トップへ戻る

白内障の種類・症状・治療|先天性白内障|後天性白内障

目次

 


 

こんな症状に注意
  • 何となく見えにくい感じがしますか?
  • 物がかすんで見えますか?
  • まぶしさを強く感じますか?
  • 明るい場所で見えにくいですか?
  • 暗い場所で見えにくいですか?
  • 一つの物が二重に見えますか?
  • 老眼が軽くなったように感じますか?

 

白内障は目の成人病ともいわれ、加齢に伴って誰にでも起こりえます。低下した視力は、手術によって回復させることができます。

 

白内障とは?

 

白内障の種類・症状・治療|先天性白内障|後天性白内障

 

水晶体が濁って視力が低下

 

人間が外界から取り入れている全情報のうち、およそ80%は視覚情報といわれています。視覚情報の入り口は、いうまでもなく目です。目は、外界からの情報をキャッチする感覚器の一つで、その構造はカメラにたとえることができます。

 

 

まぶたはシャッター、角膜はレンズを保護したり、光を屈折させるフィルター、虹彩は光の量を調節する絞りにあたり、水晶体はレンズの役目をしています。

 

 

外界から入ってきた光は、角膜と前房を通り、瞳孔という小さな窓で光の量が調節されてから水晶体を通過し、フィルムに相当する網膜に像を結びます。

 

 

カメラでは、ピントを合わせるためにレンズを前後に動かしますが、目の場合はレンズの厚さを変えるシステムが備わっています。

 

 

水晶体を支えているのは毛様体とチン小帯です。これらが伸び縮みして、遠くを見るときには水晶体を薄く、近くのときには厚くしているのです。

 

 

網膜では、とらえた像を電気信号に変えて、視神経を通じて大脳へ送ります。大脳では色や物の形を判断し、その結果、物が見えるのです。

 

 

物が見えるまでの道筋(視覚の経路)のどこかに異常が起こると、視力の低下をはじめ、見え方に異常が現れてきます。

 

 

レンズの役目をしている水晶体が白く濁って、視力が障害される病気が白内障です。レンズにくもりが生じた状態なので、外界からの光が網膜に届かなくなり、視力の低下を招きます。

 

 

水晶体の濁りは、老化によって起こるケースが最も多くみられます。

 

 

病状に個人差はありますが、60代の60~70%、70代では80~90%、80代になると95%以上の人の水晶体に濁りが生じ、白内障を発症しているとされます。白内障は、加齢によって誰にでも現れうる病気といえるでしょう。

 

 

白内障の種類

 

水晶件のタンパク質が変性して発症

 

水晶体は、主に水と透明なタンパク質でできています。タンパク質が変性すると白く濁ってきます。どうして水晶体に白濁が起こるのか、詳しいメカニズムは明らかになっていません。

 

 

白内障は、原因によって先天性と後天性の二つの種類に大きく分けられます。

 

先天性白内障

 

生まれたときから水晶体が濁っているタイプです。遺伝によるものと、妊娠中に母親が風疹などに感染し、母体の病気が原因で発症するタイプがあります。

 

妊娠3か月ごろまでに風疹に感染すると、子どもに強い白内障が生じることがあります。

 

水晶体の全体が白く濁っている場合には、放置すると視力の発達が妨げられるので、生後1~2か月のうちに手術を受ける必要があります。

 

後天性白内障

 

後天性白内障は、次のように分けられています。

 

老人性白内障

年を重ねるに従って、目も老化してきます。

 

白内障の90%以上は老化によって起こるとされ、社会の高齢化に伴って老人性白内障の患者数は増加傾向にあります。

 

 

老人性白内障の発症年齢をみると、50代で起こるケースが最も多いのですが、むろん個人差があり、40代で水晶体の混濁がみられる人もいれば、70歳になっても水晶体にそれほど混濁を生じない人もいます。

 

白内障の発症と体質的遺伝とのかかわりも指摘されています。

 

 

老人性白内障は水晶体の濁りの程度によって、初発白内障から成熟白内障までさまざまな程度のものがあります。

 

成熟白内障は水晶体の全体が濁った状態です。

 

 

さらに進むと、まれに水晶体の内容が液化し、その成分がのうの外にしみ出て、強い炎症や緑内障の原因となることがあります。

 

併発白内障

ほかの目の病気に伴って発症するケースです。

 

例えば虹彩、毛様体、網膜の外側にある脈絡膜を合わせてブドウ膜といいます。

 

