トップへ戻る

前立腺肥大症の予防法

前立腺肥大症の予防法

 


 

前立腺および膀胱、尿道への刺激を繰り返していると、前立腺肥大症の症状が出やすいといえます。

 

 

そのため、冬に戸外で長時間過ごす、水泳などでからだを冷やす、短時間で大量の水やアルコールを飲む、長時間椅子に座って会陰部を刺激するといった行為をできるだけ避けるようにしたほうが無難です。

 

鎮痛剤やかぜ薬などのなかには尿閉を招きかねない成分が含まれているものもあるので、薬の服用には十分に注意しましょう。

 

 

自治体によっては前立腺肥大症の検診を行っているところもあるので、サービスをうまく利用して早期発見に役立てましょう。

 

人間ドックでも検査項目のなかに入れているところが増えています。

 

 

男性は50歳を超えるころから誰もが前立腺が大きくなり、尿路を圧迫し始め、60~70代では多くの人に前立腺肥大症による排尿障害が起こります。

 

ただし、早期発見すれば薬物によるコントロールも可能です。肥大が多少大きくなっても、保存療法や手術で摘出すれば、排尿障害も改善され、快適な生活を送れるようになります。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

前立腺肥大症とは
前立腺は男性の生殖器の一つで、精液の一部をつくる器官です。膀胱の出口付近をとりまく形で存在しており、中央を尿道が貫通しています。成人男性では栗の実の大きさですが、50歳を過ぎるころから大きくなり始め、60~70代の男性のほとんどが多少なりとも肥大します。
前立腺肥大症の症状
前立腺肥大の症状は、進行に従ってある程度段階的な経過を踏みます。第Ⅰ病期~第Ⅳ病期までの前立腺肥大の症状について解説しています。
前立腺肥大症の検査
前立腺肥大症には神経性頻尿や前立腺がんなど、まぎらわしい疾患があるので、鑑別診断のための検査や肥大の程度を調べる検査が必要です。
前立腺肥大症の治療
前立腺肥大症の治療は、症状が軽い早期では薬物療法を行い、経過をみます。男性の副性器である前立腺が肥大して尿道を圧迫し排尿障害を伴います。60代以降に多く、重症になると尿毒症を起こすので早期治療が大切です。

このページの先頭へ戻る