更年期障害の原因 卵巣機能の低下によるホルモンの変動や精神的ストレス

目次

 

 

 

更年期障害の原因

 

更年期障害の原因 卵巣機能の低下によるホルモンの変動や精神的ストレス

 

卵巣はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二つのホルモンを分泌していますが、更年期障害に特に関係が深いのがエストロゲンです。

 

エストロゲンは月経や受精をつかさどるだけでなく、からだの各部分に働きかけて、肌や髪の毛を美しくしたり、精神活動を活発にします。

 

 

エストロゲンの分泌が活発なのは20~30代で、それ以降は徐々に減っていき、更年期になると卵巣の働きの低下とともに急激に減少します。

 

エストロゲンは血液によって全身に運ばれます。このためエストロゲンの減少はある特定の臓器に関する症状だけでなく、全身にいろいろな症状を引き起こします。

 

 

例えば、更年期障害の症状の代表的な例であるのぼせほてり、冷えはエストロゲンが血管や筋肉の収縮と深く関係しているために生じるものです。

 

エストロゲンが減少すると、血管の収縮と拡張のメカニズムがうまく作用しなくなります。

 

 

拡張のほうが強く作用すると、血のめぐりがよくなり、のぼせほてりを感じるようになります。逆に、必要以上に血管が収縮すると、血行が悪くなり冷えを感じます。

 

エストロゲンが減少すると、脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンのうちの卵胞刺激ホルモンが卵巣に作用して、エストロゲンの分泌を促そうとします。

 

 

ところが更年期では、いくら卵胞刺激ホルモンが出ても、卵巣の働きが衰えているためエストロゲンは十分に産生されません。そうなると、下垂体は混乱をきたして失調が起こります。

 

下垂体が自律神経のコントロールに関係する場所でもあるために、自律神経失調状態を招くことになり、身体症状を引き起こします。

 

 

しかし、実際には症状が強く出る人もいれば、それほど悩まないで更年期を過ごす人もいます。

 

その割合はおよそ2対8ぐらいといわれています。女性ホルモンの急激な減少は女性共通の生理的現象であるにもかかわらず、このような個人差が出る理由の一つに環境要因が考えられます。

 

 

一般に、40~50代というのは、親の介護の問題、親や友人の病気や他界、子どもの進学や結婚、夫の定年後の経済的な問題、仕事の責任や職場の人間関係など、悩みごとや精神的な不安が出てきやすい時期といえます。

 

悩みや気にかかることが多いと、精神的ストレスとなり、からだに影響を及ぼし、より更年期障害症状が現れやすくなります。

 

また、神経質であったり、几帳面、まじめ、非社交的な性格の人は更年期障害になりやすいといわれています。

 

 

 

精神的ストレスが因子になることも

 

更年期症状が起きる大きな原因には、卵巣機能の低下によるホルモンの変動があげられます。

 

卵巣は、間脳の視床下部や下垂体から分泌されるホルモンの作用を受けて、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二つの女性ホルモンを分泌しています。

 

これらのホルモンは、月経や排卵を調節する重要な働きをしています。

 

卵巣は思春期から発達し、25歳ごろにピークを迎え、それ以降は徐々に老化していきます。老化が進むと、脳からホルモンが出されても、卵巣はうまく働かず、十分な量の女性ホルモンが分泌されなくなります。

 

すると、脳はさらにたくさんのホルモンを放出して、女性ホルモンの分泌を促そうとします。この脳からの大量のホルモンの影響を受けて、自律神経がバランスを崩すために、さまざまな症状が起きるのです。

 

このほか、子どもの受験や結婚、職場の人間関係、親の介護、夫との不仲といった生活環境や社会環境から受ける精神的ストレス、本人の体質などの因子が、関与していると考えられています。

 

 

 

更年期の女性ホルモンの流れ

 

更年期の女性ホルモンの流れ1

 

更年期の女性ホルモンの流れ2

 

性腺刺激ホルモンには、エストロゲンの分泌を促す卵胞刺激ホルモンと、プロゲステロンの働きを促す黄体化ホルモンの2種類があります。

 

閉経を境に、この2種類の性腺刺激ホルモンの値は高くなるのに対し、卵巣からのエストロゲンとプロゲステロンはほとんど分泌されなくなり低値を示します。

 

 

やがて卵巣がその働きをやめると閉経となり体内のエストロゲン量は限りなくゼロに近づきます。

 

このエストロゲンの急激な減少が、更年期の不快症状を引き起こすベースとなるのです。

 

こうしたホルモンのアンバランスが、更年期を迎えた女性のからだにさまざまな変化をもたらします。

 

卵巣の寿命は50年

 

「女性の一生」は、よくドラマや芸術のテーマになります。それだけ女性の人生は変化に富んでいて、ドラマチックです。

 

からだの変化をみただけでも波瀾万丈です。卵巣が成熟し始める10代前半から2種類のホルモンが交互に分泌され、その影響で女性のからだと心は毎月大きな波にさらされるようになります。

 

さらに妊娠、出産、授乳時期には子孫繁栄のための肉体改造を経験します。

 

次いで卵巣機能が衰え始める40代後半、これまで毎月繰り返されてきたホルモンバランスの変化が不規則になり、やがてなくなるという、新たな大変動を経験します。

 

この最後の大変動が更年期です。これまであげた女性のからだの変化は、すべて子孫繁栄、種の保存のために必要なものでした。

 

そして更年期は、女性のからだが妊娠、出産、子育てから解放されたことを意味します。

 

卵巣の寿命は約50年とされ、更年期はその前後、40代後半から50代半ばまでをさします。

 

平均寿命から考えてもその後に30年近い人生が待っています。それは生理的な女性としての枠にとらわれない人生を送るチャンスなのです。

 

スポンサーリンク