音の聞こえが悪くなる、聴力が低下する難聴の種類

目次

 

 

 

こんな症状に注意
  • 耳鳴りがありますか?
  • 中耳炎の既往がありますか?
  • めまいを起こしますか?
  • 騒音のなかで長時間仕事をしていますか?
  • ヘッドホンで長時間、音を聞いていませんか?
  • 結核の既往がありませんか?
  • 過度のストレスにさらされていませんか?

 

耳の聴覚伝導路が障害されることによって聴力が低下するもので、重度になると日常生活に支障をきたすようになります。

 

難聴とは?

 

音の聞こえが悪くなる、聴力が低下する難聴の種類

 

何らかの原因で聴力が正常よりも低下して、音の聞こえが悪くなった状態を難聴といいます。

 

音は空気の振動として、まず耳介、外耳道を通り、鼓膜をふるわせます。鼓膜のふるえは、さらにつち骨、きぬた骨、あぶみ骨からなる耳小骨を伝わって内耳に達し、蝸牛(がぎゅう)のリンパ液を振動させます。

 

 

この振動は、感覚細胞(有毛細胞)、内耳神経を経て脳幹、大脳皮質へと伝わり、音として知覚されます。

 

難聴は、外耳から大脳皮質に至る聴覚伝導路が障害されることによって起こります。障害される部位によって、伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴に分類されています。

 

 

伝音性難聴は、外耳および中耳の伝音機構に障害が起こって聞こえにくくなるケースです。

 

通常、耳介から内耳に音が伝わる過程では、外耳道の共鳴効果や耳小骨での増幅効果によってとらえた音が強められ、蝸牛のリンパ液に効率よく振動が伝わる仕組みになっています。

 

しかし、伝音機構に障害があると、この過程で音がうまく強められず、振動が内耳に十分に伝わらないため、小さな音が聞こえにくくなります。

 

伝音性難聴の場合、内耳の感覚機構は正常であるため、音を大きくすれば、はっきりと聞こえます。

 

 

これに対し、音を感じる内耳から聴覚中枢までの経路に障害があるケースが感音性難聴です。

 

感音性難聴は、音を大きくしても何を言っているのか聞きとることができず、また、どういう種類の音なのかを判別することもできません。感覚細胞の障害の度合いによって、軽度から高度まで難聴の程度に幅があるのが感音性難聴の特徴です。

 

感音性難聴は、蝸牛の感覚細胞の障害によって起こる内耳性難聴、伝達神経の障害による後迷路性難聴、大脳皮質の障害による皮質性難聴に分けられます。

 

 

後迷路性難聴や皮質性難聴は、内耳性難聴と比較すると発症数は少ないものの、音や言葉の判別に大きな障害を招きます。

 

 

混合性難聴は、伝音機構、感音機構の両方が同時に障害されているケースを指します。このように、一口に難聴といっても、聴覚器官のどの部分が障害されているかによって、性質や程度が大きく異なります。

 

また、難聴を引き起こす原因によっても、中耳炎による難聴、老化とともに起こる老人性難聴騒音下での仕事に起因する騒音性難聴突然片耳が聞こえなくなる突発性難聴薬の副作用による薬剤性難聴聴覚伝導路には障害のない機能性難聴などに分類され、それぞれ特有の症状を示します。

 

 

音の伝わり方

音の伝わり方

 

外耳道を通る音波が鼓膜を振動させ、三つの耳小骨、卵円窓から蝸牛の外リンパ液に振動が伝えられます。

 

ここで音波は基底膜を振動させるのですが、周波数によって最大振幅部位が決まっています。低くなるほど、部位は蝸牛の頂に近くなります。

 

 

 

 

 

難聴の種類

 

伝音性難聴

外耳および中耳(伝音機構)の障害によって聞こえが悪くなるケースが伝音性難聴です。伝音性難聴を引き起こす疾患には、滲出性中耳炎慢性中耳炎のほかに、先天性の外耳・中耳の形態異常、耳垢栓塞(じこうせんそく)、耳硬化症、外傷性耳小骨連鎖離断などがあります。伝音性難聴は、最大でも60dB(デシベル)程度の障害で、高度難聴になることはありません。

感音性難聴

内耳から大脳皮質(感音機構)までの障害によって聴力が低下するケースが感音性難聴です。聴力検査では、気導・骨導差がなく、骨導の聴力レベルがそのまま感音性難聴の程度を表します。軽度から中等度程度の難聴では補聴器が役立ちますが、難聴が高度になると補聴器を使用しても言葉を判別することは難しくなります。

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴が合併して起きたケースで、聞こえの状態も両方の難聴の特徴をもっています。中等度程度の感音性難聴に伝音性難聴が合併すると、気導聴力検査では高度の難聴レベルになります。

 

 

スポンサーリンク