トップへ戻る

味覚障害の症状・検査と診断

目次

 


 

味覚障害の症状

 

味覚障害の症状・検査と診断

 

味覚障害の症状は人によってさまざまですが、最も多いのは味覚消失で、味がまったくわからなくなります。

 

味が薄く感じるようになる味覚減退も多い症状です。

 

 

また、口の中に何もないのに、常に苦い味を覚える自発性異常味覚もみられます。苦味だけでなく、渋味や塩味を覚えるケースもあるようです。

 

ほかの味の食物を食べているときでも苦味や渋味がする場合と、食事中には普通に食物の味を感じる場合とがあります。

 

 

このほか、ある特定の味だけがわからないと訴える解離性味覚障害や、口に入れた飲食物が、表現しがたいほど嫌な味に感じられるという悪味症も、味覚障害の一つです。

 

醤油を苦く感じるなど、特定の飲食物の味が、本来の味とは異なる味に感じられる異味症というケースもあります。

 

 

味覚障害の検査と診断

 

味覚障害の診断・治療は耳鼻咽喉科や口腔外科で行われます。大学病院などでは、味覚障害の専門外来を設けている病院もあるので、問い合わせてみましょう。

 

味覚障害の問診

 

最初に問診が行われます。まず、風邪や頭部の外傷などに引き続いて起こったのかどうか、ほかの病気の薬物療法が引き金になっていないかどうかなど、発症時の状況について尋ねられます。

 

続いて、口の中の異常や全身の病気の既往について質問されます。また、常用薬の有無も重要なポイントになります。

 

 

問診を進めても原因が特定できない場合には、心理的要因を探るため、発症したころに大きな精神的ストレスなどがなかったかどうか聞かれます。

 

 

また、味覚障害は発症から時間がたつほど治りにくくなるので、医療機関を受診する際には、いつ発症したかについて答えられるようにしておきましょう。

 

味覚障害の視診

 

耳鏡や鼻鏡を使って、中耳炎や副鼻腔炎の有無について調べます。

 

また、口内の乾燥舌苔の有無を知るために、口の中や咽頭の観察が行われます。

 

味覚障害の血液検査

 

血液中の亜鉛や銅、鉄の量などを調べます。

 

肝障害、腎障害、糖尿病などが原因のケースもあるので、肝機能検査や腎機能検査、血糖値の検査も行われます。

 

味覚機能検査

 

ろ紙ディスク法検査

甘味、塩味、酸味、苦味のそれぞれについて、どのくらいの濃さで感じられるかを調べます。蔗糖(しょとう)、食塩、酒石酸、塩酸キニーネの4種類の試薬で5段階の濃度が用意されます。

 

試薬をつけたろ紙を舌に置き、どの濃度で味を感じることができたかを知ることで、味覚障害の程度がわかります。

 

電気味覚検査

舌に電流を流すと、鉄のような味がしてきます。電気味覚検査では、器具を用いて弱い電流から流し始め、どのくらいの強さの電流で、鉄の味を感じたか調べることによって、味覚障害の程度が判定できます。

 

また、器具を舌のあちこちに当てて検査を行えば、舌のどこに障害が起こっているのかを確認することもできます。

 

