トップへ戻る

わかめペプチド粒タイプ 効果の口コミ 【血圧調節】

わかめペプチド粒タイプ 効果の口コミ 【血圧調節】

 

 

わかめペプチドには血圧を下げる作用がある!?

 

わかめペプチドには、高めの血圧を調節し、下げる作用があることが報告されています。

 

血圧を上げる物質の発生を抑え、さらに血圧を下げる物質の減少を防いで、血圧を調節し安定させる「わかめペプチド」

 

「わかめペプチド」は機能性関与成分の一つで、アンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害する作用があります。

 

このACEの働きを止めると、血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)の生産が低下し、さらに血圧を下げる物質(ブラジキニン)の分解が減るというダブルの作用で血圧を調節し安定させます。

 

わかめペプチドの効果検証データ

わかめペプチドの効果検証データ

 

この検証データは、(健康・栄養食品研究, 5, 67-81, 2002 )から作成されたものです。

 

わかめペプチドを含む食品の摂取期間(8週間)のグラフを見ると、2週間後には血圧が下がっていることが分かります。

 

わかめペプチドを摂取中止して2週間後には、また血圧が高い状態になっていることが分かります。

 

このことから、わかめペプチドには血圧を調整する作用があることが確認できます。

 

試験デザイン:二重盲検並行群間比較試験/被験者:軽症高血圧者/被験者数:36名(わかめペプチド群18名、対照群18名)/摂取期間:8週間/摂取量:わかめペプチド500mg/日、またはプラセボ
※わかめペプチド500mgにはフェニルアラニルチロシンとバリルチロシンが250μg、イソロイシルチロシンが50μg含まれます。

 

この、わかめペプチド粒タイプ1袋(120粒入り30日分)は、通常価格:4,546円で販売されていますが、

 

初回限定で(56粒入り約2週間分)が、送料無料で980円で購入することができます。

 

約2週間で効果を実感できるという「検証データ」からも、親切なお試し価格と言えます。

 

わかめペプチド粒タイプを購入

 

機能性関与成分である「わかめペプチド」を小さな錠剤にぎゅっと凝縮。味やにおいを気にすることなくお飲みいただけます。1日4粒、毎日手軽にお続けください。

 

 

ペプチドってなに?

「ペプチド」とはアミノ酸が結合したものです。

 

タンパク質を分解すると、ペプチドやアミノ酸に分解されます。

 

「わかめペプチド」はわかめに含まれるタンパク質を酵素で分解してできたペプチドの集まりです。

 

その中でも代表的なものはアミノ酸が2つ結合したペプチドで、フェニルアラニルチロシン、バリルチロシン、イソロイシルチロシンの3種類です。

 

わかめペプチド粒タイプの一日摂取目安量4粒には、わかめペプチドゼリー1食分と同量のわかめペプチド(フェニルアラニルチロシン250μg、バリルチロシン250μg、イソロイシルチロシン50μg)が配合されています。

 

機能性表示食品ってなに?

機能性表示食品とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を製品パッケージに表示するものとして、販売前に安全性や機能性に関する情報などが消費者庁長官に届けられた食品です。

 

これまで、機能性を表示できる食品は、特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品のみでしたが、機能性を分かりやすく表示した食品の選択肢を増やし、消費者の皆さんが、そうした食品の正しい情報を得て選べるよう、2015年4月から「機能性表示食品」制度がはじまりました。

 

機能性表示食品は、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

 

 

 

口コミ

3ヶ月目で安定を実感(70代女性)

 

3ヶ月目に入るところで、血圧が安定してきていると実感しています。

 

商品と一緒に届けられる冊子などがとても分かりやすく、手元に置いて生活の励みにしております。心配な値を超えることがなくなったことに感動しました。これから長くお世話になると思います。よろしくお願いいたします。

 

持ち運びが楽で、旅行にも便利(60代女性)

 

わかめペプチド粒タイプを飲みはじめて6か月くらいになります。

 

粒タイプは持ち運びが楽なので、旅行にも便利だと思い購入しました。今では血圧が安定し、日常生活が落ち着いて過ごせています。

 

血圧をコントロールするために(40代女性)

 

