トップへ戻る

更年期障害の症状 ホットフラッシュや不定愁訴の他、さまざまな症状が多く現れます。

目次

 


 

更年期障害の症状

 

更年期障害の症状 ホットフラッシュや不定愁訴の他、さまざまな症状が多く現れます。

 

更年期障害の症状は多種多様で、全身に現れますが、次のように分類することができます。二つ以上の症状が同時に出ることもめずらしくありません。

 

更年期障害が現れる期間は、閉経の前後の2~3年から長くても4~5年というのが一般的です。

 

精神神経症状

更年期障害のなかで、のぼせ、発汗に次いで多いのが不安感、不眠、イライラ、記憶力減退、疲労感、脱力感、憂うつ感、恐怖感、興奮といった精神神経症状です。

 

これらは総称して不定愁訴とよばれます。例えば、周囲の人の何気ない言葉が気にさわり、わめき散らしたかと思うと、次の瞬間にはなげやりな気持ちにとらわれるという人もいます。

 

血管運動神経症状

ホルモンのアンバランスによる自律神経失調症の代表的な症状はホットフラッシュとよばれる発作です。通常、頭痛に始まり、徐々に首から胸、あるいは背中が非常に熱く感じられ、どっと汗をかくことが多いようです。

 

かぜでもないのに、背中が冷や汗でじっとりとする場合もあります。寝汗も激しいために睡眠が妨げられ、不眠に悩まされる人もめずらしくありません。

 

化粧をしようとしたら、突然顔が真っ赤になり、汗が多量に出てきて、からだの中で何が起きたのだろうとびっくりしたという体験者もいます。

 

そのほか、腰や手足が冷え、息切れがする、血圧が高くなるといった症状が現れる人もいます。

 

消化器系症状

精神神経症状と関連して出現する便秘、嘔吐、悪心、下痢、食欲不振、腹部膨満感といった消化器系症状も多く現れます。

 

運動器系症状

肩こり、腰痛、筋肉痛などの運動器系障害に悩まされる人もめずらしくありません。筋肉の柔軟性が低下するために起こる症状で、いわゆる四十肩や五十肩がこれにあたります。

 

ドアの取っ手をひねったり、紙袋を下げると肘に痛みが起こり、安静にすると痛みが治まるケースもあります。

 

内分泌症状

エストロゲンは膣や子宮などを活性化する働きをもっているので、エストロゲンの減少によって、膣や尿道粘膜の萎縮による性交痛(性交障害)、膣の乾燥感、膣炎などが起こることがあります。

 

そのほか外陰部のかゆみ、乳房痛、月経不順、不正性器出血、おりものの増加などもしばしばみられます。性欲減退も内分泌障害に関連して起こると考えられています。

 

泌尿器系症状

尿道や膣は大腸菌などが侵入しやすいところですが、エストロゲンの分泌の盛んな若い時期には、その表面を覆っている粘膜の抵抗力が強く、雑菌が入ってもすぐに活動を低下させてしまいます。

 

ところが、更年期になりエストロゲンの分泌が少なくなると、粘膜の抵抗力が弱くなり、膀胱炎や尿道炎にかかりやすくなります。頻尿排尿痛、残尿感尿失禁などの症状が出ることもあります。

 

皮膚症状

エストロゲンの減少は、全身の皮膚にも影響を与えます。皮膚や口の乾燥皮膚のかゆみ、むくみなどが現れる人もいます。

 

知覚器系症状

しびれ感、からだをアリがはうような蟻走感(ぎそうかん)、知覚過敏、知覚鈍感などがあげられます。

 

慢性症状

エストロゲンは骨のカルシウム代謝を促す働きがあるため、エストロゲンが減少する更年期以降は骨粗鬆症になりやすくなります。

 

また、コレステロールの増加もエストロゲンによって抑えられているので、更年期にはコレステロール増加による動脈硬化や心臓血管系疾患を引き起こしやすくなります。

 


 

ホルモンのアンバランスで起こる更年期障害の症状

 

