トップへ戻る

夜尿症の原因・検査・治療|おねしょとの違い

目次

 


 

ふつう、3~5歳くらいまでには排尿のメカニズムが完成し、夜の「おもらし」もなくなりますが、幼児はときに布団をぬらしてしまうことがあるものです。

 

夜中にもらしても起こしたり、しかったりせずに、きちんとした生活習慣をつけ、気長に治療を受けることが大切です。

 

夜尿症の原因・検査・治療|おねしょとの違い

 

夜尿症とは?おねしょとの違い

 

成長とともに自然に治ることも多い

 

「おねしょ」と「夜尿症」の違いは年齢です。乳幼児期の夜尿を「おねしょ」といいますが、夜、寝ている間に尿をもらしてしまって、衣類や布団をぬらしてしまう状態が5~6歳を過ぎても続くことを、夜尿症といいます。

 

 

乳児は尿が一定量、膀胱にたまると自動的に排尿しますが、しだいに尿意を知らせるようになり、1~2歳になると排尿をこらえることができるようになります。

 

そして、4歳半ごろまでには、自分の意志で排尿をしたり、排尿の途中で中止することもできるようになり、成人と同じような排尿機能がほぼ完成します。

 

このため、2~3歳の幼児が夜尿(おねしょ)をする率は50%近くに上りますが、5歳では30%、6歳になると20%強と減っていきます。

 

 

また、睡眠のリズムも夜尿をする年齢と関係しています。成人は夜間に集中的に眠り、睡眠中の尿量は日中に比べて非常に少なくなっています。

 

これに対し、新生児は授乳のリズムで睡眠をとるため、昼夜に関係なくだいたい3時間ごとに眠り、尿は一日中、同じように生産されます。それが成長につれてしだいに夜間に睡眠のリズムが集中してくるようになり、昼間と夜間の尿量に差が出てきます。

 

このように一日の間で尿量のリズムが正しく形成されていくと、夜尿はなくなっていきます。

 

 

こうしたことから、幼児期の夜尿(おねしょ)は生理的なものと考えられますが、小学校入学年齢になってまだ夜尿が続く場合には、生理的な発達が遅れていると思われます。

 

成長とともに自然にしなくなることも多いのですが、夜尿をする子どもの約1割には腎臓や膀胱、尿道などに生まれつき奇形や炎症があったり、尿量をコントロールするホルモンの異常がみられることがあります。

 

 

また、このような疾患はなくても非常に治りにくく、中学生や高校生、まれには成人になっても夜尿が続く場合があります。

 

このため、4~5歳を過ぎても夜尿があるときには、一度、小児泌尿器科など、専門医の診察を受けるようにしましょう。

 

 

中学生になるころまで夜尿が続いていると、本人の心の悩みも強くなり、よけい治りにくくなるものです。

 

夜尿症は一般に女子よりも男子に多く、5歳児では男子は女子の2倍近くにみられます。外括約筋の未発達、自律神経の失調など、いろいろな原因説はありますが、なぜ男子に多いのか、はっきりとはわかっていません。

 


 

 

生理的リズムができるとおねしょは卒業

 

生理的リズムができるとおねしょは卒業

 

5歳の男子では30%近くもまだ夜尿をしているという調査報告があります。

 

この時期はまだ3~4人に1人がおねしょをしているわけです。

 

 

睡眠のリズムができると睡眠中の尿量が減少

 

睡眠のリズムができると睡眠中の尿量が減少

 

昼夜の睡眠と尿量のリズムが正しく形成されると夜尿はなくなっていきます。

 

 

排尿の仕組み

 

外括約筋が排尿ををコントロールする

 

排尿は膀胱とそれに付随する筋肉や神経の働きによって行われます。

 

2歳前後までの乳幼児は無意識に排尿をしています。まず膀胱に尿がある程度たまってくると、自律神経の働きで膀胱の壁の筋肉線維が伸び、その直後に反射的に膀胱が収縮します。

 

こうした筋肉線維の伸びと収縮が何回も繰り返され、膀胱に尿がたまると、膀胱の壁の収縮がいっそう強くなり、膀胱の内側から尿が押し出され、尿道口が開き排尿します。

 

 

4~5歳になると、こうした働きに加え、自分の意志で外括約筋を動かせるようになります。

 

