スポンーサードリンク

スポンサーリンク

手足の病気記事一覧

【外反母趾】 足の親指が小指側に曲がってませんか?外反母趾の原因・症状・診断
外反母趾は、つま先のとがったハイヒール・パンプスの愛用者に多くみられる足指の変形です。自分の足に合った無理のない靴を履くことが一番の予防になります。
【外反母趾】 外反母趾の治療・予防
軽症の場合には、適切な靴選びや装具の利用、変形を矯正する体操などの保存的療法を行います。これを数か月続けても効果がないときや、重症の人、再発を繰り返す人などには手術が行われます。
【腱鞘炎】 の原因・症状・診断・治療
腱鞘炎は、正しい診断に基づき適切な処置を受ければ、心配のない病気です。痛むときは無理をせず、できるだけ手を休めましょう。
【腱鞘炎】 腱鞘炎の治療 指や手首に痛みを感じたら、無理をせず手を休ませましょう。
痛むときは、装具を利用したりして手の安静を保つことが第一です。ただし、薬物療法などの保存的治療を続けているにもかかわらず症状が改善しない場合は、手術を行います。腱鞘炎は、患部の安静を保つだけで自然治癒することも多い病気です。指や手首に痛みを感じたら、無理をせず、手を休ませましょう。
【O脚・X脚】 O脚・X脚の原因・症状・治療・検査
O脚とX脚はともに幼児期によくみられる脚の変形ですが、最近は特に美容上の理由から整形外科に子どもを連れていく親が増えてきました。扁平足は足の裏の土踏まずが正常に形成されていない状態で、O脚とX脚と同様に幼児の成長段階には多いものです。
【扁平足】 扁平足の原因・症状・治療・検査
全体重をかけてまっすぐ立ったとき、足の裏が平らで、くぼみがほとんどみられない状態を、扁平足といいます。扁平足は足の裏の土踏まずが正常に形成されていない状態で、O脚とX脚と同様に幼児の成長段階には多いものです。
【足の痛み】 の原因・治療・予防
足に痛みを感じるのは、骨、筋肉、皮膚などに何らかの異常が生じているサインです。体重を支え運動する機能が損なわれることのないよう、原因を知り、適切な処置をとらなければなりません。
【手の疾患】 外傷・神経の損傷・炎症・腫瘍
手の外傷:切創や裂創、捻挫、骨折、脱臼、筋肉と腱の損傷。手の神経の損傷:神経絞扼症候群、フォルクマン拘縮。手の炎症:急性化膿性炎症、腱鞘炎、変形性関節症、リウマチ病変。手の腫瘍:ガングリオン、類上皮のう腫
【爪のトラブル】 形状(縦すじ横すじ)や色の異常
一時的に体調が悪くなると、爪に横線のすじやでこぼこができることがあります。縦線のすじは加齢によってできるものですが、病気やダイエットでからだがやせたときにもみられます。
【手足の痛みとしびれ】 の原因・治療・予防・伝わり方・検査
手足の異常で一番多い訴えは、痛みとしびれです。痛みは、関節痛や筋肉痛、神経痛として感じることが多いようです。これらの痛みは、けが、筋肉や関節の使いすぎなどでも起こりますし、全身の病気の一症状としても出てきます。

このページの先頭へ戻る