トップへ戻る

便秘や下痢、痔(じ)などの排便に異常をきたす原因はさまざまです。

便秘や下痢、痔(じ)などの排便に異常をきたす原因はさまざまです。

 

 

便秘や下痢、痔(じ)などの排便に異常をきたす原因便秘の原因で多いのは、何度も便意を我慢しているうちに直腸の反射機能が低下して、便意が起こりにくくなるものです。

 

また運動不足や繊維質の少ない食事、精神的ストレス、妊娠、薬剤の副作用、消化器系や中枢神経系の疾患などで大腸の蠕動運動に支障をきたすと便秘になります。大腸に炎症や腫瘍、狭窄、癒着などの疾患があって、便が通りにくくなるために起こる便秘もあります。炎症性の疾患では、頻繁に便意が起こっても便があまり出ないケースもみられます。

 

急激な下痢は、細菌やウイルスの感染による食中毒や赤痢(せきり)のほか、冷えや暴飲暴食、食物アレルギー、抗生物質の副作用、精神的ストレスなどで起こります。

 

感染性の下痢では発熱や腹痛を伴い、便に血が混じることもあります。慢性的な下痢では、過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎、大腸がんなどの腸の疾患をはじめ、胃や膵臓、胆のうの疾患が疑われます。

 

 

また糖尿病や甲状腺の異常など、全身性の疾患の部分症状の場合もあります。過敏性腸症候群や大腸がんは、便秘や下痢を繰り返すこともあります。

 

排便時に肛門が痛む原因の多くは痔(じ)によるものです。痔では排便時に出血することがありますが、直腸がんなどでも同様の症状がみられるので注意が必要です。

 

 

肛門の病気は早い段階で受診することが、重大な病気の早期発見につながります。

 

排便時に肛門が痛い、出血や膿が出る、肛門の一部が脱出してしまうなど、快便を妨げる肛門の病気がいくつかあります。主なものは、痔(痔核・痔瘻・裂肛)、直腸脱、肛門菅がん、肛門ポリープ、肛門周囲膿瘍、尖圭コンジロームなどです。

 

これらの病気は自己流での処置ですませてしみがちなため、症状を悪化させてしまうことも多いようです。肛門の周辺に不快な症状があるときは、早めに受診して治療しましょう。

 

治療と予防のためには、便秘や下痢を避け、肛門周辺を常に清潔に保つことが大切です。肛門の状態をよくしておくと、早い段階で排便の異常に気づき、大腸がんなどの重大な病気の早期発見につながります。

 

 

便秘や下痢、痔(じ)などの排便異常の治療

 

細菌感染による急性の下痢では、抗菌薬や抗生物質を投与して安静を保ち、脱水症状を防ぐために水分を補給します。暴飲暴食や冷えなどが原因の下痢の場合は、絶食して腸を休ませ、症状が軽減したら消化のよい物から徐々に通常の食事に戻していきます。

 

慢性的な下痢では、貧血や栄養低下など二次的な症状に対するケアも必要です。

 

痔は薬剤で炎症を抑え、刺激を避けることで治す保存療法が中心ですが、症状が重い場合は外科的手術を行います。

 

便秘は何らかの病気が原因であれば、その治療を行います。それ以外の場合は、規則正しい排便習慣をつけ、食物繊維の多い食事をとり、適度な運動を行うなど、生活習慣の改善が便秘解消の基本となります。

 

 

 

 

排便の異常は軽視できない

 

軽視できない排便の異常排便のサイクルには個人差があるので、1日1回便通がなければ異常というわけではありません。規則正しくすっきりと排便することができ、便の量や硬さも安定していて、ほかに気になる症状がなければ、その人のからだのリズムに合った正常な排便習慣といえます。

 

この排便習慣が乱れる症状の代表が、便秘や下痢です。下痢では水分の多いゆるい便が頻繁に出て、便の量も増えます。逆に便秘では便の水分が減少して硬くなり、排便回数や便の量が減ります。ときには何日も便が出ないこともあります。

 

また頻繁に便意をもよおすのに便があまり出ず、排便しても残便感があるといったケースや、排便に痛みを伴ったり、排便時に血や膿が出ることもあります。これらの症状が急激に起こり、腹痛や発熱を伴う場合は特に注意が必要です。

 

慢性的な症状の場合は放置しがちですが、重い病気の可能性もあります。軽視せずに受診し、原因を確かめましょう。

 

 

 

排便の異常を予防

 

便秘の予防

 

便秘や痔のほか、消化器系の疾患の予防のためには、食物繊維の多い食事と適度な運動を心がけましょう。

 

というのも、小腸から大腸へ送り込まれた食べ物の残りは、蠕動運動によって上行結腸、横行結腸、下行結腸へと運ばれていくうちに水分が吸収されて固形化します。S状結腸にある程度の便がたまると、便の重みや食物摂取による胃の刺激をきっかけに、一気に直腸まで運ばれ、直腸壁への刺激が脊髄の排便中枢から大脳に伝わって、便意が起きます。

 

便意が起きると大脳からの指令によって直腸、肛門括約筋、腹筋が働き、肛門から便が排泄されるという排便の仕組みがあるからです。また朝食をきちんととり、食後にトイレに行く習慣をつけるなど、規則正しくゆとりのある生活環境をつくることが大切です。

 

 

他にも、冷えから便秘になるということがあります。一般的におなかを冷やすと下痢を起こしやすいと考えられていますが、冷えは便秘の原因にもなります。一般に腰や手足がひどく冷える人は便秘になりやすい傾向がありますが、これは冷えによって血管が縮んで血液の循環が悪くなり、自律神経が緊張して腸の働きに支障をきたすためです。冷房のきいた部屋や寒い場所で長時間過ごすときは、腰やおなかを冷やさないように気をつけましょう。

