更年期障害とは

更年期障害とは?

 

 

更年期とは、人の一生を心身の変化によって大まかに分けたときのよび方の一つで、青春期、壮年期に続き、その後に老年期を迎える間の時期をいいます。

 

何歳から何歳までが更年期に当たるかは厳密に定まっていませんが、一般的には閉経をはさんだ前後約10年間を指します。

 

 

現在、日本の女性は平均49~51歳で閉経になるといわれていますから、45歳ごろから55歳くらいまでの間が更年期ということになります。

 

更年期を迎えると、女性のからだに女性ホルモンの急激な減少という大きな変化が訪れ、ときには心身両面にさまざまなトラブルをもたらします。

 

 

女性は40代に入るころから徐々に卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの分泌が減少していきます。

 

50歳前後になり、閉経を迎えるころには、女性ホルモンの分泌はほとんどストップしますが、女性ホルモンに作用する脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンは出続けるため、ホルモンのアンバランスが起きやすくなります。

 

その結果、体調も不安定になりがちで、のぼせやほてり、冷え、動悸といった症状をもたらします。

 

 

また、卵巣の機能の衰えを背景に、月経異常もこの時期の女性にしばしばみられる症状です。

 

さらに、子どもが巣立ちするといった環境的な要因や、肉体的な衰えの自覚などから精神的に落ち込みやすくなります。

 

こうした閉経前後の更年期にもたらされる心身の障害、更年期特有の症状を更年期障害といいます。

 

スポンサーリンク