外括約筋は尿道の後部にある筋肉で、これを収縮させることで膀胱から押し出されてきた尿を、時と場所を選んで排出できるようになります。

 

 

尿がたまると、膀胱から脊髄を通る神経系がそれを脳に伝えます。

 

しかし、排尿ができる状況ではない場合、大脳から指令が出て、外括約筋が収縮します。そして、トイレなどへ行き、排尿が可能な状況になれば外括約筋がゆるみ、尿が排出されるわけです。

 

排尿の仕組み

 

膀胱にたまった尿を反射的に排出しないようにするために働いているのが、尿道の後部にある外括約筋です。外括約筋は排出してよいかどうかなどを判断する大脳からの指令を受けて収縮し、排尿をコントロールします。

 


 

 

 

 

夜尿症の原因

 

性格や環境に左右されることが多い

 

夜尿症の原因は、からだのどこかに疾患があるものと、体質や性格、環境などによるものに分けられますが、疾患が原因の夜尿症は少なく、ほとんどはそのほかの原因によるものです。

 

遺伝

夜尿症の子どもの約半数は、両親のうちどちらかが子どものころ夜尿に悩んだ経験があるといいます。

 

また、親の兄弟姉妹などにも15%強の割合で夜尿の経験があるという報告があります。

 

こうしたことから、夜尿症の子どもの約半数は、尿がたまっても深く眠りすぎて脳が目覚めなかったり、膀胱と大脳の間で情報を伝達する機能の発達が、通常よりも遅れるというような、夜尿を引き起こしやすい素質を遺伝的に引き継いでいると考えられています。

 

環境

子どもの寝室からトイレが遠かったり、夜中にトイレに行くのが怖くて排尿を我慢し、夜尿になることがあります。

 

2階に寝室、1階にトイレのようなケースに夜尿が多い傾向も指摘されています。

 

家庭環境も夜尿の原因になります。排尿のしつけの誤り、親の育児不安、夫婦間のコミュニケーション不足、また、弟や妹が生まれたり、母親が急に多忙になったりなど、子どもが情緒不安定になる環境も影響しているといわれています。

 

小学校への入学など、新しい環境への不安からも夜尿が起きるようです。また、母親がしつけに厳しすぎたり、干渉しすぎたりすることも影響します。特に、一度おむつが取れたのに、再び夜尿が突然始まるケースは、心理的なショックが原因の場合が多いようです。

 

 

夜尿症の検査

 

問診が中心。疾患の有無も確認

 

夜尿症の検査は、問診が中心になります。

 

その子どもの生まれ育った背景や環境、夜尿の頻度や始まった時期、家族のこと、生活ぶりなど、かなりくわしく医師に説明する必要があります。

 

このため、検査を受けるときの付き添いは、なるべくいつもいっしょに生活している家族が行くようにしましょう。

 

 

問診と並行して、膀胱炎などの泌尿器系疾患や、糖尿病などの内分泌系疾患がないかどうか、尿や血液を採取して検査します。

 

さらに、てんかんや脳の異常の有無を調べるため脳波をとることもあります。

 

これらの検査から、からだの疾患がないことがはっきりすれば、さらにくわしく子どもや家族から事情を聞き、その原因を探っていきます。

 


 

 

 

 

夜尿症の治療

 

生活習慣の指導と薬物療法が中心

 

からだの疾患があればその治療を進めます。抗利尿ホルモンの分泌不足が原因であれば、デスモプレシンという点鼻薬を数週間程度投与します。

 

特に疾患がなければ、生活習慣の指導と、薬物療法が中心になります。

 

生活指導

 

夜尿症の治療では、生活指導の果たす役割が大きいものです。家族が指導をするときには、「起こさず、あせらず、しからず」という3原則があります。

 

これは、もらしていても途中で起こしたりしかったりせずに、長い目でみて治療を続けるようにしたほうが、最終的に治る率が高くなるためです。

 

夜、寝ているときに無理に起こすと睡眠リズムが乱れ、尿の量を抑えるホルモンの分泌を妨げて、逆に大量の夜尿をすることになります。

 

しかったり、親があせっていると子どもはそれをストレスとして感じとり、治療の効果を妨げることになるわけです。

 

 

とはいえ、生活管理は大切です。

 

