トップへ戻る

【口臭】 息が臭い原因の多くは歯垢や舌苔!口臭を消したいときに効果のある予防法

目次

 


 

【口臭】 息が臭い原因の多くは歯垢や舌苔!口臭を消したいときに効果のある予防法

 

口臭の原因の多くは口内の歯垢や舌苔ですが、全身的な疾患で口臭が生じることもあります。

 

口臭の主成分は揮発性硫黄化合物

 

口臭の主成分は揮発性硫黄化合物清潔志向の高まりとともに、口臭を気にする人が増えています。口臭とは、口から吐き出される悪臭の総称です。

 

口臭の主な成分として明らかになっているのは、メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなど揮発性の硫黄化合物です。何らかの原因で口の中にこうした成分が増えると、悪臭として感じられるようです。

 

飲酒後やにおいの強い物を食べた後に、息が臭くなることはよくあります。こうした原因がないのに口がにおう場合には、からだに異変が起こっている可能性もあります。

 

口臭の原因

 

口臭の原因は、生理的なもの、病的なもの、飲食物によるものなどに分けられます。

【生理的な口臭】

通常、口の中の細菌は唾液によって浄化され、繁殖をくい止められています。しかし、起床時や空腹時には唾液の分泌が減少して、口腔の自浄作用が弱まるために生理的口臭が強くなります。

 

このような症状は、高熱が出たときや、月経時にホルモンバランスが変化したときにも起きやすいようです。また、強い緊張やストレスでも、同じ理由で口臭が発生することがあります。

 

【病的な口臭】

口臭のほとんどは、口の中の病気が原因で起きます。最も多いのが虫歯や歯肉炎、歯周炎(歯槽膿漏)です。これらの疾患の原因となる歯垢や歯石の中の細菌が嫌なにおいを発するためです。

 

虫歯が進行して神経まで侵された歯根膜炎になると、ひどい悪臭がします。歯周炎になると、膿が出て悪臭を放ちます。

 

また義歯やブリッジには汚れがつきやすく、口臭の原因となります。はがれ落ちた粘膜や歯垢が舌の表面に付着した舌苔も、口臭のもとになります。

 

 

口臭は全身の疾患でも起こる場合があります。慢性胃炎便秘など消化器系の病気、気管支拡張症や肺化膿症など呼吸器の病気、慢性副鼻腔炎や慢性扁桃炎など鼻やのどの病気にかかっているときです。

 

糖尿病や肝不全、腎不全などでも口臭は発生します。膠原病(こうげんびょう)や唾液腺の病気になると、唾液が出にくくなり、口の中の自浄作用が衰えて、口臭を発しやすくなります。

 

【飲食物による口臭】

ニンニクやねぎ、納豆など、においの強い物を食べると息が臭くなることは、日常誰でも経験しています。また喫煙や飲酒も口臭の原因となります。

 

このほかに、本当は口臭がないのに、自分には口臭があると思い悩むケースがあり、自臭症とよばれています。潔癖で神経質な人に多く、いったん口臭があると思い込むとエスカレートしていき、そのために人づき合いをきらったり避けたりします。

 

 


 

口臭の治療

 

口臭の治療生理的な口臭の治療法は特にありません。飲食物による口臭は、原因となっている物の摂取を控えるか、時間の経過を待てば消えてしまいます。

 

口臭の原因が虫歯や歯肉の病気なら、治療を行います。いずれにしろ口の中を清潔にすることは、口臭をなくすポイントといえます。

 

歯を磨く際には、ついでに舌を軽くこすって舌苔も取ります。

 

全身的な疾患が原因であれば、それぞれの疾患に対する治療を行います。

 

自臭症の場合は、心理的なアプローチが必要です。口腔外科の医師やカウンセラーとの話し合いをとおして背後にある問題をみつけ、解決する方法を探ります。

 

口臭の予防

 

歯垢を除去し虫歯や歯肉の病気を防ぐためにも、歯磨きは口臭予防の基本です。毎食後に必ず丁寧に歯を磨く習慣をつけましょう。

 

歯石は歯科医院で定期的に除去してもらい、義歯やブリッジを装着した場合には毎日洗浄して自分の歯と同じように丁寧に手入れをします。

 

あまり口臭を気にすると、ストレスをためて口臭を助長することにもなりかねません。病気による口臭以外は、過度に神経質にならないようにしたいものです。

 

口臭対策グッズには、どのようなものがある?

 

口臭の予防には、歯磨きなどで口の中を清潔に保ち、原因をもとから断つことが大事です。しかし、歯を磨く時間がなかったり、人に会う前にニンニク料理を食べてしまったときなど、いざというときの対処方法として口臭対策グッズを利用するのもよいでしょう。

 

口臭対策グッズは、三つに大別できます。殺菌、消毒を主としたものは、口の中の細菌の活動を抑制することで口臭の発生を抑えます。

 

消臭を目的としたものは、細菌が産生する揮発性硫黄化合物と結合して別の物質に変えることで口臭を出にくくします。マスキングによるものは、口臭をほかのにおいで覆い隠してしまうものです。

 

それぞれ液状のうがい薬や、スプレータイプ、錠剤タイプがあります。その他には口臭対策ガムや口臭サプリなどがあります。

 

口臭を消したいときに効果のある食べ物や飲み物は?

