トップへ戻る

近視・遠視・乱視・老眼の症状・治療・検査

目次

 


 

こんな症状に注意
  • 近くの物はよく見えるのに、遠くが見えにくいですか?
  • 近いところも遠くも見えにくいですか?
  • 新聞や本の文字が読みにくくなりましたか?
  • 物が二重になったり、ゆがんで見えませんか?
  • 目がしょぽしょぽしたり、痛んだりしやすいですか?

 

近視、遠視、乱視は目の屈折異常で、目に入ってくる平行光線がきちんと網膜で像を結ばなくなった状態です。老眼は誰にでも起こる目の老化現象です。

 

ファンケル【目の機能性表示食品えんきん】

 

目の屈折状態や調節機能の異常

 

近視・遠視・乱視・老眼の症状・治療・検査

 

目は、視覚情報のとり入れ口として重要な役割を果たしています。目に入ってくる光が網膜に集まると、光に含まれる情報を網膜の視細胞が読みとります。

 

 

電気信号に変えられた情報が視神経を通じて脳に伝わると、「物が見えた」と感じるのです。光は、角膜で一度大きく屈折し、さらに水晶体で再び屈折されることによって、網膜に焦点が合うようになっています。

 

 

近くの物を見るときは、水晶体が厚みを増して屈折力が強まります。遠くを見るときは水晶体が薄くなり、屈折力を弱めます。このように、水晶体の厚さを変化させて網膜に焦点を合わせる機能を目の調節作用といいます。

 

 

何かを凝視するのではなく、調節作用を働かせないで自然に物を眺めたとき、光がきちんと網膜上に像を結ぶ状態は正視とよばれます。

 

 

網膜よりも手前で像を結ぶ近視と、網膜の後ろに像を結ぶ遠視、そしてどこにも像を結ばない乱視は、屈折異常と総称されます。目の屈折状態は、角膜から網膜までの長さにあたる眼軸と、角膜および水晶体が光を屈折する力によって決まります。

 

 

目の屈折状態は、加齢とともに変化します。乳幼児期には大半が遠視で、小学生では正視が多くみられ、中学生以上になると近視の占める割合が増えてきます。

 

 

これは、成長に伴って、角膜から網膜までの長さにあたる眼軸が長くなるためと考えられています。

 

 

眼軸の伸びに対して、水晶体は逆に屈折力を弱めてバランスをとろうとします。成長過程で眼軸と、角膜、水晶体による屈折のバランスがうまくとれると正視になりますが、アンバランスが生じると遠視や近視が現れるとされています。こうした屈折異常は、身長の高低のように個体差の一つといえるもので、単純屈折異常とよばれます。一方、眼軸の長さや水晶体の調節力の異常が生理的な範囲を超えているケースは、病的屈折異常として、区別して考えられます。

 

 

通常は、からだの成長が止まると眼軸の伸びもストップし、屈折状態は安定します。ところが40代に入ったころから、次第に水晶体の弾力性が失われて、調節作用がスムーズに行われなくなってきます。

 

 

この状態を老視、いわゆる老眼といいます。老眼は、老化現象の一つとして誰にでも起こるものですが、調節異常ととらえることもできます。

 

正規と屈折異常

正規と屈折異常

 

目の調節力を休止させているときに、平行光線が網膜に像を結んでいる状態を正視とよんでいます。

 

網膜の前に像が結ばれる状態が近視で、後ろに結ばれた状態が遠視です。どこにも像が結ばれないのが乱視です。

 

目の調節力が休止した状態で、網膜の中心に像を結ぶ外界の点が、はっきりと見えるポイントを遠点といいます。

 

正視の遠点は対象からくる光が平行光線とみなされる無限遠で、遠くもよく見えます。

 

近視の場合は度が強いほど遠点は近くなり、近くがよく見えます。遠視では、遠点が目の後ろにあり、調節力を働かせないと遠くも近くもぽやけてしまいます。

 


 

近視

 

近視の症状

 