更年期は、人によっては何も感じずに「気がついたら生理が終わっていた」という程度で過ぎていく場合もあります。しかし多くの場合は、更年期障害といわれる諸症状に悩まされることになります。

 

これらはひとつの症状が同じところに継続して現れるのではなく、不意に始まったり治ったり、日によって症状が変わったり、いくつもの症状が交互に出たりする不定愁訴として現れます。

 

 

更年期障害の原因には、卵巣機能の低下、社会的生活や環境の変化、精神や心理的要因、など大きく分けて3つの要因があると考えられます。

 

そのなかで一番大きな原因としては、女性ホルモンの分泌低下があげられます。

 

 

卵巣機能が衰えるために、そこから分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類のホルモン量が減ってアンバランスになり、そのために月経前に経験するような精神やからだの不調が断続的に現れるようになるのです。

 

この原因は血中のホルモン量を測ることではっきりと把握することができます。

 

 

一般に女性ホルモンであるエストロゲンの低下は「血管運動神経障害」といわれるホットフラッシュ症状を起こすことが知られています。

 

ホルモンの変化が自律神経機能に影響し、自律神経で調節されている血管の拡張や収縮がうまくできなくなって、「のぼせ」「ほてり」「発汗」などが起こりやすくなるのです。

 

したがってこれらの症状は、女性ホルモンの低下が本格的になる50代に多く現れるようになります。

 

 

これに対し「冷え」「視力減退」「疲れやすさ」「肩こり」「腰痛」「関節痛」などは血中ホルモンの量がそれほど低下していない40代から現れ始めます。

 

これらは精神的な要因で起こる典型的な不定愁訴で、全身のありとあらゆる場所に思いもよらない症状が出没します。

 

把握しにくい不定愁訴とクッパーマン指数

 

更年期障害の諸症状は、臓器や骨や筋肉などの機能には異常がないのに起こります。

 

これらはレントゲンやCT(コンピュータ断層撮影)などの検査では原因が見つけられません。

 

 

このような、数値や画像にはっきりと異常が現れない症状を診断することは、現代医学がもっとも苦手とするところです。

 

ですから、一昔前まではこういう不定愁訴は、「気のせい」「心がけしだいで治る」と片づけられてしまっていました。

 

 

更年期障害の研究が進んだ今でも、専門以外の医者にとっては診断がつけにくい症状なのです。

 

そこで、更年期障害の程度を数値で表して診断に役立てようという試みが婦人科の医師を中心に進められています。それが更年期指数です。

 

更年期指数は不定愁訴の種類とその程度別に点数をつけて、その合計点で更年期障害を判定する指標になるものです。

 

更年期指数を使った点数評価表でもっとも有名なのはクッパーマン指数というものです。

 


 

閉経後も続くエストロゲン欠乏症状

 

更年期症状はすなわちエストロゲン不足の症状と言い換えることができます。

 

卵巣からの分泌がなくなることで、脳へのホルモンによるフィードバックが起こらなくなり、これは視床下部と下垂体が混乱した結果なのです。

 

 

月経が順調にある間、視床下部と下垂体は、つねに卵胞が分泌するエストロゲンやインヒビンのサインを受け取りながら、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)の分泌を調整してるのです。

 

ところが更年期にはエストロゲンもインヒビンも不足してしまいます。さらに、排卵も起こりにくくなるので、プロゲステロン(黄体ホルモン)も出なくなります。

 

 

視床下部と下垂体は、卵巣が機能低下をおこしていることにはすぐには気づきません。そこでホルモンをもっと出せといわんばかりに、FSHとLHを過剰に分泌して卵巣を叩くのです。

 

視床下部は体温の調整や睡眠リズムの形成など、生体リズムを担う自律神経の中枢でもあります。そのため、視床下部の過剰な興奮は、自律神経までをも混乱させていまいます。

 

ホットフラッシュや発汗などの血管運動神経症状は、自律神経の過緊張で起こる症状です。

 