 

このブドウ膜に炎症が起こり、白内障を誘発することも少なくないようです。

 

また、緑内障網膜剥離などの眼内手術を受けたことのある目には白内障が生じやすいといえます。

 

糖尿病性白内障

内科的な病気によって白内障が起こることもあります。最大の原因は糖尿病でしょう。

 

糖尿病性白内障は、白内障の治療だけでなく、血糖コントロール、眼底出血など網膜症の管理も重要になります。

 

皮膚病性白内障

皮膚痛に白内障を合併するケースです。特に、アトピー性皮膚炎に伴う白内障が急激に増えています。

 

アトピー性白内障の場合、20~30代で強い視力障害を生じ、手術が必要となるケースも多いようです。

 

 

また、網膜剥離も起こりやすいため、術前・術後には十分な検査が必要となります。

 

薬による白内障

副腎皮質ホルモン剤には炎症を抑える強い効果がありますが、長期間使い続けると水晶体の混濁を招くことがあります。

 

早期に薬の使用を中止すれば、水晶体は元の状態に戻ることもあります。

 

緑内障の治療で用いられるピロカルピンという点眼薬が原因となるケースもみられます。

 

外傷性白内障

目を突いたり、強打した後などに起こるタイプの白内障です。

 

レントゲン白内障、放射線白内障

X線や放射線の照射を受けた後、半年から2年ほどして白内障を発症することがあります。

 

その他の白内障

紫外線を多く浴びていると白内障になりやすいという調査結果があります。

 

また、電気によるショック、超音波、栄養障害などが原因となることもあります。

 

水晶体の濁り方による分類

 

皮質白内障

水晶体の濁りが、周辺部にあたる皮質からくさび状に起こり、次第に中心部の核にも及んできます。老人性白内障に多いタイプです。

 

後のう下白内障

水晶体の裏側の皮質から濁りが生じます。老人性白内障のほか、併発白内障に多くみられます。ほかのタイプに比べて、進行が早いのが特徴です。

 

前のう白内障

アトピー性白内障でしばしばみられるほか、成熟白内障の一部に認められることがあります。

 

核白内障

水晶体の核の部分から濁りが生じるタイプの白内障です。加齢とともに進行し、濁りに黄ばみを伴い、著しいものでは褐色から黒色になります。

 

 

白内障の症状

 

目のかすみや視力の低下が現れる

 

水晶体の中央部の光の通り道に濁りが及んでから症状が現れてきます。白内障が進行すると、物が見えにくくなったり、常にくもりガラスを通して物を見ているような感じになります。

 

また、水晶体の濁りによって外からの光が乱反射し、日中の日差しや、夜間に車のライトを浴びたときなどに、強いまぶしさを感じます。

 

 

濁りが水晶体の中央に集中している場合には明るい場所で物が見えにくく、広範囲に軽い濁りがあると、暗い場所で見えにくくなります。

 

核白内障が進行すると、水晶体の屈折力が高まって近視化することがあり、老眼が軽くなったような感じになることがあります。また、物が二重に見えるケースもみられます。

 

 

症状の程度や進み具合は人によって異なります。

 

ほとんどの場合は徐々に進行しますが、症状が現れているのに放置しておいたり、ほかの目の病気を合併していると、ごくまれに、急激に視力が低下するケースもあります。また早くから発症した人は、比較的進行が早いようです。

 

 

なお、加齢や全身の病気が原因の場合には、程度の差はあっても、基本的に両目とも白内障になります。一方、外傷などが原因の場合は、もう片方の目まで白内障になることはありません。

 

 

白内障の検査と診断

 

眼科を受診すると、まず最初に問診が行われます。

 

「どのような症状があるか」「いつから自覚症状が現れたか」「どのような点で日常生活に支障をきたしているか」といったことが質問されます。

 

 

次に、視力検査、眼底検査、細隙灯顕微鏡検査などで目の一般的な状態を調べた後、散瞳薬を点眼して瞳孔を広げ、水晶体の状態を調べる検査を行います。

 

眼底検査もその時併せて行われます。

 

 

細隙灯顕微鏡検査では水晶体を横から断面として観察することもできるので、濁りの起こっている層がわかります。

 

水晶体の各部を拡大して観察するので、発症初期の小さな濁りもとらえることができます。

 

 

白内障の治療を受けても、ほかの目の病気のために視力が回復しないケースもあるので、合併症の有無などを調べておく必要があります。

 

