スポンーサードリンク

スポンサーリンク

関節の病気記事一覧

【関節痛】 と腫れ・治療・予防・関節の仕組み

1 関節痛と腫れの原因1.1 様々な原因で起こる関節痛と腫れ2 関節痛と腫れの様々な治療法3 関節痛の予防4 関節の仕組み5 結節性紅斑とは6 関接鼠とは関節痛と腫れの原因関節の痛みや腫れの多くは、細菌感染、外傷、免疫の異常、老化による軟骨の変化・変形などによって引き起こされます。関節痛の原因を突きとめる際には、関節の症状がいつどのように起こったのか、痛んだり腫れているのは1か所の関節なのか、全身...

【関節炎】 の原因・種類・症状・診断・治療

1 関節炎とは?2 関節炎の原因と主な4つの種類3 関節の異常や関節に痛みが出る病気4 関節炎の症状と診断5 関節炎の治療6 乳幼児の化膿性関節炎関節炎とは?骨と骨の連結部分のうち、互いに動かせるような形でつながっているところを関節といいます。関節炎とは何らかの原因で関節に炎症が起こり、痛みを感じたり、腫れて熱をもったりする病気です。連結の仕方によって、関節にはいろいろな種類があり、それぞれ動き方...

【関節リウマチ】 の原因・治療・症状・診断

1 関節リウマチとは?2 関節リウマチの原因3 関節リウマチの治療3.1 関節リウマチの基礎治療3.2 関節リウマチのリハビリテーション3.3 関節リウマチには安静と適度な運動が必要4 関節リウマチの症状4.1 朝、起きたときの手の関節のこわばり4.2 関節痛と腫れ4.3 関節の変形5 関節リウマチの診断6 子どものリウマチ|若年性関節リウマチ7 妊娠中のリウマチ8 関節リウマチで受けられる福祉制...

【変形性関節症】 の種類・症状・検査・治療

1 変形性関節症とは?2 変形性関節症の種類3 変形性関節症の症状4 変形性関節症の診断と検査5 変形性関節症の治療6 痛みをやわらげる生活7 関節の潤滑をよくするヒアルロン酸変形性関節症は、老化とともに少しずつ進行します。膝や腰、背中などに痛みがある人は、早めに原因を明らかにし、治療を開始するようにしましょう。定期的に症状の進行をチェックすることも欠かせません。また、食生活を見直す、日常の何気な...

尿酸が異常に増えて起こる・遺伝性?痛風の原因を探る

1 痛風とはどんな病気?2 痛風の原因3 遺伝性の痛風痛風とはどんな病気?血液中に含まれる尿酸という物質が異常に増え、関節や腎臓などに沈着して、激しい痛みを伴う炎症を起こしたり、臓器の働きを悪くするのが痛風です。風に当たるだけでも関節が痛むことから、「痛風」と名づけられました。昔から美食や飲酒、肥満などが原因と考えられ、マケドニアのアレキサンダー大王やフランスのルイ14世など、多数の王侯貴族が痛風...

【痛風】 前ぶれもなく激しい痛みや腫れが起こる痛風の症状を見分けるポイントと痛風によく似た病気

1 痛風の症状2 痛風発作を見分けるポイント3 痛風によく似た病気痛風の症状 急性発作の繰り返しから慢性化へほとんどの場合、痛風の初期症状に足の親指のつけ根の関節に、何の前ぶれもなく激しい痛みや腫れが起こります。痛みの程度は、よく間違われる関節リウマチと異なり、極めて激烈で、「関節の中に溶けた鉛を注ぎ込んだようだ」とか、「人がそばを歩くだけでも痛みが走る」などといわれます。また寒気や発熱、ふるえな...

【痛風】 プリン体を含む食品は尿酸をつくりやすい? 尿酸値を下げる痛風の治療・食事

1 痛風の冶療 尿酸値をコントロールする2 痛風の食事 プリン体の多い代表的な食物痛風の冶療 尿酸値をコントロールする痛風の冶療の基本は薬物療法です。発作に対する薬と、尿酸値をコントロールする薬があります。発作には、その直前に必ずといってよいほど予兆がありますので、そのときにはコルヒチンという薬を飲みます。これはイヌサフランの種子や球根から得られる物質で、古くから痛風発作の特効薬として知られていま...

【痛風】 痛風の合併症とその対策 痛風腎、腎臓疾患、高脂血症や高血圧に注意

1 痛風の合併症とその対策2 痛風の経過と予後痛風の合併症とその対策 痛風腎、腎臓疾患、高脂血症や高血圧に注意痛風というと、当面の痛みの除去だけに注意が向きがちですが、本当に重要なのは痛風発作を抑えることよりも永続的な尿酸値のコントロールです。痛風発作で死ぬようなことはありませんが、自己管理を怠ったり、治療を誤ると、腎臓病や心筋梗塞、脳卒中などを併発し、命を落とすケースが多いからです。なかでもおそ...