このほか、必要に応じて唾液分泌機能検査や心理テストが行われることもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【舌がざらつく・唇がただれる】 唇と舌の異常の原因・治療・予防
口内炎などの局所的な病変の背景に、全身的な疾患が潜んでいることもあります。唇と舌は表面が粘膜に覆われており、飲食物などの刺激や、口の中の常在菌の影響を受けやすい部分です。また、からだの変調を反映してさまざまな症状が現れるので、全身の状態を知るうえでのバロメーターともなります。
【口渇・喉の渇き】 の原因・治療・予防|多くは水分の不足から起こる
口の渇きとは、唾液の不足による口内の乾燥感です。喉の渇きは、からだの水分の欠乏によって起こる水を飲みたくなる感覚です。この両方を合わせて口渇といいます。口・喉の渇きの多くは水分の不足から起こりますが、根本的な治療が必要な疾患によるものもあります。
【口内炎】 ウイルス性、カンジダ性、性病、貧血など口内炎の原因はさまざま
貧血があったり、ビタミンが不足すると、口内炎にかかることがあります。また、慢性的な疲労や風邪なども誘因になりやすいといわれます。症状が軽い場合は、食べ物がしみたり、触れると痛い程度ですが、重くなると発熱することもあります。
【口内炎】 アフタ性、カタル性、口角炎など口内炎の種類も症状もさまざまです。
症状が軽い場合は、食べ物がしみたり、触れると痛い程度ですが、重くなると発熱することもあります。口腔粘膜に水疱、潰瘍などができます。多くの場合、1~2週間で治りますが、全身性の病気が隠れていることもあるので注意が必要です。
【口内炎】 口内炎の治療と予防
全身性の疾患やSTDが原因となって口内炎が現れていると疑われる場合は、まずその疾患の治療を行わねばなりません。ウイルス性の口内炎や、原因不明のものは、対症療法が中心になります。
【味覚障害】 ダイエットや妊娠中の味覚の変化は亜鉛欠乏が原因!?
味覚障害は若い世代にも増加しつつあります。その誘因として、インスタント食品やファストフードの多食、過激なダイエットなど、栄養の偏った食生活があげられます。また、ただし、妊娠中は母体の栄養だけでなく、胎児の成長の分まで栄養をとらなければなりません。そのため、味覚障害の原因となる亜鉛欠乏が起こっている可能性もあります。
【味覚障害】 亜鉛不足だけじゃない!?味覚障害の原因と種類
味覚障害の大きな原因は亜鉛の摂取不足ですが、ほかにも味覚を低下させるいくつかの要素があります。味覚障害は、味覚の伝達経路の障害部位によって、伝導性、感覚性、神経性に分類され、原因もそれぞれことなります。
【味覚障害】 治療(亜鉛の内服)・予防(亜鉛を多く含む食品)
味覚障害の治療の基本は薬物療法で、硫酸亜鉛またはグルコン酸亜鉛という内服薬を服用するのが一般的です。味覚障害の予防は、食事を通じて亜鉛を摂取することに尽きます。
【舌の病気】 舌をチェックしよう!画像で分かる舌の状態 舌苔の原因・症状・治療
食べ物のかすを舌の上に残したまにしておくと、舌苔になることがあります。歯を磨くときに、舌もー緒に磨くと舌苔の予防になります。原因を大きく分けると、口腔内の不潔や不衛生によるものと、消化器系疾患などの病気(原疾患)の一症状として現れる場合の2種類があります。
【舌の病気】 舌苔と似ている舌の病気|舌白板症|カンジダ症|地図状舌|溝状舌|口腔扁平苔癬
舌は思いのほか異常が起こりやすいところです。舌苔と似た症状の病気も少なくありません。舌苔と似ている舌の病気は舌白板症、カンジダ症、地図状舌、溝状舌、口腔扁平苔癬などが挙げられます。
【舌の病気】 気をつけておきたい舌の病気に舌がんや舌炎があります
気をつけておきたい舌の病気があります。なかでもおそれられている病気が舌がんです。舌がんはほかのがんと異なり、目に見える場所にできるため、自分でも発見できるケースが多くあります。舌炎は良性疾患ですが、舌がんに移行するケースもあります。
【口唇裂・口蓋裂】 の原因・症状・治療・予防
口唇裂(こうしんれつ)は唇裂ともいい、上唇が生まれつき裂けていることをいい、口蓋裂(こうがいれつ)は、口蓋(上あご)が生まれつき裂けている状態をいいます。症状が軽ければ、1回の手術で治すことができます。
【口臭】 息が臭い原因の多くは歯垢や舌苔!口臭を消したいときに効果のある予防法
口臭の原因の多くは口内の歯垢や舌苔ですが、全身的な疾患で口臭が生じることもあります。生理的・病的・飲食物による口臭の原因について。口臭を消したいときに効果のある食べ物や飲み物は?口臭を自分でチェックする方法など

このページの先頭へ戻る