視力・視野検査、眼球内の圧力を調べる眼圧検査、検眼鏡や眼底カメラを用いて網膜や網膜上の血管を観察する眼底検査などがあります。

 

水晶体の濁りが進んで眼底を見ることができない場合には、目の正面から超音波をあててその状態を調べる超音波検査や、目に光の刺激を与えて網膜や視神経の反応をみる網膜電位図などが行われることになります。

 

検査と検査値

水晶体の濁りを調べる検査には、細隙灯顕微鏡検査があります。

 

細隙灯顕微鏡検査は、特殊な顕微鏡を用いて水晶体の断面を観察できるため、濁り方によって白内障のタイプや程度を判別することができます。

 

この検査は、痛みをまったく伴わない安全な検査です。

 

 

白内障の治療

 

点眼薬や内服薬を用いる薬物療法は、症状が軽く、まだ手術を受ける必要のない状態のときに行われます。

 

白内障を治すことはできませんが、水晶体の濁りをある程度まで、遅らせることができます。

 

 

一度濁った水晶体を元に戻すことはできませんが、手術によって水晶体を摘出し、代わりに眼内レンズを入れれば、視力を回復させることができます。

 

 

手術時には局所麻酔が行われるので、手術中に痛みを感じることはありません。

 

麻酔は目の周囲の皮膚から注射する方法や、点眼薬で痛みを感じなくした後に目の表面に直接、麻酔薬を注入する方法のほか、点眼薬のみで行われることもあります。

 

 

手術は麻酔や消毒といった準備の時間を入れても30分から1時間以内で終了することが多く、入院期間は3日から1週間ほどですみます。

 

近年では、入院の必要のない日帰り手術を行う医療機関も増えてきています。

 

白内障の進行を遅らせるための薬物療法

 

白内障の特効薬は開発されていませんが、症状の進行を遅らせることを目的にした点眼薬や内服薬があります。薬物療法は、症状が進んで手術が必要になるまで続けられます。

 

《点眼薬》
  • ピレノキシン:水晶体のタンパク質の代謝異常を防ぎ、透明性を保つ作用があります。
  • グルタチオン:グルタチオンは水晶体の環境の恒常性を保つ働きがあり、点眼して補います。

 

点眼薬があわないため、まぶたの炎症、結膜の充血、目の刺激感やかゆみ感などの副作用が現れた場合には使用が中止されます。

 

老人性白内障治療薬です。有効成分のピレノキシンを含有しています。 カタリンK点眼用に含有されている有効成分のピレノキシンは、水晶体の水溶性たんぱくが不溶化するのを抑えることで、水晶体の透明性を保ち、白内障の進行を遅らせます。

 

カタリンK点眼用0.005%


 

《内服薬》
  • 唾液腺ホルモン:牛の唾液腺の一つである耳下腺から抽出したホルモンです。耳下腺の腫れ、皮膚の発疹、嘔吐や下痢などの副作用を招くことがあります。
  • ビタミンC:ビタミンCは白内障になると減少するため、それを補うために処方されます。
  • チオプロニン:水晶体に含まれるビタミンCの減少を防ぐ作用があります。
  • 八味地黄丸:8種類の生薬を含む漢方薬で、老化に伴うさまざまな症状の改善を目標として処方されます。目のかすみのほか、腰痛、頻尿、夜間尿、むくみ、足腰の冷え、皮膚のかゆみなどにも効果があるとされています。
  • 牛車腎気丸:10種類の生薬を配合した漢方薬で、体力の低下した高齢者に処方されます。八味地黄丸と同じような効果があります。

 

紀元前から行われていた白内障の手術

白内障の手術は、どうやら紀元前から存在していたようです。歴史上、最も古いとされているのはインドのヒンズー教徒が行っていたもので、なんと紀元前6世紀までさかのぽることができます。

 

当時は濁った水晶体を目の外から針で刺し、眼球の奥に落とす落下法によって視力の回復を図っていました。

 

しかし、水晶体の内容物が流れ出して眼球内に炎症が起こり、失明するケースも多かったようです。

 

この方法は紀元前300年ごろ、マケドニアのアレキサンダー大王がインドに遠征した際に持ち帰り、エジプトやヨーロッパ、やがては遠く日本にまで伝わってきました。

 

ヨーロッパでは、17世紀の後半から水晶体の摘出手術が始まったために落下法は行われなくなりましたが、日本では江戸時代まで続けられていました。

 

 

白内障は予防できるのでしょうか?