近視は、眼軸が長いために網膜の手前で像が結ばれる軸性近視と、角膜や水晶体の屈折力が強い屈折性近視に分けられますが、ほとんどは軸性近視です。

 

 

また、症状の違いから、近視は単純近視(良性近視)と病的近視(悪性近視)に大別されます。

 

 

近視の大半を占める単純近視では、近くの物は見えるのに、遠いところはボヤけてよく見えません。網膜に焦点を合わせるために、遠くを見るときに薄目になるケースが多くみられます。

 

 

小・中学生のころに発症して20歳くらいまで少しずつ進行することが多く、こうしたケースは学校近視ともよばれます。単純近視は、眼鏡やコンタクトレンズなどで視力を矯正できます。

 

 

単純近視の原因としては、近視になりやすい遺伝的な素因と、本に目を近づけて読書をしたり、暗いところで細かい作業を続けるといった後天的な環境要因があげられますが、特に遺伝的な要素のかかわりが大きいと考えられるようになってきました。

 

 

一方の病的近視は、遠いところだけでなく、近くの物も近づけないとよく見えない状態を指します。病的近視の裸眼視力の目安は0.04未満で、眼鏡をかけたときの矯正視力は0.6以下とされています。

 

 

病的近視は、遺伝的な要素によって起こるとされています。病的近視では、眼軸が異常に長いために網膜などが引き伸ばされて、破れてしまうことがあり、眼底出血や網膜剥離を招いたり、緑内障の誘因となるケースもみられます。

 

近視の治療

 

近視自体を根治させることはできないため、眼鏡やコンタクトレンズの装用によって、視力の矯正を行うことが治療の基本となります。最近では角膜を切開したり、削って屈折状態を矯正する手術が行われることもあり、術式の進歩とともにその効果や安全性が認められつつあります。

 

 

軽度の単純近視であれば、本人が特に不自由を感じていない限り、眼鏡をかける必要はありません。

 

 

いわゆる学校近視の場合、授業などで何らかの不便を感じるようになったら、一度眼科を受診しましょう。一般に、授業を受けるときに必要な視力は0.7~0.8とされています。裸眼での視力が0.7に満たないときは、眼鏡による矯正を考慮したほうがよいでしょう。

 

 

スポーツをする際などに、眼鏡では不便な場合は、そのときだけコンタクトレンズを装用する方法もあります。

 

 

青年期では、眼鏡かコンタクトレンズを選択します。眼鏡の場合、屈折力の合ったレンズを使用しますが、調光レンズ、カラーレンズといった、光の入り方を調節してまぶしさを防ぐレンズもあります。

 

 

コンタクトレンズはハードレンズとソフトレンズに大別されます。また、終日装用、何日間かにわたる連続装用と、選択の幅は広がります。

 


 

遠視

 

遠視の症状

 

遠視には、眼軸が短い軸性遠視と、角膜や水晶体の屈折力が弱い屈折性遠視がありますが、軸性遠視が大半を占めています。

 

 

遠視では裸眼視力がよいので、遠くがよく見えるものと思われがちですが、自然な状態では、光が網膜の後ろに像を結ぶので、近いところも遠くもぼんやりとして見えにくくなっています。

 

 

そのため、遠近のどちらを見るときでも、水晶体を厚くして、網膜上に焦点が合うように調節します。特に近くを見るときは、よりいっそうの調節力を必要とするので、目が疲れやすくなります。

 

 

遠視は子どもに多くみられます。子どもは目の調節力が強いので、遠視による支障を感じないですむケースがほとんどです。

 

 

しかし、遠視の度が強すぎると、内斜視になったり、視力の発達が遅れて弱視になることもあります。

 

 

子どもが物を見るときに薄目になったり、頭を傾けたり、片方の目が対象に向いていないときは、遠視の可能性が考えられます。

 

遠視の治療

 

物を見るときに特に不自由を覚えず、眼精疲労もなく、斜視や弱視もみられないときは、眼鏡で矯正する必要は特にありません。

 

 

眼精疲労、斜視や弱視のケースでは、凸レンズの眼鏡やコンタクトレンズで調整します。

 


 

