視界の横にある物が見えにくい病気|緑内障について

目次

 

 

 

これといった自覚症状のないまま、視界の横にある物が見えにくくなる視野の欠けていく眼病です。早期に発見、治療すれば、日常生活に不自由はありません。

 

緑内障とは?

 

視界の横にある物が見えにくい病気|緑内障について

 

眼圧が高くなり視神経に障害

 

緑内障は眼球内の圧力である眼圧が異常に高くなって視神経に障害が起こり、視野の欠けていく病気で、急性と慢性があります。

 

 

急性緑内障は急激に眼圧が高くなって起こるもので、激しい頭痛や吐き気などの症状があり、手当てが遅れれば一晩で失明することもあります。

 

 

緑内障全体の7割以上を占めるといわれる慢性緑内障は、数十年かかって徐々に進行するのが特徴で、初期には顕著な自覚症状はありません。中期以降に視野欠損が生じて、気がつくというケースが多いようです。

 

 

慢性緑内障の治療はかなり長引きますが、眼圧を下げる点眼薬を継続することで進行は阻止できます。点眼薬が有効でない場合はレーザー治療や手術を行います。慢性緑内障は特有の症状がないため、ほかの目の疾患の検査、あるいは眼鏡をつくる際の検眼などで偶然発見されることがほとんどです。

 

 

慢性緑内障のなかでも特に発見が困難なのが、眼圧が正常範囲内にあるのに進行する正常眼圧緑内障です。主に眼圧に対する視神経の耐性の弱い人に起こりやすいと考えられており、有効な治療法の開発が急がれています。

 

 

全国の緑内障患者数は日本では約350万人いるとされ、そのうち7~8割は慢性タイプだと推測されています。

 

 

40歳以上の雁患率は約2.5%で、20人に1人の割合で緑内障にかかっていることになります。

 

目の構造と眼圧上昇の仕組み

目の構造と眼圧上昇の仕組み

物を見るために眼球は常に一定の形をしている必要があります。像がゆがんで見えると困るからです。その役割を担っているのが眼圧です。

 

適正な眼圧は10~20mmHgといわれています。

 

眼圧は房水という目に栄養を与える体液が眼内を循環することで保たれています。房水は毛様体でつくられ、水晶体をまわり、瞳孔を通って虹彩の前に出ます。

 

そして前房を経由して、隅角にある線稚柱帯を通過後、シュレム管に集められ、眼球の外の静脈へ流れ出ます。

 

この循環経路のいずれかで滞留が起こると、房水が眼球内にあふれ、眼圧が高くなると考えられています。

 

 

緑内障の原因

 

何らかの原因で眼球内の体液である房水の排出が停滞すると、眼圧は上昇します。停滞する原因の一つは、房水の排出口に当たる隅角が狭くなり、虹彩と接触してふさがれてしまうことです。

 

 

ただし、隅角には何の異常も見当たらないのに眼圧が高くなる人もいます。むしろ、こちらの人のほうがはるかに多いのですが、眼圧がなぜ高くなるのかはわかっていません。

 

 

眼圧が適正範囲にあっても、視神経が侵される正常眼圧緑内障もあります。主として眼圧に対する視神経の耐性が弱い人に起こるとされますが、ほかにも原因があると考えられています。

 

 

緑内障の新しい原因説として浮上してるものの一つに、視神経に栄養を供給している血管に何らかの障害が発生する血流障害説があります。栄養不足で視神経が萎縮するわけです。

 

 

もう一つは緑内障遺伝子関与説で、緑内障特有の遺伝子がいくつか発見されたというものです。その遺伝子が循環を障害するのか視神経の弱さに関係するのかまだ不明です。しかも、緑内障の人に存在している確率自体も数パーセントですが、次々と発見される可能性もあります。

 

 

 

緑内障の分類

 

房水異常による原発性緑内障

 

原因となる病気がないのに単独で起こる原発性緑内障には、状態や眼圧により次のように分けられます。

 

原発開放隅角緑内障

隅角に異常はないのに房水の流れが悪くなって眼圧が高くなるタイプで、慢性型の緑内障です。両眼性の疾患ですが、一般には進行の程度はそれぞれ違ってきます。高齢者の失明の重要な原因の一つです。