子どもに自律心を持たせることは治療上、必要なことですから、規則正しい生活をさせ、家事の手伝いなどの自分の仕事をきちんと分担させるなど基本的な生活習慣を身につけさせます。

 

 

次に大切なのは、摂取する水分量をコントロールすることです。水分は午前中に多くとり、午後からは少なめにとるようにします。

 

たとえば、朝食で300cc以上の水分をとり、昼は給食で出る牛乳以外に、お茶やお水などを積極的にとるようにします。おやつや夕食のときには、水分を100ccだけにし、喉が渇いたら氷のかけらをしゃぶります。

 

果物は水分が豊富なため、朝食のときに食べるようにし、みそ汁などの汁物もできるだけ夕食ではとらずに朝か昼に食べるようにします。

 

 

冷え性も夜尿を悪化させます。

 

足腰が冷えやすかったり、秋から冬にかけて夜尿が悪化するような場合には、眠る前に入浴剤を入れたお湯にゆっくりと入ることが勧められています。

 

 

外括約筋を鍛えるために、排尿を我慢する訓練も家庭でできる治療です。

 

排尿したいと思ったときから3分、次の日は5分というように少しずつ長い時間我慢するように、昼間に訓練を行います。

 

大切な日常生活の指導

 

1.起こさない

無理に起こすと睡眠のパターンが乱れ、尿をためる機能が発達しません。なるべく起こさないようにしましょう。

2.あせらない

親のあせる気持ちが子どもにストレスを与え、逆効果となります。

3.しからない

ストレスを与えるばかりでなく、罪悪感を持ち、その後の人格形成にも影響を及ぼすことがあります。

4.規則正しい生活を

決まった時間に寝起きし、食事をとるようにします。家事の手伝いもきちんと分担させて自律心を養います。

5.摂取する水分をコントロールする

午前中に水分を多くとり、午後は少なくするように、リズムをつくります。

6.からだを冷やさない

眠る前にゆっくり入浴させたり、寝具を調整して眠っている間にからだを冷やさないようにします。

7.夕食は早めに、塩分は少なく

夕食は眠る2時間前までにすませます。味つけは薄くし、塩分をとりすぎないよう注意します。

8.排尿を我慢する訓練をする

昼間のうちに、できるだけ排尿をがまんさせる訓練をし、外括約筋を鍛えるようにします。

 

トイレトレーニング中は子どもが行きたくなるような楽しいトイレ空間にすることも、排尿機能完成への手助けになります。

 

午後になったらなるべく水分をひかえましょう。夜になってからたくさん水を飲んだり、果物を食べたりすると、夜尿の確率が高くなります。

 

 


 

 

 

 

薬物療法

 

薬物療法の中心は抗うつ剤です。本来はうつ病用の薬なのですが、尿の出を抑える効果がみられるため、夜尿の治療に使われるようになったものです。

 

また、夜尿の子どもには不安や緊張の強い子が多いため、精神安定剤や、自律神経に効果のある薬が使われることもあります。

 

デスモプレシンを鼻腔に投与したり、括約筋の収縮を増加させる効果のあるビタミンB1を使うケースもあります。

 

精神医学的治療法

 

生活指導と薬物療法のほかに、親子関係に問題があるなど心理的な要素が大きい場合には、精神医学的な治療法として、親子ともにカウンセリングが行われます。

 

いずれの治療法にしても、効果が出るまでに時間がかかることが多く、もし、林間学校へ行く前に治療したいなどの希望があるのなら、少なくとも半年前から通院することが勧められます。

 

1つの治療法を受けたら4~6週間は続けてみて、それでもだめならほかの治療法を試してみるようにします。

 

夜尿症の薬

 

夜尿症の治療でよく使われる抗うつ剤は、尿の量を抑制するホルモンの分泌を促進する作用があるといわれています。

 

治療の効果も高いのですが、効果が高い薬ほど、気分が悪くなる、嘔吐感がある、食欲不振、夜間に熟睡できないなどの副作用が出ることもあります。

 

副作用が出たらすぐに服用を中止し、主治医に相談しましょう。

 

 

また精神安定剤や自律神経に作用する薬も使われます。抗利尿作用のあるホルモン剤の点鼻薬も効果がみられますが、適正量を鼻粘膜から吸収させる難しさがあり、頭痛や嘔吐などの副作用を抑えるため水分摂取コントロールも必要です。

