トップへ戻る

花粉症の治療・予防|花粉症に効くツボ|花粉予報

目次

 


 

花粉症の治療・予防|花粉症に効くツボ|花粉予報

 

花粉症の治療

 

セルフケア 花粉情報に注意。マスク等で花粉回避。室内に花粉を入れない。
予防的治療 抗アレルギー薬の内服(効果が出るのは飲み始めて2週間前後から)
対症療法 抗ヒスタミン薬、鼻用ステロイド噴霧薬、血管収縮性点鼻薬
根本的治療 舌下減感作療法(重症の人)

 

花粉症の治療には、からだに人為的に免疫をつくる根本的治療と、予防または症状の抑制のための薬物療法があります。

 


 

根本的な花粉症の治療

 

根本的な治療には、「減感作療法」といわれるものがあります。薄めた花粉のエキスを何回も注射するもので、徐々に濃度を上げていきます。

 

こうして花粉に対してからだを慣らしていき、反応しなくなる状態をつくり出すのです。

 

 

本当に有効かどうかが判明するのは、次のシーズンを待たなければなりませんから、治療には2~3年もかかります。

 

その間何度も病院に通わなくてはならないなど負担が大きいので、重症の人や薬物療法の効果がない人などが対象です。

 

 

現在の治療の主流は減感作療法の「通院が何回も必要」「注射」という点を改善し、耳鼻咽喉科で行われている「舌下減感作療法」という方法です。

 

この治療方法は、スギ花粉(抗体)のエキスを舌下から患者のからだに吸収させます。2分間じっと待った後、飲み込んでしまえば1日1回の投与は終了します。この花粉症の治療方法は自宅で行なえます。

 

 

2年を必要とする治療ですが、早い人では投与開始3週間の治療で効果のでてくる人もいます。

 

薬を使った花粉症の治療

 

花粉の飛散前から薬を服用する予防的治療と、症状が出てからの対症療法があります。

 

抗アレルギー薬

薬を使った治療でもっとも一般的なのは、抗アレルギー薬の内服です。花粉の大量飛散が予想される年は、飛散開始予測日の4週間前から、通常の年なら2週間前から、抗アレルギー薬の内服を始めます。

 

シーズンの終わりまで続ければ、症状を軽くすることができます。

 

抗アレルギー薬は市販されていません。耳鼻咽喉科、内科、小児科などで処方してもらうとよいでしょう。副作用の少ない薬ですが、人によっては眠気などが現れることもあります。

 

何種類かの薬がありますから、医師に相談して自分に合ったものを処方してもらってください。

 

抗ヒスタミン薬

抗アレルギー薬は効果が現れるまでに、約2週間かかりますから、すでに症状が出てしまっている人は、対症療法として、抗アレルギー薬のほかに抗ヒスタミン薬を併用して内服する方法があります。

 

抗ヒスタミン薬は、くしゃみ、かゆみを抑えるのに効果的ですが、鼻づまりにはあまり効果がありません。

 

また、抗ヒスタミン薬は副作用として眠くなることがあるので、自動車の運転などをしないように注意が必要です。

 

鼻用ステロイド噴霧薬

対症療法として、鼻用のステロイド噴霧薬も使われています。ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)を鼻の中に送り込み、炎症を抑えるものです。

 

鼻の粘膜だけに噴霧するので、短期間の使用であればステロイド薬特有の副作用は心配いりません。ただし、使用するのは、抗アレルギー薬が効果を現すまでの2週間くらいがめどです。

 

血管収縮性点鼻薬

血管収縮性の点鼻薬もあります。鼻粘膜の血管を収縮させて鼻づまりを解消するものですが、効果は一時的で、作用が切れると逆に鼻づまりがひどくなる場合もあり、注意しなければなりません。

 

続けて使う場合は、数日間に限ります。鼻づまりがひどく、夜眠れないといったときなどに限定して使うのによい薬です。

 

 

花粉症に効くツボ

花粉症に効くツボ

●迎香(げいこう)
小鼻の両側

 

●しん会(しんえ)
髪の生え際の中央と頭頂を結ぷ線上、髪の生え際から5分の2

 

鼻水や鼻づまりを解消するには、小鼻の両側にある迎香がツボ。

 

花粉が飛散するシーズン前にこのツボの指圧を始めておくと効果的です。

 

