トップへ戻る

止血法による応急処置

目次

 


 

外傷による多量の出血に対しては、止血が救命の大きなポイントとなります。医療機関への搬送を手配する一方で、止血を急ぎましょう。

 

止血法の基本

 

圧迫止血をする

 

圧迫止血1

 

患部にガーゼや清潔な布・タオルなどを直接あてがって、その上から手で強く圧迫します。

 

直接圧迫法は、傷口がそれほど大きくないときや、細い血管からの出血に対して有効です。

 

 

圧迫止血2

 

傷口を圧迫したまま、患部を心臓よりも高く上げるようにし、出血量を減少させます。

 

頭部に出血があるときは、枕などで頭部を高くします。

 

 

圧迫止血3

 

腕や足の出血で出血量が多く、直接圧迫法を行っても止血できないときは止血帯法を行います。止血帯の使い方は右図のように、傷口から心臓寄りのところに布を二重に回します。

 

結び目に頑丈な棒をあてて強く締めましょう。

 

 

圧迫止血4

 

止血帯を締めつけた時刻を、患者の額や止血帯などに明記しておきます。

 

止血帯はあくまでも医療機関へ搬送するまでの応急処置です。長時間そのままにしておくと危険です。

 

 

指圧止血と止血点

 

指圧止血と止血点

 

直接圧迫法で止血できないときや、止血帯を施すまでの間は、止血点を指で圧迫する指圧止血を行います。指圧止血は、患部よりも心臓に近い動脈を、指で骨に向けて強く押さえる方法です。

 

力をゆるめると効果がなくなるので、いったん押さえたら力をかけ続けます。

 

 


 

注意事項

 

■止血帯は時折ゆるめる
止血帯を締めつけたままにしておくと、その部位の組織が壊死してしまうことがあります。医療機関に搬送するまで時間がかかる場合は、20~30分おきに止血帯を少しゆるめて血液の循環を図ります。ゆるめたときには、指圧止血で出血を抑えます。

 

 

■患部に脱脂綿やティッシュペーパーをあてない
直接圧迫法は、患部にガーゼや清潔な布・タオルをあてがうのが原則です。脱脂綿やティッシュペーパーは繊維が傷口に付着して化膿を促すこともあるので、絶対に使用しないようにしましょう。

 

止血法と止血のポイント

 

外傷を負って、多量の出血がみられるときは、止血が応急処置の重要なポイントになります。ときには、止血の遅れが、生命を左右することもあります。

 

出血が多いときは、消毒よりも止血を優先させます。止血時の注意点としては、まず患者をむやみに動かさないことがあげられます。また、受傷直後はからだを保温することを避けます。

 

 

患者の血液に手が直接触れると、病原体に感染する可能性もあるので、布やビニールなどで手を保護してから止血を行いましょう。

 

止血法としては、圧迫止血が最も一般的な方法です。出血している部位に、ガーゼや清潔な布・タオルなどをあてて直接圧迫する方法を直接圧迫法とよびます。

 

 

傷口がばっくりと大きく開いているようなときは、ガーゼを埋め込むようにして圧迫止血をします。布・タオルをあててもどんどん血がにじんでくるときは、布を重ねて包帯で固定します。

 

患部を心臓よりも高く上げると、出血量を減少させることができます。静脈や、細い血管からの出血であれば、たいていは患部を上げる方法で治まるものです。

 

 

直接圧迫法でも出血が治まらないときには、指圧止血を行います。部位ごとの止血点を覚えておくようにしましょう。

 

止血帯は1時間が限度

 

応急処置を施してもなかなか出血が治まらないときは、止血帯を用います。出血部位よりも心臓に近い部分に布を二重に回して結び目をつくり、そこに頑丈な棒をあててもう一度結びます。

 

棒を回すと、締めつけることができるので、出血が治まるまで締め続けましょう。止血できたら、そこで棒を固定します。

 

 

