眼精疲労の症状で一番多いのは目の痛みで、痛む箇所もさまざまです。

目次

 

 

 

ときには重い目の病気や身体の病気が隠れていることがあります。原因を突きとめ日常生活の工夫をすれば、かなり予防ができます。

 

【目の機能性表示食品えんきん】



 

眼精疲労の症状

 

症状で一番多いのは目の痛みで、痛む箇所もさまざまです。眼精疲労の症状・検査

 

眼精疲労の症状で一番多いのは目の痛みです。

 

その表現も鈍痛がする、ズキズキする、疼く、拍動に従って痛むなど多彩です。

 

痛む箇所も、目の奥、眉間、眼球全体、側頭部、後頭部などさまざまです。

 

 

また、充血、涙が止まらない、目が重たい、目が熱い、目が乾く、異物が入ったようだ、といった眼球症状もよくあります。

 

なかには物が二重に見える、ぼやける、焦点が合いにくい、視野が狭くなったなどの視覚症状を訴える人もいます。

 

慢性化すると、肩こり、めまい、不眠、嘔吐、イライラなどの全身症状を伴うこともあります。

 

 

眼精疲労の検査

 

目の検査が基本となります。

 

屈折および調節検査、眼位、眼球運動、眼圧などの検査のほかに、前眼部(角膜、虹彩、前房、水晶体)の異常の有無や涙液分泌の検査なども行われます。

 

 

目にこれといった異常がない場合は、全身的疾患かどうかを診るために、循環器や消化器の検査、ときにはCT(パソコン断層撮影)やMRI(磁気共鳴撮影法)を使った画像診断検査が必要なこともあります。

 

 

スポンサーリンク