トップへ戻る

色覚異常の原因・分類・検査|遺伝|見分けにくい色

目次

 


 

色覚異常のなかで最も多い赤緑色覚異常の場合、一般に赤と緑の見分けが難です。

 

赤と緑のピーマンの色も同じように見えてしまいます。

 

 

こんな症状に注意
  • 信号の色が識別できますか?
  • 焼き肉をすると、焼けた肉と生の肉の区別がつきますか?
  • 黒板の赤いチョークの字が読みにくいですか?
  • 地図の色分けがはっきり見えますか?
  • 人の絵を描くとき顔を黄緑色に塗りませんか?
  • 小さなおもちゃを探すのが苦手ですか?

 

色覚異常は、色の見え方が一般とは異なる状態をいいますが、正しく理解されることが少なく、社会生活上の不利益が問題とされます。

 

色覚異常とは?

 

色覚異常の原因・分類・検査|遺伝|見分けにくい色

 

色の識別能力に違いがある

 

色覚異常は、俗に色盲、色弱などとよばれています。

 

これらの言葉からは、色がまったくわからない、あるいはまるで色の区別がつかないといったイメージが浮かびがちです。

 

 

しかし、その大半の人々は、色は見えているけれども、健常な人が識別できる色が識別しにくかったり、逆に健常者が識別しにくい色が識別しやすかったりします。

 

つまり色がわからないのではなく、色の見え方が健常とされる人とは少し違っているだけなのです。

 

 

そこで、色盲や色弱という言葉は誤解を招きやすく、不適切ではないかと考えられるようになり、現在では色覚異常というよび名が多く使われています。

 

しかし、単なる色の識別能力の違いに異常という表現はふさわしくないという声もあり、表現法一つをとっても議論が分かれています。

 

色覚異常は遺伝によって先天的に現れ、日本人では男子の5%、女子の0.2%に存在するとされています。

 

 

色覚異常の原因と分類

 

色を感知する細胞の欠損でタイプ分け

 

目の奥にあって光の刺激を感受する視細胞には、明るい所で主に働く錐体細胞(すいたいさいぼう)と、主として暗い所で作用する桿体細胞(かんたいさいぼう)があります。

 

 

色の識別に関与しているのは錐体細胞で、赤、緑、青の3種類のどの錐体色素をもつかにより、3種類に分類されています。

 

3種類の錐体細胞が完全な状態で存在していれば、支障なく色を識別できますが、どれかが欠けていると、色覚異常が起こります。

 

桿体1色型色覚

 

3種類の錐体色素のすべてが存在しない状態です。

 

10万~20万人に1人の割合で現れるといわれています。色をほとんど識別できず、色の違いを明るさの違いとしてのみとらえます。

 

 

そのほか、非常に視力が低下している、眼球が左右にゆれる、明るい場所ではまぶしがって目を細めるという特徴があります。

 

遺伝形式がほかの色覚異常とまったく異なるので、別の疾患として考えられています。

 

錐体1色型色覚

 

錐体色素がどれか1種類しか存在しない状態で、赤および緑では視力は正常ですが、青の場合は視力が0.1~0.2程度です。

 

発現率は非常に低く、錐体1色型色覚については詳しいことはわかっていません。

 

2色型色覚

 

赤、緑、青のどれか一つの錐体色素が欠けている状態です。

 

異常3色型色覚

 

錐体色素は3種類そろっていますが、そのうちの一つの機能に異常があるものです。

 

異常の程度は幅が広く、正常に近いものから、ほぼ欠損している状態までさまざまです。

 

 

2色型色覚と異常3色型色覚は、実際には区別がつきにくい場合が多くみられます。

 

そこで、一般には両方をまとめて

 

  • 赤の錐体色素に異常があるものを赤色覚異常
  • 緑の場合を緑色覚異常
  • 青の場合を青色覚異常

 

として扱い、それぞれ、第1色覚異常、第2色覚異常、第3色覚異常とよびます。

 

 

