トップへ戻る

目次

 


 

ワキガの原因

 

ワキガの原因(一番のもとになるのはアポクリン汗腺)

 

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の三つの構造から成り立ち、皮膚の表面にはエクリン汗腺、皮脂腺、アポクリン汗腺という三つの分泌腺があります。

 

エクリン汗腺はチンパンジーなどの霊長類には数万個しかなく人間に特徴的な汗腺組織といわれます。

 

人間のエクリン汗腺は全身に分布し、その数も200万個以上で、特に足の裏、手の平などに多くみられます。成分も99%までが水分で、残りが塩分、尿素、乳酸などです。

 

 

皮脂腺は、肉や乳製品などの動物性脂質を多く食べると、さまざまなものを分泌し、それが皮脂膜となり皮膚に潤いを与えます。

 

アポクリン汗腺は、わきの下や乳腺のまわり、外陰部周辺、耳たぶの後ろ、まぶた、頭皮、唇を含む口の周辺に集中して分布し、エクリン汗腺と違って毛穴と接しています。

 

 

ワキガをつくる原因の一番のもとになるのはアポクリン汗腺です。

 

ここから分泌される汗には中性脂肪や脂肪酸、コレステロールなどの脂質、たんぱく質、色素(リポフスチン)、鉄分といった成分が含まれています。

 

アポクリン汗自体は無臭ですが、表皮に付着しているブドウ球菌などの常在細菌が加わると分解・発酵されて、カプリン酸、イベラルゴン酸といった低級脂肪酸に変化し、悪臭を発生します。

 

 

水っぽいエクリン汗に比べ、アポクリン汗腺の汗はアルカリ性の度合いが高く、塩分濃度が低く粘性があるので、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

ただし、エクリン汗腺や皮脂腺もワキガにまったく関係がないわけではありません。

 

エクリン汗腺の汗でアポクリン汗腺の汗が蒸気化され、さらに強いにおいとなります。

 

一方、皮脂腺からの分泌物の一つである脂肪酸には独特なにおいがあり、アポクリン汗同様、ワキガ臭のもとになります。

 


 

 

 

 

ワキガと関係の深いアポクリン汗腺とは

 

ワキガと関係の深いアポクリン汗腺とは

 

汗を出す汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。

 

エクリン汗腺は全身に分布していますが、アポクリン汗腺はわきの下や陰部など、局部にしか分布していません。

 

どちらも無臭ですが、エクリン汗腺が99%水分なのに対して、アポクリン汗腺には数種類の脂質や鉄分、色素など多くの化学物質が含まれています。

 

それらが皮膚表面の雑菌と混ざると化学変化を起こし、においを発生させます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

ワキガ(腋臭)とは
誰にでも少なからず体臭はありますが、においが強く、発生源がわきの下にある場合がワキガです。正式には腋臭症(えきしゅうしょう)といいます。 ワキガは、わきの下にあるアポクリン汗腺から出る汗と深い関係があります。
ワキガの検査(ワキガ体質かどうかを見分ける方法としては耳垢を調べる)
においは数値的に表されるものではありませんが、ワキガ体質かどうかを見分ける方法としては耳垢を調べることがあります。耳垢が湿っている人の70%くらいには、多かれ少なかれワキガがあるからです。
ワキガの治療(消毒用エタノールの使用やアポクリン汗腺の数を減らす手術)
ワキガや多汗のように発生のメカニズムがはっきりしている場合、原因をとり除く手術をするのが根本的な解決となります。 ただし、身体的症状はあっても、あまり気にしないで、においが少し弱まればよいという人もいます。この場合には、手術ではなく一過性の治療法、つまり汗を抑え、においを防ぐ方法で対応します。

このページの先頭へ戻る