スポンーサードリンク

スポンサーリンク

耳の病気記事一覧

子どもが中耳炎にかかりやすい理由
中耳炎には、急性中耳炎、滲出性中耳炎(しんしゅつせい)、慢性中耳炎などがあります。なかでも、急性中耳炎と滲出性中耳炎は子どもによくみられる病気ですが、処置をあやまると慢性化したりあとあとまで難聴に苦しむことになるため、早めの治療が大切です。
強い耳痛と発熱がある病気 急性中耳炎かも知れません
急性中耳炎は、インフルエンザ菌やブドウ球菌、肺炎球菌などの菌やウイルスに感染して起こります。風邪をひいたり、鼻や喉の炎症から耳管を通して発病することが多く、冬によくみられます。
耳管の機能が未成熟な小さい子どもに起きる滲出性中耳炎
滲出性中耳炎は、別名中耳カタルとよばれます。中耳腔に、組織からしみ出る滲出液(血管から血管壁を通って出てきた血液中の細胞を含む液体)がたまり、鼓膜の振動や耳小骨の動きが抑えられて難聴になります。
中耳炎が慢性化する慢性中耳炎
慢性中耳炎は、中耳炎が慢性化し、中耳の粘膜や骨がおかされて耳ろうや難聴を起こしている状態をいいます。鼓膜に穴が開く慢性化膿性中耳炎と、中耳腔に皮垢(皮膚の垢)の硬いかたまりができる真珠腫性中耳炎が代表的です。
音の聞こえが悪くなる、聴力が低下する難聴の種類
難聴は耳の聴覚伝導路が障害されることによって聴力が低下するもので、重度になると日常生活に支障をきたすようになります。また、パソコンやスマートフォンの普及で通信は多様化し、聴覚障害者にとっても新しいコミュニケーションの手段が増えてきています。
音の聞こえが悪くなる、聴力が低下する難聴の原因と症状
老化とともに起こる老人性難聴、騒音下での仕事に起因する騒音性難聴、突然片耳が聞こえなくなる突発性難聴、薬の副作用による薬剤性難聴、聴覚伝導路には障害のない機能性難聴の原因と症状を解説します。
【難聴】 難聴の予防|補聴器の上手な活用法など
難聴の人が少しでも円滑に、安心して日常生活を送るためには、家族や周囲の人たちの理解と援助が何より大切です。周囲の人は、難聴者に口の形や動き、顔の表情がよくわかるように、向かい合って会話をするようにします。
めまい発作、難聴、耳鳴りが起こる病気
メニエール病は、前ぶれもなく現れる「ぐるぐる回る感じ」のめまい発作で始まります。めまい発作、難聴、耳鳴りがメニエール病の3大症状といわれます。めまい発作が繰り返し起こると難聴、耳鳴りが悪化します。

このページの先頭へ戻る