ただし、色覚異常の大多数は赤か緑のどちらか一つの錐体色素異常で、色の見え方に大きな違いがないため、赤緑色覚異常とまとめてよばれています。青の錐体色素異常はほとんどみられません。

 

 

色覚異常と遺伝

 

桿体1色型色覚は、常染色体劣性遺伝といって、性染色体ではない染色体の異常によって起こりますが、赤緑色覚異常は、性染色体が関係する伴性劣性遺伝によるものです。

 

性染色体にはXとYがあり、女子はX染色体を二つ、男子はX染色体とY染色体を一つずつもっています。

 

 

伴性劣性遺伝で重要な働きをするのは、X染色体にある遺伝子です。

 

劣性遺伝は、異常をもつ遺伝子のほうが正常な遺伝子より発現力が弱いので、女子の場合はX染色体の片方に異常があっても、もう一つが正常であれば、異常は発現しません。

 

 

一方、男子の場合は、X染色体が一つしかないので、X染色体に異常があるとY染色体にこれを抑える力がないため、そのまま現れます。

 

つまり、X染色体に色覚異常の遺伝子があれば、男子は必ず色覚異常になり、女子はX染色体が二つとも異常な遺伝子をもっている場合だけ、色覚異常が現れます。

 

 

X染色体の一方のみに異常がある女子は保因者といい、色覚異常の遺伝子は保因者からも子どもに伝わっていきます。

 

青色覚異常は、常染色体優性遺伝と報告されていますが、まだ十分にわかっていません。

 

 

色覚異常のの色の見え方

 

色覚異常の程度は多様ですし、色の見え方は条件によってもかなり違いがあります。

 

したがって、色覚異常がある場合の見え方に決まった法則はなく、本人以外には理解しにくいものです。

 

 

また、軽度の場合には、日常的な色の見分けに問題のない人も多く、本人がまったく気づかないこともあります。

 

見分けにくい色

 

灰色を背景にすると水色、青緑、ピンクが見えにくくなります。赤と緑、赤と黄色、うすい緑色と肌色、深緑と焦げ茶色なども、見分けがつきにくい色の組み合わせです。

 

信号灯、車のテールランプなどを見分けにくく感じることも多いようです。

 

 

保育園、幼稚園や学校では色を塗り分ける作業が苦手だったり、時間がかかったりしがちです。

 

黒板の赤いチョークの文字が見えにくく、絵を描くと葉っぱを茶色に、幹を緑に塗ってしまうことがあります。

 

 

生活上では、例えば左右違う色の靴下を知らずにはいていたり、焼き肉をすると生と焼けた肉の区別がつかない、緑の葉の中の赤い花や赤い実に気づかない、色を使うゲームはうまくできない、などの事態が少なからず起こります。

 

色覚異常者が間違えやすい色の組み合わせ

 

赤と緑
青と紫
オレンジと黄緑
ピンクと白や灰色
茶と緑
緑と灰色や黒

 

 

色覚異常の検査

 

問題点と必要性

 

以前は学校での色覚検査は、小学校4年生を対象に1回だけ行われていましたが、現在小学校で義務付けられていた色覚検査が廃止されて色覚異常の子供の約半数が異常に気づかないまま進学・就職に臨み、中には直前で進路を断念せざるを得ないケースもあることが、日本眼科医会の調査で明らかになっています。

 

 

集団検査の問題点

 

学校での色覚検査の是非については、さまざまな論議がありました。

 

検査の際にプライバシーが守られず、いじめの対象になるおそれがあることや、色覚異常が明らかになっても、その後の教育的配慮や指導がないなどの理由で、検査に反対する声が出ていました。

 

加えて、実生活でほとんど支障のない子どもまで、すべて色覚異常として認識され、進学や就職の差別につながるなどの理由から、検査は色覚異常の人にとって劣等感を与えるだけでメリットはないというものです。

 

 

一方、学校での検査は必要であるという意見の眼科医師も多くいます。

 

子どもにも自分の健康状態を知る権利があるとともに、色の誤認を起こしやすいと自覚することができるからです。

 

