トップへ戻る

アトピーはなぜ起こるのか?アトピー性皮膚炎の原因・症状・検査

目次

 


 

こんな症状に注意
  • 強いかゆみをともなう発疹ができていますか?
  • 乳児では2か月、それより上の年齢では6か月以上も発疹が続いていますか?
  • 以前にアレルギー反応を起こしたことがありますか?
  • 家族にアトピー性皮膚炎にかかった人がいますか?
  • 棒で皮膚をこすると、あとが白くなりますか?

 

大半は成長とともに自然に治りますが、最近では、大人でもアトピー性皮膚炎になる人が増えています。

 

アトピー性皮膚炎とは?

 

アトピー性皮膚炎の原因・症状・検査・治療

 

かゆみをともなう発疹

 

アトピーという言葉は、「不思議な、奇妙な」を意味するギリシャ語のアトピアがもとになっています。

 

この言葉どおり、残念ながら、いまだに病気の全体像は十分に解明されていません。ただし、いろいろな治療法や薬は開発されています。

 

 

症状は、乳児の場合では、顔面や頭部に赤い発疹(紅斑)や盛り上がった発疹(丘疹)がみられます。

 

幼児になると、紅斑や丘疹が首やワキの下、肘や膝の裏側にできることが多いようです。乳幼児とも耳たぶが切れることがあります。

 

 

幼・小児期になると、発疹のほか皮膚のきめが荒くなってゴワゴワした状態(苔癬化)になったり、肌が乾燥した状態になることもあります。

 

かゆみをともなうため、ひっかき傷があるのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。

 

 

アトピー性皮膚炎が一番多くみられるのは子どもです。とくに1~6歳の乳幼児の10~30%は、アトピー性皮膚炎に一度はかかるといわれています。

 

また、最近は成人のアトピー性皮膚炎患者が増える傾向にあります。

 

 

アトピー性皮膚炎とじんましんの違い

 

じんましんとアトピー性皮膚炎が異なるのは、まずその皮膚症状です。

 

じんましんでは、丘のように盛り上がった紅色や白色の膨湿がみられるのに対して、アトピー性皮膚炎ではジクジクとした湿疹ができ、やがてかさぶたのような皮をつけたり、ポロポロはがれたりします。

 

 

また、急性じんましんは、即時型のアレルギー反応によって起こり、血液の成分が周囲の組織にしみだします。

 

アトピー性皮膚炎とは違い、アレルゲンが侵入してから数分から数十分後に症状が現れます。慢性じんましんの原因については、まだよくわからないことが多いようです。

 

 

また心因性のじんましんや薬物などで起こるじんましんもあります。

 

 

アトピー性皮膚炎の原因

 

ダニや食べ物が問題

 

アトピー性皮膚炎にかかる人はアトピー体質をもっています。

 

アトピー体質をもつ人の皮膚に家の中のほこり、ダニ、カビ、花粉、動物の毛、人の垢などがつくと、からだが過敏に反応(アレルギー反応)し、湿疹ができます。

 

 

食べ物がアレルゲン(アレルギーを引き起こすもと)となっていることも少なくありません。とくに腸管がしっかりできていない子どもの場合は、食べ物に対してアレルギー反応を起こすことがあります。

 

アレルゲンとなる食べ物は、人によって異なります。卵、牛乳、大豆が3大アレルゲンで、ほかに米、小麦、豚肉などがアレルゲンとなることもあります。

 

 

こうした体質は、遺伝的なもので、本人や家族にアトピー性皮膚炎のほかに、ぜんそく、アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎じんましんといった病気がみられることが少なくありません。

 

コナヒョウヒダニ

アトピー性皮膚炎の原因となるのは、主にコナヒョウヒダニ(画像)とヤケヒョウヒダニです。

 

 

これらのダニは、人間やペットの出すふけ、垢、毛、食べかすなどをエサにして、ハウスダストの中や、カーペット、畳の中にもぐり込んで生息しています。

 

 

ダニは乾燥に弱く、湿度60%以下が続くと死にます。ただし、ダニの卵、排泄物、死骸もアレルゲンになります。

 

アトピー性皮膚炎はなぜ起こるのか?