乱視

 

乱視の症状

乱視は、正乱視と不正乱視に大別されます。

 

 

まぶたは上下方向に開閉するため、もともと丸い形をしている角膜は、上下から押されて楕円形になりやすいものです。

 

 

正乱視は、角膜の屈折面のカーブの度合いが方向によって違っているために起こります。つまり、強い屈折力をもつ径線(強主径線)と、弱い屈折力を示す径線(弱主径線)とがちょうど90°で交叉して、屈折面の上下、左右が対称にゆがんでいるケースです。

 

 

強主径線が垂直方向に走るものは直乱視、水平方向のタイプは倒乱視、斜め方向のタイプは斜乱視とよばれます。

 

 

また、強主径線と弱主径線のどちらかまたは両方が近視の屈折状態を示す近視性乱視、片方または両方が遠視の屈折状態を示す遠視性乱視、一方が近視、他方が遠視の混合性乱視に分けられます。

 

 

不正乱視は、目の炎症や外傷などによって、角膜の表面にでこぼこができて起こるものです。屈折面が平坦ではなく、不規則な状態になっているので、きちんと像を結ぶことができません。

 

 

若い人の乱視では、程度が軽ければ、自覚症状は現れないケースがほとんどです。

 

 

しかし、乱視が強度になったり、あるいは加齢が進むと、遠くも近くも見えにくくなる視力障害、眼精疲労、片方の目だけで見ても一つの物が二つにだぶって見える単眼複視といった症状が引き起こされることがあります。

 

乱視の治療

 

正乱視の場合は、円柱レンズの眼鏡あるいはコンタクトレンズで矯正します。

 

 

不正乱視の場合、完全矯正するにはコンタクトレンズの装用が必要になります。乱視であれば、ハードコンタクトレンズの装用によって90%以上の確率で矯正することができるとされています。

 


 

老眼

 

老眼の症状

 

老眼は、加齢に伴ってほとんどの人にみられる老化現象といえます。調節力は年とともに衰えていくので、遠視の人は早くから老眼の症状が出やすいとされています。

 

 

老化によって水晶体の弾力性が弱まると、調節力が不足してきます。その結果、近くの物を見ようとするときには、少し距離をとらないとボヤけてしまいます。

 

 

これが近見障害とよばれる症状で、老眼の大きな特徴です。

 

 

具体的には、手元の新聞や雑誌、本の文字が見えにくくなる症状が現れます。

 

 

また、目の疲れが生じるケースも少なくありません。

 

 

特にデスクワークなどで近いところを見続けていて、眼精疲労(VDT症候群)を招くことが多いものです。

 

 

近くの物を見続けているとき、急に遠くを見ると、対象物がボヤけてしまうという症状もみられます。調節力が低下していると、急に視線を遠くに移したとき、遠くの対象物に焦点が合うまでの調節弛緩時間が長くなるためです。

 

 

老眼になりかけている時期に、こうした症状を自覚するケースが多くみられます。

 

 

このほか、近視用の眼鏡をはずしたら近くの物がよく見えた、新聞や本を少し離すと文字が読みやすい、薄暗くなると細かい文字が読みにくくなるといった症状も特徴的です。

 

老眼の治療

 

老眼自体を改善させる治療法は、残念ながらありません。屈折異常と同様、眼鏡やコンタクトレンズで調整することが基本となりますが、ほとんどは近用眼鏡(老眼鏡)を装用します。

 

 

老眼鏡には、単焦点レンズ、多焦点レンズ、累進焦点レンズのものがありますが、用途によって選択できます。

 

 

単焦点レンズで、遠用と近用のものを両方用意するのが一般的ですが、眼鏡をとり替えずに調節力を補うには、遠近両用の多焦点レンズが便利です。

 

 

また、累進焦点レンズは遠用と近用レンズの間に度が少しずつ違う中間距離用のレンズを組み込んだもので、より自然な装用感が得られます。眼科の医師の診察を受けたうえで、適切な老眼鏡をつくることが大切です。

 

 

