スポンーサードリンク

スポンサーリンク

 

応急処置記事一覧

あざができたときの応急処置患部を冷やしあざになるのを防ぐあざの治療一過性のものと先天性のものがある黒色表皮腫打撲を放っておくと、内出血を起こして皮膚が変色してきます。あざを予防するためには、受傷後すぐに患部を冷やすことが大切です。あざができたときの応急処置打撲後の内出血を防ぐ腕や足を打撲したときは、患部に冷水をかけたり、氷のうをあてたりして、できるだけ早く冷やしましょう。患部への血流を減らしてあざ...

打撲の応急処置手足を打撲した場合頭、胸、腹を打撲した場合氷のうの作り方代表的なスポーツ障害医師に見せる前に応急処置頭、胸、腹を強打したら救急車を手足の打撲なら、医師にみせる前にすばやく応急処置をしましょう。頭、胸、腹を強打したときは、ためらわずに救急車を呼んでください。打撲の応急処置手足を打撲した場合皮膚に傷があるときは、水道水でよく洗い、きれいな脱脂綿などでふいてからガーゼを当て、包帯を巻きます...

冷やす、包帯で圧迫する、患部を心臓より高い位置に保つ、安静にする、これらが肉離れを起こしたときの応急処置の4大原則です。肉離れの応急処置肉離れを起こしたときの応急処置「RICE療法」とは?ハムストリングスの肉離れのチェックポイント肉離れとは?肉離れの症状肉離れを予防するには肉離れの応急処置肉離れを起こしたら肉離れを起こしたら、すぐに患部を冷やすことが大切です。タオルを敷いた上に氷を置き、30分間ほ...

切り傷の応急処置 直接圧迫法による止血 止血帯を使った止血止血方法の種類出血の種類関節圧迫法の動脈の止血点命にかかわる出血量止血のあとの、化膿や細菌感染を防ぐため消毒血を見てもあわてず、冷静に止血の手当てをすることが大切です。動脈からの出血は命にかかわりますから、すぐに救急車を呼びましょう。切り傷の応急処置直接圧迫法による止血出血している傷の上に清潔なガーゼや布を直接当て、手でしっかり押さえます。...

基本的な消毒法そのほかの消毒法傷の種類で消毒法も違う消毒薬の種類と使い方傷跡が残ってしまったら怪我をしたときには、消毒して傷口を化膿させないようにしましょう。さまざまな消毒法を知っておくと、イザというときに役立ちます。基本的な消毒法ぶつけたり転んですり傷をつくってしまった場合は、傷口に泥や砂などがついてしまいます。放っておくと傷口を化膿させるので、流水で洗い流しましょう。洗い終わったら、傷口をこす...

止血法の基本 圧迫止血をする 指圧止血と止血点止血法と止血のポイント止血帯は1時間が限度出血の危険度の目安頭部の出血の応急処置外傷による多量の出血に対しては、止血が救命の大きなポイントとなります。医療機関への搬送を手配する一方で、止血を急ぎましょう。止血法の基本圧迫止血をする患部にガーゼや清潔な布・タオルなどを直接あてがって、その上から手で強く圧迫します。直接圧迫法は、傷口がそれほど大きくないとき...

トゲや釣り針が刺さったり釘を踏み抜いたとき、細菌感染の危険を避けるため、消毒には十分気を配りましょう。トゲや針、釘が刺さったときの応急処置応急処置ですむ場合応急処置ですまない場合トゲを抜くときは必ず消毒トゲの抜き方ガーデニングや、アウトドアでの注意トゲや針、釘が刺さったときの応急処置細く短い木片、竹片が刺さったとき消毒した毛抜きで抜きます。取りにくいときは、5円か50円硬貨の穴の部分を当てて、強く...

