切り傷による出血の応急処置

目次

 

 

 

血を見てもあわてず、冷静に止血の手当てをすることが大切です。動脈からの出血は命にかかわりますから、すぐに救急車を呼びましょう。

 

切り傷の応急処置

 

直接圧迫法による止血

 

直接圧迫法による止血1

 

出血している傷の上に清潔なガーゼや布を直接当て、手でしっかり押さえます。

 

これを直接圧迫法といいます。

 

 

直接圧迫法による止血2

 

血がにじんできたら、当てたガーゼの上に、さらにもう1枚ガーゼを重ねます。

 

出血が止まるまで、押さえ続けます。

 

 

直接圧迫法による止血3

 

出血が止まったら、ガーゼの上に包帯を巻いてしばります。

 

ゆるすぎず、またあまりきつすぎない程度にしばってください。

 

 

直接圧迫法による止血4

 

傷口を心臓より高い位置にして、包帯の上から押さえて圧迫します。

 

この状態で外科のある病院へ。

 

 

止血帯を使った止血

 

◎これは皐終手段です。処置は慎重に行ってください。

 

止血帯を使った止血1

 

どうしても出血が止まらない場合は、止血帯を巻きます。

 

傷口よりも心臓に近く膝や肘よりも上の部分に、幅の広い布を最低2回は巻きつけて、ひと結びします。

 

 

止血帯を使った止血2

 

布の結び目に、硬く折れないような棒(著などでも可)を通して、

 

さらに1、2団結び、棒を回転させて止血帯を締めていきます。

 

 

止血帯を使った止血3

 

出血が止まったところで回転させるのをやめ、棒がゆるまないよう布でしばって固定しますが15分ごとに数秒ずつゆるめます。

 

止血帯を巻いた時刻を記録し早急に病院に運びます。

 

 

 

 

注意事項
■血を見ても、あわてないよう心がけることが大切です。

 

■動脈、静脈、毛細血管、どの血管からの出血かを確認します。

 

■ショック症状が現れたら、非常に危険です。一刻も早く救急車を呼びましょう。

 

好奇心いっぱいの子どもたち。多少のかすり傷は日常茶飯事ですが、万が一のときのために止血法は習得しておきましょう。

 

止血方法の種類

多量の出血があると、周囲の人まで気が動転してしまいがちですが、出血をできるだけ少なくするためには、冷静さを保ち、すぐに手当てを始めなければなりません。

 

止血方法には大きく分けて3つの方法があります。

 

 

直接圧迫法は、もっとも簡単で確実な止血法の基本です。

 

間接圧迫法は、傷口からもっとも近い心臓寄りの動脈を、指や手で押さえて圧迫します。

 

この場所を止血点といい、傷口部位により異なります。

 

3つ目は止血帯を用いる方法で、直接圧迫法や間接圧迫法で出血が止まらない場合に用いる最終手段です。

 

止血帯によって血流のとだえた組織は、1時間以上放置すると死んでしまいますので、早急に医師の診断を受ける必要があります。

 

出血の種類

 

出血の危険度は、損傷を受けた血管の種類によって異なります。止血方法も、この危険度に応じて変わってきます。

 

 

毛細血管からの出血

小さなすり傷や切り傷をしたとき、血液がにじむように出てきます。これは毛細血管からの出血である場合がほとんどで、出血量も多くないので、生命にかかわることはまずありません。

 

直接圧迫法で、容易に止血できます。殺菌・消毒をすれば、家庭内での治療で十分でしょう。

 

静脈からの出血

毛細血管の血液を再び心臓へと送りもどす働きをしているのが静脈です。

 

静脈の血液は二酸化炭素や不要な物質を多く含んでおり、黒ずんだ赤色をしています。

 

静脈の血流は弱いので、じわじわと湧き出すように出血します。多くの場合、直接圧迫法や間接圧迫法で止血が可能です。

 

動脈からの出血

動脈は、心臓から全身に血流を送り出している大きな血管です。動脈からの出血の場合、鮮紅色の血液が脈打つごとに勢いよくビュッ、ビュッと噴き出てきます。

 

大量出血になることが多く、命にかかわります。直接圧迫法や間接圧迫法を試しても、出血が止まらないようなら、止血帯をかけて、早急に外科のある病院に運ぶようにしてください。

 

 

 

関節圧迫法の動脈の止血点

 

間接圧迫をする際の動脈の止血点は、傷口の場所に応じて、以下のようになっています。

 

足の出血

もものつけ根中央部の脈拍の触れる部分にてのひらを当て、体重をかけて圧迫します。

 

上腕の出血

腋の下の脈の触れる部分に親指を、そして肩に残りの4本の指を当て、親指で強く圧迫します。

 

肘から下の出血

肘の内側中央の脈拍の触れる部分に親指を当て、肘をつかむようにして圧迫します。

 

指の出血

指の両側を親指と人さし指で強くはさんで圧迫します。

 

※圧迫している手や指を離すと、血流がもどってまた出血します。病院に運ぶまで押し続けることが大切です。

 

命にかかわる出血量

 

人間の全血液量は、体重のだいたい13分の1から12分の1だといわれています。たとえば、体重50kgの人だと、およそ4kg、つまり4リットルが血液量ということになります。

 

もし、この血液量の3分の1を一度に失ってしまうと生命が危なくなります。そして2分の1を失うと死亡してしまいます。

 

通常、1リットル以上の出血がある場合、ショック症状が現れるといわれます。大量出血のために、血液や酸素が全身の組織に十分行き渡らなくなるために起こるもので、

 

  • ①脈が速くなって呼吸が浅くなる
  • ②顔面蒼白
  • ③冷や汗
  • ④手足の冷感
  • ⑤喉の渇き

 

などを訴えます。非常に危険な状態ですから、一刻も早く救急車を呼ばなければなりません。

 

止血のあとの、化膿や細菌感染を防ぐため消毒

 

止血のあとに、化膿や細菌感染を防ぐため消毒をする必要があります。

 

傷口が泥や土で汚れていたら、水道水で洗い流し、消毒薬を塗ってください。消毒薬は、オキシドールなどの無色のものを使います。

 

 

ヨードチンキやマーキュロクロムなど色のついた消毒薬には表面的な効果しかなく、傷口を閉じにくくする場合もあり、お勧めできません。

 

また、脱脂綿やティッシュペーパーなど繊維のほぐれやすいものは使わないことです。

 

 

傷の中に小さな繊維が残って、あとで傷口が汚くなることがあります。

 

なお、出血が止まっても、念のため、外科でみてもらったほうが安心でしょう。

 

 

スポンサーリンク