トップへ戻る

更年期障害とは

更年期障害とは?

 


 

更年期とは、人の一生を心身の変化によって大まかに分けたときのよび方の一つで、青春期、壮年期に続き、その後に老年期を迎える間の時期をいいます。

 

何歳から何歳までが更年期に当たるかは厳密に定まっていませんが、一般的には閉経をはさんだ前後約10年間を指します。

 

 

現在、日本の女性は平均49~51歳で閉経になるといわれていますから、45歳ごろから55歳くらいまでの間が更年期ということになります。

 

更年期を迎えると、女性のからだに女性ホルモンの急激な減少という大きな変化が訪れ、ときには心身両面にさまざまなトラブルをもたらします。

 

 

女性は40代に入るころから徐々に卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの分泌が減少していきます。

 

50歳前後になり、閉経を迎えるころには、女性ホルモンの分泌はほとんどストップしますが、女性ホルモンに作用する脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンは出続けるため、ホルモンのアンバランスが起きやすくなります。

 

その結果、体調も不安定になりがちで、のぼせやほてり、冷え、動悸といった症状をもたらします。

 

 

また、卵巣の機能の衰えを背景に、月経異常もこの時期の女性にしばしばみられる症状です。

 

さらに、子どもが巣立ちするといった環境的な要因や、肉体的な衰えの自覚などから精神的に落ち込みやすくなります。

 

こうした閉経前後の更年期にもたらされる心身の障害、更年期特有の症状を更年期障害といいます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

更年期障害の原因 卵巣機能の低下によるホルモンの変動や精神的ストレス
更年期症状が起きる大きな原因には、卵巣機能の低下によるホルモンの変動があげられます。また、精神的ストレスが因子になることも、神経質であったり、几帳面、まじめ、非社交的な性格の人は更年期障害になりやすいといわれています。
更年期障害の症状・ホットフラッシュや不定愁訴の他、更年期うつなどの症状
更年期障害のなかで、のぼせ、発汗などのホルモンのアンバランスによる自律神経失調症の代表的な症状であるホットフラッシュに次いで多いのが不安感、不眠、イライラ、記憶力減退、疲労感、脱力感、憂うつ感、恐怖感、興奮といった精神神経症状です。
更年期障害の検査・治療・医療機関の選び方
更年期障害の検査/更年期障害の治療・不足ホルモンを補うHRT(女性ホルモン療法)・ホットフラッシュに効くHRT療法(女性ホルモン療法)・ホルモン製剤の服用法・更年期障害によく使われる漢方薬・全身の状態をみる漢方療法・更年期障害の治療に必要なカウンセリング/更年期障害の医療機関の選び方・受診前に自分も勉強する・インフォームドコンセント&セカンドオピニオン
更年期障害の予防・対策・食事・チェック
調子が悪いときは我慢せず治療を受け、心身の健康のためにウォーキングやサイクリング、エアロビクスなどの有酸素運動を生活にとり入れるようにしましょう。心肺機能の向上、細胞の活性化、骨量の増加、肥満の解消などいろいろな効果があります。栄養のバランスに気をつけ、食べすぎないようにすることも大切です。他、健康を保つための、更年期の女性の注意点など
男性の更年期障害の原因・診断は性機能で判定
男性の更年期障害・社会的に負担が大きい世代で起きる男性の更年期障害・性機能で男性の更年期を判定・男性ホルモン低下を知るための問診票
若年性更年期【プレ更年期障害】の症状・自己管理・間違えやすい病気
若年性更年期・プレ更年期障害の症状・30代女性の月経異常・ストレス性の月経異常が多い/自己管理・30代、40代女性が気をつけたいこと・若年性更年期・プレ更年期障害と似た間違えやすい主な病気や症状
有効性が確認されていて、更年期症状に効く更年期障害サプリメント
近年、急速に拡大してきたサプリメント市場では、更年期障害に対する効果をそれとなくうたった商品も数多くあります。しかし、厳密な試験で有効性が実証された成分は意外と少ないのです。今のところ、更年期障害に有効性がほぼ明らかといっていいのは、まず大豆イソフラボンです。ほかに、ブラックコホシュやセントジョーンズワートといったメディカルハーブ(薬草)も欧米では民間療法として人気があります。
更年期障害の知恵袋・質問集
更年期障害についてのよくある質問をまとめた知恵袋質問集です。更年期障害に対する疑問解決にお役立てください。
ブラックコホシュサプリ|更年期障害の症状に効く!
厳密な試験で有効性が実証された成分は意外と少なく、今のところ、更年期症状に有効性が明らかなのは、ブラックコホシュ、セントジョーンズワート、大豆イソフラボンなどです。

このページの先頭へ戻る