 

ニン二クのにおいを消すのに牛乳が効果的であることはよく知られていますが、アルコールのにおい消しにも効果を発揮します。

 

チーズや乳製品を食べても同じ効果があります。

 

緑茶に含まれている葉緑素とフラボノイドは消臭効果があるとされ、ガムなどにも応用されています。

 

レモンや梅干しなどに含まれている有機酸は、たんぱく質を分解する働きや食べ物の残りかすの腐敗発酵を防止する働きがあります。

 

緑茶やレモン、梅干しなどには睡液の分泌を促す働きもあるので、口の中の自浄作用を高めます。

 

口臭を自分でチェックする方法

 

簡単に口臭をチェックする方法がいくつかあほす。

 

一つは、コップに息を吹きかけてにおいをかいでみる方法です。コップの中に息を軽く吹きかけて手で覆い、一呼吸してきれいな空気を吸った後、かいでみます。異臭があれば、他人にも感じられる口臭があると考えられます。

 

また手鏡に息を吹きかけ、すぐにかいでみる方法もあります。

 

ほかに、オキシドールを2倍に薄めた液を口に含み、軽くうがいをして吐き出してみるという方法もあります。

 

吐き出した液やロの中にわずかに泡が立つくらいなら、問題ありません。たくさんの泡が立っているようなら口臭が強い可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【舌がざらつく・唇がただれる】 唇と舌の異常の原因・治療・予防
口内炎などの局所的な病変の背景に、全身的な疾患が潜んでいることもあります。唇と舌は表面が粘膜に覆われており、飲食物などの刺激や、口の中の常在菌の影響を受けやすい部分です。また、からだの変調を反映してさまざまな症状が現れるので、全身の状態を知るうえでのバロメーターともなります。
【口渇・喉の渇き】 の原因・治療・予防|多くは水分の不足から起こる
口の渇きとは、唾液の不足による口内の乾燥感です。喉の渇きは、からだの水分の欠乏によって起こる水を飲みたくなる感覚です。この両方を合わせて口渇といいます。口・喉の渇きの多くは水分の不足から起こりますが、根本的な治療が必要な疾患によるものもあります。
【口内炎】 ウイルス性、カンジダ性、性病、貧血など口内炎の原因はさまざま
貧血があったり、ビタミンが不足すると、口内炎にかかることがあります。また、慢性的な疲労や風邪なども誘因になりやすいといわれます。症状が軽い場合は、食べ物がしみたり、触れると痛い程度ですが、重くなると発熱することもあります。
【口内炎】 アフタ性、カタル性、口角炎など口内炎の種類も症状もさまざまです。
症状が軽い場合は、食べ物がしみたり、触れると痛い程度ですが、重くなると発熱することもあります。口腔粘膜に水疱、潰瘍などができます。多くの場合、1~2週間で治りますが、全身性の病気が隠れていることもあるので注意が必要です。
【口内炎】 口内炎の治療と予防
全身性の疾患やSTDが原因となって口内炎が現れていると疑われる場合は、まずその疾患の治療を行わねばなりません。ウイルス性の口内炎や、原因不明のものは、対症療法が中心になります。
【味覚障害】 ダイエットや妊娠中の味覚の変化は亜鉛欠乏が原因!?
味覚障害は若い世代にも増加しつつあります。その誘因として、インスタント食品やファストフードの多食、過激なダイエットなど、栄養の偏った食生活があげられます。また、ただし、妊娠中は母体の栄養だけでなく、胎児の成長の分まで栄養をとらなければなりません。そのため、味覚障害の原因となる亜鉛欠乏が起こっている可能性もあります。
【味覚障害】 亜鉛不足だけじゃない!?味覚障害の原因と種類
味覚障害の大きな原因は亜鉛の摂取不足ですが、ほかにも味覚を低下させるいくつかの要素があります。味覚障害は、味覚の伝達経路の障害部位によって、伝導性、感覚性、神経性に分類され、原因もそれぞれことなります。
【味覚障害】 味覚障害の症状・検査と診断
味覚障害の症状は人によってさまざまですが、最も多いのは味覚消失で、味がまったくわからなくなります。味覚障害の診断・治療は耳鼻咽喉科や口腔外科で行われます。大学病院などでは、味覚障害の専門外来を設けている病院もあるので、問い合わせてみましょう。
【味覚障害】 治療(亜鉛の内服)・予防(亜鉛を多く含む食品)
味覚障害の治療の基本は薬物療法で、硫酸亜鉛またはグルコン酸亜鉛という内服薬を服用するのが一般的です。味覚障害の予防は、食事を通じて亜鉛を摂取することに尽きます。
【舌の病気】 舌をチェックしよう!画像で分かる舌の状態 舌苔の原因・症状・治療
食べ物のかすを舌の上に残したまにしておくと、舌苔になることがあります。歯を磨くときに、舌もー緒に磨くと舌苔の予防になります。原因を大きく分けると、口腔内の不潔や不衛生によるものと、消化器系疾患などの病気(原疾患)の一症状として現れる場合の2種類があります。
【舌の病気】 舌苔と似ている舌の病気|舌白板症|カンジダ症|地図状舌|溝状舌|口腔扁平苔癬
舌は思いのほか異常が起こりやすいところです。舌苔と似た症状の病気も少なくありません。舌苔と似ている舌の病気は舌白板症、カンジダ症、地図状舌、溝状舌、口腔扁平苔癬などが挙げられます。
【舌の病気】 気をつけておきたい舌の病気に舌がんや舌炎があります
気をつけておきたい舌の病気があります。なかでもおそれられている病気が舌がんです。舌がんはほかのがんと異なり、目に見える場所にできるため、自分でも発見できるケースが多くあります。舌炎は良性疾患ですが、舌がんに移行するケースもあります。
【口唇裂・口蓋裂】 の原因・症状・治療・予防
口唇裂(こうしんれつ)は唇裂ともいい、上唇が生まれつき裂けていることをいい、口蓋裂(こうがいれつ)は、口蓋(上あご)が生まれつき裂けている状態をいいます。症状が軽ければ、1回の手術で治すことができます。

このページの先頭へ戻る