トップへ戻る

更年期障害の検査・治療・医療機関の選び方

目次

 


 

更年期障害の検査

 

更年期障害の検査・治療・医療機関の選び方

 

更年期障害の症状や現れ方、程度は多様です。

 

症状はどの年代でも起こる自律神経失調症の症状と一見、見分けが付きませんが、卵巣機能の低下は血液検査で判断できます。

 

気になる症状があるときは、最寄の婦人科で検査を受けるのが近道です。

 

更年期障害と思い込んでいたら、別の病気だったという可能性もあるため、検査は多項目にわたって行われます。

 

問診

症状だけでなく、食事、運動量、ライフスタイルなどについても質問されます。

 

女性ホルモン療法(HRT)を行う際に問題となる子宮筋腫の有無や、反復する原因不明の出血があるかどうかといった既往歴も聞かれます。

 

一般検査

身長や体重の測定、血圧測定といった一般的な臨床検査が行われます。

 

貧血や肝機能障害、腎臓疾患のスクリーニングとして尿検査も実施されます。

 

更年期指数

医療機関によってやり方は違いますが、症状の強さをアンケート式で答え、更年期障害の程度を点数化して、軽重を診断します。

 

婦人科検査

初診時に内診で子宮や卵巣の腫瘍の有無や大きさ、外陰の萎縮の状況をチェックし、子宮がんや卵巣がんの検査が行われます。

 

乳房検査

通常、触診のほかに、超音波(エコー)検査かX線検査(マンモグラフィー)を併用し、乳がん検査を行います。

 

血中ホルモン測定

エストロゲンや、卵胞刺激ホルモンの値などを調べます。

 

骨量測定

家族に骨粗鬆症の人がいるなどハイリスクの人、腰痛などのある人は、X線や超音波で骨量を測定します。

 

血液検査

総コレステロール、中性脂肪、高比重リポ蛋白(HDL)などの値を測り、動脈硬化の危険性や肝・腎機能の状態を調べます。

 

 

 

更年期障害の治療

 

更年期障害の治療

 

更年期障害の治療法には、さまざまな方法があります。代表的な方法は減少した女性ホルモンを服用する女性ホルモン療法です。

 

軽度であれば食事療法や運動療法を中心とした生活療法だけで改善できることもあります。

 

 

症状によっては、精神安定剤などの薬物療法、漢方療法や鍼灸など東洋医学が向いている場合もあります。

 

また、精神的なつらさをもっている人の場合は、カウンセリングとの併用がよいこともあります。

 

いずれにせよ、医師と相談しながら納得のいく治療法を選ぶことが肝要です。

不足ホルモンを補うHRT(女性ホルモン療法)

 

更年期障害の原因は主に女性ホルモンの急激な減少です。

 

そこで、女性ホルモンを補充することで急激な減少状態を改善しようという治療法が女性ホルモン療法です。

 

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類がありますが、血管や筋肉の収縮などからだの細部にわたり影響を及ぼしているのはエストロゲンです。

 

最初に女性ホルモン療法が登場したときは、エストロゲン単独製剤によるエストロゲン補充療法(ERT)でした。ところが、アメリカでこの治療が行われると、長期使用によって子宮体がんが発生しやすくなることがわかりました。

 

その後、ERT療法の欠点を抑えるために、プロゲステロンを一緒に使う療法(HRT)が開発されました。

 

 

プロゲステロンには抗腫瘍作用があるため、子宮体がんを防ぐことができるようになったのです。現在では、女性ホルモン療法といえば、HRT療法を指します。

 

女性ホルモン療法は、女性ホルモンを直接補いますから、更年期障害の典型的な症状であるのぼせやほてりといったホットフラッシュなどには、最も効果的な治療法です。

 

 

女性ホルモンのうちでも、特にエストロゲンには細胞を活性化させる働きがあるので、肌の張りをよくして外見上の女性らしさを保つ効果があります。

 

また、膣が乾燥して性交痛のある人の治療法としても有効です。さらには、エストロゲン減少による長期的な症状として起こる骨粗鬆症高血圧症、心臓血管系疾患の予防にもよい効果を現します。

 

 

女性ホルモン療法を始めると、子宮内膜の増殖が起こり、月経に似た周期的な出血を生じたり、乳房が張ることがあります。

 

一般に、こうした副作用は治療を続けていると、半年を過ぎたあたりから弱くなり、1年目ぐらいにはほとんど出なくなります。投与法によっては、定期的に出血が起こる場合もあります。

 