かぶれたときの応急処置 腕がかぶれたとき 接触皮膚炎はどうして起こるのかかぶれとは?原因物質を特定することが大切漆などを扱い続けているとかぶれにくくなる?手湿疹(主婦湿疹)について何かの物質に接することで、皮膚がかぶれることがあります。かぶれは、アレルギー反応の一つとして起こることが多いものです。関連かぶれの治療・検査・予防|かぶれたときの注意点や金属アレルギーの予防原因物質を明らかにし、外用薬と...

黄疸が現れた場合の対処法 黄疸に伴う症状が現れたとき 日常生活の注意黄疸が発生するメカニズム黄疸を招くさまざまな病気新生児の黄疸柑皮症と黄疸黄疸は、肝臓や胆道の病気で現れることの多い症状です。皮膚や白目の黄染に気づいたら、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。黄疸が現れた場合の対処法黄疸に伴う症状が現れたとき吐き気をもよおしたときは、胃のあたりに氷のうや冷たくして絞ったタオルなどをあてて冷やし...

暑さで倒れたときの応急処置 日射病・熱射病(熱中症)の場合 熱疲労の場合日射病・熱射病(熱中症)の症状熱射病か熱疲労か判断日射病・熱射病(熱中症)は冷やす熱疲労なら温める救急車を呼ばなければならない症状日射病・熱射病(熱中症)になりやすい人・状態小さな子どもが、特に気をつけること熱中対策は予防が大切日射病・熱射病(熱中症)は炎天下や高温多湿の場所で体温調節ができなくなって起こります。熱疲労・熱けい...

爪がはがれたときの応急処置はがれている爪が残っているときはがれてた爪が残っていないとき包丁で謝って爪を切ったとき爪ははがれても再生する爪を伸ばすのば非常に危険爪周囲炎と陥入爪(かんにゅうそう)転倒や物に引っかけたりして思いがけず爪をはがしたときは、爪を元の位置に戻して固定しましょう。爪がはがれたときの応急処置はがれている爪が残っているとき爪をはがしたときは、まず、はがれた部分の皮膚をオキシドールや...

足のしびれの応急処置 正座の最中に足がしびれてきたら 正座から立ち上がるとき正座のとき、足のしびれを防ぐ方法しびれとはどのような状態か心配のないしびれと病気によるしびれ足のしびれを招く病気と症状足のしびれには、正座や冷えによるものと、病気が原因となるものがあります。しびれがいつまでも続いたり、しびれ以外の症状を伴うときは、早めに受診しましょう。足のしびれの応急処置正座の最中に足がしびれてきたら正座...

外反母趾の応急処置 外反母趾の進行をくい止めるには 外反母趾の予防に足の指の体操女性に多くみられる外反母趾外反母趾の診断と治療外反母趾を防ぐ靴選び外反母趾の矯正グッズ足の親指が、つけ根の部分から小指側に曲がってくるもので、放置すると腫れや痛みが生じます。外反母趾に気づいたら、早めに予防対策をとることが大切です。関連:外反母趾の原因・症状・診断・治療・予防外反母趾の応急処置外反母趾の進行をくい止める...

靴擦れの応急処置 かかとに靴擦れが起きたとき 靴擦れによる水ぶくれがあるとき靴擦れとは?「まめ」と「魚の目」靴が原因となる足の異常足に合わない靴を履き続けていると、外力が絶えず加わって熱をもち、靴擦れを招くことになります。慣れた靴に履き替え、清潔に保ちましょう。靴擦れの応急処置かかとに靴擦れが起きたときかかとに靴擦れが起きたら、流水で熱をもった部分を冷やし、汚れを十分に洗い流しましょう。水分をよく...

からだがむくんだときの応急処置 足がむくんだとき まぶたが腫れぼったいときむくみが生じる原因とメカニズムほかの症状を伴うときは受診を子どものむくみ女性にはむくみが生じやすいむくみがあるときは、塩分を控えて血行を促すように心がけ、それでもむくみが治まらず、何日も続く場合は早めに受診しましょう。からだがむくんだときの応急処置足がむくんだとき立ち仕事やデスクワークが多い人は、仕事の休憩時間を利用して、足...

