目そのものの異常と見え方の異常|眼球の構造

 

全身的な疾患が原因で目に異常が現れることもあります。中高年の人は特に注意が必要です。

目そのものの異常と見え方の異常

 

目の異常といった場合、大きく二つに分けられます。

 

一つは目そのものの異常で、目の痛み、かゆみ、疲れ、腫れ、充血、濁りなどのほか、涙や目ヤニの増加といった多様な症状があげられます。

 

 

もう一つは見え方に関する異常で、視力が低下したり、物がだぶって見えたり、視野が狭くなったりするケースです。

 

これらの症状の原因としては、眼球や視神経に異常がある場合と、まぶたや涙腺など目の付属器官や目の周囲に異常がある場合とが考えられます。

 

 

注意が必要なのは、全身性の疾患が目の異常の原因となっているケースがみられることです。

 

目に気になる症状があるときは、早めに受診して原因を確かめましょう。

 

眼球の構造

眼球の構造

目はよくカメラにたとえられますが、カメラのレンズにあたるのが角膜と水晶一本、フィルムに相当するのが網膜です。

 

また、虹彩は光の量を調節する絞りで、瞳孔は中央部の光を通す穴といえます。

 

目では毛様体の筋肉の収縮によって水晶体の厚さを変えてピントを合わせます。

 

網膜に届いた情報は視神経を通じて大脳に送られ、ここで視覚が生じます。

 


スポンサーリンク