はじめて老眼鏡を用いるときは過剰矯正になりがちなので、試験装用が欠かせません。読書距離が快適か、用途を満たす度数かを、一度きちんと確認しましょう。もともと近視の人は、凹レンズの度数を弱くするか、あるいは眼鏡をはずすと調整できるケースもみられます。

 


 

近視、遠視、乱視、老眼の検査と診断

 

近視、遠視、乱視、老眼のいずれに対しても、屈折検査が必要です。

 

 

屈折検査には、患者の答えをもとに判定する自覚的屈折検査と、検査機器を用いて客観的に屈折度を調べる他覚的屈折検査があります。幼児や高齢者の場合は、応答や判断があいまいなことが少なくないので、他覚的屈折検査が重視されます。

 

自覚的屈折検査

 

まず視力検査が行われます。「C」のような形をしたランドルト環という記号(視標)などが描かれた視力表を使用します。

 

 

まず裸眼視力を調べ、次に、裸眼視力が1.0以上のときは凸レンズを、1.0以下のときは凹レンズを検査用のフレームに入れて矯正視力を測定します。記号が最もよく見えたときのレンズの度が、遠視や近視の度に相当します。

 

 

次に、乱視の有無を調べます。放射線乱視表の各方向の線に濃淡があるように見えるときは、検査用のフレームの円筒型の円柱レンズを入れ替えながら、どの線も同じ濃さに見えるレンズを探ります。

 

 

そのレンズの度が、乱視の度に相当します。クロスシリンダー法という検査も実施されます。

 

 

レッドグリーン2色法が行われることもあります。これは、目の赤と緑に対する屈折力の遠いを利用したもので、赤と緑の地に描かれた黒い図形を患者に見せます。レンズの正確な度を決定するためには欠かせない検査です。

 

他覚的屈折検査

 

一般に、検影法とレフラクトメトリーが併用されます。検影法は、50cm離れたところから患者の目に凹レンズや凸レンズをあてて、レチノスコープという機器から発した光を患者の瞳孔に入れ、光線の反射の具合によって近視か遠視かを判定するものです。レフラクトメトリーは、レフラクトメーター(屈折計)という装置を使用する検査で、乱視の有無を知ることもできます。

 

 

乱視があるときは、ケラトメーターという装置で角膜のカーブの度合いに相当する曲率半径を測定したり、角膜トポグラフィーで表面のゆがみの度合いを調べたりします。

 

老眼の検査

 

老眼では、視力や屈折力の検査のほかに、調節力(近点・遠点)、近方視力などの検査が不可欠です。

 

 

近点は、目の調節作用を最大限に働かせたときにはっきりと見える最も近い点、遠点は、調節作用を休止させた状態ではっきりと見える最も遠い点を指します。

 

 

近点の測定法としてよく行われるものに、視標近接法と凹レンズ負荷試験があります。

 

 

視標近接法は、本を読むときの姿勢で近距離視力表あるいは印刷物を持ってもらい、腕を伸ばしきった位置から少しずつ目に近づけていき、ぼやけ始める点を突きとめます。その点と目との距離を測定して、調節力を把握します。

 

 

一方の凹レンズ負荷試験は、目から40cm離れた位置に対象物を置き、度数の違う凹レンズを段階的に使用して、どのレンズでぼやけ始めるかを探ります。

 

 

どちらの検査も簡便で、手軽に近点を求めることができます。

 

 

より正確な計測が必要なときは、アコモドポリレコーダーなどの近点計を用いて、装置に組み込まれた視標を目に近づけていき、視標がぼやける点との距離を調べます。

 

 

遠点は、完全矯正できるレンズを調べて、その屈折度から換算します。

 

 

老眼の特徴的な症状である近見障害は、さまざまな視力障害や視野障害眼精疲労などでもみられる症状なので、鑑別が重要になります。

 

 

散瞳剤を点眼したときや、眼内炎、眼球の打撲、全身の衰弱などが調節障害を招くケースもあります。

 

 

確定診断のために、必要に応じて眼底検査や眼位、眼球運動の検査、瞳孔反応なども実施されます。

 