日常生活の危険を避け、色を間違えるために起こる不利益や混乱を乗り越えるには、本人や周囲の大人が色覚異常を知り、対応策をとることが欠かせないといいます。

 

 

また、社会は多数の健常者にとって便利なようにできているため、少数の色覚異常の人にとっては不自由なことがしばしばあります。

 

しかし、色覚異常の程度や状態を本人が認識していれば、色の識別の違いをカバーする手段を身につけることもできます。

 

さらに、検査を廃止してしまうと、配慮の必要な重度の色覚異常を早期に発見する可能性まで失われるおそれがあるとも指摘されていました。

 

 

検査の実施時期についても異論がありました。

 

学校生活では特に低学年で、色がさまざまな場に使われていて、読み書きの能力も判断力も未熟なこの時期には、より綿密な対応が必要です。

 

検査後のフォロー

 

色覚異常の疑いがあれば、眼科医の検査を受けることになります。

 

眼科医ではいくつかの検査表やテスト検査器具などにより、色覚異常の種類や程度を診断します。

 

 

色覚異常が明らかになれば、どのような異常で、何に注意すればよいのかや、色の認識を高めていくための対応の仕方などを説明してもらう必要がありますが、眼科医のすべてが色覚異常に詳しいわけではありません。

 

場合によっては専門医を紹介してもらうようになります。

 

 

色を識別する仕組み

 

視細胞にある錐体細胞には、波長の異なる3種類の光を吸収する色素が含まれていて、これを錐体色素といいます。

 

一つの錐体細胞に含まれる錐体色素は1種類です。

 

 

3種類の光とは、長波長(赤)、中波長(緑)、短波長(青)で、それぞれに対応する錐体色素を刺激して、吸収されます。

 

この刺激から生まれた情報は光とは反対方向に進み、水平細胞、双極細胞を経て視神経から脳の中枢に伝わり、色が認識されます。

 

 

3種類の色素が刺激される程度の組み合わせによって、さまざまな色の感覚が生まれます。

 

例えば、赤と青が同じように刺激されると紫色、3種類の色素がすべて均一に刺激されると白として認識されます。

 

 

しかし、実際には色は錐体細胞の反応だけで認識されるわけではなく、水平細胞のところで何らかの変換が起こり、そこからは黄色を加えた4色の信号を感じとることのできる複雑な反応が起こっていると考えられています。

 

 

学校に望むこと

 

子どもは1日の大半を学校で過ごします。色覚異常の子どもたちは、大なり小なり学校生活に不便を感じています。

 

黒板は緑色ですから、赤や緑のチョークは特に見えにくいものです。

 

 

また、子どもによっては緑と赤や茶の区別が難しく、小学校1年生で行うアサガオの観察記録では、色の誤認が起こりがちです。

 

算数では、色タイルを使って計算などを覚えますが、色覚異常の子どもはこのタイルの色にとまどいます。

 

高学年になると試薬を用いた実験、白地図の色塗りなどを行うとき、色の識別が要求されます。

 

 

生活面では、ほかの子どもと同じように色の識別ができないために、持ち物を見分けるのに苦労して、動作が遅れがちになることもあります。

 

食事についても、緑の野菜の色が汚い色に見えて、食欲がそがれたりします。

 

 

担任の教師には、子どもの色覚異常の程度や状態を把握してもらい、学校生活で子どもが困らないように配慮し、必要なときにはさりげなく色の確認や指導を行ってほしいと、親からも働きかけたいものです。

 

学校で絵を描く時間に、色の感じ方がほかの人と違うと、初めて気づくことがあります。

 

自分では見たままを描いているのに、先生に見たとおりの色で描きなさいと注意された経験をもつ人も多いようです。

 

 

色覚異常の子どもに、家庭ではどのように接したらよいでしょうか?

