アトピー性皮膚炎の予防 日常生活においての注意点

目次

 

 

 

アトピー性皮膚炎の経過と予後

 

アトピー性皮膚炎の予防 日常生活においての注意点

 

思春期にはたいてい完治

 

症状は慢性的に続き、激しいかゆみをともないます。

 

満1歳までの乳児は2か月以上、それ以上の年齢では6か月以上症状が続く場合、アトピー性皮膚炎と診断されます。

 

 

湿疹ははじめ顔や頭にできることが多いのですが、悪化するとしだいに手足に広がっていきます。

 

湿疹の出やすい場所は、腕の外側、背中の上のほう、肩甲骨のあたりです。さらに、首、肘、膝の内側など汗のたまりやすい場所にも出ます。

 

 

その後の経過をみると、乳幼児の大半は成長とともに自然に治り、思春期を迎えるころには、たいてい完治しています。

 

ただ、最近では、子どものときからのアトピー性皮膚炎を成人期にまで持ち越す人や、いったんよくなってから再発する人、大人になってからアトピー性皮膚炎になる人が増えてきました。

 

大人の場合は、顔や首が赤くなったり、褐色の色素沈着を起こしたりします。

 

 

日常生活においての注意点

 

スキンケアや食事にも配慮

 

スキンケア

 

子どものアトピー性皮膚炎は、多くの場合、思春期までに自然に治りますが、不可欠なのはスキンケアです。

 

これを怠ると、治るはずのものが治らず、大人になってもアトピー性皮膚炎を引きずることになりかねません。

 

 

スキンケアの基本は、清潔を保つことです。

 

アトピー性皮膚炎では、汗や汚れが炎症を悪化させ、かゆみがひどくなります。毎日入浴し、汗や汚れをきちんと落とし、その後に十分なスキンケアを施しましょう。

 

 

石鹸はふつうのものでかまいませんが、成分が皮膚に残らないように、ていねいに洗い流す必要があります。

 

とくに皮膚が弱い人は、低刺激の石鹸を使うとよいでしょう。洗うときは、皮膚を強くこすりすぎないように気をつけなければなりません。

 

シャンプーやリンスも、よくすすげば通常のもので大丈夫です。髪の生えぎわなどに炎症の出やすい人は、低刺激のシャンプーを使う方法もあります。

 

 

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚が乾燥しやすくなっています。保湿クリーム、保湿ローション、オリーブオイル、ベビーオイル、ツバキ油などを利用して、乾燥しないように注意しましょう。

 

ただし、特定の物質に触れた部分だけがかぶれる接触皮膚炎を起こし、症状が悪化する場合がありますから、医師とよく相談してください。保湿成分が入った入浴剤や漢方薬を使って入浴する治療法もあります。

 

食事

 

食物アレルギーがない場合は、栄養のバランスを考えた食事をとれば、それで十分です。

 

同じものばかり食べ続けるとアレルギーを起こすケースがあるという指摘もありますから、なるべくいろいろな食品をとるように心がけてください。

 

 

食物アレルギーがある場合は、医師の指導にしたがって、除去食療法に取り組む必要があります。栄養面でのバランスが失われないように、かわりの食品を確保しなければなりません。

 

ただし、症状の程度によっては、あまり神経質に考えないほうがよい場合もあります。

 

 

αリノレン酸を多く含むシソ油や海藻、大根、EPAを多く含むアジ、サバなど青魚を積極的に食べるのもよいでしょう。

 

EPAは炎症を起こす化学物質のロイコトリエンが細胞から遊離するのを抑制し、αリノレン酸はからだの中でEPAをつくるので、同じ効果があります。この際、植物油や動物質の脂を少なくすると、より効果的といわれています。

 

 

反対に、肉類には、ロイコトリエンのもとになるアラキドン酸が多く含まれるので、あまりたくさん食べないほうがよいでしょう。砂糖の多いお菓子類もほどほどにしましょう。

 

