繁殖しやすくなります。

 

さらに、赤ちゃんは活発に動きまわるため、皮膚がこすれて刺激が加わるうえ、密閉されて温度や湿度が上昇し、おむつの中はむれた状態になります。このようにおむつに包まれた赤ちゃんのお尻には、皮膚炎を起こす要素が数多くみられます。

 

 

おむつかぶれについて、以前は尿中の尿素が便中の細菌の作用でアンモニアとなり、アンモニアの皮膚への刺激が直接の原因でかぶれが発生するといわれていました。

 

しかし、アンモニアをしみ込ませた布を肌に貼りつけて実験したところ、単純には陽性反応を示しませんでした。

 

 

おむつかぶれは、アンモニアだけでなく、便中の消化酵素、ふやけた皮膚、おむつによる摩擦などが複合的に作用して発症することがわかってきました。

 

アンモニアは、おむつがあたっている部分の皮膚をアルカリ性にして、便中に含まれている消化酵素であるプロテアーゼ(たんぱく分解酵素)やリパーゼ(脂肪分解酵素)などの反応を高めます。

 

その結果、尿や便によってむれてふやけ、傷つきやすくなった皮膚が刺激され、おむつかぶれが起きることになります。

 

 

 

おむつかぶれの症状

 

狭い範囲に赤いかぶれがみられる

 

おむつかぶれは、赤ちゃんのからだの具合、肌の清潔度、おむつやおむつカバーの種類、衣服、住まい、気候など、いろいろな条件が関係し合って起こります。

 

かゆみを訴えることはあまりありませんが、排尿時にしみたり、おむつを交換するときに痛がって泣いたりすることもあります。

 

 

おむつかぶれの症状はさまざまで、一般に汎発型、凸部型、肛囲型の三つに分けられます。

 

 

汎発型は、おむつと一致するような形に、広い範囲にわたって赤いかぶれが現れるものです。

 

凸部型は、赤ちゃんのお尻やももといった、特に皮膚が丸くふっくらしている部位に起こります。

 

皮膚の凸面がおむつと強くこすれることが原因で、赤いかぶれや発疹が出ます。

 

肛囲型は、おむつが直接触れていない肛門を中心に、周辺の狭い範囲に主に赤いかぶれが現れるもので、赤ちゃんはかゆがる様子もなく、自覚症状は軽いようです。

 

肛囲型のおむつかぶれ画像

肛囲型のおむつかぶれ

 

一番よくみられるおむつかぶれで、肛門を中中心に狭い範囲が赤くなります。

 

ただ、場所が奥まっているだけに、おむつを替えるときに大きく下肢、臀部(でんぶ)をもち上げてしっかり観察しないと見逃すことが多いものです。病的な状態とは考えずに見すごしている母親も少なくありません。

 

 

最近では汎発型や凸部型は少なくなり、おむつかぶれは主に肛囲型や、鼠径部(そけいぶ)、外性器の裏側やひだの内部など、直接おむつが触れていない部分にみられるようになっています。

 

 

おむつかぶれと間違いやすい病気

 

乳児寄生菌性紅斑と区別する

 

おむつかぶれは、下痢ぎみでお尻がただれるとか、おむつやおむつカバーの種類を替えたために急に赤くなるなど、いつも赤ちゃんと一緒にいる母親には原因に思いあたる場合が多いものです。

 

お尻のスキンケアは十分しているのに、1週間以上治らないようなら、ほかの種類の皮膚病を疑ってみる必要があります。

 

 

アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、カンジダ症など、おむつかぶれと間違いやすい病気があるため、医師の診察を受けることが必要です。

 

特に気をつけたいのは、乳児寄生菌性紅斑です。

 

カンジダ菌という真菌(カビ)の一種が、湿気のあるおむつの中で増殖して発症します。ほとんどの場合、分娩時に母親の産道にいるカンジダ菌が赤ちゃんに移りすんだものです。

 

 

おむつかぶれと違い、直接おむつとは触れない皮膚のくびれの奥のほうからかぶれが始まり、悪化すると一面真っ赤になります。

 

まず、おむつがあたる部位に鮮紅色の斑点が出て、その周囲に薄い膜状の皮膚がはがれたものが見られます。

 

膿をもった小さなツブツブが散在することもあります。おむつの部分だけでなく、おなかや背中、首のまわり、ワキの下に広がることもありますが、早期の発見と適切な治療ですぐに治ります。

 

コラージュフルフル泡石鹸〈医薬部外品〉


コラージュフルフル泡石鹸〈医薬部外品〉

コラージュフルフル泡石鹸はミコナゾールが配合されていて「カンジダ」に効果があります。

抗カビ剤が入っていますが副作用の心配はなく、赤ちゃんのお尻にも適用できるぐらい安全で優しくてマイルドな成分です。


カンジダに有効な成分であるミコナゾール硝酸塩を配合してあるのは持田ヘルスケアの「コラージュフルフル」だけです。


公式サイト ⇒持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸

特長

1. 抗真菌(抗カビ)成分ミコナゾール硝酸塩+殺菌成分配合。
抗菌作用で肌トラブルの原因にもなるカビや細菌の増殖を抑え、肌を清潔にします。


2. 赤ちゃんにも使いやすい泡タイプ。
おむつかぶれを改善し、赤ちゃんのお尻を清潔にします。


効果・効能

皮膚の清浄・殺菌・消毒
体臭・汗臭及びニキビを防ぐ


キメ細かく豊富な泡で、お尻やデリケートゾーンの汚れをすばやく浮き上がらせるので、肌に負担をかけません。
産後のママの洗浄ケアにもおススメ。


おむつの中は菌がいっぱいでカビや菌が繁殖しやすい場所です。カビや菌を気にされる場合も多く、そのような方には抗菌成分配合の石鹸がおすすめです。


コラージュフルフル泡石鹸は真菌(カビ)&細菌をW抗菌できます。菌もニオイも洗って清潔にしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク