トップへ戻る

便秘の種類

目次

 


 

便秘の種類

 

器質性便秘と機能性便秘

 

器質性便秘と機能性便秘便秘とは大腸内に便が異常に長く停滞し、その結果、便の水分量が減少して便が硬くなり、便量が減ってしまう状態をいいます。排便痛や残便感などの排便困難を伴うことも多いものです。

 

排便習慣には個人差があり、便秘の明確な定義は難しいのですが、一般に1週間の排便回数2回以下が目安となります。ただし、毎日あっても便量が少なかったり、ウサギの糞のようにコロコロとした便であれば、便秘と考えられますし、これまで毎日規則正しい便通があったのに、急に3、4日に1回しかなくなったようなときも病的な便秘が疑われます。

 

 

器質性便秘や症候性便秘は、原因疾患の治療が行われます。腫瘍や狭窄が原因なら、手術が第一選択になることもあります。長い間、便秘が続くと、下腹部がいつも張っている感じがしたり、肌あれがひどくなったりして、日常生活が不快な気分になりがちです。また、無理して排便しようとして、痔などにもかかりやすくなります。軽視は禁物です。

 

器質性便秘

器質性便秘とは、炎症や腫瘍、狭窄(きょうさく)、癒着といった腸の障害が原因で、便の通り道が狭くなって起こるものです。

 

大腸がん、腸管癒着、腸閉塞、腸結核、腸間膜炎、急性腹膜炎、炎症性腸疾患のクローン病や潰瘍性大腸炎などのほか、骨盤内臓器の腫瘍や子宮内膜症などによる腸以外の疾患による圧迫も原因となります。
S状結腸過長症といった先天性疾患でも起こります。

 

器質性便秘のひとつは、急に発生する急性症候性便秘があり、もうひとつは、徐々にと便通が悪くなったり、便秘が持続したりする痙攣性便秘があります。。

 

機能性便秘

機能性便秘とは、腸管の便を送り出す働き蠕動運動(ぜんどううんどう)などに障害が起こるもので、弛緩性便秘(しかんせい)、痙攣性便秘(けいれんせい)、直腸性便秘に分けられます。

 

 

機能性便秘解消方法は、日常生活の改善がポイントです。

規則正しい排便習慣、食物繊維の多い食事、適度な運動などを心がけます。過敏性腸症候群はストレスが誘因になることが多いので、ストレス対策も欠かせません。

 

 

 

慢性症候性便秘

 

慢性症候性便秘は、主に腹部の臓器の慢性疾患によって、副次的に起こる便秘です。

 

例えば大腸壁が袋状に外側へ飛び出す大腸憩室は痛みはありませんが、腸の活動が抑制されて、結果的に便秘になります。近年増えているのが大腸ポリープと大腸がんです。

 

大腸ポリープは大腸壁にコブ状の突起が形成される疾患です。1~2mmからピンポン玉大になるものまであります。

 

ポリープが大きい場合は腸管内で食物の移動が制限され、便秘につながります。大腸がんに移行するポリープもあります。

 

習慣的に便秘することによって便が腸に悪影響を及ぼして、大腸がんを引き起こすことがあります。

 

 

また、大腸がんが進行したり広がったりすると便秘になります。胆のうや膵臓、子宮、卵巣などの腫瘍が腸管を圧迫することで便秘になることもあります。

 

胆のうや膵臓の炎症で、胆汁、膵液の分泌が減っても、消化・吸収に支障が出ます。激しい痛みを伴う痔になると、心理的に排便を敬遠するようになり、便秘になりやすいといえます。

 

 

 

 

急性症候性便秘

 

急性便秘は、一過性単純便秘と急性症候性便秘に分けられます。

 

一過性単純便秘

 

通常は快適な排便をしている人が、一時的に便秘になる場合をいいます。

 

朝食を抜いたり、食事の量が少なく、偏っているときが多いようです。

 

また、仕事が忙しかったり、水分不足や生活環境の変化、悩み、月経、妊娠など、さまざまなきっかけで起こります。

 

原因が取り除かれればすぐ治ります。

 

 

急性症候性便秘

 

主として胃腸の急性の病気によって起こる便秘です。

 

腸管のつまる腸閉塞(ちょうへいそく)、腸がねじれる腸捻転(ちょうねんてん)などが代表的です。

 