まず、保育園、幼稚園や小学校に入る前に子どもに色の見え方が他の人と違うことをよく説明し、心の準備とともに、色を覚える練習をしておきたいものです。

 

子どもは親が教えなくても、人前での失敗や、他人の心ない言葉で、自分の色覚異常に気づくことが多いようです。子どもが不必要に悲しい思いをしたり劣等感をもたないようにするには、両親が話して聞かせるほうがよいでしょう。

 

 

悲観的、否定的に知らせるのではなく、一つの個性にすぎず、ただほかの人と違うためにさまざまな制限や障害があるかもしれないことを、年齢に応じて丁寧に説明しましょう。

 

また親は、子どもを危険から守らなくてはいけません。交通信号の見間違いは直接命にかかわります。信号の色と位置、順番をよく教えておきます。

 

色覚異常には治療法がありますか?

残念ながら、根本的な治療法はありません。

 

電気刺激や光刺激を用いた方法などが試みられ、効果があったとする声もありますが、評価は主観的であり、客観的に有効と証明するデータは上がっていないようです。

 

 

基本的には、気持ちを切り換えて、その子どもに備わった個性や得意な分野での力を生かせるような能力の伸ばし方を考えるほうがよいでしょう。

 

大学進学や就職に対して制限はありますか?

教育学部、医学部、歯学部、薬学部などに以前は制限がありましたが、現在はほとんどありません。

 

ただし、学部選択の際には、自分で障害の程度と適性を判断し、将来どのような職業につけるか頭に入れておきましょう。

 

医学や交通関係など職業の一部の分野では、色覚異常がハンディとなることもありますし、パイロットや航海士などの資格取得には、色覚の制限があります。

 

現在、色覚異常に対する有効な治療法はないとされていますが、検査表では色を誤認する色覚異常の人も、多様な色や形など多くの条件が存在する日常生活では、明るさ、位置、物体の質感、形といったさまざまな情報をもとに、色を判断できます。

 

 

小さいころは色が把握できなくても、ほかの色との違いを注意深く観察したり、物の固有の色を学習すれば、誤認をなくしていくこともできます。

 

 

子どもが色覚異常とわかっても、親は決して悲観しないことです。

 

子どもに色を無理に教え込むのでなく、例えば通りかかった花屋のバラの花の色について話したり、食事をしながら野菜を利用して色を教えるなど、子どもが経験的に色を覚えるように手助けしましょう。

 

 

また、安全面を考え、交通信号の色や標識などは、早くから教えるようにします。

 

以前は多方面でみられた進学や就職の制限も、次第に撤廃されてきています。

 