また、しん会のツボは頭をすっきりさせるのに効果があります。

 

 


 

花粉症の予防

 

アレルゲンである花粉を吸い込まないようにすることが大切です。外出の際に花粉症用のマスクをつけるだけでも、ずいぶん症状が軽くなります。ゴーグルのような花粉症用の眼鏡やサングラスもあります。

 

帰宅したときには、家に入る前に衣服についた花粉をよく取り払ってください。その後、洗眼、うがいを行い、鼻をかみます。

 

 

洗濯物や干した布団を取り込む際にも、十分に花粉を取り払いましょう。

 

また室内もまめに掃除機をかけたり、雑巾がけをして、花粉を取り除く必要があります。加湿器などを利用して、部屋の中が乾燥しないようにすることも大事です。

 

 

新聞、テレビ、インターネット、ラジオなどを通じて発表される花粉情報にも気を配り、抗アレルギー薬の服用を始める時期や、マスク装着の要・不要を判断する必要があります。

 

 

一般に空梅雨、猛暑になると、スギの雄花が大量につき、翌年春の花粉が多くなることがわかっています。

 

また、気温が高く湿度が低い日、つまりカラッと晴れた日ほど、花粉はたくさん飛散します。雨の日はあまり飛散しませんが、雨のあがった翌日に、大量に飛ぶケースが多いようです。

 

 

スギ花粉の飛散開始の後、1か月から1か月半ほど遅れてヒノキ花粉の飛散が始まります。

 

スギとヒノキの両方にアレルギー反応を起こす人も多いので注意が必要です。年によりますが、長いときは5月のゴールデンウイーク明けくらいまで、ヒノキの花粉が飛散しているときもあります。

 

 

花粉予報

  • 空梅雨で猛暑の翌年は、大量に飛散します。
  • 飛散開始から数えて1週間後から6週間くらいの期間飛びます。
  • 気温が上がり、同時に湿度が低下するとき飛散量は増えます。
  • 雨が降ると、あまり飛散しません。
  • 雨あがりで気温が上がり、湿度も低下すると飛散しやすくなります。とくに早朝に雨があがった場合、その日は要注意です。
  • 都市部では、風の強い日に注意。とくに高温の日が続くと、大量に飛散するおそれがあります。

 

春先に目や鼻に異常を感じたら、花粉症の疑いがあります。医師の診断を受け、適切な対策を取れば症状は軽くなります。

 


 

花粉症になる人とならない人がいるのはなぜですか?

遺伝的に花粉症になりやすいタイプの人がいます。特定の花粉に対して、IgE抗体を過剰につくってしまうタイプの人は、花粉症になりやすいといえます。また、花粉症を誘発する何らかの因子があるのではないかとも考えられています。

 

 

大気汚染と関係あるのか、寄生虫と関係あるのか、あるいは食生活の欧米化やストレスなどと関係あるのか、さまざまな研究結果が報告されていますが、明確なことはまだわかっていません。

 

アレルギー性鼻炎と花粉症の違いとは?

くしゃみ、鼻水・鼻づまりといった症状は、花粉症もアレルギー性鼻炎も同じです。

 

 

ただ、花粉症はアレルゲンが花粉に限定され、花粉が飛び散るシーズンにだけ症状が出るのに対し、アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやカビ、ダニなどがアレルゲンとなっているため、季節を問わず症状が出ます。

 

花粉症は昔はなかった病気なのですか?

花粉症の患者が日本ではじめて発見されたのは1963年のことで、場所は栃木県日光市でした。ここは延長37km、約13,000本ものスギが植えられている並木があることで知られています。

 

 

ただし、このスギが植えられたのは、17世紀前半で、昔の人は花粉症にならなかったようです。そこで、現代特有の何かが花粉症の誘因として作用しているに違いないと考えられていて、さまざまな研究が行われています。

 

 

また、その後の研究で、スギの木の多い山間部より大都市のほうが、花粉症の患者が多く出ていることもわかっています。このことも、現代生活と花粉症の関係を強く示唆しているといえるでしょう。

 

外国でも花粉症の人はいますか?

