強い耳痛と発熱がある病気 急性中耳炎かも知れません

目次

 

 

 

症状を言葉で表現できない小さな子どもでも、しぐさや表情などで痛みを訴えているものです。

 

急性中耳炎

 

急性中耳炎の原因

 

強い耳痛と発熱がある病気 急性中耳炎かも知れません

 

インフルエンザ菌やブドウ球菌、肺炎球菌などの菌やウイルスに感染して起こります。

 

風邪をひいたり、鼻や喉の炎症から耳管を通して発病することが多く、冬によくみられます。

 

 

子供がかかることが多いのですが、これは、耳管が大人に比べて短く、鼻と耳の位置に高低差がないので水平であるのに加え、菌の侵入を防ぐ機能も未発達なために、菌が中耳に入ってきやすいからだと考えられています。

 

 

また、鼻や喉に炎症があったり、けがなどで鼓膜に穴が開いていると、細菌が入ってきやすくなります。

 

はしか(麻疹)やしょうこう熟、耳下腺炎などの急性感染症にかかっているときは、その細菌が血流にのって中耳に運ばれることもあります。

 

 

こうした急性感染症から発症するケースでは、全身の抵抗力も弱まっているため、症状が重くなり、慢性化する可能性が高くなります。

 

 

急性中耳炎の症状

 

強い耳痛と発熱が、典型的な症状です。発病すると、耳に膿がたまるため、耳がつまったような感じ(耳閉感)がしたり、難聴がみられます。

 

膿が鼓膜を圧迫するために、耳の強い痛みが起こります。

 

 

乳幼児では耳の痛みをはっきりと訴えないこともあるので、発熱の有無に特に注意しましょう。

 

膿がたまって鼓膜に穴が開くと、耳だれが出てきます。耳だれが出てくるようになると、耳の痛みや発熱もおさまり、症状の峠は越したことになります。

 

急性中耳炎の診断

 

耳の痛みなどの症状と、鼓膜が赤く腫れて炎症があるかどうかが診断のポイントです。

 

 

また、X線や聴力の検査をすることもあります。耳だれが出ていれば、それを採取し、原因になっている菌を探して治療に役立てます。

 

 

 

急性中耳炎の生活の注意

 

発熱があり、炎症が強いときには運動や入浴はせずに安静にしましょう。鼻を強くかまないように、また両方同時にかまないように注意しましょう。

 

熱が下がり、入浴できるようになってからも、しばらくは耳に水が入らないようにします。

 

入浴

中耳炎を発病してから2~3週間たち、鼓膜に軽い充血があるという程度まで回復していて、医師が許可をすれば入浴してもよいでしょう。

 

しかし、完全に治りきっていない状態では、すぐにぶり返す可能性も高いので、長時間の入浴は避け、洗髪をするときには耳をしつかり押さえるなどして絶対に耳に水が入らないようにします。

 

 

入浴と同時に、運動も同じ程度の期間はひかえます。特に水泳は厳禁です。

 

治りかけてから再び悪化すると、菌に耐性ができ、それまでは効きめの現れた抗生物質が効かなくなる場合もあるので要注意です。

 

【第2類医薬品】パピナリン(15mL)耳鳴、耳漏、耳掻痒、耳痛、外聴道炎、中耳炎に効果を発揮します。

amazon

rakuten


 

 

スポンサーリンク