将来自分の望む進路や職業を選ぶためにも、自分の色覚能力がどの程度かを知り、足りない能力をどのように補えばよいかを把握することは、子どもの成長にとって大切です。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【目の異常】 の原因・治療方法・予防方法や目の健康を保つビタミンやたんぱく源
目の異常の原因・治療方法・予防方法や目の健康を保つビタミンやたんぱく源について。全身的な疾患が原因で目に異常が現れることもあります。中高年の人は特に注意が必要です。
【眼精疲労】 目の使いすぎ?パソコンやスマホで目疲れ 眼精疲労の原因
パソコンやスマホの使いすぎが眼精疲労の原因?しばらく目を休めると回復するものを単なる「疲れ目」といい、なかなか回復しない病的なものを「眼精疲労」といいます。
【眼精疲労】 症状で一番多いのは目の痛みで、痛む箇所もさまざまです。眼精疲労の症状・検査
眼精疲労の症状で一番多いのは目の痛みです。その表現も鈍痛がする、ズキズキする、疼く、拍動に従って痛むなど多彩です。痛む箇所も、目の奥、眉間、眼球全体、側頭部、後頭部などさまざまです。眼精疲労の検査は、目の検査が基本となります。
【眼精疲労】 PC・スマホ操作でのドライアイやVDT症候群の治療・予防(眼球体操)
テレビとパソコン・スマートフォンなどは眼精疲労の2大要因です。眼精疲労の最大の予防法は睡眠と栄養を十分とることです。また、眼球体操も有効です。栄養面では、目によいビタミンAなどビタミンを多く含む食品を意識的にとるようにします。
【ドライアイ】 目は乾くと疲れる?ドライアイの原因・症状チェックリスト
ドライアイとは、文字どおり目が乾く病気で、眼精疲労の原因としてクローズアップされています。夜更かしをする、テレビや本を長時間見る、パソコン・スマートフォンに向かうことが多くなるなど、経済先進国のライフスタイルが原因となることが多いため、一種の文明病としても注目されています。
【結膜炎・ものもらい】 の原因・症状・治療|細菌性|ウイルス性|アレルギー性
結膜炎・ものもらいは目の病気としてはよくある炎症ですが、適切な治療を受ければ多くは数日から数週間で治ります。結膜炎を起こす原因には細菌やウイルス、アレルギーなどがあり、それぞれ症状にも違いがあります。ものもらいとよばれている麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、子どもによくみられる急性化膿性炎症で、まぶたの分泌腺に細菌が感染して起こります。
【網膜の病気】 の種類・原因・症状・検査・治療|網膜剥離
老化やほかの疾患が原因で網膜に障害が生じると、視力の低下などを招きます。進行すると失明の危険性もあるので、早期発見・早期治療が大切です。網膜の病気には、網膜剥離、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、老人性円板状黄斑変性症、中心性漿液性(しょうえきせい)脈絡網膜症などがあります。
【視覚異常の原因】 黒い点が飛ぶ、かすむ、視野の一部が欠ける、視野が狭くなるなど。検査・治療・予防について
視覚異常は単なる老化現象の場合も多いのですが、失明の危険を伴う重大な病気の可能性もあります。主な症状としては、黒い点が飛ぶ、かすむ、視野の一部が欠ける、視野が狭くなるなどです。
【視力低下】 急に視力が落ちた!?視力が低下する病気やその原因・治療・予防について
視力の低下は心配のないケースがほとんどですが、重大な目の病気の初期症状として、視力が低下することがあります。何の前ぶれもなく急激な視力の低下を感じる場合と、徐々に視力が衰えていくケースがあります。少しでも異常を感じたら早めに眼科に行きましょう。
【仮性近視】 一時的に遠いところがボヤけて見える?仮性近視の原因・治療・予防|視力回復のトレーニングについて
仮性近視は、遠くを見たり近くを見たりするときにピントを合わせる役割をする目の調節筋が、長時間の読書や勉強などで疲労して緊張状態が強くなったために、一時的に近視の状態になったものです。視力検査だけで決めこまず、医師の診断を受けましょう。本格的な近視になる前に治療できます。
【近視・遠視・乱視・老眼】 の症状・治療・検査
近視、遠視、乱視は目の屈折異常で、目に入ってくる平行光線がきちんと網膜で像を結ばなくなった状態です。老眼は誰にでも起こる目の老化現象です。近視、遠視、乱視、老眼といった屈折異常、調節異常によって起こる視力の変化は、日常的にみられるものです。
【斜視】 の種類・原因・検査・治療|家庭で出来る斜視のチェック
遠くをぼんやり見ているときや眠い時、斜視がしばしば現れます。ふだんから子どもの様子を観察すれば、ほとんどの斜視は発見できます。視力の低下や弱視を招くだけでなく、外見的な特徴からいじめの対象になる場合もあるので、早期発見と適切な治療が大切です。
【白内障】 の種類・症状・治療|先天性白内障と後天性白内障の二つの種類に大きく分けられます。
白内障は目の成人病ともいわれ、加齢に伴って誰にでも起こりえます。低下した視力は、手術によって回復させることができます。病状に個人差はありますが、60代の60~70%、70代では80~90%、80代になると95%以上の人の水晶体に濁りが生じ、白内障を発症しているとされます。
【緑内障】 視界の横にある物が見えにくいですか?緑内障の原因・分類・症状・治療|原発性緑内障と続発性緑内障について
これといった自覚症状のないまま、視野の欠けていく眼病です。早期に発見、治療すれば、日常生活に不自由はありません。点眼・内服薬、レーザー、手術の三つの療法により、眼圧を下げ、視野欠損の進行を阻止するのが基本となります。

このページの先頭へ戻る