女性ホルモン療法の副作用で一番心配ながんの発生については、エストロゲンとプロゲステロンを一緒に使うことで子宮体がんについての問題はなくなりました。乳がんについては、発生しやすいという報告が発表されたり、逆に発生が減ったというデータが出されたり、結論はまだ出ていません。

 

 

卵巣がんはリスクが増すという研究が発表されています。子宮頚がん、膣がんについては、女性ホルモン療法によって発がん性が高まったという報告はありません。

 

いずれにせよ、長期にわたって女性ホルモン療法を受ける場合は、必ず定期的な検診を受けるようにしましょう。

 

 

更年期障害に対して治療効果が高い女性ホルモン療法ですが、適応できないケースがあります。

 

例えば、子宮がんや乳がんはエストロゲンと深く関係しているため、少なくとも術後5年間は避けたほうがよいとされています。

 

良性疾患の子宮筋腫をもっている人の場合も、筋腫がエストロゲンで増大する性質があるので注意が必要です。

 

また、重い肝臓障害にかかっていたり、重い精神神経症状のある人も慎重に行う必要があります。

 

 

 

 

 

ホットフラッシュに効くHRT療法(女性ホルモン療法)

 

HRTはのぼせ、ほてりなどのホットフラッシュ、発汗など更年期のエストロゲン欠乏症状に高い効果があります。

 

基本的な考え方は、低下したエストロゲンのレベルを40代半ば程度の値まで戻し、それを維持することにあります。

 

その結果、更年期特有の症状は軽減、あるいは消失します。

 

 

特にのぼせ、ほてりなどに対して効果的で、2~3週間で軽くなるのを実感できます。

 

更年期障害は、そもそも急激なエストロゲン不足によって起こるものですから、HRTは原因療法として確実に治療効果をあげます。

 

実際、更年期障害の9割以上に有効というデータがあるのです。

 

 

もっとも効果を実感しやすいのは、ホットフラッシュなどの血管運動神経症状で、HRTを始めて2~3週間で、嘘のように治まります。

 

更年期のうつ気分も、それが精神科領域のうつ病まで発展していないケースでは、HRTだけで改善する場合が多いのです。

 

HRTの利点としてはほかに、

  • コレステロールを低下させる
  • 皮膚や粘膜の萎縮を和らげる
  • 物忘れを予防する
  • 尿漏れを和らげる
  • 骨量減少を止める

といったものがあります。

 

これらは、いずれもエストロゲン欠乏によって起こる症状なので、エストロゲンを加えることで改善するのは理にかなっています。

 

そのため欧米では、第二の人生を元気で若々しく生きるために5年、10年と長期にわたってHRTを続ける女性が多いのです。

 

 

ただし、長期間の投与では、乳がんに罹患(りかん)するリスクが若干上昇するといったデメリットもあります。

 

HRTを受ける場合は、今ある更年期障害を緩和したいだけなのか、長期的な健康管理なのかという治療目的を明確にし、事前によく説明を受けましょう。

 

 

更年期障害が疑われる場合は、食事や運動量、生活様式の調査、血圧や尿の検査、血中ホルモンのチェック、子宮膣部や頚部、内膜細胞診などの婦人科検査、骨量測定などが行われます。

 

こうした検査で更年期障害と診断されると、原因に応じた治療を受けることになります。

 

更年期障害の治療法には、薬物療法、カウンセリングによる心理療法、生活改善療法などがあります。

 

 

ホルモン製剤の服用法

 

女性ホルモン療法の薬の飲み方には、エストロゲン単独服用法、周期的投与法、持続併用服用法の三つの方法があります。症状や治療期間、子宮の有無、閉経の有無、閉経後の年数などによって、適した方法が選ばれます。

 

エストロゲン単独服用法

エストリオール剤というエストロゲンの量が少ない薬が使用されます。

 

症状がそれほど重くなく比較的短期間ですむ治療のときに用いられます。

 

長期に服用する場合は、子宮摘出術後の人に向いています。

 

周期的投与法

現在最も多く採用されており、特に閉経後2~3年以内の人に多く用いられる方法です。

 

さらにいくつかのバリエーションがあり、エストロゲン製剤を毎日服用しながら、月のうち12日間プロゲステロンを併用する方法が最も多くとり入れられています。

 

プロゲステロンを服用して10日目ぐらいから少量の出血が始まり、その後数日間、月経のときのような出血がみられます。

 

持続併用服用法

エストロゲン製剤とプロゲステロン製剤を同時に連続して投与する方法で、主に閉経後の人に対して行われます。

 

