トップへ戻る

肘(ひじ)の関節

 

腕を曲げたり伸ばしたり、手の向きを変える働きをする複数の関節です。

 

肘の関節の仕組み

 

肘関節は上腕と前腕をつなぐ連結器の役目をします。

 

上腕骨は上腕の主軸となっている円筒状の骨で、上・下端が太くなっています。上端は肩関節をつくり、下端では肘の関節を構成しています。

 

下端では、上腕骨滑車と上腕骨小頭が並んで関節面をつくり、それぞれ前腕の尺骨(しゃくこつ)と橈骨(とうこつ)との間に関節を形成しています。

 

また上腕骨の下端には、内側上顆(ないそくじょうか)と外側上顆(がいそくじょうか)という二つの突出部があり、外から触れる事が出来ます。

 

前腕は、外側の橈骨と内側の尺骨からできており、この二つの骨はほぼ平行に走っています。尺骨の滑車切痕は、上腕骨滑車とともに関節をつくるほか、橈骨の上端である橈骨頭とも関節を形成しています。

 

上腕骨滑車と尺骨の滑車切痕とがつくる関節を腕尺関節、上腕骨小頭と橈骨頭でなる関節を腕橈関節、滑車切痕と橈骨頭が構成する関節を上橈尺関節といいます。この三つの関節が共通の関節包に包まれて、肘関節となります。

 

上腕骨の末梢端(手側端)は、骨長軸に対して前方に45度に傾いています。そのため、肘関節は伸ばすより曲げる動きの方が楽に、しかも十分に行う事ができます。

 

肘の屈伸は、上腕骨と尺骨の間の腕尺関節で行われますが、手のひらを前に向けたり、後ろに向けたりする回旋は、尺骨と橈骨がつくる上橈尺関節で行われます。

 


 

肘(ひじ)の関節

 

関節はなぜ簡単にはずれないのか?

 

関節は、2個またはそれ以上の骨と骨がつながってできていますが、通常の生活で、簡単に骨がずれたりはずれることはありません。また関節が反対の方向に曲がることも、めったにありません。

 

このように関節が簡単にはずれることがないのは、靭帯が外側をしっかりととめているからです。

 

靭帯は、骨と組織を結びつけて固定する線維状の帯です。無理な力が加わると、靭帯が伸びきったり断ち裂かれたりして、関節ははずれてしまいます。

 

肘の関節のつくりと役割

 

手を伸ばして物を取ったり、食事をしたり、書き物をしたり、また洋服を脱ぎ着したり、手や腕は人間の生活に欠かすことのできない、器官の一つです。手や腕を動かすときに重要な働きをする部位が肘関節です。

 

肘関節は上腕と前腕を連結させる役割をして、腕を動かすときに微妙な働きを行います。

 

肘関節は複数の関節からできており、肘の屈曲や手の向きを変えたりするときに、上腕や前腕を適切な方向に運動させます。肘を曲げたり伸ばしたりするときには、上腕骨と尺骨の間の腕尺関節が関与します。

 

腕尺関節は、1軸性の蝶番関節とよばれる構造です。1軸関節とは、一つの軸でしか動かせない関節で、屈伸運動しかできません。蝶番関節とは、関節面の形から分類した種類の一つで、蝶番が開閉するように屈伸しかできない関節をいいます。

 

手のひらを前に向ける動きを回外運動、後ろに向ける回内運動といいます。この運動にも、肘の関節がかかわっています。

 

この回外・回内運動は、橈骨と尺骨がつくる上橈尺関節が行います。

 

上橈尺関節の構造は、1軸性の車軸関節に分類されます。車軸関節は、蝶番の屈伸運動に回転運動を加えた動きをする関節で、関節面は、車の車輪とフェンダーの関係のようになっています。そこで、車輪の軸を中心にするのと同様に回旋運動ができます。

 

肘を屈伸するときには、腕の筋肉が収縮・弛緩する運動も関与します。肘関節が屈曲するときには、腕の外側にある上腕二頭筋や上腕筋が収縮し、内側の上腕三頭筋は弛緩します。

 

逆に肘関節が伸展するときには、上腕二頭筋や上腕筋は弛緩し、上腕三頭筋は収縮します。

 

運動範囲は狭い肘関節ですが、朝歯を磨くことから始まって、茶碗を持ったり、洋服を着たり、かばんを腕にかけたり、重要な役割を担っています。

 

肘の関節は、日常生活で人間がこまやかな手の動きをするために欠かせない器官です。

 

少年野球でlま変化球の多用に注意

 

投球フォームがしっかりしないうちに、子どもが変化球を過度に投げると肘に負担がかかり、野球肘を起こすことがあります。

 