白内障が起こる詳しいメカニズムは、まだわかっていません。ただ、そのリスクファクターをいくつかあげることはできます。老化をはじめ、外傷、炎症、糖尿病、アトピー性皮膚炎、紫外線などで、赤外線もリスクとなります。

 

 

ヘビースモーカーに白内障が起こりやすい、といった調査結果もありますが、はっきりした因果関係は突きとめられていません。老化で引き起こされるケースがほとんどなので、予防はなかなか難しいといえるでしょう。

 

白内障がどの程度進行したら、手術を受ければよいのでしょうか?

水晶体の濁りが進んで視力が低下し、日常生活に支障をきたすようになったら、医師と十分に相談したうえで手術を受けるようにしてください。手遅れになることはめったにありません。

 

 

要するに、それぞれの生活スタイルを考慮して決めるということです。例えば車を運転する人であれば、運転免許の取得に必要な矯正視力0.7を下回るようになったら、手術を受けたほうがよいでしょう。

 

 

逆に、日常生活で特に不自由を感じることがなければ、急いで手術をする必要はありません。

 

 

ただし、病状が急激に悪化して水晶体が液化したり、緑内障網膜剥離など、ほかの目の病気を合併しているような場合には、すぐに手術が必要なケースもあります。

 

白内障の手術の後遺症や合併症の心配はないのでしょうか?

超音波水晶体乳化吸引術は確かにリスクの少ない、安全な手術といえるでしょう。しかし、いくら技術が進歩しても、100%安全な手術はありえません。

 

 

白内障についていえば、手術後、しばらく結膜が充血したり目の表面に異物感を覚えたりすることがあります。ほとんどは自然に治ります。まれに炎症が非常に強いときには内服薬による治療が行われることがあります。

 

 

乱視が現れることもあります。手術後、眼鏡の度数は変わるのでつくり直す必要がありますが、度数が安定する期間は手術によっても異なるので、つくり直す時期も主治医と相談してください。

 

 

後発白内障といって、手術から数年たった後、手術時に残した後のうに濁りが生じ、見えにくさやまぶしさを感じるようになることがあります。

 

後のうにレーザーで小さな孔を開ければ視力を回復することができ、その後、再発することはほとんどありません。

 

これらは比較的軽症の例ですが、なかには細菌感染が起こって眼球内が化膿したり、手術がきっかけとなって緑内障を発症したり、糖尿病の人では糖尿病網膜症を発症したり、悪化するケースもみられます。

 

 

まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂が現れたり、瞳孔が広がったまま元に戻らないといった症状が現れたり、手術時の麻酔に用いられる注射針が視神経にあたって出血が起こったりするのは、非常にまれなことです。

 

 

合併症や後遺症の早期発見と治療のためにも、手術後の定期的な通院は欠かせません。

 

白内障のほとんどは目の老化が原因ですから、遅かれ早かれ誰にでも起こりえるものです。適切な治療を受ければ視力は回復しますが、症状が進んだ状態で長い間放置したり、治療後の養生を怠ったりすると、重い合併症を引き起こすケースもあります。

 

 

まず白内障という病気、特に治療法について正しい知識をもつことが大切です。

 

 

40歳を過ぎたら病気の早期発見のために、目についても定期的に検査を受けるようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

