スポンーサードリンク

スポンサーリンク

多毛症の原因・検査・診断・治療方法記事一覧

多毛症とは
多毛症とは、細く、軟らかく、色も薄い軟毛が、長さ、太さ、色素を増して硬毛化したり、男性のように口髭や胸毛が生えてくる病気です。
ホルモンと体毛の関係・女性の体内の男性ホルモン
体毛は成長とともに性質が変わりますが、特に思春期を迎えるころ、大きな変化が現れます。女性の場合、男性ホルモンは主に副腎と卵巣でつくられ、血液中に分泌されます。
多毛症の原因は3種に分類することができる
多毛の原因には、背後に病気が認められるハイパートリコーシスと、病気が見当たらないハーシュティズムの二つのタイプがあります。そのほか薬の使用など外的な原因で、多毛が起こるケースがみられます。
多毛症の検査と診断
多毛症の診断は、問診と毛の発生の様子を調べる視診で、ある程度の見当がつけられます。そのうえで血液検査によって男性ホルモン量を調べ、内分泌検査で副腎や卵巣の異常を鑑別して、診断を確定します。
多毛症の治療(脱毛・ムダ毛の処理)
多毛症は、診断はやさしいけれども、治療は難しいといわれます。医学的な治療(腫瘍をとり除く外科療法・ホルモン剤による薬物治療)のほか美容面(シェービング、毛抜き、脱毛クリーム、脱色剤、電気脱毛、レーザー脱毛)からも対処します。

このページの先頭へ戻る