トップへ戻る

前立腺肥大症とは

前立腺肥大症とは

 

 

前立腺は男性の生殖器の一つで、精液の一部をつくる器官です。膀胱の出口付近をとりまく形で存在しており、中央を尿道が貫通しています。

 

成人男性では栗の実の大きさですが、50歳を過ぎるころから大きくなり始め、60~70代の男性のほとんどが多少なりとも肥大します。

 

 

これが病的になると鶏卵大、ときにはリンゴ大になり、尿道を圧迫して排尿障害をきたすようになります。

 

通常、膀胱に300mlくらいの尿がたまると自然に尿意をもよおし、20秒くらいで排尿が終わるのですが、前立腺肥大症になると尿の出が悪くなり、1分弱かかることもしばしばです。

 

 

また膀胱から尿が出きらないため、残尿感があり、昼夜を問わずトイレの回数が増えることが多く、生活のリズムを乱す原因となります。

 

進行すると尿意はあってもまったく尿が出なくなることもあり、下腹部痛におそわれ、ときに血尿が出たりします。

 

 

さらにひどくなると、膀胱の収縮力が極端に弱まります。すると尿が逆流しやすく、その影響で腎機能が次第に低下し、尿の濾過(ろか)がうまくいかずに尿毒症になることもあります。

 

 

前立腺は20歳ごろまでに成長がほぼ終わります。なぜ50歳を過ぎるころから病的に前立腺が肥大する人が多くなるのか原因はよくわかっていません。

 

もともと前立腺の成長が、精巣でつくられる男性ホルモンの影響を強く受けているので、その関与が有力視されています。

 

 

ただ肥大の度合いと排尿困難の程度が完全に一致するわけではなく、膀胱の出口を収縮させる平滑筋、およびそれをコントロールしている自律神経の不調なども関係しているといわれています。

 

 

したがって前立腺が肥大しているからといって、すぐに治療が必要ということでもなく、あくまで排尿困難の様子をみながら治療プランが立てられます。

 

 

また、ストレスなど心理的な原因で尿が近くなる神経性頻尿や、膀胱の出口が硬くなって尿が出にくくなる膀胱頸部硬化症など、混同しやすい症状を呈する病気も多いので、素人判断による薬剤の服用は慎まなければなりません。

 

 

全体として患者数は増加傾向にありますが、どの年代でどれくらい増えているかという統計の数値は、調査によって多少ばらつきがあります。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

前立腺肥大症の症状
前立腺肥大の症状は、進行に従ってある程度段階的な経過を踏みます。第Ⅰ病期~第Ⅳ病期までの前立腺肥大の症状について解説しています。
前立腺肥大症の検査
前立腺肥大症には神経性頻尿や前立腺がんなど、まぎらわしい疾患があるので、鑑別診断のための検査や肥大の程度を調べる検査が必要です。
前立腺肥大症の治療
前立腺肥大症の治療は、症状が軽い早期では薬物療法を行い、経過をみます。男性の副性器である前立腺が肥大して尿道を圧迫し排尿障害を伴います。60代以降に多く、重症になると尿毒症を起こすので早期治療が大切です。
前立腺肥大症の予防法
前立腺および膀胱、尿道への刺激を繰り返していると、症状が出やすいといえます。刺激するといった行為をできるだけ避けるようにしたほうが無難です。自治体によっては前立腺肥大症の検診を行っているところもあるので、サービスをうまく利用して早期発見に役立てましょう。

このページの先頭へ戻る