1995年に、皮膚に貼って1日おきにとり替えるエストラーダムTTSという薬が認可されました。

 

内服薬と違い、エストロゲンを皮膚から直接吸収させるので、肝臓への負担が少なく、肝臓疾患のある人でも使えるのが利点です。

 

プロゲステロンは含まれていないので、プロゲステロンの内服は必要です。

 

肌に貼るので皮膚の弱い人はかぶれることもあります。

 

更年期障害によく使われる漢方薬

 

漢方薬は、西洋医学では太刀打ちできない更年期障害の不定愁訴の改善に適した治療薬といえます。

 

具合の悪い部分だけに局所的に作用するのではなく、心身の状態を全体的に底上げし、バランスを調整する働きがあるからです。

 

そのため、多彩な症状に悩まされる機能的疾患の代表ともいえる更年期にも、漢方薬はよく用いられます。

 

 

ここでは更年期障害によく使われる代表的な漢方薬について紹介します。

 

更年期障害に処方される漢方薬で代表的なものをあげると、色が白く虚弱でむくみや貧血などの症状があるときには、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がよく使われます。

 

当帰芍薬散は、一般に体力のない虚証に向くとされ、物忘れ、冷え、しびれなどの更年期症状にも効果があります。

 

 

赤ら顔で比較的体力があり上半身が熱っぽい人には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が、中間タイプの人には、加味逍遥散(かみしょうようさん)が向いています。

 

桂枝茯苓丸は実証に向く方剤で、乳房が張る、口の中が乾いて粘る、腹がパンパンに張っている感じがして、脈が遅い場合にも用います。

 

加味逍遥散は、精神神経症状に効果的でイライラや不眠などの精神神経障害をやわらげる効果も知られています。

 

これらの漢方薬は「女性の3大漢方」ともよばれ、月経痛、月経不順といった、いわゆる「女性の血の道証」によく用いられる漢方薬です。

 

このほか、やせ気味の女性には、体の調子を整え、体力を増強する作用のある温清飲(うんせいいん)を用いたり、冷え性で唇が乾きやすい、手の平がほてる人には温経湯(うんけいとう)なども用います。

 

一般的に、閉経前は漢方薬で症状を取り除き、閉経後はHRT療法(ホルモン補充療法)が使われます。

 

 

全身の状態をみる漢方療法

 

漢方療法は特定の症状にのみ効果を発揮するのではなく、からだ全体に働きかけるものです。

 

ホルモンのバランスが不安定になることで、さまざまな症状の起こりやすい更年期障害には、特に効果のある治療法です。

 

 

漢方では、体質を総合的に判断し、「証」を見立てます。証には、筋肉が発達し体力も元気もある実証タイプと、体力がなく疲れやすい虚証タイプ、中間の中間証があり、それぞれ処方される漢方薬は異なります。

 

漢方薬は自然の生薬が原料のため、効果がゆるやかといわれてきました。

 

 

しかし、飲み始めたらすぐに気分がすっきりするなど、即効性のある場合もあります。

 

通常、2~3か月ぐらい飲むと効果が現れます。何の改善もみられないときは、漢方薬がからだに合っていないと考えられるので、ほかの漢方薬に切り替えます。

 

 

漢方薬による副作用が出ることはまれです。万一、副作用が現れたとしてもそれほど重くはありません。

 

現在、健康保険が適用されている漢方製剤は100種類以上あります。

 

特に更年期障害でよく処方される漢方は、次の3種類です。

 

当帰勺薬散

(とうきしゃくやくさん)

筋肉が弱く、きゃしゃで冷え性、胃腸が弱いタイプの人に向くとされています。

 

からだを温めて血行をよくし、頭重、頭痛、めまい、肩こりなどを改善します。

 

加味逍遥散

(かみしょうようさん)

ストレスに弱いなど神経が緊張しやすい中間証の人に向きます。

 

名前についている逍遥とは、あれこれ一定しないという意味です。

 

この言葉のように、加味逍遥散はのぼせと冷えが交互にきたり、気持ちがふさいだかと思うと、いらいらが強くなるなど、症状が定まらない場合に効果を発揮します。

 

桂枝茯苓丸

(けいしぶくりょうがん)

実証タイプの人に向くとされています。わりあい体力があり、下腹に触れると張っていて弾力があり、のぼせやすく暑がりのタイプです。

 

上半身はほてっているのに足は冷たいといったアンバランスな状態を補正する働きをします。

 

のぼせ、頭痛、めまい、肩こりなどにも効果を発揮します。

 

 