多量の出血に対して、止血帯は非常に効果的です。ただし、この方法はあくまでも救命措置で、長時間このままにしておくことはできません。止血帯を締めたままにしておくと、組織が壊死してしまいます。

 

止血帯を締めておく限度は1時間程度です。その間にも1~2回は止血帯を少しゆるめるようにしましょう。ゆるめるときには指圧止血をして、出血を最小限に抑えます。壊死が始まると皮膚が紫色になってくるので、注意が必要です。

 

 

止血帯を締めた時刻を、必ず明記しておくようにしましょう。また、細かいひもや針金などで縛ると皮下組織や神経を傷つけることになるので禁物です。

 

包帯やガーゼがないときに、身の回りの物で止血に役立つのは、ふろしき、ネクタイ、スカーフ、マフラー、タオル、手ぬぐい、ハンカチ、ベルトなどです。

 

 

止血を施したら、早急に医療機関に搬送します。

 

多量の出血をもたらす外傷は、骨折を伴っているケースも少なくありません。骨折していて圧迫止血ができないときは、最初から止血帯を用います。骨折している部位には板や段ボールなどをあてがって、関節が動かないようにしっかりと固定します。

 

出血の危険度の目安

 

動脈からの噴き出るような出血がある場合は、放置しておくと非常に危険な事態を招きかねません。だいたい400~500mlの出血があると、血圧が下がってショック状態を招きます。

 

ショックというのは、急激に全身の血液循環不全が起こり、臓器や組織に十分な血液がいきわたらなくなって引き起こされる状態です。さまざまな機能不全を招き、死亡する危険も伴います。

 

 

多量の出血によって引き起こされる循環血液量減少性ショックは、出血性ショックと血漿の漏出に分けられます。出血性ショックは、主に外傷や消化管からの出血が招くケースです。血漿の漏出は、熱傷や腹膜炎などによって現れます。

 

多量の出血がみられるときは、とにかく止血を急いで、ショックを回避します。内出血の場合は、患部の腫れで危険度をチェックします。

 

握りこぶしぼどの腫れで、500mlほどの出血があると推察されます。腹部を強打して腫れてきたときは、内臓破裂による大出血が疑われます。大至急、医療機関に搬送しましょう。

 


 

頭部の出血の応急処置

 

交通事故や転落事故、あるいは打撲などで頭部出血を招くケースがよくあります。交通事故による頭部外傷の場合は、頸椎や腹部など、からだのほかの部位も損傷を受けていることが多いものです。

 

また、転落事故の場合は、骨折を伴っていることも少なくありません。

 

頭部に出血があるとき、周囲の人は落ち着いて、まず止血を優先させ、さらにからだの状態を観察するようにしましょう。頭部には数多くの血管が分布しているため、外傷を受けたときには、多量の出血を引き起こすことがあります。

 

 

直接圧迫法では止血できない場合は、指圧止血を行います。額やこめかみから出血があるときは、手の小指側でこめかみを圧迫します。

 

前頭部や顔面、あごから出血しているときには、首の頸動脈が触れるところを圧迫します。ほおやあごの出血に対しては、下顎の前方の脈が触れる部分を圧迫しても効果的です。ただし、長時間続けると意識障害を起こす危険があります。

 

