トップへ戻る

若年性更年期【プレ更年期障害】

目次

 


 

若年性更年期・プレ更年期障害の症状

 

若年性更年期・プレ更年期障害の症状

 

本来の更年期にはまだ早い30代や40代前半の女性で、プレ更年期障害の症状(若年性更年期と称する症状)が増えているといいます。

 

月経不順に始まり、のぼせ、ほてり、発汗などの症状は更年期障害に一見似ていますが、この年代で更年期入りしているケースはほとんどありません。

 

 

現代女性は生活が不規則で、ストレス過多に陥りやすい傾向があるとしても、閉経時期が早まっているなどという研究データはありません。

 

実はプレ更年期障害と呼ばれる症状(若年性更年期の症状)はストレス過多や生活の不規則がベースにあって起こる一過性のホルモン分泌障害です。

 

放置すると回復が困難になる場合もあるものの、原因が除去されれば自然に改善するものがほとんどです。

 

こうしたトラブルを防ぐには、まず自分の月経周期をよく知ること、そして、生活に問題があれば、そこを直していく心がけが第一です。

 

若いうちから、かかりつけの婦人科医を持ち、気になる体の変化を随時相談できる環境をつくっておくのも対策の一つです。

30代女性の月経異常

 

まだ更年期には早い年代で月経不順やそれにともなう不定愁訴が出た場合、俗に「若年性更年期」や「プレ更年期」などとよばれています。

 

これらは正式な医学用語ではなく、本来の更年期ともほとんどの場合、無関係です。

ストレス性の月経異常が多い

若い女性の月経不順や無月経は、ほとんどが治療可能です。ここが更年期女性との違いです。

 

原因として多いのは、ストレス性のものです。職場の人間関係で悩んだり、忙しすぎて過労になっていたり、あるいは無理なダイエットで急激に体重を落としたとき、ストレス性の月経不順や無月経が引き起こされます。

 

 

若年性更年期・プレ更年期の自己管理

 

更年期の対策は、30代から始まります。身体的にはまだピークを維持してはいますが、人間関係などの環境要因は早めに意識して調整を始めたほうがいいです。

 

「プレ更年期」にあたる40代、そして閉経前後の50代も、その後の人生を豊かに生きるために心がけておきたいことはいくつかあります。

30代女性が気をつけたいこと

 

まだ早いと思うかもしれませんが、更年期に関する情報は30代から集めておいた方がいいです。「若年性更年期」という状態は医学的には存在しませんが、人間関係のトラブルや過労、過激なダイエットなどによって脳のホルモン司令塔が混乱をきたし、自律神経失調症のような状態になることは珍しくありません。

 

のぼせ、ほてりなど更年期に似た症状が現れ、3ヶ月以上もそんな状態が続いた場合は、婦人科で卵巣機能を診断してもらいましょう。

 

30代の場合、卵巣機能が低下していたとしても、多くは一過性なので、治療にホルモン薬が必要になることはあまりありません。ほとんどは生活環境の調整や、更年期障害によく使われる漢方薬更年期サプリメントを使う程度で、自然に回復していきます。

40代女性が気をつけたいこと

 

早い人では40代半ばくらいから、更年期特有の症状が現れます。疑わしい症状があったら、早めに血液中のホルモン値を検査するなどして、卵巣機能が今どんな状態にあるかを把握してください。

 

もし卵巣機能が著しく低下していた場合は、ホルモン補充療法(HRT)を試すこともできます。

 

一般にHRTの適応となるのは、エストロゲンが50pg/ml以下で、かつFSH(卵巣刺激ホルモン)が40mIU/ml以上です。

 

HRTに抵抗があるなら、漢方薬で全身のバランスを整える治療を受けることもできます。

 

40代では特に不調がなくても、2年に1回は骨検診を受け、自分の骨量を把握しておくことをお勧めします。骨量は加齢マーカーのひとつで、骨量低下は、すなわち生活習慣の乱れや女性ホルモンの低下を示唆するからです。

 

 

 

 

 

若年性更年期・プレ更年期障害と似た間違えやすい主な病気や症状

 

40~50代はさまざまな病気に見舞われやすい時期でもあります。

 

若年性更年期・プレ更年期障害と似た間違えやすく注意したい病気として、子宮がん、甲状腺機能亢進症、うつ病などがあります。

 

いずれも更年期特有の症状と重なるため、「更年期だから仕方ない」と思い込んで検査を受けないでいると危険です。

 

検査は婦人科でも受けられます。更年期障害以外の病気が疑われる場合は、内科など専門の各科へ紹介してもらえます。

 