半年前から粒タイプを飲み始めたのですが、今では血圧が安定してホッとしています。

 

血圧をコントロールするためにも、わかめペプチドを長く続けていきたいと思います。

 

わかめペプチド粒タイプの栄養成分

4粒(1.212g)あたり

エネルギー 4.63kcal
たんぱく質 0.47g
脂質 0.03g
飽和脂肪酸 0.024g
炭水化物 0.637g
糖質 0.63g
食物繊維 0.007g
食塩相当量 0.024g

 

 

わかめペプチド粒タイプの製品情報

 

摂取上の注意

本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
体質・体調によりまれにせきがでることがあります。その際は医師にご相談ください。
乳幼児の手の届かないところに置いてください。
海藻由来の原料を使用しているため色調等が異なる場合がありますが、品質には問題ありません。
乾燥剤が入っていますので、誤って召し上がらないようご注意ください。
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

原材料組成 わかめペプチド、デキストリン、還元麦芽糖水飴//グリセリン脂肪酸エステル、シェラック、カルナウバロウ
商品名 わかめペプチド粒タイプ
栄養成分表示 / 4粒(1.212g)あたり エネルギー 4.63kcal / たんぱく質 0.47g / 脂質 0.03g / 飽和脂肪酸 0.024g / 炭水化物 0.637g / 糖質 0.63g / 食物繊維 0.007g / 食塩相当量 0.024g
機能性関与成分 / 4粒(1.212g)あたり わかめペプチド(フェニルアラニルチロシン、バリルチロシン、イソロイシルチロシンとして)フェニルアラニルチロシン250μg、バリルチロシン250μg、イソロイシルチロシン50μg

 

 

 

わかめペプチド粒タイプを購入

関連ページ

高血圧とは 日本高血圧学会では高血圧の基準を以下のように定めています。
高血圧とは、日を変えて2回以上測定した血圧の平均値が、正常血圧を上回っている場合をいいます。高血圧症は、さらに軽度、中等度、重症、重篤の4期に分けてあります。
高血圧の原因 【環境・遺伝、腎臓機能・肥満・塩分との関係】
高血圧の原因は多岐に渡ります。塩分のとりすぎや、加齢や肥満、環境や遺伝、腎臓病などの病気など高血圧のさまざまな原因についてついて説明しています。
代表的な5つの高血圧の合併症
高血圧の合併症で代表的なものに動脈硬化、脳卒中、心臓病、腎臓病、目の異常の5つがあります。高血圧は「サイレント・キラー(静かなる殺人者)」とよばれています。病気そのものは死に至るものではなく、症状もほとんどありません。しかし、血圧の高い状態が長く続くと、脳卒中や心臓病、腎臓病などにかかる率が高くなります。
高血圧の改善療法 【食事(減塩食)や運動による高血圧改善療法などを紹介】
この病気は、QOL(生活の質)を考えた治療が大切になります。日常生活を楽しみながら、無理なく治療を続けられるよう工夫しましょう。食事(減塩食)や運動による高血圧改善療法などを紹介しています。
二次性高血圧の種類と原因・検査と診断・予防
高血圧は、本態高血圧と二次性高血圧に大別されます。本態性高血圧は、はっきりとした原因がないのに血圧だけが高くなるもので、高血圧の大多数は本態性高血圧です。これに対して二次性高血圧は、ほかの病気の一症状として血圧が上昇するもので、症候性高血圧ともよばれ、原因の明らかな高血圧といえます。
家庭用血圧計で血圧測定
血圧測定はリラックスした状態で行いましょう。特に病院で測ると血圧が高く出てしまいがちの人は家庭でリラックスして測ってみるのもよい方法です。
血圧調節の仕組み
血圧は、血管の太さや弾力性、心臓の収縮力の強さや心拍数、血液の量や粘りけなどによって変わります。血管が収縮する、心臓の収縮が強まり心拍数が増す、血液量が増えるなどの変化は、すべて血圧を上昇させます。こうした変化に影響を及ぼすのは、主に神経系や内分泌系(ホルモン)で、腎臓も大きな役割を担っています。神経系、内分泌系、腎臓の血圧調節の仕組みを詳しく説明します。

このページの先頭へ戻る