 

いずれの薬も、医師の指導をしっかり守って使用することが大切です。

 

夜尿症治療に使用される抗うつ剤(トフラニール、トリブタノール)

 

 

自身を持たせ治療を受けさせる

 

夜尿症の治療は、時間がかかるものです。親子ともども、あせらずに続けるようにしましょう。

 

また、夜尿をしたことで子どもを責めると、逆に症状の悪化を招きます。子どもには夜尿症は必ず治ることを繰り返し説明し、自信を持たせてやりましょう。

 

 

もし、父親や母親が子どものころに夜尿で同じように悩んだ経験があれば、それを子どもに話してやるのも効果的です。

 

今は夜尿があっても、親のようにちゃんと大人になれるのだ、と思わせることは、よい治療になるようです。

 


 

 

 

水分の量以外に、食事はどのような点に気をつけたらよいのでしょうか?

まず、夕食を眠る2時間前までには済ませるようにします。

 

尿の量を抑制するホルモン(抗利尿ホルモン)は、血糖値が上昇すると分泌量が減る傾向があります。ですから、なるべく夕食は早めにとるようにします。

 

塾などで早めにとれないときには、出かける前に比較的カロリーの高いものを与え、帰宅後、カロリーの少ないものを与えるというように、分散してとるとよいでしょう。

 

また、過剰な塩分は尿を増やし、症状悪化につながるので、調理は薄味を心がけます。

 

子どもか2歳になったら、おむつをばずすようにすると夜尿(おねしょ)は防げると聞きましたが、本当ですか?

おむつをしていると、もらしても子どもは平気だからということでしょうが、これは誤りです。

 

排尿の自律がきちんとできていないのにおむつを取ると、神経症になったり、子どもの人格形成に問題を残すという心理学者もいます。

 

夜尿は排尿機能が十分に発達していないために起きることが多いので、2歳だからといっておむつをはずしてもうまくいくわけではありません。

 

排尿機能の発達は個人差が大きいものです。昼の排尿の自律ができたら、その半年後に夜のおむつをはずすのが基本的な目安です。

 

おむつも無事にはずれ、夜尿はずっとなかったのに、6歳になって急に夜尿をするようになりました。病気でしょうか?

病院でくわしく検査をしてみないとわかりませんが、通常、おむつがはずれたのに、しばらくして夜尿が再開する二次性の夜尿症は、情緒不安定などの心理的な問題が原因のことが多いようです。

 

ある調査では、夜尿が再開される誘因となることがもっとも多いのは「弟や妹が生まれてから」だとされています。

 

「母親が急にいそがしくなった」「転校」「入学」なども誘因になります。

 

夜尿が再開する年齢としては、3歳がもっとも多く、ついで4歳、6歳の順になります。

 

3歳児は下に兄弟が生まれることが多く、4歳では幼稚園に入園し、はじめての集団生活を経験するため、6歳では小学校入学といったことがきっかけになるのでは、と考えられています。

 

