トップへ戻る

アレルギー性鼻炎の原因・症状・検査

目次

 


 

アレルギー性鼻炎の原因

 

アレルギー性鼻炎の原因・症状・検査

 

体内に侵入した異物(抗原)のなかでアレルギーを引き起こすものを、アレルゲンとよんでいます。

 

アレルギー性鼻炎のアレルゲンとしては、まずハウスダストがあげられます。

 

 

ハウスダストは室内のちりやほこりのことで、ダニの死骸やふん、人間の垢やふけ、毛髪、ペットの毛、衣服・寝具・じゅうたんの繊維くず、食物のくずなどが含まれています。

 

ダニやカビ、細菌、花粉(花粉症)などもアレルギー性鼻炎のアレルゲンとなります。

 

 

ほこりとなって舞い上がったアレルゲンを吸い込むと、鼻粘膜に付着して抗原物質が溶け出します。からだは抗原物質の特徴を記憶して、合致するタンパク質の免疫グロブリンE(IgE)抗体をつくります。

 

IgE抗体は、鼻粘膜中の白血球の一種の肥満細胞(マスト細胞)などに付着します。再び同じアレルゲンが侵入して、溶け出した抗原物質がIgE抗体と結合すると反応が起こり、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。

 

 

ヒスタミンは鼻粘膜の末梢神経や血管を刺激するので、くしゃみ、鼻水・鼻づまりといった特有の症状が現れます。

 

アレルギー性鼻炎の原因物質であるハウスダストや花粉は、人体にとってさほど有害なものではありません。それでも過剰な防御反応が起こるのは、IgE抗体をつくりやすい体質のためです。

 

 

体質に加えて環境要因も影響します。アレルギー体質の人が日常的にアレルゲンに接していると、アレルギー性疾患を発症する確率が高くなります。

 

 

また、ストレスの関与も見逃せません。精神的・肉体的ストレスによって抗体ができやすくなったり、鼻粘膜が過敏になったりするのです。

 

さらに、ディーゼル車の排気ガスに含まれるディーゼル排気微粒子と、アレルギー性疾患の発症との関連も報告されています。

 

 

アレルギー性疾患の発症メカニズムについては、まだ明らかにされていない点も多く、今のところ体質的な要素と環境的な要素が複雑にからみあっていると考えられています。

 

 

アレルギー性鼻炎の症状

 

アレルギー性鼻炎の3大症状は、くしゃみ、鼻水(鼻汁)、鼻づまり(鼻閉)です。

 

アレルギー性鼻炎は「即時型アレルギー」といわれるタイプに属し、アレルゲンを吸い込むと数分から30分で症状が現れます。

 

 

くしゃみはたて続けに何回も出るのが特徴的です。鼻の中がむずむずしたり、刺激を感じる人もいます。

 

鼻汁は水のように透明で、粘り気がありません。

 

 

鼻閉は、多くの場合、アレルゲンを吸い込んだ直後に現れる症状ですが、その後も数時間続いたり、いったん治まってから数時間後に再発するケースもみられます。

 

鼻閉によって、嗅覚障害や、口呼吸が原因の喉の痛みが起こることも少なくありません。

 

 

症状は放置すると重症化しやすい傾向があるので注意が必要です。また、慢性化すると鼻閉が症状の中心になります。

 

 

アレルギー性鼻炎の検査と診断

 

アレルギー性鼻炎の診断は、症状がアレルギー性かどうか、アレルゲンは何かの2点に基づいて行われます。

 

問診では、症状や経過のほか、症状は季節性のものか、季節にかかわらずに出ているか、アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくがあるか、両親や兄弟姉妹にアレルギー性疾患の既往者がいるかなどについても確認されます。

 

 

アレルギー性鼻炎の検査では、まず鼻鏡や後鼻鏡で鼻粘膜の状態を調べます。通年性アレルギー性鼻炎を起こすと、鼻粘膜が腫れて青白くなり、水様性の鼻汁がたまってきます。

 

鼻汁中好酸球検査では、薬包紙で鼻をかみ、鼻汁をスライドグラスに塗布して顕微鏡で観察します。アレルギー性の場合には、好酸球という白血球が多くみられます。

 

 

続いて、アレルゲンを突きとめるアレルゲンテストが実施されます。皮膚テストには、アレルゲン溶液を注射する皮内注射、腕の皮膚につくったひっかき傷に溶液をたらすスクラッチ法、皮膚に溶液をたらした上から軽く針を刺すプリック法の3種類があります。

 

どの方法でも、15~20分後に生じる赤い腫れの大きさを測定します。皮膚テストの長所は、一度に多種類のアレルゲンについて調べることができて、結果がすぐにわかる点です。

 

 

皮膚テストの代わりに、血清特異的IgE検査が実施されることもあります。採血して得られた血清に、アレルゲンを含ませた濾紙を反応させる検査です。

 

 

鼻粘膜誘発テストではアレルゲンを直接、鼻粘膜に接触させて、5分後に症状の有無や現れ方を確認します。

 

副鼻腔への影響を調べる鼻副鼻腔X線検査、血液中の好酸球の量をみる血液検査、血清中のIgE抗体の総量を確認する血清総IgE検査などが補助的に行われることもあります。

 

