暑さで倒れたときの応急処置

目次

 

 

 

日射病・熱射病(熱中症)は炎天下や高温多湿の場所で体温調節ができなくなって起こります。熱疲労・熱けいれんは脱水やナトリウム不足が原因です。

 

暑さで倒れたときの応急処置

 

日射病・熱射病(熱中症)の場合

 

暑さで倒れたときの応急処置1

 

スポーツや作業中に倒れ、顔が真っ赤で全身の皮膚が乾き、高体温になったら危険です。

 

木陰など風通しのよい涼しい場所に運び、できるだけ衣服を脱がせて静かに寝かせます。

 

 

暑さで倒れたときの応急処置2

 

脱がせた衣服などを利用して、あおいで風を送りながら、ぬれた布で全身をくるんだり、冷たい水をかけて体温を下げます。

 

症状が重ければすぐ病医院へ行きましょう。

 

 

暑さで倒れたときの応急処置3

 

意識があるときは水1リットルに食塩5g程度の濃さの食塩水を飲ませます。

 

また、心臓の方向に全身をマッサージしましょう。血行をよくし、体温を下げる効果があります。

 

 

熱疲労の場合

顔色が青く、べっとりと汗をかき、手足が冷たい状態で倒れたときは、風通しのよい涼しい場所に移します。衣服をゆるめ楽な格好で、足を高くして静かに寝かせます。

 

意識があれば、薄い食塩水かスポーツドリンクをコップ1杯くらいずつ、時間をおいて4~5回飲ませます。手足をマッサージするのも症状を軽くする効果があります。

 

意識がなく、体温が低ければ、ショック症状を起こしている可能性があります。まず救急車をよび、毛布でくるんで保温し、足を高くして寝かせます。

 

 

 

注意事項

 

■日射病・熱射病(熱中症)と熱疲労では手当て法が違います。症状をみきわめることが大切です。

 

■意識が薄れてくるようなら呼吸と脈を調べ、人工呼吸や心臓マッサージを開始します。

 

■意識障害や熱けいれんを起こしているときは、まず救急車をよんでから応急処置にかかります。

 

日射病・熱射病(熱中症)の症状

 

日射病・熱射病(熱中症)

熱疲労

顔色

赤くなる 青白くなる

肌の状態

乾いていて熱い ベっとりと汗をかいている

脈拍

大きく速い 弱い

呼吸

最初は深く、のちに浅くなる 早くて浅い

体温

40~41℃以上 ほぼ平熱

全身の症状

頭痛、めまい、吐き気、意識もうろう 頭痛、めまい、吐き気、全身の疲労感

 

熱射病か熱疲労か判断

暑さで倒れたときは、日射病を含む熱射病か、熱疲労のどちらかと考えてよいでしょう。

 

それぞれ応急処置の方法がまったく違いますから、的確に判断することが大切です。

 

日射病・熱射病(熱中症)は冷やす

人間のからだは36~37℃の体温で、最も効率よく働くことができます。

 

まわりの温度が高くなれば、体内の熱を外に出して体温を下げようとします。こうした体温の調節がうまくいかなくなると、いろいろな障害を起こします。

 

 

熱射病は、人込みや自動車内など、風通しが悪い高温多湿の場所で、体内の熱を外に出せないと起こります。

 

また日射病は、夏の炎天下で直射日光を長時間、特に頭部に受けた場合に起こります。体温が急激に上がって40℃以上になり、意識障害を起こすことも少なくありません。

 

 

応急手当てによって、まず、できるだけ早く体温を下げる努力をしましょう。

 

扇風機で風を送れば効果が上がりますし、氷のうや保冷剤などをワキの下、首のまわり、足首など、血管が皮膚の表面の近くを通っているところに当てて冷やします。

 

マッサージは末梢の血管を拡張させるので、体温を下げる効果があります。体温が下がったらすぐに冷やすのをやめます。

 

 

手当ての最中に意識が薄れてきたら、生命が危険です。

 

呼吸が止まれば人工呼吸、脈が止まれば人工呼吸と心臓マッサージを併用する心肺蘇生法を続けながら、一刻も早く医師に引き渡します。

 

熱疲労なら温める

熱疲労も、熱射病と同じように高温多湿の場所で作業やスポーツをしたときに起こります。

 

多量に汗をかいたのに水分や塩分を補給しなかったために、脱水のショック症状に陥るもので、重症のときには意識不明になります。

 

 

熱疲労と判断したら、意識のあるときには水分と塩分の補給のために、薄い食塩水かスポーツドリンクを飲ませます。

 

水ばかり飲むと塩分不足で熱けいれんを起こすおそれがあります。

 

 

熱射病と勘違いして急激に冷やすと、かえって悪化させてしまうこともありますから注意しましょう。

 

意識がなかったり、皮膚が冷たくなって、意識が薄れるようなら重症です。毛布などで保温をして、一刻も早く医師に診てもらかましょう。

 

 

救急車を呼ばなければならない症状

手当てをしているのに意識が薄れてきたときや、呼吸や脈が止まっているときはすぐに救急車を手配して、心肺蘇生法を行います。

 

体温が40℃以上に上がったまま下がらないときもよんだほうがよいでしょう。

 

 

熱射病や熱疲労を軽く考えてはいけません。命にかかわる重い病気だと理解してください。

 

日射病・熱射病(熱中症)になりやすい人・状態

40歳以上の人は熱射病になりやすく死亡率も高いという報告がありますので、真夏の作業やスポーツには特に注意が必要です。

 

また、太りすぎの人、貧血ぎみの人、疲労や病気などで体力を消耗している人、日ごろあまり汗をかかない人、アルコールを常飲している人は、体温調節機能が弱いので気をつけましょう。

 

小さな子どもが、特に気をつけること

乳児や幼児は、体温調節の機能がまだ十分にできあがっていません。

 

日差しの強いときには帽子をかぶらせ、直射日光が頭部にあたらないようにします。

 

 

また閉めきった自動車内の温度は予想以上に上昇するものです。

 

短時間でも、小さな子どもを決して車内に置き去りにしないでください。

 

熱中対策は予防が大切

 

暑いときでも、ちょっと気をつけるだけで、日射病や熱射病(熱中症)などを予防できます。

 

炎天下で作業やスポーツをするときは、帽子などで頭部を保護し、ときどき休憩しましょう。

 

 

汗の発散のよいゆったりした服を着て、室内では換気をよくします。水分をとることも忘れないでください。

 

水を飲むときは、体液のナトリウムのバランスを保つため食塩をひとつまみなめておくのもよいでしょう。

 

スポンサーリンク