アトピー性皮膚炎はなぜ起こるのか?

 

体内にダニの死骸などのアレルゲンが入ると、リンパ球の一種のヘルパーT細胞がB細胞を刺激し、B細胞はIgE抗体を出します。

 

IgE抗体は肥満細胞の表面のレセプターと結合して、次のアレルゲンがくると、ヒスタミンなどの化学物質を肥満細胞に放出させます。

 

これらの物質が、気道や鼻の粘膜や皮膚などでアレルギー反応を引き起こすとされています。

 

 

ヘルパーT細胞には、Th1とよばれるグループと、Th2細胞群の2種類があり、Th2細胞がIgE抗体を増加させるインターロイキン4(IL4)、IL5などの活性物質を出し、Th1細胞がIgE抗体の産出を抑えるγインターフェロンなどを放出すると考えられてきました。

 

しかし抗ヒスタミン薬は、アトピー性皮膚炎の症状のひとつであるかゆみにはよく効きますが、湿疹には効果がないことからもわかるように、これだけではアトピー性皮膚炎がなぜ起こるのか説明がつきません。

 

また、アトピー性皮膚炎が起きている組織では、リンパ球の集積と好酸球(リンパ球とは別の白血球の一種)の増加がみられます。

 

現在では、アトピー性皮膚炎は、好酸球の活性化によって引き起こされるのではないかと考える研究者も増えていますが、解明にはまだ時間がかかりそうです。

 

 

アトピー性皮膚炎の主な症状

 

全身の特赦

 

  • 皮脂が少なく、乾燥している
  • 皮膚のきめが荒い
  • 毛穴に丘疹ができ、とり肌のように盛り上がる
  • 汗が少ない
  • イライラするとかゆくなる
  • 汗をかくとかゆくなる
  • 先端が丸い棒でこすると、ふつうは皮膚が赤くなるが、アトピーの患者は白くなる

 

年代別アトピー性皮膚炎の症状の特徴

 

年代 特徴
乳児期 顔、特にほおを中心に赤斑が現れ、耳や首へと広がる。丘疹をかきこわすと、ジクジクした湿潤性の湿疹となる。しばしば体幹や四肢にも広がる。
幼児期 顔に赤斑が出現したり消えたりするが、次第に顔の症状は軽くなり、体幹の皮膚が乾燥しザラザラしてくる。耳切れがみられることもある。
学童期 手足が鳥肌のようにザラザラする。肘の内側や膝の裏側に湿疹ができる。乾燥した皮膚に赤斑が現れ、10円玉ぐらいの塊ができることもある。
思春期以降 皮膚の乾燥が進み、ごわごわに厚くなる。顔やからだが赤くなったり、首のまわりなどに色素が沈着して黒ずむことがある。

 

アトピー性皮膚炎は慢性化する過程で、年代によって特徴的な症状がみられます。乳児期は顔を中心に現れ、幼児期以降は首、手足、体幹など顔以外に広がります。

 

また、乳幼児では湿潤性の湿疹ですが、成人になると乾いて硬くなった皮膚症状に変化します。

 

 

アトピー性皮膚炎の検査と診断

 

総合的な判断が必要

 

湿疹の状態、それが慢性的なものかどうか、遺伝的なアレルギーをもつ家系かどうか、ぜんそくなどのアレルギー性疾患などにかかったことがあるかどうか、などを総合的に考えて、アトピー性皮膚炎を疑います。

 

次に血液検査を行い、好酸球、IgE(免疫グロブリンE)抗体などを調べます。好酸球は白血球の一種ですが、患者の多くは、好酸球が増えています。

 

 

IgE抗体は、アレルゲンの侵入に対抗してつくられ、アレルゲンと反応して、免疫機構がアレルゲンを排除しやすくする働きをしています。

 