球を投げるとき、肘関節外側の骨の間は圧迫されたり、回旋する力が働きます。内側では筋肉や靭帯に負荷がかかって、筋肉や上腕骨内側上顆部に近い内側側副靭帯の付着部が引っ張られます。

 

そのため外側では上腕骨小頭部に傷がつき、軟骨の一部が剥離(はくり)して関節の中を遊走することもあります。これは離断性骨軟骨炎といわれ、肘を伸ばしたとき、遊離した骨片の刺激によって痛みが出たり、筋肉に炎症を起こします。

 

肘の内側が痛むのは筋肉や腱に炎症を起こしたり、骨に変形してくることが原因です。

 

投球をするときには、変化球を多く投げないようにして、連日の登板は避けるようにしましょう。肘に痛みを感じたら、投球は中止します。

 

この障害は、ソフトボールややり投げなどによっても起こります。

 

軽いうちなら、投球練習を中止して、湿布して患部を安静にしていると治ります。強い痛みがある場合には、消炎鎮痛剤の投与が行われ、多くは2~3か月でよくなります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【関節痛】 と腫れ・治療・予防・関節の仕組み
激しい運動は関節に大きな負担をかけ、老化を早めます。特に40歳くらいから、関節に無理な負担をかけないように注意しましょう。炎症や外傷のほか、内分泌や消化器疾患などが原因で関節に異常が現れることもあります。
【関節炎】 の原因・種類・症状・診断・治療
関節炎とは何らかの原因で関節に炎症が起こり、痛みを感じたり、腫れて熱をもったりする病気です。症状としては関節の痛みであっても、病気の原因は身体の別の場所だったり、全身性のものだったりすることも少なくありません。
【関節リウマチ】 の原因・治療・症状・診断
関節リウマチは関節の痛みと変形を特徴とする全身性の疾患で、場合によっては内臓や目、皮膚などにも異常の出る完治の難しい病気です。
【変形性関節症】 の種類・症状・検査・治療
変形性関節症は、老化とともに少しずつ進行します。膝や腰、背中などに痛みがある人は、早めに原因を明らかにし、治療を開始するようにしましょう。定期的に症状の進行をチェックすることも欠かせません。
【痛風】 尿酸が異常に増えて起こる・遺伝性?痛風の原因を探る
尿酸が体内に異常に増えると痛風が起こります。また、尿酸が関節にたまると痛風発作が起こり、皮膚の下にたまると痛風結節になります。痛風は、治療法の開発が先行して、その原因の解明が遅れていましたが、遺伝子研究の進歩により、この方面でも進展がみられるようになりました。
【痛風】 前ぶれもなく激しい痛みや腫れが起こる痛風の症状を見分けるポイントと痛風によく似た病気
血液中に含まれる尿酸という物質が異常に増え、関節や腎臓などに沈着して、激しい痛みを伴う炎症を起こしたり、臓器の働きを悪くするのが痛風です。風に当たるだけでも関節が痛むことから、「痛風」と名づけられました。
【痛風】 プリン体を含む食品は尿酸をつくりやすい? 尿酸値を下げる痛風の治療・食事
痛風の冶療の基本は薬物療法です。発作に対する薬と、尿酸値をコントロールする薬があります。また、レバーやイワシのようなプリン体を多量に含む食品は、やはりとりすぎないようにしたほうがよいでしょう。
【痛風】 痛風の合併症とその対策 痛風腎、腎臓疾患、高脂血症や高血圧に注意
痛風というと、当面の痛みの除去だけに注意が向きがちですが、本当に重要なのは痛風発作を抑えることよりも永続的な尿酸値のコントロールです。痛風発作で死ぬようなことはありませんが、自己管理を怠ったり、治療を誤ると、腎臓病や心筋梗塞、脳卒中などを併発し、命を落とすケースが多いからです。なかでもおそれられてきたのは、痛風腎という腎臓の合併症です。
【腰痛】 腰痛の原因・症状 特に多いのが、腰椎椎間板ヘルニアや、ぎっくり腰などの急性腰痛
一口に腰痛といっても、その症状はさまざまです。大きく分けると、痛みが突然起こる「急性腰痛」と、徐々に痛みが出現する「慢性腰痛」があります。腰痛の原因・症状・診断・治療・予防・腰痛ストレッチ・女性の腰痛について詳しく解説しています。
【腰痛】 腰痛の治療 コルセット、骨盤牽引などの保存療法や神経ブロックなどの薬物療法
腰痛の原因となっている病気が見つかったときは、その治療を行います。とくに原因が見当たらない腰痛では、まず安静にして、鎮痛をはかることが大事です。硬膜外ブロックといって、脊髄神経のまわりを包んでいる硬膜の外腔に局所麻酔薬とステロイドホルモンの混合液を注射する方法も、痛みをとるのに有効なことがあります。コルセットをはめたり、骨盤牽引などの保存療法もよく行われます。