【目の異常】 の原因・治療方法・予防方法や目の健康を保つビタミンやたんぱく源
目の異常の原因・治療方法・予防方法や目の健康を保つビタミンやたんぱく源について。全身的な疾患が原因で目に異常が現れることもあります。中高年の人は特に注意が必要です。
【眼精疲労】 目の使いすぎ?パソコンやスマホで目疲れ 眼精疲労の原因
パソコンやスマホの使いすぎが眼精疲労の原因?しばらく目を休めると回復するものを単なる「疲れ目」といい、なかなか回復しない病的なものを「眼精疲労」といいます。
【眼精疲労】 症状で一番多いのは目の痛みで、痛む箇所もさまざまです。眼精疲労の症状・検査
眼精疲労の症状で一番多いのは目の痛みです。その表現も鈍痛がする、ズキズキする、疼く、拍動に従って痛むなど多彩です。痛む箇所も、目の奥、眉間、眼球全体、側頭部、後頭部などさまざまです。眼精疲労の検査は、目の検査が基本となります。
【眼精疲労】 PC・スマホ操作でのドライアイやVDT症候群の治療・予防(眼球体操)
テレビとパソコン・スマートフォンなどは眼精疲労の2大要因です。眼精疲労の最大の予防法は睡眠と栄養を十分とることです。また、眼球体操も有効です。栄養面では、目によいビタミンAなどビタミンを多く含む食品を意識的にとるようにします。
【ドライアイ】 目は乾くと疲れる?ドライアイの原因・症状チェックリスト
ドライアイとは、文字どおり目が乾く病気で、眼精疲労の原因としてクローズアップされています。夜更かしをする、テレビや本を長時間見る、パソコン・スマートフォンに向かうことが多くなるなど、経済先進国のライフスタイルが原因となることが多いため、一種の文明病としても注目されています。
【結膜炎・ものもらい】 の原因・症状・治療|細菌性|ウイルス性|アレルギー性
結膜炎・ものもらいは目の病気としてはよくある炎症ですが、適切な治療を受ければ多くは数日から数週間で治ります。結膜炎を起こす原因には細菌やウイルス、アレルギーなどがあり、それぞれ症状にも違いがあります。ものもらいとよばれている麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、子どもによくみられる急性化膿性炎症で、まぶたの分泌腺に細菌が感染して起こります。
【網膜の病気】 の種類・原因・症状・検査・治療|網膜剥離
老化やほかの疾患が原因で網膜に障害が生じると、視力の低下などを招きます。進行すると失明の危険性もあるので、早期発見・早期治療が大切です。網膜の病気には、網膜剥離、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症、老人性円板状黄斑変性症、中心性漿液性(しょうえきせい)脈絡網膜症などがあります。
【視覚異常の原因】 黒い点が飛ぶ、かすむ、視野の一部が欠ける、視野が狭くなるなど。検査・治療・予防について
視覚異常は単なる老化現象の場合も多いのですが、失明の危険を伴う重大な病気の可能性もあります。主な症状としては、黒い点が飛ぶ、かすむ、視野の一部が欠ける、視野が狭くなるなどです。
【色覚異常】 色の区別がつかない?色覚異常の原因・分類・検査|遺伝|見分けにくい色について
色覚異常のなかで最も多い赤緑色覚異常の場合、一般に赤と緑の見分けが難です。赤と緑のピーマンの色も同じように見えてしまいます。灰色を背景にすると水色、青緑、ピンクが見えにくくなります。赤と緑、赤と黄色、うすい緑色と肌色、深緑と焦げ茶色なども、見分けがつきにくい色の組み合わせです。
【視力低下】 急に視力が落ちた!?視力が低下する病気やその原因・治療・予防について
視力の低下は心配のないケースがほとんどですが、重大な目の病気の初期症状として、視力が低下することがあります。何の前ぶれもなく急激な視力の低下を感じる場合と、徐々に視力が衰えていくケースがあります。少しでも異常を感じたら早めに眼科に行きましょう。
【仮性近視】 一時的に遠いところがボヤけて見える?仮性近視の原因・治療・予防|視力回復のトレーニングについて
仮性近視は、遠くを見たり近くを見たりするときにピントを合わせる役割をする目の調節筋が、長時間の読書や勉強などで疲労して緊張状態が強くなったために、一時的に近視の状態になったものです。視力検査だけで決めこまず、医師の診断を受けましょう。本格的な近視になる前に治療できます。
【近視・遠視・乱視・老眼】 の症状・治療・検査
近視、遠視、乱視は目の屈折異常で、目に入ってくる平行光線がきちんと網膜で像を結ばなくなった状態です。老眼は誰にでも起こる目の老化現象です。近視、遠視、乱視、老眼といった屈折異常、調節異常によって起こる視力の変化は、日常的にみられるものです。
【斜視】 の種類・原因・検査・治療|家庭で出来る斜視のチェック
遠くをぼんやり見ているときや眠い時、斜視がしばしば現れます。ふだんから子どもの様子を観察すれば、ほとんどの斜視は発見できます。視力の低下や弱視を招くだけでなく、外見的な特徴からいじめの対象になる場合もあるので、早期発見と適切な治療が大切です。
【緑内障】 視界の横にある物が見えにくいですか?緑内障の原因・分類・症状・治療|原発性緑内障と続発性緑内障について
これといった自覚症状のないまま、視野の欠けていく眼病です。早期に発見、治療すれば、日常生活に不自由はありません。点眼・内服薬、レーザー、手術の三つの療法により、眼圧を下げ、視野欠損の進行を阻止するのが基本となります。

このページの先頭へ戻る