胃炎

スポンーサードリンク

スポンサーリンク

胃炎(急性胃炎、慢性胃炎、神経性胃炎)の原因・種類・症状・治療・予防記事一覧

胃炎とは

出血をともなう急性胃炎の半数は、アルコールの飲みすぎが原因です。慢性胃炎では、根気強い食事療法が大切です。胃の粘膜に炎症が起こったもの胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があります。急性胃炎は胃の壁の粘膜に炎症が起こったもので、原因が取り除かれれば数日で軽快します。慢性胃炎は胃の粘膜に繰り返し炎症を起こした結果、胃液を分泌する胃腺組織の破壊、減少、消失がみられるものです。内視鏡で観察した粘膜の様子から、数種...

急性胃炎の原因・種類・症状・治療

1 急性胃炎の原因・種類・症状1.1 急性外因性胃炎1.2 急性内因性胃炎2 急性胃炎の治療3 アレルギーで急性胃炎に4 急性胃炎が3日以上治らないとき急性胃炎の原因・種類・症状原因により種類が分けられる急性外因性胃炎大きく分けて、急性単純性胃炎と、急性腐食性胃炎があります。前者はさらにいくつかのケースに分類することができます。急性単純性胃炎でもっとも多いのが、暴飲暴食によるものです。極端に熱い飲...

慢性胃炎の原因・種類・症状・治療

1 慢性胃炎の原因2 慢性胃炎の種類2.1 萎縮性胃炎2.2 肥厚性胃炎2.3 びらん性胃炎3 慢性胃炎の治療4 老化と慢性胃炎慢性胃炎の原因胃の粘膜が萎縮する慢性胃炎の原因は、はっきりしていません。単なる加齢現象として、胃の粘膜の萎縮が原因とする説もあります。慢性胃炎の定義も定まったものではありません。胃部の不快感や胸やけなどの症状が長期間続き、がんや潰瘍などの器質的疾患が認められない場合、すべ...

ストレスがもたらす神経性胃炎

胃は胃液を分泌し、さらに「蠕動運動(ぜんどううんどう)」とよばれる運動をすることによって、食べ物と胃液を混ぜ合わせて、より消化しやすい状態をつくり出しています。蠕動運動は1分間に2、3回の周期で、押し寄せてくる波のような動きを繰り返すものです。ストレスを感じると、胃酸が大量に分泌され、胃酸過多の状態になることがわかっています。これが胸やけやげっぷなどの症状を引き起こします。一方、蠕動運動は自律神経...

胃炎の予防・家庭でできる胃炎療法

胃炎の予防暴飲暴食や過労に注意暴飲暴食による急性胃炎がよくみられます。規則正しい食事を心がけ、よく噛んでゆっくり食べることです。一度に大量に食べるのもよくありません。アルコール類の飲みすぎで急性胃炎を引き起こす例もしばしば見受けられますので、注意が必要です。また、肉体的・精神的ストレスから急性胃炎や神経性胃炎になるケースもしばしば見受けられます。過労におちいらないように休息や睡眠を十分取るように心...

胃炎の知恵袋・質問集

朝食を抜くのはなぜいけないのですか?夜型の生活を送っている受験生やサラリーマンなどのなかに、朝食を食べない習慣の人がいます。これは胃にとってよくありません。胃液は睡眠中はあまり分泌されず、朝目覚めとともに大量に分泌されます。ところが、朝食を抜くと消化するものがないため、胃液が直接胃の粘膜を刺激してしまいます。このため、びらんや潰瘍などができてしまうこともあるのです。ストレスが胃の病気をもたらすのは...