ほかにも、のぼせの症状には通導散(つうどうさん)桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、めまいには半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)、うつ気分には桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)などが証によって使い分けられます。

 

婦人科医療で保険が適用される漢方薬は、ほとんどがエキス剤とよばれるフリーズドライ製法でつくられた顆粒の薬です。食前に、できればお湯に溶いて飲むのが最も効果的です。

 

 

 

 

 

更年期障害の治療に必要なカウンセリング

 

更年期障害の治療でもっとも重要なのは、実は十分に話を聞いて、一緒に考えるカウンセリングです。

 

更年期障害の症状が軽い場合、カウンセリングだけで改善する場合が多いのはもちろんですが、薬物治療を受ける場合でも、カウンセリングを平行して受けることで、治療効果はより高まります。

 

 

カウンセリングというと、臨床心理士や精神科の医師が内面を分析したり、心痛を取り除いてくれる、といったイメージでとらえる人もいるかもしれません。しかし、更年期医療におけるカウンセリングはむしろ、医師と患者のコミュニケーションという意味合いが強いのです。

 

つまり、患者の話を傾聴して、訴えの背景にある要因を整理し、対応を一緒に考えていくのが、更年期医療に携わる医師および看護師などコメディカルスタッフの役割です。

 

 

更年期女性は多彩な症状に悩まされているだけでなく、心理社会的にも難しい立場に置かれています。

 

既婚女性なら、夫との関係や思春期を迎えた子どもの自立問題、病床にある家族の介護などが症状をますます悪くし、仕事に打ち込んできた独身女性では、男性に伍して長時間労働に耐えた結果、身も心も疲れ果てていたり、仕事上の責任や人間関係での悩みが、やはり症状を重くしているケースは多いのです。

 

 

既婚、独身に限らず、更年期女性は孤立感、孤独感が強く、「だれにもわかってもらえない」「だれかにわかってほしい」という訴えには切実なものがあります。

 

更年期は、新たなライフステージの船出ともいえる時期ですが、「もはや若くはない」といった否定的な感情が、底辺に流れている場合も少なくありません。

 

 

それまで歩んできた人生がそれぞれであるように、更年期女性は1人ひとりが異なった事情をかかえているのです。その複雑に絡み合った事情を丁寧にときほぐしながら、解決策を探るために必要なのがカウンセリングです。

 

実際、話をよく聞いてもらい、更年期障害に対する詳しい説明がなされるだけでも安心して、症状が軽くなる女性は多いのです。

 

 

ことに環境因子、気質因子の強いうつ気分やイライラ、焦燥感などを抱えている人の場合、カウンセリングは、抗うつ薬や抗不安薬の投与以前に必須のものです。

 

更年期女性に対して、ろくに話も聞かずに抗うつ薬、精神安定剤などを即座に処方するようなことがあってはならないのです。

 

 

 

更年期障害の医療機関の選び方

 

実際に医療機関を選ぶ際、何をポイントにするべきでしょうか。

 

更年期医療に詳しい医療機関は多くありませんが、数では全国的に増加しつつあります。

 

通常の保険診療を行っている医療機関がほとんどなので、限られた時間で満足のいく診療を受けるには、患者サイドの歩み寄りも必要です。

受診前に自分も勉強する

 

よい医師、医療機関を見分けるためには、患者自らもある程度の知識が必要です。

 

今はもはや、「医師に何でもお任せします」という時代ではありません。知識がまったくないと、十分な医療が受けられないだけでなく、医師側のペースに乗せられて、あとで悔やむことになってしまいます。

 

そうならないためには、自分の受けたい医療をあらかじめ具体的にイメージをしたうえで、それに沿った対応をしてくれるかどうかを実地で確認するといいのです。

 

 

近年はインターネットなどによる情報のやりとりが発達していますが、Aさんが気に入った医師を、Bさん、Cさんが気に入るとは限りません。口コミは、ときに真実を語る場合もありますが、人の評価に惑わされず、自分と医師との相性を大事にしましょう。

 

更年期障害ではまず患者の訴えに耳を傾け、環境要因も含めた原因を、患者と一緒に考えようという姿勢をもつ医師であるかどうかが重要です。

 

 

「原因は何でしょうか?」と質問したとき、「気のせいです」と答える医師は失格です。「年のせい」とか「ホルモンのせい」と断言する医師もいけません。

 

更年期にたいする理解がある医師かそうでないかは、「原因」を質問すれば、だいたいのところは判断できます。もし期待はずれだった場合は、長居はしないで転院を考慮したほうがいいでしょう。