スギ花粉よる花粉症は、わが国特有のものですが、別の花粉によるアレルギーは、外国にもあります。

 

 

アメリカではブタクサ、ヨーロッパ諸国では牧草、北欧諸国ではシラカバによる花粉症が多いようです。日本でも北海道では、シラカバによる花粉症の人が多くなっています。

 

花粉症は命にかかわる病気ではありませんが、不快な症状が続くため、集中力をなくして仕事や勉学に影響が出ることがあります。通勤、通学のときは、専用のマスクなどを使い、予防に気を配るとよいでしょう。

 

 

また、花粉情報に注意し、花粉の飛散が多い日は、なるべく外出を避けたほうが賢明です。やむをえず外出する際も、花粉があまり浮遊していない早朝や夕方以降にすれば、症状は比較的軽くすみます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【鼻と嗅覚の異常】 の原因・治療・予防|嗅覚の異常の多くは、鼻づまりや鼻粘膜の炎症
鼻の病気や外傷だけでなく、全身的な疾患によって鼻や嗅覚に異常が起こることもあります。鼻に異常があると、鼻の機能が低下するだけでなく、集中力がなくなったり、睡眠が妨げられるなど、日常生活に影響を及ぼしがちです。また、鼻の疾患が原因で、ときには頭痛のほか発熱といった全身的な症状が現れます。
【鼻炎】 アデノイド肥大、細菌ウイルス、アレルギーが原因?鼻炎の種類・原因・症状・治療・予防について
鼻粘膜の炎症をまとめて「鼻炎」とよんでいますが、鼻炎にもいろいろあります。そのなかでも「急性鼻炎」「慢性鼻炎」「アレルギー性鼻炎」は子どものかかりやすい代表的なものです。鼻炎の原因や治療法、予防についてのサイトです。
【アレルギー性鼻炎】 種類や原因となるアレルゲンの種類
アレルギー性鼻炎は、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。アレルギー性の鼻炎では花粉症が有名ですが、室内にあるちりやほこり、いわゆるハウスダストは、アレルギー性鼻炎の最大の原因となっています。最近では、ハウスダストとスギ花粉が原因となるケースが増えています。
【アレルギー性鼻炎】 原因・症状・検査|アレルギー体質と遺伝、ストレスとのかかわり
アレルギー性鼻炎の発症や、症状の現れ方には、生活習慣が大きく影響します。また、精神的・肉体的ストレスとのかかわりも指摘されています。原因には室内のちりやほこりのことで、ダニの死骸やふん、人間の垢やふけ、毛髪、ペットの毛、衣服・寝具・じゅうたんの繊維くず、食物のくずなどのハウスダストがあげられます。
【アレルギー性鼻炎】 治療効果と副作用|鼻粘膜の炎症を抑え、血行を促して腫れを改善する
くしゃみ、鼻水、鼻づまりがアレルギー性鼻炎の3大症状です。ハウスダストや精神的ストレスが、発症の一因になります。アレルギー性鼻炎は、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。
【アレルギー性鼻炎】 予防の基本は、アレルゲンを突きとめて生活環境からとり除く
アレルギー性鼻炎の予防の基本は、アレルゲンを突きとめて生活環境からとり除くことです。アレルゲンの排除と並んで、からだを強化することもアレルギーの改善には必須です。皮膚を刺激したり、適度な運動を続けることが、症状の軽減に役立ちます。
【花粉症】 くしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状が現れる花粉症の原因・症状・診断
花粉の飛散がなくなれば、症状もおさまりますが、自然治癒はあまり期待できません。治療や予防策を講じないと、次のシーズンにまた症状が出ます。花粉症は適切な予防策を講じれば、症状を軽く抑えることができます。
【鼻水・鼻づまり】 の原因・治療・予防|多くは鼻の粘膜の炎症が原因です
鼻水・鼻づまりの原因の多くは鼻の粘膜の炎症が原因です。重症になると、頭痛や嗅覚障害などを伴います。急性鼻炎や単純性鼻炎、萎縮性鼻炎では、腫れをとる薬や炎症を抑える薬を鼻粘膜に直接塗布したり、薬剤を霧状にして噴霧し治療します。
【嗅覚障害】 の種類・原因・症状・検査・治療・対策|多くは鼻づまりが原因
嗅覚障害の多くは鼻づまりが原因ですが、背後に重い病気が隠れていることもあります。嗅覚障害は、症状とにおいの伝達経路の障害部位によって分けられます。異常を感じたら、耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

このページの先頭へ戻る