トップへ戻る

生活習慣病(成人病)とは

生活習慣病(成人病)とは?

 

 

日本人の死因をみると、1951年に脳卒中が結核に代わってトップとなって以来、脳卒中、がん、心臓病の三つの病気が死亡の大きな原因となってきました。

 

死につながる三つの病気は、いずれも多くは30代以降に発病し、加齢とともに増加していくタイプであるために、厚生省では1956年にはじめて「成人病」という言葉を用いて、予防対策にのりだしました。

 

脳卒中、がん、心臓病の三大成人病以外に、直接の死因とはならなくても、ほかの疾患の原因となる高血圧脂質異常症(高脂血症)動脈硬化糖尿病など、加齢に伴う多くの病気が成人病に含まれます。

 

成人病から生活習慣病へ

 

私たちが病気になるには、病原体や有害物質などの外部環境、遺伝的要素や加齢などの内部要因がかかわりますが、成人病には特に、栄養バランスの悪い食事や運動不足、休養のとり方といった、日常の生活習慣が大きく影響していることが明らかになってきました。

 

このため96年、厚生省の諮問機関の公衆衛生審議会の答申では、生活習慣病という概念を導入し、対策を検討する必要が示されました。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

生活習慣病の原因と要因(リスクファクターという考え方)
さまざまな生活習慣病の原因を引き起こす危険性をもった要因のことを、リスクファクター(危険因子)といいます。先進国の死亡原因となる病気のリスクファクターの多くが生活習慣にあると指摘し、人々の生活習慣を健康的なものに変えていくことを提言しています。
生活習慣病を予防する食生活 食事のとり方・外食での注意点!
生活習慣病という考え方では、これまで力を入れてきた二次予防に加えて、生活習慣を改善する一次予防を対策の柱として位置づけています。健康を維持するために欠かせないのが、食生活です。どのような食事を毎日とっているかが、生活習慣病を予防するうえでの大切な要素です。
生活習慣病の予防に欠かせない適度な有酸素運動とストレス解消!
運動には、肥満や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の主要な危険因子のリスクを低下させる効用があります。生活習慣病の予防につながる運動には、いくつかの条件があります。また、生活習慣病の背景には、さまざまなストレスがあります。ストレスを解消するためには、十分な休養をとらなければなりません。
生活習慣病の予防健診を定期的に(検査項目)
生活習慣病予防健診の検査項目には、血圧測定や尿検査、心電図など定期健診でも行われる項目のほかに、血液の生化学検査、胃腸のX線検査、腹部の超音波検査などが含まれています。
生活習慣病の知恵袋・質問集
生活習慣病についてのよくある質問をまとめた知恵袋質問集です。生活習慣病に対する疑問解決にお役立てください。

このページの先頭へ戻る