アトピー性皮膚炎の患者のほとんどは、血液中に含まれるIgE抗体の総量が多くなっています。

 

 

ダニ、卵、牛乳といった特定のアレルゲンに対して、IgE抗体がどれだけあるかを調べて、何がアレルゲンとなっているかを判定する方法もあります。

 

ただし、血液検査は必ずしも症状と一致しないケースがあるので、これだけで診断はできません。

 

 

皮膚に少量のアレルゲンを入れてアレルギー反応が起こるかどうか調べるテストもあります。

 

このときは、まず、腕や背中の皮膚に針で浅い傷をつけ、そこにアレルゲンのエキスをたらす、プリックテストやスクラッチテストを行います。

 

 

疑わしいアレルゲンで、これらのテストではっきりしないものについては、皮膚にアレルゲンエキスを注射する皮内テストを行います。皮内テストのほうが、結果がよりはっきり現れます。

 

食物アレルギーの場合は、これらの皮膚テストの結果が必ずしもあてはまりません。食物アレルギーを調べるには、食物負荷試験を行います。

 

 

これは、アレルゲンと疑われる食べ物をいったんすべて食べないようにして、2週間から1か月後、症状がおさまってから、ほんの少量を口にして反応をみるものです。

 

アレルゲンがはっきりわかるので、子どもの食事療法をすすめる場合には、よくこの試験が行われます。

 

アトピー性皮膚炎の主な検査

 

種類

検査の方法

評価方法

血液検査

血中好酸球の数の測定
血清総IgE値の測定

白血球全体の5~6%を超過
100~250IU/μg以上

皮膚反応検査

スクラッチ法
プリック法
皮内法

20分後に直径5~15mm以上の紅斑やはれが発現
食物誘発試験

除去試験
負荷試験

2週間から1か月、アレルゲンと推定される食物を除去して症状が軽減するかどうか
除去後にその食べ物を摂取して再び症状が発現するか

 

子どもと成人のアトピー性皮膚炎は同じものと考えてもよいのでしょうか?

一般に5歳以下の子どもの場合は、食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の原因となっていることが多く、それ以上の年齢になってくると、ダニアレルギーが関与しているケースが多いようです。

 