砂糖をたくさんとると、消化管の中でカンジダなどのカビ類(真菌)が増殖し、腸の粘膜の透過性が高まります。この結果、アレルゲンが吸収されやすくなってしまうのです。

 

 

大人では、酒、タバコ、コーヒーなど刺激の強いものもひかえめにします。

 

衣類

 

ナイロンやポリエステルなどの化学繊維や羊毛は、皮膚を刺激することがあるので、避けたほうがよいでしょう。とくに皮膚に直接触れる下着は、綿100%のやわらかな素材のものにしてください。

 

乳児の場合、抱く親の衣服にも注意しなければなりません。かゆいと、子どもは、顔をこすりつけてくるからです。

 

 

布団や毛布も症状の出やすい首がこすれることがあるので、綿のものを使うか、綿のカバーをかけて使うといいでしょう。

 

マフラーやセーターも、首に直接あたらないように注意してください。

 

衣類を洗濯する際は、洗剤成分が衣類に残らないように、十分すすぐことが大切です。漂白剤や柔軟剤は、皮膚を刺激することがあるので、なるべく使わないほうが無難です。

 

住環境

 

多くのアトピー性皮膚炎患者の場合、ダニがアレルゲンになっています。住環境の変化のため、ダニは20~30年前の3倍になっているのです。

 

家の中のダニをいかにして少なくするか、知恵をしぼらなければなりません。ダニは湿気を好むので、なるべく窓を開けて部屋に風を通し、換気をよくすることが大切です。冷暖房器具を使う季節は、換気がおろそかになりがちですから注意しましょう。

 

 

ダニはカーペットや畳の中に生息しているので、部屋の床材はフローリングが好ましいといえます。ハウスダストの中にもダニはいるので、こまめに、ていねいに掃除することも必要です。

 

掃除機に吸い込まれると、ダニはたいてい死滅しますが、掃除機からの排気の中にはダニの死骸や排泄物が含まれています。ですから、窓を開けて掃除しないと、せっかくの掃除もアレルゲンをまき散らすだけになりかねません。

 

 

布団や毛布の中にもダニはたくさんいます。布団や毛布は、日光に干してよくたたいた後、掃除機をかけておきましょう。

 

そのほか、織り目がつまったダニ防止の寝具や寝具カバーを利用する方法もあります。

 

ぬいぐるみ、布張りのソファ、座布団の中からも、たくさんのダニが見つかります。ぬいぐるみや座布団も、日光に干したあと、掃除機をかけてダニ退治をしてください。ソファは合成皮革のものなら大丈夫です。

 

 

ダニやカビなどのアレルゲンを取り除く空気清浄機も市販されていますので、これを利用することも考えてみましょう。

 

犬、猫、小鳥などのペットは、毛や唾液がアレルゲンとなりますから、アトピー性皮膚炎の患者のいる家では、飼わないほうがよいでしょう。

 

精神面

 

精神的なストレスが大きいと、かゆみの程度にかかわらず、皮膚を強く何度もひっかくことがあります。リラックスした気分で毎日を過ごしましょう。

 

寝つきが悪いと、かゆみが気になることもあります。毎日規則正しい生活を送り、十分な睡眠を心がけてください。

 

どうしても眠れないようなら、医師に相談して、睡眠薬を処方してもらう方法もあります。

 

 

 

生まれてくる赤ちゃんがアトピー性皮膚炎にならないように、妊娠中は卵、牛乳を控えたほうがよいのでしょうか?

医師の間でも意見が分かれています。ただ、卵と牛乳をひかえても、生まれる子どものアトピー性皮膚炎を完全に予防することにはなりません。

 

予防効果があったとしても、生後半年くらいではないかとみられています。

 

 

卵と牛乳をひかえる場合も、栄養不足にならないように、産婦人科の医師や栄養士の指導を受けてください。

 

 

スポンサーリンク