卵巣機能の低下によるホルモンの変動が、からだや心に大きな変化をもたらします。

 

更年期症状に効くハーブ、ブラックコホシュはコチラ

 


 

 

更年期のストレスと心の揺れ

 

更年期障害は「気のせい」でもなければ「心がけしだいで治る」ものでもなく、原因のある病気です。

 

これらの症状は女性のQOL(Quality of life=生活の質)を著しく低下させますから、その意味でもきちんと治療すべき病気であり、「がまんして通りすぎるのを待つ」という考え方は、一昔前のものなのです。

 

しかし、更年期障害はホルモンの変動だけが原因で起きているわけではありません。

 

社会的な因子、つまり生活環境の変化なども目に見えないかたちで大きな影響を及ぼしています。

 

 

成長した子どもの独立や結婚を子育てから解放されたと素直に喜べず、子離れができないまま何か空虚な思いにとりつかれてしまう「空の巣症候群」が話題になっています。

 

反対に、定年退職した夫が日がな一日中家にいる状態に耐えきれず、何かとイライラしてしまうことがあります。

 

外出しようとすれば、「おれも行く」とどこまでもついてくる「濡れ落ち葉族」の夫への嫌悪感が高じて、「夫在宅恐怖症」という例もよく聞きます。

 

 

また、夫や自分の父母の病気や介護、死別を経験する年齢でもあります。

 

そうしたことは同時に、自らの健康と老後に不安を抱かせる出来事でもあるでしょう。

 

もちろん、収入など経済的な変化や先行きの心配も大きいはずです。

 

 

また、兄弟や姉妹、親戚との関係やつきあい方も変わってきます。

 

さまざまな転機と問題が押し寄せ、ストレスは無限に出てきます。

 

年をとると、誰もが迎えるからだの変調なのに、更年期障害の現れ方や心の揺れが百人百様なのは、こうした精神的な不満や不安、悩みが複雑にからみ合っているからだといえます。

 

心の揺れに対処しきれないまま、いわゆる更年期うつ病になってしまう場合もよく見受けられます。

 

なかなか寝つかれない、朝起きるのが嫌だ、献立を考えると頭痛がする、ぼんやりすることが多くなった、大きな声でぐちを言うことがある、何をしてもおもしろくない、人に挨拶するのがたまらなく嫌なことがある、鍵をかけ忘れたのではないかと異常に気になる、そんな症状に気づいたら、自分で抱え込んでがまんしたり、生活や心持ちを無理して変えようとしないで、一度心療内科や精神科を訪ねてみましょう。

 

抑うつ感やイライラなどは、とりあえず精神安定剤や抗うつ剤などで症状をとり、それと同時に、原因となっている生活上の問題をつきとめ、カウンセリングで精神的な悩みを解消していくことが大切です。

 

また、更年期障害のサプリメント漢方治療も更年期障害には効果があることが知られています。

 


 

更年期うつとは?エストロゲンがうつ症状を引き起こす

 

更年期はうつ病が増える年代です。

 

特に女性は、男性に比べて発症率が2倍と高く、閉経に先立つ5年ほど前から精神不安定傾向を示す女性が増えるといいます。

 

うつ病というと、抗うつ薬で治す病気と一般には思われていますが、更年期のうつ症状は必ずしもそうではありません。欠乏したエストロゲンを補うホルモン補充療法(HRT)で改善するケースも多いのです。

 

これは、エストロゲンがうつ症状を引き起こす脳の神経伝達物質に影響を与えるため、と推察されています。

 

 

うつ病のなりやすさには、気質も関係しています。ある気質をもつ人が、ストレスの多い状況に置かれたときに発生しやすいと考えられます。

 

女性で多いのは、子供の自立にともなう母親としての役割の喪失感や、夫との関係、親の介護といった家庭内の問題が原因となりやすいのです。

 

 

一方、男性では昇進、異動、リストラ、定年退職といった仕事上の変化がその引き金になる場合が多く、これは、仕事一筋に生きてきた女性の場合も同じです。

 