症状

考えられる主な病気

のぼせ 甲状腺機能亢進症、高血圧、動脈硬化
汗を大量にかく 甲状腺機能亢進症
喉の渇き 糖尿病
冷え 甲状腺機能低下症、貧血、低血圧、動脈硬化
胸痛を伴う息苦しさ 狭心症、心筋梗塞
息切れ 甲状腺機能亢進症、肥満
脈が乱れて動悸がする 不整脈、心臓弁膜症、心筋梗塞、動脈硬化など
突然の激しい動悸と胸痛 心臓神経症
頻尿・残尿 膀胱炎、膀胱神経症、子宮筋腫、子宮がん、慢性腎不全
月経の量が多い 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮体がん
月経期間が長い 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮体がん
不正出血 子宮体がん、子宮頸管炎、子宮膣部びらん
性交時の痛みや出血 子宮内膜症、子宮頸管ポリープ、子宮頸がん
外陰部のかゆみ カンジダ膣炎、糖尿病、非特異性膣炎、トリコモナス膣炎
肩こり 変形性頸椎症、高血圧、低血圧
関節痛・手足のしびれ 慢性関節リウマチ、痛風、変形性関節症、五十肩、糖尿病
皮膚のかゆみ アトピー性皮膚炎、慢性接触皮膚炎、皮膚そう痒症、糖尿病

 

 

 

更年期症状に効くハーブ、ブラックコホシュサプリはコチラ

 

 

更年期症状は多彩です。しかし、その症状を引き起こしているのは内臓や代謝などの病気の可能性もあります。

 

症状が長く続く場合には、更年期だからと軽く考えずに、内科や婦人科で診察を受け、原因を明らかにしましょう。

 

婦人科ではまず、問診によって、どのような症状があるか、発現の時期、程度などを明らかにしていきます。

 

続いて、血液検査や尿検査、血圧測定、心電図の検査、血中のホルモン濃度を調べる検査などを行います。

 

検査の結果、特に病気が発見されず、更年期特有の症状があり、エストロゲンの血中濃度が低い場合などには更年期障害と診断されます。

 

 

子宮がんの子宮頸がんと子宮体がん、卵巣がんの3種類は更年期にあたる50代での発見が多くなっています。

 

ことに子宮体がんの場合、30代での発見はごくわずかで、更年期以降の病気であるといえます。

 

一方、子宮頸がんと卵巣がんは、ほかの世代でもみられますが、やはり更年期のほうが発症率が高くなることに変わりはありません。

 

更年期障害の症状のなかには、不正性器出血のように、子宮がんの症状と似ているものもあります。

 

こうした症状が起きた場合、単なる月経周期の乱れと決めつけずに、念のために受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

更年期障害とは
閉経前後の更年期にもたらされる心身の障害、更年期特有の症状を更年期障害といいます。更年期障害の原因~食事まで基本情報をお届けします。
更年期障害の原因 卵巣機能の低下によるホルモンの変動や精神的ストレス
更年期症状が起きる大きな原因には、卵巣機能の低下によるホルモンの変動があげられます。また、精神的ストレスが因子になることも、神経質であったり、几帳面、まじめ、非社交的な性格の人は更年期障害になりやすいといわれています。
更年期障害の症状・ホットフラッシュや不定愁訴の他、更年期うつなどの症状
更年期障害のなかで、のぼせ、発汗などのホルモンのアンバランスによる自律神経失調症の代表的な症状であるホットフラッシュに次いで多いのが不安感、不眠、イライラ、記憶力減退、疲労感、脱力感、憂うつ感、恐怖感、興奮といった精神神経症状です。
更年期障害の検査・治療・医療機関の選び方
更年期障害の検査/更年期障害の治療・不足ホルモンを補うHRT(女性ホルモン療法)・ホットフラッシュに効くHRT療法(女性ホルモン療法)・ホルモン製剤の服用法・更年期障害によく使われる漢方薬・全身の状態をみる漢方療法・更年期障害の治療に必要なカウンセリング/更年期障害の医療機関の選び方・受診前に自分も勉強する・インフォームドコンセント&セカンドオピニオン
更年期障害の予防・対策・食事・チェック
調子が悪いときは我慢せず治療を受け、心身の健康のためにウォーキングやサイクリング、エアロビクスなどの有酸素運動を生活にとり入れるようにしましょう。心肺機能の向上、細胞の活性化、骨量の増加、肥満の解消などいろいろな効果があります。栄養のバランスに気をつけ、食べすぎないようにすることも大切です。他、健康を保つための、更年期の女性の注意点など
男性の更年期障害の原因・診断は性機能で判定
男性の更年期障害・社会的に負担が大きい世代で起きる男性の更年期障害・性機能で男性の更年期を判定・男性ホルモン低下を知るための問診票
有効性が確認されていて、更年期症状に効く更年期障害サプリメント
近年、急速に拡大してきたサプリメント市場では、更年期障害に対する効果をそれとなくうたった商品も数多くあります。しかし、厳密な試験で有効性が実証された成分は意外と少ないのです。今のところ、更年期障害に有効性がほぼ明らかといっていいのは、まず大豆イソフラボンです。ほかに、ブラックコホシュやセントジョーンズワートといったメディカルハーブ(薬草)も欧米では民間療法として人気があります。
更年期障害の知恵袋・質問集
更年期障害についてのよくある質問をまとめた知恵袋質問集です。更年期障害に対する疑問解決にお役立てください。
ブラックコホシュサプリ|更年期障害の症状に効く!
厳密な試験で有効性が実証された成分は意外と少なく、今のところ、更年期症状に有効性が明らかなのは、ブラックコホシュ、セントジョーンズワート、大豆イソフラボンなどです。

このページの先頭へ戻る