 

近用眼鏡(老眼鏡)の処方に際しては、問診、そして視力や屈折力の検査が行われます。すでに持っているときには眼鏡の度数、その眼鏡をかけての近方視力などをチェックします。

 


 

弱視、斜視、不同視と不等像視

 

弱視

 

弱視とは、網膜や視神経に何らかの障害があるケースを指す社会的弱視と、視覚の伝導路に器質的な障害はみられず、視覚機能が正常に発達しなかったケースを指す医学的弱視とに分けられます。社会的弱視の場合は、拡大鏡といった補助器具を用いることが必要となります。

 

 

医学的弱視は、視力の発達段階である乳幼児期に、適切な視覚刺激が得られなかったことによって起こります。つまり、物をはっきりと見ることのできない状態が続き、視力の発達が妨げられてしまったために起こるものです。

 

 

その大きな原因としては、斜視と屈折異常があげられます。

 

 

片目が斜視になると、主に正常なほうの目で物を見るようになるため、斜視の目の視力がうまく発達していきません。

 

 

また、強度の遠視や乱視といった屈折異常がある場合にも視力の発達が進みません。片方の目だけにみられるケースは不同視弱視、両目に生じたケースを屈折性弱視とよぴます。

 

 

なるべく早期に発見して、不同視弱視の場合は、健康な目をアイパッチで覆って弱視の視力を発達させる遮蔽法(しゃへいほう)、屈折性弱視の場合には眼鏡の装用といった適切な治療を開始することが大切です。

 

 

斜視

 

物を見ているとき、正常な状態であれば両目の視線が対象物に向かいます。しかし、片方の視線がまったく関係のない方向を向いているケースがあります。これが斜視です。

 

 

両目を等しく使って見ていないので、斜視の目の視力が低下していきます。斜視は目が内側に寄ってしまう内斜視、外側に寄る外斜視、上あるいは下に寄る上下斜視に分けられます。

 

 

片方だけの強い近視や遠視があると、斜視を招きやすくなります。斜視がみられるときは、眼鏡をかけて屈折異常を矯正することがあります。

 

また、眼の筋肉を動かして、眼球の位置を修正する手術が必要となるケースもみられます。

 

不同視と不等像視

 

不同視とは、左右の眼の屈折値、つまり屈折異常の程度が異なる状態を指しています。これはめずらしいことではなく、たいていの人は右目と左目に多少の差がみられるものです。多少の差は生理的不同視としてあまり問題にはされません。

 

 

だいたい左右の調節力に1.5~2.0ジオプター以上の差がみられるケースを、病気として扱います。

 

 

子どもの場合、不同視は弱視の大きな原因になります。また、大人では、眼精疲労の原因とされています。

 

 

不等像視は、両目で対象物を見ているとき、屈折状態や調節状態の違いなどのために、右目と左目で見える像の大きさや形が異なる状態を指しています。

 

 

不等像視が強まると眼精疲労の原因になり、さらに進めば物を立体的に見ることに支障をきたすようになります。

 

 

不同視、不等像視ともに眼鏡やコンタクトレンズの装用で矯正します。

 


 

コンタクトレンズの種類と特徴

 

 

HCL(ハードコンタクトレンズ)

SCL(ソフトコンタクトレンズ)

矯正視力

優れている

よい

角膜乱視の矯正

優れている

やや劣る

つけたときの感じ

よい

優れている

装用できる時間

終日

一部連続装用が可能

レンズの取り扱い

簡単

やや手間がかかる

レンズの汚れ付着

少ない

やや多い

レンズの保管方法

簡単

手間がかかる

レンズの寿命

長い

短い

 

HCL(ハードコンタクトレンズ)の長所としては、取り扱いが楽で破損しにくく、汚れも落としやすいといった点があげられます。

 

 

SCL(ソフトコンタクトレンズ)は、装用感が非常に優れています。ただし、強度の近視の場合、HCLに比べると視力の矯正面でやや劣ります。

 

レンズの取り扱いの面では、消毒なども含めて煩雑だといえるでしょう。

 