あくまでも一時的な応急処置であることを忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

あざができたとき
腕や足を打撲したときは、患部に冷水をかけたり、氷のうをあてたりして、できるだけ早く冷やしましょう。患部への血流を減らしてあざを防ぎ、腫れや痛みも抑えることができます。
打撲したとき
手足の打撲なら、医師にみせる前にすばやく応急処置をしましょう。頭、胸、腹を強打したときは、ためらわずに救急車を呼んでください。
肉離れを起こしたとき
冷やす、包帯で圧迫する、患部を心臓より高い位置に保つ、安静にする、これらが肉離れを起こしたときの応急処置の4大原則です。肉離れを起こしたときは、「RICE療法」とよばれる応急処置を行います。これは、次の処置の頭文字を組み合わせたよび方です。
切り傷による出血
出血している傷の上に清潔なガーゼや布を直接当て、手でしっかり押さえます。これを直接圧迫法といいます。
怪我をしたときの消毒法
怪我をしたときには、消毒して傷口を化膿させないようにしましょう。さまざまな消毒法を知っておくと、イザというときに役立ちます。
トゲや針、釘が刺さったとき
トゲや釣り針が刺さったり釘を踏み抜いたとき、細菌感染の危険を避けるため、消毒には十分気を配りましょう。トゲを抜く毛抜きやピンセットは、必ずライターやガスの炎であぶって殺菌します。
かぶれたとき
腕が何かに触れてかぶれたときには、石鹸をつけて患部をよく洗い、原因物質をきれいに洗い流します。ただし、石鹸でかぶれを起こしたことのある人は、流水だけで洗いましょう。
黄疸が現れた場合
吐き気をもよおしたときは、胃のあたりに氷のうや冷たくして絞ったタオルなどをあてて冷やし、安静を保ちます。嘔吐に備えて、洗面器と薄い食塩水を用意しましょう。
暑さで倒れたとき
スポーツや作業中に倒れ、顔が真っ赤で全身の皮膚が乾き、高体温になったら危険です。木陰など風通しのよい涼しい場所に運び、できるだけ衣服を脱がせて静かに寝かせます。
子どもが車内熱中症になったとき
車から降ろして風通しのよい涼しい場所に移します。 ボタンをはずし衣服をゆるめます。風をあてると体温は下がりますから、扇風機があれば、風を送ってあげましょう。
脱水症状になったとき
炎天下でスポーツや作業をしていると多量の汗をかきます。脱水症状を起こしてぐったりしてしまったときには、涼しい場所に移動して衣服をゆるめます。
爪がはがれたとき
転倒や物に引っかけたりして思いがけず爪をはがしたときは、爪を元の位置に戻して固定しましょう。爪がはがれたときの応急処置には、はがれている爪が残っているとき、はがれてた爪が残っていないときによって違います。
足がしびれたとき
正座をするときは、下腹部に力を入れて腰を前に突き出すようにし、かかとや足先にはできるだけ体重をかけないようにします。かかとは開いて両足の親指を重ね、親指の上下を時折入れ替えましょう。
外反母趾になったら
外出時には、スニーカーなど、つま先の部分が広くてゆとりのある靴を履くようにします。パンプスのような靴を厚く場合には、3cm以下のヒールを選び、ハイヒールは避けましょう。
靴擦れになったら
かかとに靴擦れが起きたら、流水で熱をもった部分を冷やし、汚れを十分に洗い流しましょう。水分をよくぬぐってから、消毒をします。
からだがむくんだとき
立ち仕事やデスクワークが多い人は、仕事の休憩時間を利用して、足首や膝の屈伸運動などを行いましょう。血液の流れを促すには、足の裏や足の指をもんだり、脚をこぶしで軽くたたくことも効果的です。
関節がロックしたとき
スポーツなどの最中に膝が突然動かなくなり、痛みや圧迫感を伴うときは、半月板が損傷している可能性があります。担架に乗せたり、2人以上で患者を抱えるようにして安全な場所へ移動させましょう。
骨折したとき
骨折部分に副木を当てます。副木はタオルや綿などのパッドを敷いてから腕に密着させます。
高齢者の転倒
倒れている高齢者を助け起こし、落ち着くように話しかけます。そして、一人が膝を持ち、もう一人が腋の下を支えて、安全な場所へ移動させましょう。
