スポンーサードリンク

スポンサーリンク

骨粗鬆症の原因・症状・検査・治療・予防・食事記事一覧

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは加齢と生活習慣の影響で骨が軽くなる加齢と生活習慣の影響で骨が軽くなる骨粗鬆症とは、国際的には「骨量の減少と骨の微細構造の劣化により、骨が弱くなって骨折しやすくなった状態」と定義されています。つまり、骨の密度が滅って、鬆(す)が入ったようにもろくなった状態をいいます。骨粗鬆症になると、骨折しやすいだけでなく、骨が萎縮したため身長が縮んでしまったり、骨折の後遺症として高齢者では寝たきりにな...

骨粗鬆症の原因・症状・カルシウム不足とホルモンの減少

1 骨粗鬆症の原因1.1 カルシウム不足とホルモンの減少1.2 カルシウム不足と骨の新陳代謝の不調1.3 無理なダイエットが骨粗鬆症の原因1.4 エストロゲンと女性の骨量の関係2 骨粗鬆症の症状3 骨粗鬆症の症状と兆候4 骨粗鬆症は閉経後の女性に多い症状骨粗鬆症の原因骨は子どものころから25~35歳くらいまで成長し、この時期に一番強くなりますが、35歳を過ぎると、骨の密度を高め骨の強さを担っている...

骨粗鬆症の検査・治療・骨塩測定法・薬物療法と生活療法

1 骨粗鬆症の検査1.1 骨塩測定法のいろいろ1.2 骨量を測定しての診断1.3 第二中手骨骨萎縮度測定法(MD法)1.4 二重エネルギーX線吸収法(DEXA=デキサ法)1.5 超音波法2 骨粗鬆症の危険度チェック3 骨粗鬆症の治療3.1 症状を軽減する4つの治療方法3.2 薬物療法と生活療法骨粗鬆症の検査骨粗鬆症の検査・診断・骨塩測定法のいろいろ骨のミネラル量を測定することを骨塩測定といいます。...

骨粗鬆症の予防・食事・栄養素の摂取と運動がポイント

1 骨粗鬆症の予防1.1 栄養素の摂取と運動がポイント1.2 若い時期に骨の量を増やす1.3 骨量の増加に努める骨粗鬆症の予防骨粗鬆症の予防は、日ごろの心がけが大切です。骨粗鬆症は十分予防が可能な病気であり、骨を強く健康にする方法もたくさんあることが、これまでの研究からわかっています。すでに骨粗鬆症にかかっていても、生活習慣や食事の改善、運動量を増やすこと、閉経後の女性ではホルモン補充療法を受ける...

骨粗鬆症の食事 カルシウムを多く含む食品で骨の健康を保つ!

1 骨粗鬆症によいカルシウムを多く含む食品2 骨の健康を保つバランスのとれた食事3 リンのとりすぎに注意骨粗鬆症と食事骨粗鬆症によいカルシウムを多く含む食品食品名一回に食べる量(g)目安カルシウム量(mg)牛乳2001本200ヨーグルト1001本110チーズ(プロセス)251切150シシャモ(生干し)1002本440煮干105尾220干しエビ101/5袋230小松菜801/4わ230春菊504~5...

骨粗鬆症の知恵袋・質問集

骨粗鬆症にかかりやすいかどうか、検査で事前にわかりますか?わかります。中高年の方は骨の密度をDEXA(二重工ネルギーX線吸収法)でスキャンし、将来骨折を起こす危険性があるかどうか判定できます。これは現在もっとも優れた方法ですが、どこにでもあるというものではありません。医師は骨粗鬆症につながるほかの危険因子をも考慮して、DEXAを備えている病院で骨をスキャンするよう指示することがあります。低脂肪の乳...