SCLには、1日や1週間といった一定期間で使い捨てにする1ウィーク・1データイプもあります。手入れが楽なうえ、常に清潔な状態で使用できますが、通常のレンズよりも費用がかかります。

 


 

日常生活での注意

 

屈折異常のほとんどは、適切な眼鏡やコンタクトレンズを装用すれば正視と変わらない屈折状態になり、正常な視力をとり戻すことができます。

 

裸眼視力が0.6以上であれば、通常、矯正眼鏡をかける必要はありません。

 

 

ただし、単純屈折異常であっても、「視力が落ちた」と感じたときは、一度眼科医の診察を受けるようにしましょう。

 

 

きちんと医師の診察を受けたうえで、適切な眼鏡やコンタクトレンズの装用を開始することが大切です。近視が進んでいるのに矯正をためらっていると、日常生活に支障をきたし、思わぬ事故を招くことも考えられます。

 

 

子どものときに眼鏡を装用すると近視が進むという説がありますが、眼鏡自体は目に対して有害ではなく、まったく根拠がないものです。

 

眼鏡やコンタクトレンズの装用には確かにメリット、デメリットの両面がありますが、日常生活を送るうえで支障をきたすようなら、試しに使ってみるのもよいでしょう。

 

 

子どものときに視力の低下が始まった場合、大人になってからでは回復は困難です。

 

ただし、テレビやパソコンの画面を見る時間をなるべく少なくしたり、勉強や読書の後に夜空や遠くの景色を眺めるといった習慣をつければ、視力の低下を遅らせることは可能です。

 

 

近視、遠視、乱視、老眼といった屈折異常、調節異常によって起こる視力の変化は、日常的にみられるものです。特に老眼は、誰もが加齢に伴って多かれ少なかれ経験する、一種の生理現象としてとらえることができます。

 

 

また、近視は、若いときは確かに遠くが見えにくく、さまざまな面で生活上の不自由を強いられがちですが、老眼が現れると、老眼鏡をかけずに近くを見ることができるケースも少なくありません。

 

 

従来は近視だけが「悪い目」と考えられがちでしたが、考え方を改めることも必要といえるでしょう。

 

 

ただし、運転免許証の交付の際、あるいは職業によっては、一定の視力が求められることがあります。

 

 