ぎっくり腰になったとき
腰への激痛が走ったら、まず、壁や柱などにからだをもたせかけるようにしましょう。急激な痛みが治まるまで動かないようにして、呼吸を整えてから、次の行動に移ります。
急に歯が痛くなったとき
急に歯が痛みだしたときは、虫歯が歯髄の近くにまで及んでいる証拠です。虫歯が急に痛み出したときには、まずブラッシングを徹底して口の中に残っている食べかすなどをきれいに除去します。
気分が悪くなったとき
気分が悪くなった人がいたら、静かな場所に連れていって寝かせましょう。屋内の場合には、窓を開けて換気をします。
急な激しい頭痛
静かで薄暗い場所に寝かせて安静にします。このとき、痛みがある場所にぬれタオルなどを当てておくと痛みが軽減することがあります。
急な腹痛
衣服やベルトなどは緩め、膝を曲げさせて寝かせると、痛みがやわらぎます。座布団があれば折って腰の下に当て、なければ横向きにしてエビのように膝を曲げましょう。周期的に痛みが襲ってくるようなら、すぐに救急車を呼びましょう。
急な高熱がでたとき
悪寒や震えが起こったら、全身を毛布などでくるんで保温します。しばらくして状態が落ち着いてきたら、お茶などの温かい飲み物を少しずつ口に含ませるようにしましょう。
誤って薬物を飲んだとき
まず意識を確認します。ぐったりとしているときは、耳元で、大きな声で名前をよんだり、両肩をゆすったりして、意識の状態を把握します。意識がしっかりしているときは、コップ1杯程度の水や牛乳を飲ませましょう。
急性アルコール中毒になったとき
耳元で呼びかけたり、からだを軽く揺すったりして、意識があるかどうかを確認します。そばにいる人に声をかけ、緊急の事態に備えておきましょう。
食中毒を起こしたとき
食中毒を起こすと、腹痛、下痢、嘔吐などの症状が現れます。大量に水を飲ませて胃の内容物を全部吐かせ、嘔吐後は十分に水分を補給しましょう。
食べ過ぎたとき
次の食事を抜いたり、消化のよい物をとって、胃を休めましょう。例えば昼食を食べ過ぎてしまったら、夕食を抜くか、あるいはおかゆや、雑炊、食物繊維や脂肪分を控えたスープなどをとるとよいでしょう。
コンタクトレンズのトラブル
ハードコンタクトレンズをとるときは、鏡でレンズの位置を確認し、目と同じ側の手の人さし指で、目じりを斜め上に引っ張って、軽くまばたきをします。ソフトコンタクトレンズの場合は、目と同じ側の手の中指で下まぶたを軽く引き下げ、親指と人さし指でレンズをつまみます。
寝違えたとき
不自然な姿勢で寝ていたために、起きぬけに首が痛むケースを寝違えといいます。寝違えたときの応急処置としては、首の安静を保ち、冷湿布剤を貼っておくと、1週間ほどで治ります。
時差ボケになったとき
時差ボケの解消法には、午前中はできるだけ外に出て、太陽の光を十分に浴びるようにします。特に、朝の外出は効果的です。その際、散歩や軽い体操をして、積極的にからだを動かしましょう。
しゃっくりが止まらないとき
しゃっくりを止める方法です。しゃっくりは横隔膜のけいれんによって起こります。ほとんどは数分でおさまりますが、まれに長時間持続することもあります。
咳が止まらないとき
室温は18~20℃くらいにし、空気の乾燥を防ぐために冬は加湿器を使用し、夏もエアコンの使いすぎに注意します。咳が誘発されやすいので大声を出すことは控えましょう。
動物に噛まれたとき
出血が多いときは、清潔なタオルなどを患部に当て、上から押さえて圧迫止血を行います。傷口がさほど大きくなくても深い傷もありますので、注意が必要です。また、細菌などの感染を予防するため、傷口を水道の流水と石鹸で十分に洗います。逆性石鹸があれば、それを使います。石鹸の成分が残らないように、よく洗い流します。
毒ヘビ・毒グモに噛まれたとき
毒ヘビや毒グモに噛まれても、冷静に対処すれば生命に別状はありません。マムシやハブの毒は即効性がなく、2~3時間は大丈夫なので、噛まれてもあわてず動かないことです。クモに噛まれた場合はクモを捕獲して持っていくと医師も治療の方針がたてやすくなります。

このページの先頭へ戻る