腰痛の原因・症状 特に多いのが、腰椎椎間板ヘルニアや、ぎっくり腰などの急性腰痛

1 さまざまな腰痛2 腰痛の原因と症状さまざまな腰痛腰痛に悩んでいる人は多いものです。全人口の60%以上が一度は腰痛を経験したことがあり、また4人に1人は、現在も腰痛を持っているという調査結果が出ています。一口に腰痛といっても、その症状はさまざまです。大きく分けると、痛みが突然起こる「急性腰痛」と、徐々に痛みが出現する「慢性腰痛」があります。急性腰痛を引き起こす病気でもっとも多いのは、椎間板ヘルニ...

腰痛の治療 コルセット、骨盤牽引などの保存療法や神経ブロックなどの薬物療法

3 腰痛の診断 問診と全身・局所の診察4 腰痛の治療 コルセット、牽引や神経ブロック腰痛の診断問診痛む場所や強さ、痛み始めた時期などについて聞かれます。よく眠ることができるか、長時間同じ姿勢を維持できるか、といった点も確認されます。全身・局所の診察姿勢の観察のほか、医師が腰を押さえたときに圧痛が生じるか、アキレス腱や膝をハンマーでたたいたときに正常に反応するか、筆で足に触れたときにきちんと触感があ...

【腰痛】 腰痛の予防・腰痛ストレッチや腰に負担をかけない姿勢

1 腰痛の予防対策2 腰痛ストレッチの方法3 腰に負担をかけない姿勢4 腰に負担をかけない日常生活の注意5 腰痛の改善に適している運動種目6 職業性腰痛の再発防止方法腰痛の予防対策腰痛にならないためには、腰椎にかかる負担をできるだけ減らすことが大切です。太りすぎも腰に負担をかけますし、急にからだをねじったり、重い物を持ち上げたりといった、日常のちょっとした動作が腰痛の原因となるのです。慢性腰痛に悩...

なぜ女性は腰痛を起こしやすい?女性に特有の腰痛の原因や予防対策

1 なぜ女性は腰痛を起こしやすい?2 腰痛が起きやすい女性の特性3 女性の腰痛原因3.1 女性特有の生理的な要因3.2 婦人科系の疾患3.3 更年期以降に起こる腰痛4 整形外科疾患なのか、産婦人科領域の腰痛なのかの鑑別5 女性特有の腰痛の治療は、原因によって変わる6 妊娠中や更年期女性の腰痛の予防対策なぜ女性は腰痛を起こしやすい?女性特有の腰痛女性は基本的に腰痛を起こしやすい身体の構造をもっていま...

【五十肩】 肩の関節の周囲に炎症が生じる五十肩(肩関節周囲炎)の原因・症状

1 五十肩(肩関節周囲炎)とは?2 五十肩における障害3 五十肩の原因3.1 肩がスムーズに動く仕組み3.2  肩関節の周囲の老化現象4 五十肩の起きる過程肩関節の周囲に生じた炎症のために、肩が痛み、腕を動かすことができなくなる病気です。運動療法を中心に、根気よく治療しましょう。五十肩(肩関節周囲炎)とは?肩が痛み、腕が動かせない中高年になると、これといった原因がないのに肩に不快感や痛みを感じるこ...

【五十肩】 腕が上がらなくる五十肩(肩関節周囲炎)の症状・検査 自己診断方法

1 五十肩の症状1.1 痛みがひどくて眠れない時には2 五十肩の検査2.1 五十肩の自己診断方法3 五十肩と肩こりばどう違うのですか?五十肩の症状肩の痛みと運動障害五十肩(肩関節周囲炎)の初期の症状は、肩の痛みです。肩をどこかにぶつけたといった、軽い外傷がきっかけの場合もありますが、直接の原因はわからないことがほとんどです。突然、激しい痛みにおそわれるケースもありますが、徐々に痛みがひどくなってい...

肩関節周囲炎の治療|自宅でできる五十肩の運動療法

1 五十肩の治療1.1 運動療法1.2 温熱療法1.3 薬物療法2 自宅でできる五十肩の運動療法3 湿布薬の使い方4 五十肩の生活上の注意点5 五十肩の理学療法について五十肩の治療適度な運動がポイント五十肩は自然によくなるともいわれますが、初期に適切な治療を行わないと、症状を長引かせたり、悪化させたりすることにもなりかねません。五十肩にはさまざまな治療法がありますが、基本となるのは運動療法です。症...

【テニス肘・野球肘】 の症状・原因・治療・予防法

1 テニス肘・野球肘とは2 テニス肘2.1 症状と原因2.2 診断2.3 治療2.4 予防法3 野球肘3.1 原因3.2 症状3.3 診断と治療3.4 予防法4 テニス肘や野球肘をよぼうするために、スポーツの前後のストレッチングは効果がありますか?5 テニス肘や野球肘が疑われるときは、どのような病院へ行けばよいのでしょうか?6 テニス肘の治療に使うステロイドホルモン剤には、副作用はありますか?成長...