つまり、年齢によってアレルゲンは変わってくるということです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【かぶれ】 かぶれの原因|赤いブツブツと腫れの原因
皮膚に、ある特定の物質が接触して起こる炎症をかぶれとよび、医学的には接触皮膚炎といいます。かぶれると赤いブツブツと腫れやかゆみが現れます。原因となる物を避けると改善できます。
【かぶれ】 かぶれの治療・検査・予防|かぶれたとき・金属アレルギーの治療薬
治療の基本は原因物質を避けることです。かぶれた肌は刺激に非常に弱くなっています。できる限り、刺激を与えないような環境を整えましょう。肌につけた金属製アクセサリーなどから溶け出した金属イオンが、皮膚から吸収されると、からだは異物とみなします。
【おむつかぶれ】 おむつかぶれはこうして起こる!? おむつかぶれの原因・症状・間違いやすい病気
たいていの赤ちゃんに一度はみられる皮膚炎で、おむつのあたっている皮膚に起こります。おしりを清潔にして乾燥に努めましょう。おむつかぶれとの防止には、おしりのスキンケアが大切です。おむつを替えるときには肌の汚れをふきとりましょう。
【おむつかぶれ】 おむつかぶれの治療・予防対策|おむつの種類と特徴
おむつかぶれには、便が軟らかかったり、あるいは下痢をしているなど、便の状態が大きく影響しますので、便の状態を良好に保つことが大事になってきます。かぶれが強い場合は、軟膏やクリームを使います。おむつを交換するときや排便時、入浴後などに、刺激の少ない亜鉛華軟膏やアズノール軟膏、非ステロイド系抗炎症外用剤を塗ります。
【かゆみ】 の原因・治療・予防|発疹を伴う場合と伴わない場合
細菌やウイルスの感染が原因のかゆみは、からだを清潔にすることで、ある程度防ぐことができます。
【あせも】 あせもの原因・種類・症状|水晶様|紅色|深在性|あせもに似たほかの病気
あせもの症状チェック!かゆみや炎症の症状からあせもの原因、種類をチェック。また、汗のたまる位置や特徴によって、水晶様汗疹、紅色汗疹、深在性汗疹の3種類に分かれています。また、あせもと思っていたのに、なかなか治らない場合、次のようなほかの病気も考えられます。
【あせも】 かゆみが強いときには? あせもの治療・予防 (衣服・寝具・部屋の環境など)
まず、大切なことは汗をふき、吸湿性のよい衣服を着て、肌を清潔にすることです。ぬれたタオルでこまめに汗をふきとり、毎日入浴を欠かさないようにして予防することが大切です。それでもかゆみが強いようなときには・・・
【接触皮膚炎】 洗剤などの化学薬品や金属で手にかゆみやかぶれを起こす? 接触皮膚炎の症状・原因
何かの物質に接触したことが原因で起きるかぶれを、接触皮膚炎とよびます。かぶれが生じたらその原因をみつけ、除去することが重要です。
【接触皮膚炎】 原因物質を明らかにし、外用薬と原因除去の両方で治す!接触皮膚炎の治療・予防・検査
接触皮膚炎の検査では、問診と皮膚アレルギー試験 (パッチテスト)が最も重要です。原因が分かれば、ステロイド外用薬と原因除去の両方で治療します。それ以上に大切なのは、水仕事の際に手袋をしたり、ハンドクリームをこまめに塗ったりして、手の保護を心がけることです。
【アトピー】 アトピー性皮膚炎の治療 (ステロイド・内服薬・漢方・海水浴・PUVA療法)
もっとも一般的な治療法は、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)の外用と、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服です。アトピー性皮膚炎の治療には、たいへん時間がかかります。乳幼児の場合は、思春期になれば自然に治るだろうと楽観的に考えて、あせらないことです。成人でも、症状を悪化させないようにして、気長に病気に対処してください。
【アトピー】 アトピー性皮膚炎の予防 日常生活においての注意点
スキンケアや食事にも配慮し、アトピー性皮膚炎を予防しましょう。最近では、子どものときからのアトピー性皮膚炎を成人期にまで持ち越す人や、いったんよくなってから再発する人、大人になってからアトピー性皮膚炎になる人が増えてきました。
【蕁麻疹】 じんましんの原因・種類 (食事性のものから心因性のものまで)
発疹と猛烈なかゆみを伴う皮膚症状で、数時間でひくのが特徴です。原因となる刺激が特定できれば治療は簡単ですが、多くは不明です。じんましんは食事性のものから心因性のものまで原因によっていくつかに分けられますが、その原因ごとに相当する名前がつけられています。
【蕁麻疹】 じんましんの症状・検査