 

インフォームドコンセント&セカンドオピニオン

 

実際に治療を受ける際は、インフォームドコンセントがきちんと行われているかどうかもポイントになります。インフォームドコンセントは「説明と同意」と訳され、今では日常語として定着した感がありますが、医療現場ではそれがなされているかどうかとなると、はなはだ怪しいものです。

 

特に、ホルモン補充療法(HRT)はいまだ医療機関サイドの誤解も多く、HRTを希望して受診しても、「HRTなんてやったら、がんになる」「ホルモン漬けはこわい」などと患者を脅す医師さえいます。

 

こうした根拠の無い意見に対し、本当はどうなのかを見極める目を患者側が持つことが大切です。

 

 

「素人なのに専門的な勉強は無理」と思うなら、最新の情報を知っている医師かどうかを判断できる質問を事前に用意しておくといいのです。

 

更年期医療に詳しい医師なら、毎月発行されている医学文献を必ずチェックし、最新情報をもとに日常の診療をアップデートしているはずです。

 

「HRTで乳がんが増えると聞いたが、そのリスクはどのくらいなのか?」というように、質問の内容を具体的にすれば、医師の知識量を推し量ることができます。

 

医師の回答や治療法の選択に疑問がわいた場合は、ほかの医療機関でセカンドオピニオンを求めるといいのです。

 

 

近年は「セカンドオピニオン外来」を設ける医療機関もあります。相談する場合は、それまでの検査数値などカルテ情報が必要になりますが、これを出し渋る医療機関は論外といっていいでしょう。

 

自分の治療に自信を持っている医師なら、他院での相談も快く応じてくれるはずです。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

更年期障害とは
閉経前後の更年期にもたらされる心身の障害、更年期特有の症状を更年期障害といいます。更年期障害の原因~食事まで基本情報をお届けします。
更年期障害の原因 卵巣機能の低下によるホルモンの変動や精神的ストレス
更年期症状が起きる大きな原因には、卵巣機能の低下によるホルモンの変動があげられます。また、精神的ストレスが因子になることも、神経質であったり、几帳面、まじめ、非社交的な性格の人は更年期障害になりやすいといわれています。
更年期障害の症状・ホットフラッシュや不定愁訴の他、更年期うつなどの症状
更年期障害のなかで、のぼせ、発汗などのホルモンのアンバランスによる自律神経失調症の代表的な症状であるホットフラッシュに次いで多いのが不安感、不眠、イライラ、記憶力減退、疲労感、脱力感、憂うつ感、恐怖感、興奮といった精神神経症状です。
更年期障害の予防・対策・食事・チェック
調子が悪いときは我慢せず治療を受け、心身の健康のためにウォーキングやサイクリング、エアロビクスなどの有酸素運動を生活にとり入れるようにしましょう。心肺機能の向上、細胞の活性化、骨量の増加、肥満の解消などいろいろな効果があります。栄養のバランスに気をつけ、食べすぎないようにすることも大切です。他、健康を保つための、更年期の女性の注意点など
男性の更年期障害の原因・診断は性機能で判定
男性の更年期障害・社会的に負担が大きい世代で起きる男性の更年期障害・性機能で男性の更年期を判定・男性ホルモン低下を知るための問診票
若年性更年期【プレ更年期障害】の症状・自己管理・間違えやすい病気
若年性更年期・プレ更年期障害の症状・30代女性の月経異常・ストレス性の月経異常が多い/自己管理・30代、40代女性が気をつけたいこと・若年性更年期・プレ更年期障害と似た間違えやすい主な病気や症状
有効性が確認されていて、更年期症状に効く更年期障害サプリメント
近年、急速に拡大してきたサプリメント市場では、更年期障害に対する効果をそれとなくうたった商品も数多くあります。しかし、厳密な試験で有効性が実証された成分は意外と少ないのです。今のところ、更年期障害に有効性がほぼ明らかといっていいのは、まず大豆イソフラボンです。ほかに、ブラックコホシュやセントジョーンズワートといったメディカルハーブ(薬草)も欧米では民間療法として人気があります。
更年期障害の知恵袋・質問集
更年期障害についてのよくある質問をまとめた知恵袋質問集です。更年期障害に対する疑問解決にお役立てください。
ブラックコホシュサプリ|更年期障害の症状に効く!
厳密な試験で有効性が実証された成分は意外と少なく、今のところ、更年期症状に有効性が明らかなのは、ブラックコホシュ、セントジョーンズワート、大豆イソフラボンなどです。

このページの先頭へ戻る