関節がロックしたときの応急処置 膝関節が動かなくなったら ショックを起したときロッキングとはスポーツ時に発生しやすいロッキングスポーツによるさまざまな膝の障害スポーツの最中に怪我をした時の処置突然、膝の曲げ伸ばしができなくなるロッキングは、スポーツ時に起こりやすいものです。膝を固定して、整形外科を受診しましょう。関節がロックしたときの応急処置膝関節が動かなくなったらスポーツなどの最中に膝が突然動か...

骨折の応急処置 腕を骨折した場合 下肢を骨折した場合 骨折の場所と、ギプスなどによる固定期間の目安骨折の原因骨折の症状骨が折れているかどうかの判断移送の方法捻挫、脱臼、打撲と骨折の違い骨折した場合、無理に動かそうとせず、骨折部分がグラグラしないよう応急処置でしっかり固定してから病院に運びます。骨折の応急処置腕を骨折した場合骨折部分に副木を当てます。副木はタオルや綿などのパッドを敷いてから腕に密着さ...

高齢者が転倒したときの応急処置 高齢者が路上で転倒したら 意識がはっきりしないとき転倒が起こりやすい状況高齢者の転倒に伴う危険転倒を防ぐ室内環境転倒事故を防ぐために、高齢者自身が心がけること高齢者の転倒事故は、骨折につながりやすいものです。骨折が疑われるときは、受傷部位を安静に保ち、できるだけ早く病医院へ連れていきましょう。高齢者が転倒したときの応急処置高齢者が路上で転倒したら倒れている高齢者を助...

ぎっくり腰の応急処置 ぎっくり腰が起こったら ぎっくり腰の手当方法ぎっくり腰とは日常生活の留意事項活用したい補助具腰痛体操でぎっくり腰予防椎間板ヘルニアとぎっくり腰の違い関連腰痛の原因・症状 特に多いのが、腰椎椎間板ヘルニアや、ぎっくり腰などの急性腰痛腰痛の治療 コルセット、骨盤牽引などの保存療法や神経ブロックなどの薬物療法腰痛の予防・腰痛ストレッチや腰に負担をかけない姿勢なぜ女性は腰痛を起こしや...

急に歯が痛くなったときの応急処置 急に歯がズキズキと痛む時冷たい水が歯にしみるとき虫歯はどうして起こるのか虫歯の進行度で痛みが違う虫歯の予防は食後の歯磨き(ブラッシング)歯の欠損を補う方法歯磨きのとき歯茎から血がでる急に歯が痛みだしたときは、虫歯が歯髄の近くにまで及んでいる証拠です。一時的に痛みが治まっても歯科で治療を受けましょう。急に歯が痛くなったときの応急処置急に歯がズキズキと痛む時虫歯が急に...

気分が悪くなったときの応急処置 急に気分が悪くなったとき 脳貧血を起したとき「気分が悪い」とはどういう状況か体調や精神的な要素も影響午前中の気分の悪さパニック・ディスオーダーとは気分が悪くなることは、日常的に経験する症状の一つです。病気が背景にあるものから、精神的ストレスによるものまで、その原因はさまざまです。気分が悪くなったときの応急処置急に気分が悪くなったとき気分が悪くなった人がいたら、静かな...

急な腹痛の応急処置 腹痛が起こったとき 痛む場所でわかる臓器の病変痛む部位で原因疾患がわかる危険な急性腹症 急性虫垂炎 腸閉塞 急性胆のう炎あまり痛みを感じない胃がん移動盲腸胃けいれん激しい痛みが襲ってきたら、救急車を呼びます。緊急手術になることもあるので、水分をとってはいけません。急な腹痛の応急処置腹痛が起こったとき衣服やベルトなどは緩め、膝を曲げさせて寝かせると、痛みがやわらぎます。座布団があ...