【腰痛】 腰痛の予防・腰痛ストレッチや腰に負担をかけない姿勢
腰痛に悩んでいる人は、日ごろから腰痛を防ぐ工夫をしましょう。腰の筋力をきたえ、腰痛になりにくくするという意味で、腰痛ストレッチも効果的です。腰痛ストレッチの方法を図解で説明しています。
【腰痛】 なぜ女性は腰痛を起こしやすい?女性に特有の腰痛の原因や予防対策
女性は基本的に腰痛を起こしやすい身体の構造をもっています。原因疾患があれば治療し、日ごろから筋肉を鍛えて、予防に努めましょう。女性特有の生理的な要因だけでなく、婦人科系に何らかの疾患がある場合にも腰痛が起こることがあります。
【五十肩】 肩の関節の周囲に炎症が生じる五十肩(肩関節周囲炎)の原因・症状
肩が痛くて腕が上がらなくなったり、手が後ろに回らなくなったりしたら、五十肩(肩関節周囲炎)が疑われます。五十肩は、肩関節の周囲に生じた炎症のために、肩が痛み、腕を動かすことができなくなる病気です。
【五十肩】 腕が上がらなくる五十肩(肩関節周囲炎)の症状・検査 自己診断方法
五十肩(肩関節周囲炎)の初期の症状は、肩の痛みです。肩をどこかにぶつけたといった、軽い外傷がきっかけの場合もありますが、直接の原因はわからないことがほとんどです。突然、激しい痛みにおそわれるケースもありますが、徐々に痛みがひどくなっていくのが普通です。
【五十肩】 肩関節周囲炎の治療|自宅でできる五十肩の運動療法
五十肩は自然によくなるともいわれますが、初期に適切な治療を行わないと、症状を長引かせたり、悪化させたりすることにもなりかねません。五十肩にはさまざまな治療法がありますが、基本となるのは運動療法です。家庭で手軽にできる運動療法を紹介しています。
【テニス肘・野球肘】 の症状・原因・治療・予防法
テニス肘、野球肘は、成長期に起こりやすい代表的なスポーツ障害といえます。成長期は骨や軟骨、筋肉が未発達で傷つきやすい時期です。過度な負担をかけない用具を選び、体力に見合った適度な練習を心がけましょう。
【顎関節症】 いろいろな因子が複雑にからみ合う顎関節症の原因!関節円板の位置のズレや損傷
顎関節症は、不正咬合のみが原因ではなく、いろいろな因子が複雑にからみ合って顎関節症を起こすことがわかってきました。顎関節症の原因としては、発病のきっかけとなる外部からの力と、いったん起こった顎関節症を進行させたり、持続させたりする因子が考えられます。
【顎関節症】 顎関節症の部位などによって5種類に分類、タイプにより現れる症状にある程度違いが出る
顎関節症は、あごの関節とその周辺部に現れるさまざまな症状を総称する病名で、頭部や首、背中など全身に痛みが広がることもあります。日本顎関節学会では、顎関節症を病変が認められる部位などによって、5種類に分類しています。
【顎関節症】 自分でできる顎関節症チェック法!医師による顎関節症の検査と診断
口を開閉するときに音がしたり、何となく違和感があるなどの症状が出て、もしかすると顎関節症ではないかというときに、自分でできる顎関節症チェック法があります。
【顎関節症】 顎関節症の治療・予防 歯を削って噛み合わせを治すのではなくスプリント療法が中心
どのようなタイプの顎関節症かによって、治療法は多少違ってきますが、顎関節症の90%以上は、外来での保存療法で症状が消失、あるいは軽減します。また、クローズドロックした場合にもロックが解除できたらスプリントを装着します。
顎(あご)の関節の仕組み
顎(あご)の関節はかおの左右にあり、外耳孔(耳の穴)のすぐ前にある側頭骨につながる下顎窩(かがくか)と下顎の骨の後上方部である円筒状の下顎頭(かがくとう)、その間にあって顎をスムーズに動かす働きのある関節円板からなっています。
膝(ひざ)の関節の仕組み
膝(ひざ)の関節は半月や靭帯、関節包などが総合的に働き、複雑な動きを支えています。また、膝の関節は、靭帯支持性関節ともいわれ、靭帯が重要な役割を果たしています。
関節痛サプリメント 比較
既に関節に痛みがある人が医療レベルの改善を望むなら、サプリメントの選び方に、以下の3つ成分がポイントになります。まずは、関節痛サプリメントの成分比較を参考にしてください。関節痛サプリメントを選ぶポイントは・・・

このページの先頭へ戻る