からだのどの部位にもできますが、顔面、胸腹部、大腿部などにできやすく、目の周りや唇が腫れたり、ときには口の中の粘膜が腫れることもあります。じんましんの診断は比較的容易につきますが、その原因を特定することは実際には難しいものです。患者自身はじんましんと思い込んでいても、単なる湿疹であったり、皮膚そう痒症であることも少なくありません。
【蕁麻疹】 じんましんの治療・予防 (急にじんましんになった時の応急処置)
原因がみつかれば、その治療や除去をしていきます。それまでは、薬物療法が必要になります。じんましんに、よく用いられる三つの療法と予防法。急にじんましんになった時の応急処置など
【水虫】 水虫の原因|爪が白く濁ったり、厚くなっていませんか?それは白癬菌かも知れません
水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)が、からだに寄生して起こる感染症です。一般的なカビによる皮膚疾患で、国民の4人に1人は感染しているといわれます。薬物治療を根気よく続けて完治しましょう。
【水虫】 水虫は種類や発生部位によって症状が違います。よく似た皮膚病と水虫の違い
水虫といえば、一般的にかゆくて水ぶくれができ、ジクジクすると思われていますが、そうした症状のものばかりとは限りません。水虫に似たまぎらわしい皮膚病も少なくないので、識別するのは難しいものです。
【水虫】 効果のある薬で水虫を完全に退治!水虫の治療・予防
正しい知識があれば、水虫を完全に退治できます。抗菌作用が強く、白癬菌だけではなくカンジダ菌など、ほかのカビにも効果があります。ただし、短期間で簡単に治せるというものではありません。何か月にもわたって毎日忘れずに継続して、薬を塗ったり飲んだりする努力が必要です。
【帯状疱疹・単純性疱疹】 の症状・治療
帯状疱疹と単純性疱疹は、ともにウイルスに感染して起こる病気です。疱疹(ヘルペス)とは小水疱が多数集まって生じている状態をいいます。
【とびひ(伝染性膿痂疹)】 の原因・症状・診断・治療
とびひは、夏ばてなどで子どものからだの抵抗力が落ちているときや、汗や紫外線によって皮膚のバリア機能が低下したときに起こります。
【おでき】 の原因・症状・治療
おできは、皮膚の毛孔(毛穴)や、毛根を包んでいる袋状の上皮組織である毛のうにブドウ球菌などが侵入し、毛穴が化膿して炎症を起こしたものです。毛穴のない手のひらや足の裏を除けば、どこにでもできる可能性があります。
【ニキビ】 ニキビの症状(初期症状・中等症・重症)と、ニキビと似た症状など
ニキビの症状は重症度によって次のように分けられます。初期症状は、顔や首、前胸部、背中などに発生します。また、新生児から3歳くらいまでの男の子の、ほおや顎などにニキビができることがあります。
【ニキビ】 ニキビの原因(遺伝的・ホルモンバランス・外部からの刺激・その他)
ニキビの原因は主に次のような要因が組み合わさって発症すると考えられています。遺伝的要因・ホルモンのバランスが原因・外部からの刺激・その他、一時的なビタミンの代謝異常や自律神経の失調、胃腸の不調、便秘、ストレスなど
【ニキビ】 皮膚科でのニキビの治療・家庭でできるニキビ治療・ケアと予防
ニキビの治療方法は、医師によって多少異なるのですが、基本的には内服薬と外用薬による治療が行われます。思春期とともに始まり、25歳くらいで消失しますが、治療には洗顔やふだんの生活習慣など、家庭でのケアが大切です。
【水疱瘡】 の原因・症状・診断・治療・予防
全身に水疱ができる子どもに多い病気が水痘(すいとう)で、水疱瘡(水ぼうそう)ともいいます。水痘・帯状疱疹ウイルスによる急性の感染症で、主に冬から春にかけて発生します。
【湿疹】 主婦湿疹(手湿疹)の原因 皮膚障害や洗剤によるバリヤ破壊が原因
主に水仕事によって起こる手荒れを主婦湿疹とよびます。洗剤などで皮膚の防御機能が壊されることが原因です。皮膚表面の皮脂膜のバリヤが洗剤で破壊されると、炎症が起こりやすくなります。バリヤの異常が、主婦湿疹を招くことになります。
【湿疹】 画像で見る主婦湿疹(手湿疹)の症状と種類
一般には指の先や腹、手のひらあたりに皮膚の炎症が現れ、症状は多彩です。主婦湿疹で典型的にみられるのは、慢性の皮膚の炎症です。初期には指先や指の腹、手のひらが軽く赤みをおびて乾燥します。
【湿疹】 主婦湿疹(手湿疹)の治療 ステロイド軟膏による治療や紫外線によるPUVA療法
主婦湿疹(手湿疹)の治療は、皮膚障害の悪循環を断って、バリヤ機能を改善することを目的とします。皮膚の乾燥には白色ワセリン軟膏、尿素軟膏、亜鉛華軟膏などを塗って表皮を保護します。

このページの先頭へ戻る