【顎関節症】 いろいろな因子が複雑にからみ合う顎関節症の原因!関節円板の位置のズレや損傷

1 顎関節症とは?2 顎関節症の男女比、年齢分布3 顎関節の構造4 顎関節症の原因4.1 起こしやすい素因4.2 発症のきっかけ4.3 進行、持続させる因子5 関節円板の位置のズレや損傷顎関節症は、あごの関節とその周辺部に現れるさまざまな症状を総称する病名で、頭部や首、背中など全身に痛みが広がることもあります。顎関節症とは?あごの関節や筋肉が痛み、開閉障害にあごを動かす関節や周囲の筋肉の異常で、口...

顎関節症の部位などによって5種類に分類、タイプにより現れる症状にある程度違いが出る

1 顎関節症の種類と症状1.1 関節外に病変があるタイプ1.2 関節内に病変があるタイプ1.3 心理的要素が強いタイプ2 あごの痛みや違和感が起こる病気は、ほかにもありますか?顎関節症の種類と症状五つのタイプに分類日本顎関節学会では、顎関節症を病変が認められる部位などによって、5種類に分類しています。一般社団法人日本顎関節学会 - 学会ホームページ:日本顎関節学会タイプにより現れる症状にある程度違...

自分でできる顎関節症チェック法!医師による顎関節症の検査と診断

1 顎関節症チェックリスト2 自分でできる顎関節症チェック3 顎関節症の検査と診断顎関節症チェックリスト顎関節症の症状は多岐にわたり、ときには顎関節が原因だと気がつかないこともあります。下記チェック項目の症状のいくつかが続くようなら、一度歯科を受診してみましょう。大きく口を開けることができない。口を開くなど、あごを動かそうとすると、関節のあたりで音がする。関節のあたりが痛い。こめかみが痛い。よく片...

【顎関節症】 顎関節症の治療・予防 歯を削って噛み合わせを治すのではなくスプリント療法が中心

1 顎関節症の治療2 日常生活の改善で顎関節症を予防4 クローズドロックの症状と治療5 顎関節症の治療は何科を受診するのか6 適切な処置をしてくれる医師を選ぶためには顎関節症の治療スプリント療法が中心どのようなタイプの顎関節症かによって、治療法は多少違ってきますが、顎関節症の90%以上は、外来での保存療法で症状が消失、あるいは軽減します。治療の基本は、歯を削って噛み合わせを治すのではなく、まず、顎...

顎(あご)の関節

複雑な動きで雑食の食生活を支えるほか、顔の表情や全身の健康にも影響します。顎の関節の仕組み顎の関節はかおの左右にあり、外耳孔(耳の穴)のすぐ前にある側頭骨につながる下顎窩(かがくか)と下顎の骨の後上方部である円筒状の下顎頭(かがくとう)、その間にあって顎をスムーズに動かす働きのある関節円板からなっています。つまり、下顎窩と関節円板の間の関節面と、関節円板と下顎頭の間の関節面の二つが組み合わさってい...

膝(ひざ)の関節

半月や靭帯、関節包などが総合的に働き、複雑な動きを支えています。膝の関節の仕組み太ももの大腿骨とすねの脛骨(けいこつ)をつなぐ膝の関節は、からだの中で比較的大きい関節です。「お皿」とよばれる膝蓋骨も、ここに含まれます。股関節(こかんせつ)に代表されるように、多くの開節は、向かい合った骨の一方が凸形、もう一方が凹形を呈し、はずれにくくなっています。しかし、膝の場合は、大腿骨はゆるやかな凸形をなしてい...

肘(ひじ)の関節

腕を曲げたり伸ばしたり、手の向きを変える働きをする複数の関節です。肘の関節の仕組み肘関節は上腕と前腕をつなぐ連結器の役目をします。上腕骨は上腕の主軸となっている円筒状の骨で、上・下端が太くなっています。上端は肩関節をつくり、下端では肘の関節を構成しています。下端では、上腕骨滑車と上腕骨小頭が並んで関節面をつくり、それぞれ前腕の尺骨(しゃくこつ)と橈骨(とうこつ)との間に関節を形成しています。また上...

関節痛サプリメント 比較

既に関節に痛みがある人がサプリメントを選ぶ3つのポイント既にある関節痛をサプリメントだけで医療レベルの改善を望むなら、以下の3つのポイントを考慮します。MSMが300mg以上配合MSMは優れた抗炎症作用により、関節の炎症・腫れを鎮める働きをする事から、関節の痛みやこわばりなど、辛い症状を和らげる効果があります。グルコサミンが1200mg以上配合グルコサミンは関節のクッションとなる成分を生成すること...