痛みや吐き気など、激しい症状を伴うことが多いのが特徴です。臓器の異常によって起こるので、器質性便秘とよぶこともあります。

 

早急に医師の診断を受ける必要があります。

 

 

 

痙攣性便秘

 

痙攣性便秘とは、腸管がけいれんを起こし、便の通過が妨げられるために起こります。

 

このタイプは、便意はあるのになかなか出なかったり、最初に出る便は硬いのに、終わりごろになると軟便になったりします。

 

お腹が張ったり、腹痛をおぼえることもあります。過敏性腸症候群、消化性潰瘍、胆石症、慢性膵炎などが原因となります。

 

過敏性腸症候群はストレスの影響が大きく、下痢と便秘を交互に繰り返すのが特徴です。

 

 

精神的なストレスや心理的なことで自律神経のバランスが崩れ、腸の一部が頻繁にけいれんすることで起こります。

 

けいれんによりS状結腸や直腸へ便が送られにくくなるのです。

 

このタイプの便秘は、食後の腹痛を伴うことがよくあります。

 

便意はあっても排便につながらない、あるいは排便しても残便感があるといったことがよく見受けられます。

 

便秘と下痢を繰り返す人もいます。

 

 

弛緩性便秘

 

弛緩性便秘とは、腸管の緊張や運動が低下し、蠕動(ぜんどう)運動が弱くなって起こります。

 

このタイプの便秘の特徴は、便意をもよおすことが少なく、硬くて太い便になることです。

 

長期間の寝たきりの状態や出産経験が多いこと、脊髄損傷、甲状腺機能低下症、糖尿病などが原因となります。

 

 

また、結腸性便秘ともいいます。主に老化のため腸壁の筋力が低下し弛緩してしまい、蠕動運動を行う力が不足して起こります。

 

生まれつき腸が長く下垂ぎみになっている人では、若くても起こりやすいようです。

 

腸の蠕動運動を補完する腹筋力などが不足したり、いきむ力が低下することによって、便秘になることもあります。女性では難産や帝王切開などがそのきっかけとなる人もいます。

 

 

 

直腸性便秘

 

直腸性便秘とは、排便を促す直腸の反射機能が低下するものです。

 

痔の既往歴があったり、下剤や浣腸の乱用などでも起こりますが、多くの場合、排便を何度も我慢しているうちに生じやすく、直腸の神経の感覚が鈍くなって便意の起こりにくくなったものをいいます。

 

便意につながる直腸・肛門反射などの連携がスムーズに行われなくなることが原因です。

 

時間的な制約など、多くは生活上の都合で便意を我慢することがきっかけとなるようです。

 

習慣性便秘ともいい、弛緩性便秘と合併することもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

食後に便意が起こり排便されるまでのメカニズム 三つの反射機能と蠕動運動
排便は三つの反射によってスムーズになされます。いくつもの臓器や筋肉の複雑な連携により、はじめて排便は成り立つのです。この連携がスムーズであれば、快便につながります。食べ物が腸の中を順次移動していくのは、腸壁が波を打つように収縮していく蠕動運動によるものです。
便秘の症状は下腹の膨満感が特徴
便秘の典型的な症状は下腹部の不快感です。おなかが張る膨張・膨満感を感じたり、腹痛が起こり、吐き気をもよおして実際に嘔吐する場合もあります。便秘により自律神経のバランスが崩れると、肩や首の筋肉の緊張が増し、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。
便秘の主な三つの原因と、赤ちゃん・女性・高齢者の便秘
便秘の原因はいくつもありますが、主なものは次の三つです。不規則な食事が原因の便秘、便意を無視することによる便秘、ストレスが原因の便秘です。赤ちゃん・女性・高齢者の便秘の原因についても掲載しています。
便秘の解消・改善
いろいろな便秘解消方法を紹介しています。がんこな便秘は万病のもとです。一日一回以上ドッと出し、早く便秘解消してスッキリしましょう。
便秘の予防
病気が原因ではない常習性便秘では、食物繊維不足の食生活や不規則な排便習慣、運動不足などが原因となっていることが多いものです。便秘を解消するには日ごろから、そうした生活習慣を改善することが、便秘の予防につながります。
便秘や下痢などの排便の異常
消化器系の病気や食生活の乱れ、ストレスなど、便秘や下痢などの排便に異常をきたす原因はさまざまです。

このページの先頭へ戻る