食中毒を起したときの応急処置 食中毒が疑われるとき 意識障害や呼吸困難が生じたとき食中毒の多くは細菌が原因食材の加熱や手洗いの徹底で食中毒を予防フグやキノコに方たった可能性があるときの対処食中毒を起こすと、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が現れます。大量に水を飲ませて胃の内容物を全部吐かせ、嘔吐後は十分に水分を補給しましょう。食中毒を起したときの応急処置食中毒が疑われるとき腹痛や吐き気があるときは、横に...

食べ過ぎたときの応急処置食べ過ぎたときの対処法下痢や嘔吐を起こしたとき消化の流れと食べ過ぎの影響食べ過ぎを防ぐ食事のとり方ストレスと過食食べ過ぎは、誰でも経験するものです。胃に大きな負担をかけることになるので、次の食事を控えたり軽めにして胃を休めるようにしましょう。食べ過ぎたときの応急処置食べ過ぎたときの対処法次の食事を抜いたり、消化のよい物をとって、胃を休めましょう。例えば昼食を食べ過ぎてしまっ...

コンタクトレンズのはずし方の基本と応急処置 コンタクトレンズのとり方 ずれたり、白目に張りついてしまったらコンタクトレンズの装用時のトラブル自己管理と定期検査が不可欠コンタクトレンズの装用中に違和感を覚えたら、早めに眼科を受診しましょう。トラブルを未然に防ぐためには、眼科で定期的に検査を受けることが大切です。コンタクトレンズのはずし方の基本と応急処置コンタクトレンズのとり方ハードコンタクトレンズを...

首に激しい痛みがあるとき首の痛みが治まったら寝違えの状態とは寝違えたときの対処法寝違えたときの整形外科での処置冷湿布と温湿布の使用方法不自然な姿勢で寝ていたために、起きぬけに首が痛むケースを寝違えといいます。首の安静を保ち、冷湿布剤を貼っておくと、1週間ほどで治ります。寝違えたときの応急処置首に激しい痛みがあるとき起きぬけに首の左右やうなじ、肩などが痛んで思うように動かすことができないときは、寝違...

時差ボケの応急処置時差ボケの解消法時差ボケとは出発前や飛行機内での時差ボケ対策不眠になったら睡眠剤の使い方時差のために生体リズムが崩れて心身の不調をきたすものです。太陽の光を浴びたり規則正しい生活を送ることで、症状は軽くなってきます。時差ボケの応急処置時差ボケの解消法午前中はできるだけ外に出て、太陽の光を十分に浴びるようにします。特に、朝の外出は効果的です。その際、散歩や軽い体操をして、積極的にか...

しゃっくりが止まらないときの応急処置しゃっくりを止める方法しゃっくりとはしゃっくりの予防法しゃっくりは横隔膜のけいれんによって起こります。ほとんどは数分でおさまりますが、まれに長時間持続することもあります。しゃっくりが止まらないときの応急処置しゃっくりを止める方法冷たい水を一気に飲みます。氷片を飲み込むのもよいでしょう。胃のあたりを冷たいタオルや氷のうなどで冷やします。舌を出して、指で引っ張ってみ...

咳が止まらないときの応急処置咳が止まらないときの対処法咳が続いて呼吸が苦しいとき咳が出るメカニズム咳が止まらなくなったら咳を鎮める民間療法激しい咳が続いた後に意識を失う咳失神咳が続くと、体力を消耗したり睡眠が妨げられるなど、からだに悪影響を及ぼすことがあはす。外出や大声を控え、喉に温湿布をして安静を保ちます。咳が止まらないときの応急処置咳が止まらないときの対処法外出を控え、喉に温湿布をして安静を保...

犬や猫に噛まれたきの応急処置感染症に対する注意犬や猫に噛まれたとき(狂犬病・パスツレラ症・破傷風)猫に噛まれたり、ひっかかれた場合(猫ひっかき病)ネズミに噛まれた場合(鼠咬症(そこうしょう))犬以外の動物に噛まれた場合でも狂犬病になりますか?出血だけでなく、細菌などに感染して重症になる場合もあります。傷の大小にかかわらず、できるだけ早く治療を受けましょう。動物に噛まれたときの応急処置犬や猫に噛まれ...