頻尿サプリ

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【尿の異常】 排尿痛|残尿感|尿路感染症
水分摂取量や疲労度によって、尿の状態が一時的に変化することはよくあります。ただし変化した状態が続く場合には、何らかの異常が疑われます。
【尿の異常をもたらす病気】 多尿|尿量減少|頻尿|血尿|たんぱく尿|白血球尿|糖尿
尿の量や回数、色の異常には、血液から尿がつくられ排泄されるまでに通過する腎臓や尿路に病気が隠れている可能性があります。(多尿、尿量減少、頻尿、血尿、たんぱく尿、白血球尿、糖尿)
【排尿の異常】 排尿困難|残尿感|排尿痛|尿道狭窄
腎臓から尿道までの尿路系や、排尿にかかわる神経や筋肉の働きなどに何らかの障害があると、排尿に伴うさまざまな異常が現れます。尿が出にくくなったり、尿の放出力が弱くなるなど、排尿がスムーズに行われなくなる症状は、排尿困難とよばれます。
【尿失禁】 尿失禁・尿漏れの種類とその症状・原因・治療
尿失禁とは病名ではなく、排尿を意図しないにもかかわらず尿が漏れ出てしまう状態をいいます。尿失禁の症状は女性に多く、40歳以上の中高年になると軽いものを含めて2人に1人が経験しているといわれます。
【尿失禁】 尿意を感じてからトイレまでの間に漏らしてしまう切迫性尿失禁の症状・原因・治療
切迫性尿失禁は、突然、強い尿意を感じ、トイレに向かっている途中でがまんしきれず漏らしてしまいます。1回の排尿量は少なく、たいてい頻尿を伴っています。女性の尿失禁の約3割を占めるもので、年齢に関係なく起こります。女性の切迫性尿失禁は原因となる病気が見当たらないケースも多く、その場合は「過活動膀胱」とよびます。
【尿失禁】 咳やくしゃみをしたときに尿が漏れる腹圧性尿失禁の症状・原因・治療
腹圧性尿失禁は、女性患者の約7割を占める代表的な女性の尿失禁で、男性にはまれです。太っている人や便秘がちの人、2回以上出産した人、閉経後の女性に多くみられます。「緊張性尿失禁」ともいいます。
【尿失禁】 膀胱内に尿が充満して少しずつ漏れる溢流性尿失禁の症状・原因・治療
溢流性尿失禁は、子宮がんや直腸がんなど骨盤内腫瘍の根治手術を受けた人に多い尿失禁です。尿が思うように出ないのに尿が漏れるという矛盾した現象なので、「奇異性尿失禁」ともよばれます。
【尿失禁】 尿失禁・尿もれの予防 効果のある漢方薬や骨盤底筋訓練法
漢方薬は患者の体力にに応じて薬を選びます。同じ症状でも処方は異なります。妊娠、出産は尿失禁を招く要因のひとつです。産後なるべく早く骨盤底筋訓練法を行うことは、中高年になってからの尿失禁の予防にもなります。
【頻尿】 トイレが近い?それって頻尿かも!頻尿の原因・検査・治療・予防について
1日の排尿回数が多い症状を頻尿といいます。たえず尿意があって、排尿をがまんできないという高度な頻尿を「尿しぶり(膀胱テネスムス)」といいます。また、就寝時だけ起こる、夜間頻尿もあります。膀胱や尿道の炎症など原因疾患を識別し、生活環境を見直しましょう。頻尿が起こる原因としては、以下のことがあげられます。
【膀胱炎】 膀胱炎の種類・原因・症状 抵抗力が弱まる月経中や更年期に感染しやすくなる
女性の場合、細菌が膣から、あるいは大腸から肛門を経由して感染したり、また、外陰部を不潔にしておいたり、排便後きちんとふかなかったりすると、細菌が尿道を通って膀胱に達し、急性単純性膀胱炎にかかることがあります。また、更年期の女性が膀胱炎になりやすいのは、細菌に対する抵抗力が低下するためです。
【膀胱炎】 膀胱炎の治療には抗生物質が有効!家庭でできる予防や症状をやわらげる方法
早期に治療すれば、症状は2、3日でおさまります。しかし、完全に治し再発を防ぐためには、処方された薬を医師の指示どおりに一定期間服用しなければなりません。また、薬物治療以外にも、ふつうの膀胱炎なら、症状をやわらげるために家庭でできる方法があります。
【尿路感染症】 の原因・症状・検査・治療・予防|膀胱尿管逆流症
腎臓や膀胱など腎尿路系のどこかに細菌感染を起こす疾患を尿路感染症といいます。原因不明の発熱や頻尿などの症状があります。
【トイレ】 トイレトレーニングはいつから始めればいいの!? 開始時期と準備するもの
排泄が自立できる条件が整ったらトイレトレーニングをスタートしまししよう。焦らず、しからず、褒めながら行うのがうまくいくポイントです。トイレトレーニングの方法などのポイントをまとめています。
【トイレ】 トイレトレーニングの方法・おむつからパンツへの切り替え時期
トイレトレーニングに決まったやり方はありませんが、それまでトイレに入ったこともおまるに座ったこともなかった子どもをいきなり便器に座らせようとしても、たいていは嫌がります。トイレやおまるになじみがなく、そこで排泄しなければならないという意味を理解できないからです。
頻尿サプリおすすめランキング!男性用・女性用
ノコギリヤシが配合されているサプリメントは男性の頻尿に効果があると言われています。女性の頻尿には、ノコギリヤシではなく、ペポカボチャ種子エキスが配合されているサプリが高い効果を期待できます。

このページの先頭へ戻る