 

正常眼圧緑内障

慢性型緑内障の病型の一つで、眼圧は正常範囲内にあるのに視神経障害、視野障害が起こります。日本人では緑内障全体の過半数がこのタイプだと推測されています。

 

原発閉塞隅角緑内障

隅角が閉塞して房水が眼内にあふれて眼圧が急上昇します。急性型の緑内障で、興奮したときや長時間読書をしたとき、かぜ薬や胃の検査のバリウムを使用したときなどに眼圧が高くなる傾向があります。

 

先天性緑内障

隅角の発育不全で起こります。急性の症状を呈することがほとんどです。

 

高眼圧症

眼圧は21mmHg以上と高いにもかかわらず、視神経障害、視野障害の発症しないものをいいます。将来的に緑内障になりやすいといわれています。

 

合併症として起こる続発性緑内障

 

病気の合併症で発症します。例えば糖尿病網膜症の末期では、血管が隅角を覆って眼圧が高くなることがあります。白内障でも水晶体が膨らみ隅角を圧迫して起こることがあります。

 

 

ほかに炎症性の目の疾患や、ボールがぶつかるなどの外傷、ステロイドホルモン剤の副作用などでも眼圧は高くなり、放置すると緑内障になることがあります。

 

 

緑内障の症状

 

原発閉塞隅角緑内障では急な眼圧の上昇により、突然に眼痛、頭痛、吐き気、目のかすみなどの激しい急性発作が起こることがあります。緑内障の発作とわからないで、内科を受診する人もよくいます。ときには一晩で失明するほど症状が急激な場合もみられるので、一刻も早く眼科医の手当てを受けます。

 

 

慢性緑内障は次のように進行します。

 

緑内障の極早期

 

高い眼圧により視神経は侵されているのですが、症状はありません。視神経は100万~120万本あり、半分くらい萎縮しても視野障害は起こりません。

 

緑内障の初期

 

視野の中心より少しずれた箇所に視野の欠ける暗点が出現します。不便さはないので、気がつかないことが多く、検査をしてやっと発見できます。

 

緑内障の中期

 

暗点が拡大するとともに、鼻側の視野も欠けてきます。視野の4分の1ほどが欠けると気づくことが多くなります。ただし、鼻側の視野は両方の目で補い合っているので、気づかない人も少なくありません。視神経の萎縮が6~7割以上を超えると、視野障害は急速に進みます。

 

緑内障の末期

 

視野は周辺部から徐々に欠けていく傾向があります。文字やテレビの画面が欠けて見えたり、人によくぶつかったりするようになります。視力のよさと視野障害の進行とは関係ありません。

 

 

緑内障の検査と診断

 

どのタイプの緑内障であるかを診断するには、隅角の開き具合をみる隅角検査あるいは細隙灯顕微鏡検査が重要となります。

 

慢性緑内障では、検査を数か月から数年にわたって繰り返し行います。眼圧は季節変化や日内変動があり、計測のたびに数値が違うこともあるからです。

 

 

眼圧検査を繰り返し行い、視神経萎縮の進行具合を確認していきます。

 

検査と検査値

 

緑内障の診断は眼圧検査と細隙灯顕微鏡による眼圧検査、視野検査により行われます。

 

原発開放隅角緑内障と高眼圧症、正常眼圧緑内障、正常眼は、21mmHgを境にした眼圧の高低、眼底・視野の異常の有無で区分されています。

 

 

 

緑内障は高眼圧など複数の原因により視神経が侵されて視野障害が起こり、適切な治療を受けないと失明の危険もある疾患です。

 

 

全体の約7割を占める慢性型の緑内障は早期に発見して治療すると、日常に支障のない視野を維持できる確率が高くなります。視野が狭くなっていることに自分で気づいたときには、病状は相当進んでいることがほとんどです。

 

 

40歳を過ぎたら1年に1回は眼科の検診を受けて早期発見に努めましょう。

 

 

すでに緑内障にかかっている人でも、よい治療薬が出ていますので、進行を止めたり遅らせたりする確率は以前よりずっと高くなっています。高齢者の場合は頻繁に通院することは負担になりますから、医師と相談のうえ、適切な治療法をとることもよく行われています。

 

スポンサーリンク