 

他にも主な便秘の原因もいくつかあるので、覚えて意識するだけでも便秘の予防に繋がります。

 

下痢の予防

下痢をしやすい人は、暴飲暴食を慎み、刺激の強い食べ物は控えましょう。また高温多湿の環境や海外旅行では、生ものや生水はなるべく避けましょう。

 

牛乳を飲むと下痢をする人の多くは乳糖不耐症といい、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素の働きが弱い体質のためです。乳糖が分解できずに残ると腸で水分が吸収されにくくなり、水様の下痢になります。

 

また牛乳に含まれるタンパク質にアレルギー反応を起こすケースもあり、乳児に多くみられますが、たいていは腸の発達とともに治まります。乳糖不耐症の場合は乳糖分解酵素を含んだ薬を飲むことで下痢を起こさなくすることもできます。

 

まとめ

 

消化器系の病気や食生活の乱れ、ストレスなど、便秘や下痢などの排便に異常をきたす原因はさまざまです。便秘や下痢で悩んでいる人はバランスの良い食事や適度な運動など、予防できることからはじめましょう。

 

 

便秘からくる肌荒れや、大腸がんを防ぐために、食物繊維を効率よくとりましょう。

 

食物繊維は、人間の消化酵素で分解されない成分なので、ほかの栄養素のように体内で消化吸収されて、機能を発揮するものではありません。厳密には栄養素ではなく、消化管の中で作用して生体の機能に変化を与える成分です。

 

一般に食物繊維と健康との関係に関心がもたれるようになったのは、50年ほど前からです。WW2の最中に、アフリカの植民地で医療活動に従事していたイギリス人の医師たちが、ヨーロッパ人とアフリカ人の疾病構造の違いに気づいてから、食物繊維の見直しが始まりました。

 

ヨーロッパ人には便秘や動脈硬化、糖尿病、大腸がんなどが多いのに対し、アフリカ人には、これらの疾病が、殆どみられなかったからです。医師たちは、この違いは環境や遺伝によるものではなく、食生活の違い、特に食物繊維の摂取量の差に、原因があるのではないかと考えました。

 

1971年には、食物繊維の摂取量がすくないと、大腸がんの発生率が高まるという仮説が発表されました。この説が発端となって、食物繊維への関心が急速に高まりました。

 

日本でも、1960年代後半になると、食生活の欧米化から動物性食品と脂肪の摂取量が増え始め、植物性食品や穀物などの摂取量が減ってきました。このような食生活の欧米化とともに、大腸がんや糖尿病、心筋梗塞などが増加し、食物繊維の生理作用に熱い視線が注がれるようになったのです。

 

時代の変化とともに日本人の食生活も欧米化し、食物繊維の摂取量は年々減っています。1955年には、食物繊維は1日1人平均約22gでしたが、85年には約17gとなり、30年間に5gも減少しました。その原因を食品別にみると、米や小麦、大麦、いも類などの摂取量が大幅に減ったためで、さらに穀物の精製法の変化も原因の一つです。

 

このように不足しがちな食物繊維をとるには、肉や魚だけに偏らず、いろいろな野菜や豆、いも類、穀物、果物がいつも食卓にあることが大切です。食物繊維の働きは少しずつ違うので、いろいろな食品からとるのが栄養学的にも得策です。

 

野菜や果物などの植物性食品を豊富にとれば、食物繊維と一緒にビタミンやミネラルを補給することもできるからです。料理全体の摂取エネルギーを適量にコントロールしながら、特定の栄養素に偏らず、バランスのとれた食事をすることが基本といえるでしょう。

 

食物繊維が豊富な食品の、分類、食品名、繊維量の一覧が掲載されています。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

食後に便意が起こり排便されるまでのメカニズム 三つの反射機能と蠕動運動
排便は三つの反射によってスムーズになされます。いくつもの臓器や筋肉の複雑な連携により、はじめて排便は成り立つのです。この連携がスムーズであれば、快便につながります。食べ物が腸の中を順次移動していくのは、腸壁が波を打つように収縮していく蠕動運動によるものです。
便秘の症状は下腹の膨満感が特徴
便秘の典型的な症状は下腹部の不快感です。おなかが張る膨張・膨満感を感じたり、腹痛が起こり、吐き気をもよおして実際に嘔吐する場合もあります。便秘により自律神経のバランスが崩れると、肩や首の筋肉の緊張が増し、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。
便秘の主な三つの原因と、赤ちゃん・女性・高齢者の便秘
便秘の原因はいくつもありますが、主なものは次の三つです。不規則な食事が原因の便秘、便意を無視することによる便秘、ストレスが原因の便秘です。赤ちゃん・女性・高齢者の便秘の原因についても掲載しています。
便秘の種類
便秘の種類には器質性便秘と機能性便秘があり、さらに急性症候性便秘、慢性症候性便秘、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘に分けられます。
便秘の解消・改善
いろいろな便秘解消方法を紹介しています。がんこな便秘は万病のもとです。一日一回以上ドッと出し、早く便秘解消してスッキリしましょう。
便秘の予防
病気が原因ではない常習性便秘では、食物繊維不足の食生活や不規則な排便習慣、運動不足などが原因となっていることが多いものです。便秘を解消するには日ごろから、そうした生活習慣を改善することが、便秘の予防につながります。

このページの先頭へ戻る