黒い点が飛ぶ、かすむ、視野の一部が欠ける、視野が狭くなる病気

目次

 

 

 

単なる老化現象の場合も多いのですが、失明の危険を伴う重大な病気の可能性もあります。

 

視覚異常とは?

 

視覚異常の原因・検査・治療・予防

 

カメラのレンズが汚れていたり、フィルムが不良品だと、不鮮明な写真しか写らないように、角膜、水晶体、網膜などの目の器官に病変があると、さまざまな視覚異常が現れます。

 

主な症状としては、黒い点が飛ぶ、かすむ、視野の一部が欠ける、視野が狭くなるなどです。

 

 

目の前に黒い小さな点が飛ぶ症状を飛蚊症(ひぶんしょう)といい、硝子体の混濁によって起こります。

 

硝子体はゼリー状の透明な液体ですが、何かの原因で濁ると、その影が網膜に映り、視神経を通じて脳に伝達され、黒い点として認識されるのです。見えるものは蚊や水玉、ゴミくずなどに似ていて、色の濃さや数も異なります。

 

 

目のかすみは、水晶体に濁りがある場合によくみられる症状です。

 

濁りの程度や位置によって症状は異なり、初期では明るい場所でまぶしさを感じる程度ですが、進行すると全体に白いもやがかかって、物が見えにくくなります。

 

硝子体から出血したり、ブドウ膜に炎症がある場合でも、目がかすんだり、視力が低下するなどの症状を感じることがあります。

 

 

視野の一部が欠ける、狭くなるといった症状は、網膜中央部にある視細胞の働きが悪化したり、網膜が眼底からはがれるなど網膜に問題があって生じます。

 

眼圧を調整する房水が排出されずに眼圧が上昇し、その結果、視神経が圧迫されたり、脳腫瘍など脳の病変が視覚中枢に悪影響を与えて、視野異常が起こる場合もあります。

 

 

目の仕組みと働き

 

眼球の外側は強膜と角膜で覆われ、強膜の内側には脈絡膜、毛様体、虹彩からなるブドウ膜があります。

 

光はまず角膜で屈折して、眼球中央部の瞳孔から入ります。さらに凸レンズ型の水晶体で屈折し、硝子体を通過して網膜に像を結びます。

 

 

光が通る際、水晶体は毛様体の筋肉の働きを借りて厚みを変え、ピントを調節します。

 

網膜はフィルムに当たりますが、像を視細胞に投影し、情報を脳に伝達する役割も果たしています。

 

 

角膜と虹彩、毛様体と水晶体の間には前房、後房とよばれる小部屋があり、毛様体で生成される房水が流れています。

 

房水は角膜や水晶体に栄養を補給すると同時に、眼圧を一定に保つ役目ももっています。

 

 

 

視覚異常の原因

 

糖尿病や高血圧が一因のことも

 

視覚異常の原因は、主として老化や目の病気、そして糖尿病や高血圧などの生活習慣病(成人病)に大別できます。

 

飛蚊症の多くは、老化現象による硝子体混濁が原因です。中高年以上の目のかすみも老化による水晶体の濁りが主な原因で、これを老人性白内障といいます。

 

 

ただ、どちらの症状も、ブドウ膜炎、角膜炎、網膜剥離(もうまくはくり)、眼底出血、緑内障などさまざまな目の病気の始まりの可能性があるので注意しなければなりません。

 

 

また、これらの病気のもともとの原因が、糖尿病高血圧動脈硬化などの生活習慣病であることも少なくありません。

 

 

糖尿病では、血糖値の管理ができていないと、糖尿病性白内障糖尿病網膜症を併発します。

 

 

特に怖いのが糖尿病網膜症です。

 

これは網膜の毛細血管にできたこぶが破れて、眼底出血や硝子体出血を起こす病気で、最悪の場合、網膜剥離を起こし失明することもあります。

 

 

視野が狭くなるなどの視野異常を感じる場合は、緑内障の疑いがあります。

 

眼圧が上昇する病気で、遺伝的素因や過剰なストレス、糖尿病が引き金となって起こります。

 

 

症状としては急性と慢性があり、急性では視覚異常のほか、吐き気や頭痛を伴います。

 

動脈硬化が原因の網膜中心静脈閉塞症網膜動脈閉塞症、老化による網膜黄斑変性症、脳腫瘍などで視野の異常を感じることがあります。

 

 

眼圧検査の方法

 

眼球の内圧を調べる検査で、緑内障の診断には欠かせません。

 

圧平眼圧計検査、空気眼圧計検査、シェッツ眼圧計検査などがあります。圧平眼圧計検査は、角膜の上に一定の面積の平面を生じるのに必要な圧力を測定するものです。

 

 

空気眼圧計検査は、角膜に向かって空気を噴射し、角膜が平らになるまでに要する時間で眼圧を測定する方法です。

 

シェッツ眼圧計検査では、角膜の上にのせた重りによって生じるくぼみの深さを測定します。どの検査法もまず点眼で麻酔をかけてから行います。

 

 

緑内障の初期段階では、眼圧が正常範囲(10~21mmHg)であることが多いので、時間帯を何度かかえて測定したり、眼圧を故意に高くして、その下がり具合をみるような検査を行うこともあります。

 

 

視覚異常の治療

 

原因や病気の進み具合により、点眼、手術、レーザーによる光凝固などの方法で治療にあたります。

 

日常生活に支障をきたすような白内障では、現在では「超音波乳化吸引術」が一般的です。糖尿病網膜症ではレーザー光線を使った光凝固治療が中心です。

 

 

これは眼底や浮腫のある部分の組織をレーザーで焼き、血管を固めて出血を防ぐものです。

 

緑内障では原則として点眼で眼圧をコントロールし、経過によっては内服薬の併用やレーザー治療を試みます。

 

視覚異常の予防

 

視覚異常は重大な病気の前触れであることも少なくありません。失明を防ぐためにも異常を感じたら早めに受診しましょう。

 

糖尿病の人は、少なくとも年に2回は眼底検査を受けて、網膜症などの合併症がないかを確認します。同時に血糖値をコントロールすることも大切です。

 

糖尿病性網膜症による失明は予防できますか?

何よりも血糖値のコントロールが重要です。

 

厳格に血糖を管理すれば、糖尿病網膜症の発症や悪化を抑制できるとの報告があります。

 

 

同時に、最低でも年2回の眼底検査を受けてください。異常が見つかっても、網膜剥離に至る前ならば、レーザーによる光凝固治療などによって失明を予防できます。

 

中心性網膜脈絡膜症とはどんな病気?

中心性漿液性脈緒網膜症とは視野の中央が見えにくくなったり、物が小さくあるいは大きく見えたり、ゆがんで見えるなどの症状が現れます。

 

30~40代の働き盛りの男性によくみられる病気で、視力の低下の程度は軽いのが特徴です。

 

原因ははっきりわかっていませんが、心身のストレスが引き金になって発症することが多いようです。

 

 

ストレスを避け、よく睡眠をとることが何よりの治療で、場合によってはステロイド剤、ビタミン剤などを服用します。

 

パソコンの操作を続けていると目がかすむのですが、よい対策はありますか?

パソコンのディスプレーなどを長時間注視していると、目の疲れやかすみ、頭痛などの症状が現れることがあります。

 

一定の休息をとると治るようなら目の疲れ(眼精疲労)ですから、心配はありません。

 

長時間作業しなければならないときは、1時間ごとに15分は目を休めるようにしましょう。

 

スポンサーリンク