視力の矯正をはじめとするさまざまな対応は、本人の生活スタイルや社会的立場などを考慮して、医師と十分に話し合ったうえで決定しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【目の異常】 の原因・治療方法・予防方法や目の健康を保つビタミンやたんぱく源
目の異常の原因・治療方法・予防方法や目の健康を保つビタミンやたんぱく源について。全身的な疾患が原因で目に異常が現れることもあります。中高年の人は特に注意が必要です。
【眼精疲労】 目の使いすぎ?パソコンやスマホで目疲れ 眼精疲労の原因
パソコンやスマホの使いすぎが眼精疲労の原因?しばらく目を休めると回復するものを単なる「疲れ目」といい、なかなか回復しない病的なものを「眼精疲労」といいます。
【眼精疲労】 症状で一番多いのは目の痛みで、痛む箇所もさまざまです。眼精疲労の症状・検査
眼精疲労の症状で一番多いのは目の痛みです。その表現も鈍痛がする、ズキズキする、疼く、拍動に従って痛むなど多彩です。痛む箇所も、目の奥、眉間、眼球全体、側頭部、後頭部などさまざまです。眼精疲労の検査は、目の検査が基本となります。
【眼精疲労】 PC・スマホ操作でのドライアイやVDT症候群の治療・予防(眼球体操)
テレビとパソコン・スマートフォンなどは眼精疲労の2大要因です。眼精疲労の最大の予防法は睡眠と栄養を十分とることです。また、眼球体操も有効です。栄養面では、目によいビタミンAなどビタミンを多く含む食品を意識的にとるようにします。
【ドライアイ】 目は乾くと疲れる?ドライアイの原因・症状チェックリスト
ドライアイとは、文字どおり目が乾く病気で、眼精疲労の原因としてクローズアップされています。夜更かしをする、テレビや本を長時間見る、パソコン・スマートフォンに向かうことが多くなるなど、経済先進国のライフスタイルが原因となることが多いため、一種の文明病としても注目されています。
【結膜炎・ものもらい】 の原因・症状・治療|細菌性|ウイルス性|アレルギー性
結膜炎・ものもらいは目の病気としてはよくある炎症ですが、適切な治療を受ければ多くは数日から数週間で治ります。結膜炎を起こす原因には細菌やウイルス、アレルギーなどがあり、それぞれ症状にも違いがあります。ものもらいとよばれている麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、子どもによくみられる急性化膿性炎症で、まぶたの分泌腺に細菌が感染して起こります。
【網膜の病気】 の種類・原因・症状・検査・治療|網膜剥離
老化やほかの疾患が原因で網膜に障害が生じると、視力の低下などを招きます。進行すると失明の危険性もあるので、早期発見・早期治療が大切です。網膜の病気には、網膜剥離、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、老人性円板状黄斑変性症、中心性漿液性(しょうえきせい)脈絡網膜症などがあります。
【視覚異常の原因】 黒い点が飛ぶ、かすむ、視野の一部が欠ける、視野が狭くなるなど。検査・治療・予防について
視覚異常は単なる老化現象の場合も多いのですが、失明の危険を伴う重大な病気の可能性もあります。主な症状としては、黒い点が飛ぶ、かすむ、視野の一部が欠ける、視野が狭くなるなどです。
【色覚異常】 色の区別がつかない?色覚異常の原因・分類・検査|遺伝|見分けにくい色について
色覚異常のなかで最も多い赤緑色覚異常の場合、一般に赤と緑の見分けが難です。赤と緑のピーマンの色も同じように見えてしまいます。灰色を背景にすると水色、青緑、ピンクが見えにくくなります。赤と緑、赤と黄色、うすい緑色と肌色、深緑と焦げ茶色なども、見分けがつきにくい色の組み合わせです。
【視力低下】 急に視力が落ちた!?視力が低下する病気やその原因・治療・予防について
視力の低下は心配のないケースがほとんどですが、重大な目の病気の初期症状として、視力が低下することがあります。何の前ぶれもなく急激な視力の低下を感じる場合と、徐々に視力が衰えていくケースがあります。少しでも異常を感じたら早めに眼科に行きましょう。
【仮性近視】 一時的に遠いところがボヤけて見える?仮性近視の原因・治療・予防|視力回復のトレーニングについて
仮性近視は、遠くを見たり近くを見たりするときにピントを合わせる役割をする目の調節筋が、長時間の読書や勉強などで疲労して緊張状態が強くなったために、一時的に近視の状態になったものです。視力検査だけで決めこまず、医師の診断を受けましょう。本格的な近視になる前に治療できます。
【斜視】 の種類・原因・検査・治療|家庭で出来る斜視のチェック
遠くをぼんやり見ているときや眠い時、斜視がしばしば現れます。ふだんから子どもの様子を観察すれば、ほとんどの斜視は発見できます。視力の低下や弱視を招くだけでなく、外見的な特徴からいじめの対象になる場合もあるので、早期発見と適切な治療が大切です。
【白内障】 の種類・症状・治療|先天性白内障と後天性白内障の二つの種類に大きく分けられます。
白内障は目の成人病ともいわれ、加齢に伴って誰にでも起こりえます。低下した視力は、手術によって回復させることができます。病状に個人差はありますが、60代の60~70%、70代では80~90%、80代になると95%以上の人の水晶体に濁りが生じ、白内障を発症しているとされます。
【緑内障】 視界の横にある物が見えにくいですか?緑内障の原因・分類・症状・治療|原発性緑内障と続発性緑内障について
これといった自覚症状のないまま、視野の欠けていく眼病です。早期に発見、治療すれば、日常生活に不自由はありません。点眼・内服薬、レーザー、手術の三つの療法により、眼圧を下げ、視野欠損の進行を阻止するのが基本となります。

このページの先頭へ戻る