コンタクトレンズのトラブル

目次

 

 

 

コンタクトレンズの装用中に違和感を覚えたら、早めに眼科を受診しましょう。トラブルを未然に防ぐためには、眼科で定期的に検査を受けることが大切です。

 

コンタクトレンズのはずし方の基本と応急処置

 

コンタクトレンズのとり方

 

コンタクトレンズのとり方1

 

ハードコンタクトレンズをとるときは、鏡でレンズの位置を確認し、目と同じ側の手の人さし指で、目じりを斜め上に引っ張って、軽くまばたきをします。

 

はずれにくいときは、同時に中指で下まぶたを斜め下に引っ張りましょう。

 

 

コンタクトレンズのとり方2

 

上の方法でとれないときは、上下のまつげの生え際に両手の人さし指を添えて、上の指で上まぶたを軽く押さえ、下の指でレンズの下端を押し上げます。

 

そして、下の人さし指にレンズをのせるようにしてはずしましょう。

 

 

コンタクトレンズのとり方3

 

ソフトコンタクトレンズの場合は、目と同じ側の手の中指で下まぶたを軽く引き下げ、親指と人さし指でレンズをつまみます。

 

利き手と逆の手の人さし指で下まぶたを下げ、利き手の親指と中指でレンズをとる方法もあります。

 

 

コンタクトレンズがずれたり、白目に張りついてしまったら

 

コンタクトレンズがずれたり、白目に張りついてしまったら1

 

レンズが上にずれたときは胸の前に鏡を持ち、顔は正面に向けたまま鏡を見て、人さし指で上まぶた越しにレンズを押さえ、鏡に映った目を見ながら鏡を顔の前にゆっくり上げます。

 

下にずれたときは、上下の動作を逆に行います。

 

 

コンタクトレンズがずれたり、白目に張りついてしまったら2

 

ハードコンタクトレンズが白目に張りついたときは、レンズの端を人さし指で軽く押して空気を入れ、静かに黒目の上に移動させます。

 

ソフトコンタクトレンズが張りついたら、コンタクトレンズ用の目薬を点眼しましょう。

 

 

 

 

注意事項

 

■コンタクトレンズがずれても、目の裏側に回ってしまうことはありません。通常はまぶたの裏に移動しているだけなので、落ち着いて対処しましょう。

 

■コンタクトレンズがまぶたの裏に入ってしまい取れなくなり、レンズの位置を自分で確認することができないときは、周囲の人に見てもらうとよいでしょう。

 

■目に張りついたレンズを無理にはずそうとすると、眼球を傷つけてしまう危険があります。上記の応急処置を行ってもはずすことができない場合は、眼科を受診しましょう。

 

コンタクトレンズの装用時のトラブル

 

コンタクトレンズは、目に直接触れるものなので、安易に使用していると思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

 

トラブルのほとんどは、装用者の取り扱いが不適切なために起こっています。特に、レンズの汚れによるものが大半を占めるとされています。

 

 

レンズが汚れるのは、角膜の新陳代謝によって古い細胞がはがれ落ち、目やにとなってレンズに付着するためです。

 

レンズが汚れると、角膜の表面が傷ついて荒れてしまい、目の中がゴロゴロするような異物感を覚えるようになります。

 

 

症状が進むと痛みが生じたり、涙の量が増えてきます。レンズがくもって見えにくくなることもあります。

 

レンズをはずした後は、毎回、それぞれのレンズに適した洗浄液で、きちんと洗浄しましょう。

 

 

ハードレンズの洗浄液のすすぎが不十分だったり、ソフトレンズの消毒液が中和されていないと、レンズを装用したときにしみるような痛みを覚えることがあります。

 

また、装着時間をオーバーすると充血や痛みを招きやすくなります。

 

 

レンズが乾燥してしまい、はずしにくくなるケースもみられます。

 

自分では痛みなどを感じていなくても、検査をすると目の異常が発見されることも少なくありません。

 

 

特に、ソフトレンズは角膜と密着しており、角膜に絆創膏を貼ったような状態になっています。

 

そのため、角膜に傷がついても異物感や痛みを感じにくく、異常の発見が遅れがちで、重症の角膜障害などを引き起こすおそれがあります。

 

コンタクトレンズの自己管理と定期検査が不可欠

 

レンズの手入れ方法や、つけ方、はずし方などはそれぞれのタイプによって異なるので、眼科で十分な説明を受け、適切な装用方法を守りましょう。

 

コンタクトレンズをつくるときは、眼鏡店などで選んでもらうのではなく、まず眼科で検査を受けて、適切なレンズを処方してもらい、そのうえで眼鏡店などを訪れるのが原則です。

 

 

レンズの素材に対してアレルギーを起こす人、結膜炎や角膜炎、涙のう炎、角膜潰瘍といった目の病気がある人、ドライアイで目薬の点眼をしている人は、基本的にコンタクトレンズの使用はできません。

 

コンタクトレンズをつけたときに何らかの違和感を覚えたら、すぐにはずしましょう。そして、できるだけ早く眼科を受診することが大切です。

 

定期的な検査も欠かせません。レンズを処方されたら、まず1週間後に、次に1か月後に受診します。

 

その後も、ハードレンズの装用者は6か月から1年ごとに、ソフトレンズでは2~3か月に1回、またディスポーザブルタイプ(使い捨てコンタクトレンズ・1ウィーク・1データイプ)の場合は1~2か月に1回、眼科で目とレンズの状態をチェックしてもらいましょう。

 

 

 

スポーツや外出のときだけ、コンタクトレンズを使用

 

コンタクトレンズには、ディスポーザブルレンズという便利な使い捨てタイプ(1ウィーク・1データイプ)があります。

 

これには、1日で使い捨てるもの、毎日はずして2週間で使い捨てるもの、1週間連続装用して使い捨てるものの3種類があるので、使用目的に合ったものを眼科で処方してもらいましょう。

 

コンタクトレンズはさまざまなスポーツを行う際に、眼鏡に比べて事故が起こりにくく、安全とされています。

 

 

スポーツ時には1日で使い捨てるタイプが適しています。

 

また、外出のときにだけつけたり、おしゃれを目的にカラーコンタクトを装用することも可能です。ディスポーザブルタイプの使い捨てコンタクトレンズ(1ウィーク・1データイプ)は、洗浄や保存の手間がかからず、常に清潔な状態のものをつけることができます。

 

ただし、ほかのレンズに比べて割高です。

 

スポンサーリンク