トップへ戻る

便秘の主な三つの原因と、赤ちゃん・女性・高齢者の便秘

目次

 


 

便秘の主な三つの原因と、赤ちゃん・女性・高齢者の便秘

 

快適な排便が乱れるのは、便秘による場合が圧倒的に多いようです。便秘は腸内に便が必要以上に停滞することをいいます。

 

便秘と判断される時間は一概にいえませんが、排便の周期が通常より長引いたり、腹部が張るなど、胃腸の不快感を伴うようであれば、便秘を疑ってよいでしょう。また排便があっても残便感があるなら便秘といえます。

 

便秘の原因はいくつもありますが、主なものは次の三つです。

 

不規則な食事が原因の便秘

 

食事を抜いたり、食物の量が不足すると、胃腸の活動が低下して、食べ物がスムーズに送られなくなります。当然、直腸の内圧が不足するので、便意は起こりにくくなります。

 

厚生省の「国民栄養調査」によれば、朝食をよく抜く人は全体の13%にものぼります。ダイエットで昼食や夕食の制限をする人もかなりいるようです。食事を抜く理由はさまざまですが、抜いた人たちに便秘が多くみられるようです。

 

偏食をしたり、食事の時間がずれて便秘になることもあります。食事の内容が消化・吸収のよい食品に偏ると、腸壁を十分に刺激することができなくなり、蠕動運動も低下します。

 

反対に消化の悪いものを食べすぎると、胃や小腸で消化・吸収に手間取り、いつもと違った時間に便意が起こるもとになります。

 

便が硬くなり、排泄されにくくなるため、水分の不足も便秘の要因となります。硬い便ばかりを排泄していると肛門を傷め、痔を患う確率が高くなります。すると排便するたびに肛門が痛むので排便を我慢し、ますます便秘になりやすくなります。

 

便意を無視することによる便秘

 

直腸に便がたまり便意が起こっても、トイレが近くになかったり、排便する時間がなかったりすると、排便を我慢してしまいます。しばらく我慢していると直腸壁の緊張が低下していき、便意は消失します。

 

朝食後、せっかく便意をもよおしたのに、通勤や通学時間の余裕がなく、無視してしまうのがよい例です。子どもが、羞恥心から学校内で用を足せなくて、便意を我慢することも多いようです。

 

便意を無視することを習慣的に続けると、徐々に直腸の感覚が鈍くなり、通常の刺激では便意をもよおさなくなります。一般に直腸内の圧力が50mmHgぐらいまで高まると、直腸壁に分布している神経が刺激されて、便意は起こります。

 

この神経の感覚が鈍くなると、通常より数倍の圧力がかからなければ便意が起こらなくなってしまうのです。日本人には最も多いタイプの便秘といわれています。

 

ストレスが原因の便秘

 

食べ物が腸の中を移動していくのは、主に腸の蠕動運動によります。この腸の運動は自律神経に支配されており、私たちの意図とは関係なく自動的に行われています。

 

自律神経は感情の起伏や精神的なストレスに影響されやすく、過敏になったり抑制されたりすることがよくあります。ストレスが大きいと自律神経が緊張して腸がけいれんしてしまい、食物の腸での移行が停滞して便秘になります。

 

 

赤ちゃんの便秘の原因

 

赤ちゃんの便秘通常、母乳を飲んでいる赤ちゃんの排便回数は1日に2~4回、人工栄養の場合は1~4回ですが、個人差が大きく、なかには数日に1回くらいしか便通がみられないこともあります。

 

腹痛や食欲不振などの症状がなく、元気に遊んでいるようなら、あまり心配はいりません。

 

赤ちゃんの便秘の原因となるのは、人工栄養の場合はミルクが濃すぎたり、ミルク中の糖分が少なすぎたりする場合です。

 

また、早くから排便習慣をつけさせようと、便意もないのに無理におまるに座らせたりすることも、便秘を引き起こします。

 

赤ちゃんに、頑固な便秘が続くようなら、まれに先天性の病気も考えられます。

 

代表的なのが、排便を促す直腸の神経が生まれつき欠落しているヒルシュスプラング病(先天性巨大結腸症)です。

 

自分で排便することができないので腹部が異常に膨満し、放置しておくと腸に穴が開いてしまうこともあります。

 

また、赤ちゃんの便秘の原因の一つに脳性麻痺や虫垂炎などでも、がんこな便秘が続くことがあります。

 

腹痛や発熱があって、便秘が長引くようなら、一度小児科を受診したほうがよいでしょう。

 

赤ちゃんにも、妊婦の方にもオススメです。

赤ちゃんの便秘

 

このカイテキオリゴは自然食品で作られた毎日スッキリしたい方をサポートする「健康食品」です。 赤ちゃんや、妊婦さん、高齢者にも安心です。

 

