トップへ戻る

家庭用血圧計で血圧測定

家庭用血圧計で血圧測定

 


 

血圧測定はリラックスした状態で行いましょう。特に緊張しやすい人は病院で測ると血圧が高く出てしまいがちです。

 

家庭用の血圧計でリラックスして測ってみるのもよい方法です。

 

 

家庭用血圧計の精度は高く、医師が使用している聴診法血圧計とごくわずかの誤差といわれます。

 

家庭と診察室との測定差が大きい場合は測り方が悪いこともあるので、医師に精度を調べてもらったり、測定法を指導してもらうとよいでしょう。

 

 

リラックスするには、横になっているときも立っているときも、腹式で深呼吸を繰り返します。腹式呼吸法は右手をへその上、腹の中央部に置き、左手を背面、胃の後ろの腰部に当てます。

 

次に、右手をゆっくり指3本分下にずらし、そこで、前後から腹を押すようにして、ゆっくり息を吐き、その後少し息を吸って、これを5回ほど繰り返しましょう。

 

この呼吸法は、ストレス解消などにも効果がありますので、血圧測定の際だけでなく、毎日の健康法としてとり入れるとよいでしょう。

 

 

家庭で血圧を測るなど、自分の健康状態を日常的にチェックすることは大切です。また、降圧剤を服用するかどうかを判断するうえで、ふだんの血圧値が参考になる場合もあります。

 

ただし、血圧を測る本来の目的は、高血圧症かどうかを正確に診断し、心臓や脳、血管などの障害や疾患を早期発見することです。測定値について、正常か否かを自己判断せず、必ず医師にチェックしてもらう必要があります。

 

 

また、機械の誤った操作で正確な値が測れなければ意味がないので、どんな種類の血圧計を使うにしても、取り扱い法を十分に理解し、正しい測定を心がけることが大切です。

 

高血圧やそのほかの病気で治療を受けている場合は、家庭での血圧測定の必要性や測定方法について、主治医に相談してみるとよいでしょう。

 

オムロン デジタル自動血圧計 HEM-1000

シチズン電子血圧計 上腕式 CH−550

日本精密測器 上腕式デジタル血圧計 BK-500M[BK500M]

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

高血圧とは 日本高血圧学会では高血圧の基準を以下のように定めています。
高血圧とは、日を変えて2回以上測定した血圧の平均値が、正常血圧を上回っている場合をいいます。高血圧症は、さらに軽度、中等度、重症、重篤の4期に分けてあります。
高血圧の原因 【環境・遺伝、腎臓機能・肥満・塩分との関係】
高血圧の原因は多岐に渡ります。塩分のとりすぎや、加齢や肥満、環境や遺伝、腎臓病などの病気など高血圧のさまざまな原因についてついて説明しています。
代表的な5つの高血圧の合併症
高血圧の合併症で代表的なものに動脈硬化、脳卒中、心臓病、腎臓病、目の異常の5つがあります。高血圧は「サイレント・キラー(静かなる殺人者)」とよばれています。病気そのものは死に至るものではなく、症状もほとんどありません。しかし、血圧の高い状態が長く続くと、脳卒中や心臓病、腎臓病などにかかる率が高くなります。
高血圧の改善療法 【食事(減塩食)や運動による高血圧改善療法などを紹介】
この病気は、QOL(生活の質)を考えた治療が大切になります。日常生活を楽しみながら、無理なく治療を続けられるよう工夫しましょう。食事(減塩食)や運動による高血圧改善療法などを紹介しています。
二次性高血圧の種類と原因・検査と診断・予防
高血圧は、本態高血圧と二次性高血圧に大別されます。本態性高血圧は、はっきりとした原因がないのに血圧だけが高くなるもので、高血圧の大多数は本態性高血圧です。これに対して二次性高血圧は、ほかの病気の一症状として血圧が上昇するもので、症候性高血圧ともよばれ、原因の明らかな高血圧といえます。
血圧調節の仕組み
血圧は、血管の太さや弾力性、心臓の収縮力の強さや心拍数、血液の量や粘りけなどによって変わります。血管が収縮する、心臓の収縮が強まり心拍数が増す、血液量が増えるなどの変化は、すべて血圧を上昇させます。こうした変化に影響を及ぼすのは、主に神経系や内分泌系(ホルモン)で、腎臓も大きな役割を担っています。神経系、内分泌系、腎臓の血圧調節の仕組みを詳しく説明します。
わかめペプチド粒タイプ 効果の口コミ 【血圧調節】
わかめペプチド粒タイプには、血圧を調整する作用があることが報告されています。血圧が気になる方へ!「わかめの専門家」理研ビタミンが実現したわかめペプチドの実際の効果と口コミを見てみましょう。

このページの先頭へ戻る