同じうつ症状で受診しても、婦人科の更年期外来と精神科では、治療方針が異なります。

 

うつ病というと、一日中憂うつな気分で落ち込んでいる状態を思い浮かべるかもしれません。こうした気分の低下は、うつ病の特徴ですが、実は多くは頭痛、肩こり、疲労感、動悸、便秘といった身体症状をともないます。

 

これらは、更年期障害の不定愁訴とかなり重なる面が多いので、更年期障害なのか、うつ病なのかを自分で判断するのはかなり困難です。

 

 

年代が更年期にあたる場合、まずは更年期外来を受診し、必要に応じて精神科や心療内科を紹介してもらう方がよいでしょう。

 

うつ病になると、憂うつな気分が続き、物事に対する意欲や気力が減退したり、思考力が低下してきます。食欲の低下や不眠などの身体症状を伴う点も特徴です。
うつ病チェック

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

更年期障害とは
閉経前後の更年期にもたらされる心身の障害、更年期特有の症状を更年期障害といいます。更年期障害の原因~食事まで基本情報をお届けします。
更年期障害の原因 卵巣機能の低下によるホルモンの変動や精神的ストレス
更年期症状が起きる大きな原因には、卵巣機能の低下によるホルモンの変動があげられます。また、精神的ストレスが因子になることも、神経質であったり、几帳面、まじめ、非社交的な性格の人は更年期障害になりやすいといわれています。
更年期障害の検査・治療・医療機関の選び方
更年期障害の検査/更年期障害の治療・不足ホルモンを補うHRT(女性ホルモン療法)・ホットフラッシュに効くHRT療法(女性ホルモン療法)・ホルモン製剤の服用法・更年期障害によく使われる漢方薬・全身の状態をみる漢方療法・更年期障害の治療に必要なカウンセリング/更年期障害の医療機関の選び方・受診前に自分も勉強する・インフォームドコンセント&セカンドオピニオン
更年期障害の予防・対策・食事・チェック
調子が悪いときは我慢せず治療を受け、心身の健康のためにウォーキングやサイクリング、エアロビクスなどの有酸素運動を生活にとり入れるようにしましょう。心肺機能の向上、細胞の活性化、骨量の増加、肥満の解消などいろいろな効果があります。栄養のバランスに気をつけ、食べすぎないようにすることも大切です。他、健康を保つための、更年期の女性の注意点など
男性の更年期障害の原因・診断は性機能で判定
男性の更年期障害・社会的に負担が大きい世代で起きる男性の更年期障害・性機能で男性の更年期を判定・男性ホルモン低下を知るための問診票
若年性更年期【プレ更年期障害】の症状・自己管理・間違えやすい病気
若年性更年期・プレ更年期障害の症状・30代女性の月経異常・ストレス性の月経異常が多い/自己管理・30代、40代女性が気をつけたいこと・若年性更年期・プレ更年期障害と似た間違えやすい主な病気や症状
有効性が確認されていて、更年期症状に効く更年期障害サプリメント
近年、急速に拡大してきたサプリメント市場では、更年期障害に対する効果をそれとなくうたった商品も数多くあります。しかし、厳密な試験で有効性が実証された成分は意外と少ないのです。今のところ、更年期障害に有効性がほぼ明らかといっていいのは、まず大豆イソフラボンです。ほかに、ブラックコホシュやセントジョーンズワートといったメディカルハーブ(薬草)も欧米では民間療法として人気があります。
更年期障害の知恵袋・質問集
更年期障害についてのよくある質問をまとめた知恵袋質問集です。更年期障害に対する疑問解決にお役立てください。
ブラックコホシュサプリ|更年期障害の症状に効く!
厳密な試験で有効性が実証された成分は意外と少なく、今のところ、更年期症状に有効性が明らかなのは、ブラックコホシュ、セントジョーンズワート、大豆イソフラボンなどです。

このページの先頭へ戻る