腸をキレイにする善玉菌の増殖を助けて、赤ちゃんの便秘を解消します。もちろん副作用もありませんし、痛みもありません。

 

赤ちゃんにも、妊婦の方にもオススメです。毎日の食事に取り入れてみてください。ビックリするほど出ます!!他のオリゴ糖とは、効き目が全く違います。

 

赤ちゃんの便秘は、放っておくとどんどんひどくなりますので牛乳やヨーグルトやジュースやみそ汁に混ぜて、飲ませてみたらどうでしょう。

 

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

 

なぜ、カイテキオリゴが赤ちゃんのスッキリに悩むママに選ばれているか。

 

生まれたばかりの赤ちゃんに「副作用」が心配かもしれない医薬品は出来るだけ使いたくない。

 

というのが、ほとんどの親の共通意見です。

 

いつも“安全で自然なスッキリ”をさせてあげたいのです。

 

今すぐ赤ちゃんのスッキリ生活にお役立て下さい。

 

赤ちゃんのお腹に安心と信頼

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物です。だから、赤ちゃんのお腹のビフィズス菌が元気になって痛みを伴わない自然なスッキリを促します。

 

そして、“オリゴ糖は母乳にも含まれている成分”ですから、安心してお召し上がり頂ける食品です。

 

赤ちゃんに食べさせやすい。

味はお砂糖の1/5程度の甘さでほんのりと甘さです。溶けやすい粉末状ですので、水やお茶、ミルクにも簡単に混ぜることができますし、お粥などにいれてもほんのり甘くなって赤ちゃんが美味しく摂取できます。

 

妊婦

 

 

女性の便秘の原因

 

女性に便秘が多いことは厚生省などの統計調査にも表れています。女性の便秘には、いくつかの原因が考えられます。

 

便を排泄するには、直腸の収縮力だけでなく、いきむことで腹筋などの腹部の筋力も動員されます。女性はこういったいきむ力が総じて弱く、便秘が起きやすくなります。

 

美容上の目的でダイエットをすることも、便秘の多い理由です。食物の量が不足して、胃腸の働きが低下するからです。

 

女性特有の黄体ホルモン(プロゲステロン)が、腸の蠕動運動を抑制することも専門家の間では知られています。特に排卵から月経までの期間は、黄体ホルモンの産生が活発になるので便秘を起こしやすくなります。

 

妊娠するとますます黄体ホルモンの産生は高まりますので、なおさら便秘になることが多いようです。妊娠中期ごろになると、胎児が腸を圧迫し始めるので、さらに便秘が進行することになります。

 

 

高齢者の便秘の原因

 

高齢になると腸の運動や排便時に働く筋肉の力が衰え、便秘になりやすいようです。

 

また食事量の減少や運動不足、病気の治療のために服用している薬剤も便秘の原因となります。

 

 

寝たきりの高齢者の場合、食事は消化のよいものにし、なるべく頻繁に体位を変え、定期的に腹部のマッサージを行って腸を刺激します。

 

排便後は肛門部をトイレットペーパーでふいた後、お湯で絞ったタオルで再度ふき、パウダーをはたくなどして清潔を保つようにしましょう。また、不必要な薬を飲むことのないよう医師とよく話し合いましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

食後に便意が起こり排便されるまでのメカニズム 三つの反射機能と蠕動運動
排便は三つの反射によってスムーズになされます。いくつもの臓器や筋肉の複雑な連携により、はじめて排便は成り立つのです。この連携がスムーズであれば、快便につながります。食べ物が腸の中を順次移動していくのは、腸壁が波を打つように収縮していく蠕動運動によるものです。
便秘の症状は下腹の膨満感が特徴
便秘の典型的な症状は下腹部の不快感です。おなかが張る膨張・膨満感を感じたり、腹痛が起こり、吐き気をもよおして実際に嘔吐する場合もあります。便秘により自律神経のバランスが崩れると、肩や首の筋肉の緊張が増し、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。
便秘の種類
便秘の種類には器質性便秘と機能性便秘があり、さらに急性症候性便秘、慢性症候性便秘、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘に分けられます。
便秘の解消・改善
いろいろな便秘解消方法を紹介しています。がんこな便秘は万病のもとです。一日一回以上ドッと出し、早く便秘解消してスッキリしましょう。
便秘の予防
病気が原因ではない常習性便秘では、食物繊維不足の食生活や不規則な排便習慣、運動不足などが原因となっていることが多いものです。便秘を解消するには日ごろから、そうした生活習慣を改善することが、便秘の予防につながります。
便秘や下痢などの排便の異常
消化器系の病気や食生活の乱れ、ストレスなど、便秘や下痢などの排便に異常をきたす原因はさまざまです。

このページの先頭へ戻る