トップへ戻る

貧血とはヘモグロビン濃度が正常以下になり、さまざまな症状が現れる状態

貧血とは

 

 

ヘモグロビン濃度が正常以下になる

 

血液には、有形成分の血球と液状成分の血漿の二つの成分があります。

 

血球には赤血球、白血球、血小板という3種類の成分があり、赤血球は主に酸素を運ぶ役割をします。

 

この赤血球中のヘモグロビン(血色素)が減少したり赤血球の数が減ると酸素の運搬が不足して、さまざまな症状が現れる状態が貧血です。

 

関連貧血の症状

 

酸素の運搬は、赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合することで行われます。

 

 

血球は主に骨髄でつくられます。赤血球をつくるもとの細胞である幹細胞はやがて赤芽球という細胞に変化し、ビタミンB12や葉酸、鉄などの働きで細胞分裂を起こし、赤血球へと変化します。

 

この過程でヘモグロビンが合成されます。

 

 

ヘモグロビンの値は濃度で表され、成人男性では13g/dl未満、成人女性は12g/dl未満のときが貧血とされています。

 

しかし、この基準値を下回ったからといって、すぐに自覚症状が現れるわけではありません。

 

基準値には多少個人差があります。

 

 

赤血球はほかの細胞同様、新陳代謝を繰り返し、約120日間で入れ替わります。貯蔵は不可能なので、破壊される量が多かったり、産生に支障が生じれば、不足してきます。

 

女性に貧血が多いのは、毎月、月経によって失血することも関係しています。

 

 

ありふれた病気だけに軽視しがちですが、進行すれば各臓器、特に心臓や肺への負担が増し、手術の際も輸血が必要になったり回復力が弱くなったりするので、決してあなどることはできません。

 

集団検診や献血のときに、貧血あるいは貧血傾向といわれたらきちんと治療を受けましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

貧血の症状・検査 自分でできる貧血チェック!
貧血の症状・検査など詳しく解説しています。貧血でお悩みの方は参考にしてください。貧血症状の出方や重症度はヘモグロビンの減少の程度と、貧血の進行具合によって異なります。血液の検査はどんなクリニックでもでき、結果も数日で出ます。貧血の診断は簡単ですが、ほかの病気との鑑別や、貧血の種類の特定には、さらにくわしい検査が必要になります。
貧血の原因とその治療 いろいろな種類の貧血があり、それぞれ治療法が異なります。
貧血は大きく分けて3つの原因で貧血の症状が現れます。貧血の3大原因は出血、赤血球の生産低下、破壊です。それぞれの貧血の原因と治療法を掲載しています。
貧血を予防する食生活(鉄分・葉酸・ビタミンB12を多く含む食品)
日ごろから貧血の予防に努め、発症したとしても早期治療と回復を得られるように対策しましょう。鉄を多く含み、吸収率も高い食品を正しく摂取することによって、貧血を予防することができます。赤血球産生(造血)の時に不可欠な栄養素に葉酸があります。また、ビタミンB12が不足すると巨赤芽球性貧血を引き起こします。
貧血の知恵袋・質問集
貧血についてのよくある質問をまとめた知恵袋質問集です。貧血に対する疑問解決にお役立てください。

このページの先頭へ戻る