アレルギー性鼻炎の種類や原因となるアレルゲンの種類

目次

 

 

 

こんな症状に注意
  • くしゃみがたて続けに何回も出ませんか?
  • 粘り気のない水のような鼻水が大量に出ますか?
  • 鼻がつまっていますか?
  • ひどい鼻づまりで、においが感じられませんか?
  • いつも鼻がむずむずしていますか?
  • 目の充血やかゆみがありますか?

 

くしゃみ、鼻水・鼻づまりアレルギー性鼻炎の3大症状です。ハウスダストや精神的ストレスが、発症の一因になります。

 

アレルギー性鼻炎とは?

 

アレルギー性鼻炎とは?アレルギー性鼻炎の種類と分類

 

アレルギー性鼻炎をはじめ、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそくといったアレルギー性疾患の患者数の増加は、深刻な社会問題となっています。

 

アレルギー性疾患は、免疫という、体内に侵入した異物を排除するシステムが過剰に反応し、からだに障害を与えるように発症する病気の総称です。

 

 

アレルギー性鼻炎は、異物が鼻の粘膜を刺激して症状が現れるケースです。

 

患者数は人口の10~20%にのぼるといわれ、地域によっては30%を超えるところもあると推測されています。

 

 

アレルギー性疾患の患者数が年々増加している理由として、アレルギー反応を誘発する異物が増えていること、精神的・肉体的ストレスの増大でからだが免疫の過剰反応を招きやすくなっていることがあげられます。

 

アレルギー性疾患が現代病ととらえられているのは、現代社会と現代人が抱えるさまざまな問題を反映しているためといえます。

 

 

アレルギー性鼻炎の種類と分類

 

アレルギー性鼻炎は、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。

 

通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンは、ハウスダスト、ダニ、カビ、細菌など、常に身の回りに存在するものなので、症状は季節に関係なく現れます。

 

 

一方、スギ、ブタクサ、イネ科などの花粉のように、アレルゲンの発生がある季節に限定されているケースでは、症状が現れる時期も限られます。

 

近年、患者数が急増している花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎の典型例です。

 

アレルゲンの種類

 

分類

アレルゲン

通年性

ハウスダスト、ソバガラ、アスペルギルス、ペニシリウム(カビの一種)、絹、職業上扱う薬剤

季節性(春)

スギ、ヒノキ、ハンノキ、コナラ(樹木の花粉)

季節性(夏)

スズメノテッポウ、カモガヤ、オオアワガエリ(イネ科の花粉)

季節性(秋)

ブタクサ、カナムグラ、ヨモギ、イネ科(雑草の花粉)

 

アレルギー性の鼻炎では花粉症が有名ですが、室内にあるちりやほこり、いわゆるハウスダストは、アレルギー性鼻炎の最大の原因となっています。

 

最近では、ハウスダストとスギ花粉が原因となるケースが増えています。

 

 

スポンサーリンク