鼻汁中好酸球検査、皮膚テストまたは特異的IgE検査、鼻粘膜誘発テストの3検査中、2種類が陽性であれば、アレルギー性鼻炎と診断されます。

 

 

アレルギー体質と遺伝

 

確かにアレルギー体質には、遺伝的な要因が大きくかかわっています。例えば、両親ともに何らかのアレルギー性疾患をもっているとすれば、子どももアレルギー性疾患を発症しやすい体質といえるでしょう。

 

アレルギー体質とは、からだがある物質に対してIgE抗体をつくりやすい状態であるということです。

 

 

アレルギー体質の人は、肥満細胞から放出される化学伝達物質の働き方や、鼻粘膜の過敏性なども亢進する傾向がありますが、そこにも遺伝的な要素がかかわっているようです。

 

アレルギー性鼻炎を発症したら、ほかのアレルギー性の病気も発症しやすいといわれています。

 

 

アレルギー性鼻炎をはじめ、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患は、いずれもアレルギー反応という素因に基づいています。

 

したがって、合併しやすいものです。アトピー性皮膚炎の患者の約50%は、アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくを伴っているとされています。

 

 

アレルギー性疾患の発症には、生活環境が大きく影響します。住環境や食事、運動などに留意して生活すれば、病気の発症や症状の重症化を防ぐことは十分に可能です。

 

アレルギー性鼻炎の発症や、症状の現れ方には、生活習慣が大きく影響します。また、精神的・肉体的ストレスとのかかわりも指摘されています。

 

ストレスを上手にコントロールするには、十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動を習慣づけるようにしましょう。

 

薬物療法によって症状が治まってくると、生活管理を怠りがちになるケースが少なくありません。治療の効果を上げて、持続させるためには、規則正しい生活を送ることが何よりも大切です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【鼻と嗅覚の異常】 の原因・治療・予防|嗅覚の異常の多くは、鼻づまりや鼻粘膜の炎症
鼻の病気や外傷だけでなく、全身的な疾患によって鼻や嗅覚に異常が起こることもあります。鼻に異常があると、鼻の機能が低下するだけでなく、集中力がなくなったり、睡眠が妨げられるなど、日常生活に影響を及ぼしがちです。また、鼻の疾患が原因で、ときには頭痛のほか発熱といった全身的な症状が現れます。
【鼻炎】 アデノイド肥大、細菌ウイルス、アレルギーが原因?鼻炎の種類・原因・症状・治療・予防について
鼻粘膜の炎症をまとめて「鼻炎」とよんでいますが、鼻炎にもいろいろあります。そのなかでも「急性鼻炎」「慢性鼻炎」「アレルギー性鼻炎」は子どものかかりやすい代表的なものです。鼻炎の原因や治療法、予防についてのサイトです。
【アレルギー性鼻炎】 種類や原因となるアレルゲンの種類
アレルギー性鼻炎は、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。アレルギー性の鼻炎では花粉症が有名ですが、室内にあるちりやほこり、いわゆるハウスダストは、アレルギー性鼻炎の最大の原因となっています。最近では、ハウスダストとスギ花粉が原因となるケースが増えています。
【アレルギー性鼻炎】 治療効果と副作用|鼻粘膜の炎症を抑え、血行を促して腫れを改善する
くしゃみ、鼻水、鼻づまりがアレルギー性鼻炎の3大症状です。ハウスダストや精神的ストレスが、発症の一因になります。アレルギー性鼻炎は、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。
【アレルギー性鼻炎】 予防の基本は、アレルゲンを突きとめて生活環境からとり除く
アレルギー性鼻炎の予防の基本は、アレルゲンを突きとめて生活環境からとり除くことです。アレルゲンの排除と並んで、からだを強化することもアレルギーの改善には必須です。皮膚を刺激したり、適度な運動を続けることが、症状の軽減に役立ちます。
【花粉症】 くしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状が現れる花粉症の原因・症状・診断
花粉の飛散がなくなれば、症状もおさまりますが、自然治癒はあまり期待できません。治療や予防策を講じないと、次のシーズンにまた症状が出ます。花粉症は適切な予防策を講じれば、症状を軽く抑えることができます。
【花粉症】 花粉症の治療・予防|花粉症に効くツボ|花粉予報
花粉症の治療には、花粉の飛散前から薬を服用する予防的治療と、症状が出てからの対症療法があります。また、花粉が飛散するシーズン前に花粉予報で調べ、ツボの指圧を始めておくと効果的です。
【鼻水・鼻づまり】 の原因・治療・予防|多くは鼻の粘膜の炎症が原因です
鼻水・鼻づまりの原因の多くは鼻の粘膜の炎症が原因です。重症になると、頭痛や嗅覚障害などを伴います。急性鼻炎や単純性鼻炎、萎縮性鼻炎では、腫れをとる薬や炎症を抑える薬を鼻粘膜に直接塗布したり、薬剤を霧状にして噴霧し治療します。
【嗅覚障害】 の種類・原因・症状・検査・治療・対策|多くは鼻づまりが原因
嗅覚障害の多くは鼻づまりが原因ですが、背後に重い病気が隠れていることもあります。嗅覚障害は、症状とにおいの伝達経路の障害部位によって分けられます。異常を感じたら、耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

このページの先頭へ戻る